759604 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

プロヴァンス・ダジュールへようこそ

PR

Freepage List

Rakuten Profile


pidooさん

La vie est belle.

フォローする

Recent Posts

Calendar

Archives

2017.11
2017.10
2017.09
2017.08
2017.07
2017.06
2017.05
2017.04
2017.03
2017.02

Category

Favorite Blog

17日の日記 子育て さとさん

カールのフランス体… karlneuillyさん
小さい花のミクロの… k_tombowさん
2007.03.22
XML
フランス社会のタブーとは何でしょう?

非白人種の差別?
女性差別?
学歴差別?
幼児虐待?

先日、フランスの育児番組を見ていて思わぬタブーにめぐり合いました。
子供との添い寝」です!

テレビの育児番組、Les Maternellesを見ていたときの出来事です。

この番組は司会者の女性と、一般のママさん2~3人、
そして専門家として小児科医や精神科医、カウンセラーなどを招いた
ディスカッション番組

毎回興味深いお題を決めて、
一般ママさんの経験談やお宅訪問レポート、
そこに専門家の意見を交えて繰り広げられます。

定番テーマでは
母乳育児」、とか
障害者の育児」、とか
二人目が生まれた時の一人目の嫉妬とどう向き合うか」、とか。
ちなみに今朝は超変わりどころで
塀の中の親たち」でした。
ちょっと今のところは関係ないな…と思ってチャンネルを変えましたが雫

さて、本題のこの日のテーマは「添い寝」。
ゲストの女性は口々に
タブーだから友達にだって言わないわ、せいぜい親くらいね…」
「知られたら大変、すぐさま子供もまともに育てられない人間と思われるわ」
と言っていました。

なんでもオープンに、ざっくばらんに話すフランスなのに、
この意見には本当に驚き!!

そもそも現代フランスでは、
赤ちゃんはできるだけ早く一人で、自室で寝かせる習慣があります。
早い例で生後1ヶ月半から赤ちゃん一人で寝かせた友人もいます。
赤ちゃんの部屋にはインターフォンを置いて、
両親の寝室で泣き声が聞けるようにし、
授乳の度に起きて、赤ちゃんの部屋で行います。

って面倒クサ~~!!
本当にみんなそんなことをやっているの!?
と半信半疑でしたが、周りに聞いてみれば
みんな本当にやっているから益々驚き。

「赤ちゃんの部屋は私たち(夫婦)の寝室の正面だったからすぐだったし」
とか
「母乳じゃなくてミルクだから旦那と交代で苦にならなかったわ」
とか。
いくら聞いても、添い寝、もしくはベビーベッドを夫婦のベッドに横付けしたほうが
断然楽なのに…と思わせられる理由ばかり。

…と思っていたら、この意見で納得。
主人はどうしても赤ちゃんを夫婦の寝室に入れることに反対で」

フランスの家族関係は縦より横重視ということを思い知る発言ですね。

ところで番組では、赤ちゃんと両親が別室で就寝する傾向は実は最近のもので、
20世紀半ばまでは子供たちは親と一緒の部屋で寝るのが常だったと紹介していました。

どうやらアメリカから60~70年代、
母乳よりミルク
うつ伏せ寝
と併せてやってきた流行に過ぎないようです。
それが定着したのも、
先述した横関係が重視されるメンタリティとうまく融合したからなのでしょう。

それから忘れてならないのが、欧米は100%ベッドで寝る習慣
日本のように畳にお布団なら赤ちゃんが転落する危険もありませんが、
ベッドでは転落を防ぐために夫婦の間に赤ちゃんを寝かせることになります。
その場合、母親はより危機感が発達していますが
父親となると寝ている間に赤ちゃんをつぶしてしまうケースが多々見られるとか。
そういった背景から、
赤ちゃんはベビーベッド」と病院では徹底して指導し、
赤ちゃんの部屋で」が常となったのかもしれません。

ではpidoo家はどうか?
pidooにとってなかなかまんざらでもなかったフランス式
が、激甘の主人は涙目で私に訴える。
こんな小さいのに一人で寝かせるなんてかわいそうだ~~

…っておまえフランス人だろっ!?

さらに4ヶ月を過ぎた辺りから夜泣き雫が始まり、
泣かせるねんねトレーニングには主人が大反対
泣かせないねんねトレーニング私の体力が持たず一晩で断念

結局、1歳過ぎてもいまだ夜泣きのあるCannelle。
主人は仕事のある身、睡眠確保してもらうべく旧客間、現Cannelleの部屋で就寝、
Cannelleはpidoo一人が寝る夫婦のベッドに横付けしたベビーベッドに寝かせ、
大体夜泣きの始まる朝方から添い寝に移行します。
なんだかな、日本の家族と変わらない。

実は主人自身も3歳までは一人寝できなかったとか。
義理ママにpidoo家の夜を話すと苦い声で
「でもそれじゃあ夫婦の仲が…」と心配してくれます。
あ、この辺は日本的リアクションとは異なりますね。

私自身もかなり大きくなるまで母親と一緒に寝ていた記憶があるので
あまり偉そうなことは言えず…雫
はい、激甘な両親です…目がハート

話を番組に戻して、添い寝
ゲストの精神科医が言うには親が○歳まで、と決めて、
子供を納得させるのが理想的でスムーズに行くとのこと。

う~~ん、うちはいつに設定しよう?
Cannelleときたら、自分の寝室は現在自分が寝ている、
つまり私たち夫婦の寝室と理解しているようで
眠くなると一人で勝手に歩いていくのです。
設定したところで今さら「あなたの寝室はあっちよ」なんて、
このほうが大きなハードルになりそうな予感…。

また、ビックリな意見では
添い寝とは初めての他人との体の接触
添い寝を拒否されることにより
子供は新たに、より親密な対人関係、つまり恋人に目を向けるようになる」
と。

ひぇぇぇぇぇぇ。

まだほんの子供なんですけど、そこまで話が飛躍しちゃうんですね!?
と言うことは添い寝をされなかった子供は添い寝をされた子供より早熟ということ?
この辺の統計を是非発表してもらいたいものです。






Last updated  2007.03.23 06:29:19
[Cannelleの成長記] カテゴリの最新記事


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.