000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Pigeon Complex

PR

X

全46件 (46件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

2007.04.13
XML
カテゴリ:オキニイリ
平日昼間の下北沢は、人が多いながらも最近はなんだか閑散とした印象を受けます。
なんていうんだろ……
昔はもっと活気があったような気がするのですが……
個々に煮えたぎる熱いエネルギーが集合して街全体を作ってるような、そういった
ソウルフルな雰囲気が至る所で見られたものですが、十年以上前と今とでは、世代
の移り変わりもあってかなんとなく、おとなしい街になってしまったような感じが
します。
といっても、20年以上前はもっと何にもない街で、北沢が地元の友人曰く、
「小中学生の頃までは、街を歩くヤツはみんな手ぶらだったよ。近所のヤツらがち
 ょっと買い物にって感じでしか歩いてなかったからさ。今、みんなバッグとか持
 って歩いてるってことは、わざわざここに遊びに来てるわけだろ? あの頃から
 考えるとなんか不思議だよ」
と言ってました。昔から役者さんやアーティストが集う街ではあったようですが、
ここまで人気スポット的な街ではなかったようです。
そして現在、大きな都市計画の波にさらされている下北沢。
この街に不要だと思われる大きな道路ができることによって、この街の一番の長所
「歩いて楽しめる」という構造が破壊されてしまいます。
実は私が住んでいる街にもこういった危機が迫っていて、地下に大きな道路を作っ
て区内の車の渋滞を緩和させる、というトンデモない計画が都知事によって遂行さ
れようとしています。
この自然が溢れる国分寺外線の地下水系の破壊と、下北沢の道路計画。
どういった利権がからんでいるのか自ずと見えてきますが、本当に地元を愛してい
る人なら、こういった愚行をする人を都知事に選ばないと思うのです。。。
人工的に街を作るのではなく、街の良さを生かした地域作りって、そんなに難しい
ことなんでしょうか? そんなに行政にとって旨味のないことなんでしょうか?

ああ、今回は食べ物のことを書こうと思ってたのに、すっかり話が脱線してしまい
ました(´・ω・)。。。

先日下北沢に行き、てくてくと歩いていると駅の近くの小さな対面式の洋菓子店に
「レモンケーキ」が売っていました。
ある世代以上の方には郷愁を誘う洋菓子だと思います。
小さな頃から大好きで、今でもたまに見かけると反射的に買ってしまうパブロフの
犬的スイーツ
。 これです。

       レモンケーキ1.JPG


この黄色い包み紙、懐かしくないですか?
そしてレモンチョコレートでコーティングされたしっとりしたスポンジ。

         レモンケーキ2.JPG


懐かしさからくる思い入れだけでなく、ほんとにウマイんですよ★
素材もシンプルで、変な添加物とか入ってないし、やさしいフワっとした味わい
です。食べ物って不思議だなあと思うのは、幼い頃のその食べ物を食べている時
の光景が、普段思い出しもしないのに、味覚・視覚・触覚によって呼び覚まされ
ること。
おばあちゃんのお友達の家にいくとおやつにもらえたレモンケーキ。
その家には大きな縁側があって、風に揺れる風鈴が小さくチリンと鳴っていて、
冷蔵庫で冷やされたレモンケーキを食べていると、白地に黒いブチの猫が縁側の
下で物欲しそうに私を見上げていて……。
幼い頃のなんでもない日常のヒトコマなのに、なんだかちょっと切ない気分にさ
せたりして。。。

なんだか懐かしい、と思われた方は参考にどうぞ。
ビギナーの方は是非食べてみてください★
私のイメージするレモンケーキと一番近いのがこのお店のケーキ。
            
             なつかしのレモンケーキ
             





それと、私が下北沢に行くと必ず買うのがコレ。

       オリーブペースト1.JPG


小豆島の「オリーブペースト」です。
これ、売ってないんですよねなかなか。都内でも下北の大丸ピーコックでしか私は
見た事ないんです。だから下北に行くと必ず買います。
「サンドイッチ、トースト、パスタソースにどうぞ」と記載してありますが、
私は固い系のパンに塗って食べるのが一番好きです。カンパーニュに最高ですよ!

                こんな感じで。
      オリーブペースト2.jpg

日本のオリーブ発祥の地である小豆島のオリーブ。
上質かつ美味しいことで知られていますが、オリーブの果実とオリーブオイルと
ショウガ等で加工したこのペースト、オリーブ好きな人なら絶対気に入ると思い
ます。固いパンが好きな人にもオススメ。
コレ、パン好きな友人へのお土産に持っていくとほんとに喜ばれるんです。
なんか高級そうだしね、安いのに( ´艸`)♪

楽天でも売っててビックリしました。
このお店だけでしたけど(値段もピーコックでの販売価格といっしょ)。。。
             


週末に友達が来るとかいう時、ここで注文しちゃおうと思います。
急に欲しくなるんですよね、こういうペーストものって。

地域の特産品て、実はすごくいいものがけっこうあります。
なんじゃこりゃぁ?!( ̄□ ̄;)っていうのも、ありますけど……

そして最近つくづく思うのが、やっぱり男性より女性の方が食に関しては柔軟だ
なあと。食べたことのないものを注文したり購入するのって、ほとんど女性です
よね? アレンジも考えずすぐに拒絶するのは男性が多くないですか?
料理人の世界ともなると別ですが、一般的にいうと、旦那さんの味覚と奥さんの
嗜好が合わずに困ってる人多いなあと思って……。

友人の旦那さんで、ハンバーグとオムライスとラーメンしか食べられない人が
いたんですけど、それってどうなの???








Last updated  2007.04.13 14:47:24
コメント(0) | コメントを書く


2007.04.06
テーマ:柴犬同盟(9997)
カテゴリ:ヒトリゴト
地獄の番犬に追いかけられ頭をガブリとやられた幼い頃の記憶はそうそう
消えるものでもなく、無意識にも恐怖を覚えてしまうようになってしまい
ました。。。

「マスターキートン」に戦闘犬と闘う話が出てきます。
私はそのシーンを頭に叩き込み、想像の中で幾多のシミュレーションをし
てみたのですが、実際、地獄の番犬級のそれも戦闘慣れした巨大犬と闘う
なんてムリかもしれません。。。


私は中型犬もちょっと苦手で、というのは大型犬より中型犬の方が血気
盛ん
な感じがするからです。

小型犬ほど愛玩系なキャラにもなれず、大型犬ほど余裕のない中型犬は、
その中途半端なポジションゆえにわりと主張するタイプが多いような気が
します。

山梨県でもないのに、家の界隈でなぜか遭遇率の高い「甲斐犬」。
わりと珍しい犬種だと思うのですが、この甲斐犬がなぜか私を見るとわざ
わざ近寄ってきて「ウウーッ」と威嚇するのです。

            こんな感じで。
     甲斐犬.jpg

今にも取って喰うというファイティングポーズの似合うご様子でいつも
私にイチャモンをつけてきました。
あるお祭りでは福祉関係の団体のところに同じく甲斐犬がちょこんと座って
いて、車椅子の老人のそばにぴったり寄り添っているので近づいてみたら、
またこれです。
           

           殺すぞ、コラァ
     甲斐犬.jpg


自らのトラウマを乗り越えようと必死な私に、追い打ちをかけるような仕打ち。

私は前世で甲斐犬の種族全体に何かしたのでしょうか……。

そんな傷心と恐怖の日々を過ごしていたある日、一匹の柴犬と出会いました。
白いハートのふちどりがある柴犬です。富士額というのでしょうか。

すごくキレイな犬で、若い男性が散歩させていました。
いつも甲斐犬に脅されている小道でその犬はまるで「ルンルン」とでも口ずさ
んでいるかのように歩いていました。
       
       富士額の犬1.jpg

あまりのハッピーな雰囲気にすれ違いざま、クスっと笑ってしまったのですが
その時、その柴犬が私の方を振り返ったのです。
その時の顔。間違いありません。その柴犬は笑っていたのです!
             

              こんな感じで↓
          笑い犬.jpg

感動でした。。。
初めて犬に優しくされた気がしました。
その愛くるしい笑顔は未だに忘れられません。

それからずっと数々の柴犬を見守ってきましたが、私の観測データによって、
富士額(ハートの顔)の柴犬は振り向きざまに笑う
という法則を発見しました。

散歩中のふりむきざまです。
見返り柴犬(ハート形)は笑うのです。

この驚愕すべき事実を会社の同僚や後輩に熱く語ったところ、
「おまえ、病んでんな」
「けっこうヒマっすね、鳩さん」
「マジっすか?!(と驚いてみせながら別の作業に没頭)」

別にいいです。時に真実は受け入れがたいものですから。

ただこれを知ってからというもの、柴犬を見るのがライフワークみたいにな
りました。
将来もし犬を飼うとしたら、絶対ハートの柴犬を飼って、ハッピーな散歩を
したいのです。






Last updated  2007.04.06 12:22:21
コメント(0) | コメントを書く
2007.03.30
テーマ:柴犬同盟(9997)
カテゴリ:ヒトリゴト
ハッキリ言って私は犬が好きじゃないです。
というか、ちょっと怖いです。

特に大きい犬。頭が良さそうな温厚そうな犬は大丈夫なんですが、いかつい犬に
は触れません。
自分ではあまり気付かないのですが、傍目から見るとかなり露骨に犬を避けてる
ようなんです。
例えば、小さな小道で犬の散歩とすれ違う時など、かなり端っこに寄ってしまう
らしいんです……。

思えばそれは幼い頃、地獄の番犬に追いかけられ襲われたことがトラウマとな
っているからなんだと思うのです。。。。。

それはまだ小学校5年の頃の話です。
近所で遊んだ帰りに坂道をのぼっていました。
歩いているだけで眠くなりそうな秋のうららかな日。祖母に編んでもらったニット
の帽子をかぶりかなり浮かれた気分でスキップなんかしてました。
そんな平和そのものの光景が、後方からの叫び声でこっぱみじんこに打ち砕かれま
した。
「伏せて~~~!!」

ふせて???
なんだそれ? と後ろを振り返った瞬間、私は凍り付きました。
なんと、牙を向いた地獄の番犬が私めがけて走ってくるではありませんか!

救助犬として知られるセントバーナード。それも熊くらい巨大な。。。。

おそらく、オバチャンの手綱を力づくで奪ったその地獄の番犬は、前方のステップし
ている小さな私が遊び相手に思えたのでしょう。
傍目から見るとたぶん、こんな感じで走ってきたセントバーナード。

        セントバーナード.jpg





しかしながら、幼く純真な私にはそんなセントバーナードがこんな風に見えたのです。



   
               地獄の番犬ケルベロス
    地獄の番犬.jpg



走りました。力の限り、走りました。
しかし、10歳くらいの私が、犬の跳躍にかなうわけもありません。
それもかなり急な坂道です。
後ろから更に「伏せて~~~!!」という声が聞こえます。
そんなことを言われなくても私は見事にコケました。
坂道の中腹で大の字に転んだ私がふっと後ろを振り向くと、そこには私を食わんと
する地獄犬
が……


          地獄の番犬2.jpg

一瞬、今までの楽しかった記憶が走馬灯のように駆け巡りました。
いや、マジで。
家族みんなでミカン狩りに行ったこと。遠足で友達のお菓子をだまし取ったこと。
少林寺拳法の真似をしてクラスみんなの拍手喝采をあびたこと。
インコのピーちゃんが狂ったようにパンを食べている光景。
そんなキラめく映像が頭をよぎった瞬間、地獄犬が私に覆いかぶさり、私の頭を
ガブッと噛み付き
ました。

短かったな、私の人生……。
これからきっといいときなのにな。さよならパパ、ママ。さよならみんな。

と、薄れゆく意識の中でみんなにお別れを言い、楽しそうに目の前を駆けてゆく地獄犬
を見ながら……
あれ? なんかくわえてるな、あのクソ犬。
あれ、私の帽子???

遅れて駆け寄ってきたオバチャンが蒼白な顔で「だ、大丈夫? 痛くない?」と、
私を抱き起こしました。ケガなどは一切していませんが、とにかく茫然自失です。
その時私は「ぁぅぅ……」くらいしか言えなかったと思いますが、オバチャンが懸命に
「あのコ、ただ遊びたかったんだと思うんだけど。ごめんね、帽子あとで洗ってお家に
届けるから、ほんとごめんね……」と話しているのですが、もうとにかく、オバチャン
が犬を拘束したのを確認後、マッハダッシュで帰りました。
震えと恐怖はそのあとからやってきました。。。

私がケガをせずに無事帰還できたのは、ニット帽をかぶっていたからです。
遊びどころじゃありません。
後日、一学年下の男の子が私とまったく同じ目にあい、帽子をかぶっていなかったその
コは頭を3針塗ったそうです。
地獄犬はボール遊びが大好きだそうで、子供の頭がボールにしか見えないバカ犬だった
のです。
もうコレは飼い主の責任だと思いますが、それ以来、デカイ犬と遭遇するとビクっとし
てしまうビビリーな子供になってしまったのです。ぁぅぅ。

けれど私は妙に犬の種類に詳しいのです。
珍しい犬種の名前もかなり知ってます。なんだこの犬?と思うと、飼い主に直接聞いた
りします。
敵を倒すには敵を知ること。

そんな思いから来ている犬への探究心は、他の人から見ると「まあ、よっぽど犬が好き
なのねえ」という誤解を生んでしまうこともしばしば。
まあ、別にいいんですけどね。油断させるという意味で。

散歩中の犬を見ると「あの犬になら勝てそう」「あの犬に襲われた場合はまず腕を噛ま
せてから…」としか考えられなくなった私。
そうすると犬の方も察知するのか、なぜか私が通るとウウーッと威嚇したりします。
そんなふうに憎しみの連鎖は永遠に続くかのように思われました。

しかし傷心な私に、犬の楽しみ方を教えてくれた真の救助犬が現れたのです。
それが柴犬です。

それも私は柴犬のすごい法則を発見してしまったのです!


続きは次回に。







       






Last updated  2007.03.30 10:01:38
コメント(0) | コメントを書く
2007.03.23
カテゴリ:オキニイリ
先週、大宮に行ってきました。
新宿ー湘南ラインのおかげで随分と行きやすくなりましたね~。

         大宮.JPG

夫の母のお墓参りで行ったのですが、そのついでというか、いやお墓参りとは関係なく
私にはどうしても行きたいところがありました。

もうずっと前から行きたかった、会いたかった人……
その方の名は廣島政夫さん。

このお名前を聞いてピン!ときた方は相当な「つげ櫛」マニアです。

そう、つげ櫛を愛好する人々の間では「神様」的存在のつげ櫛職人さんなのです。
どういう方かはこちらを参考に。


もうずーっと前から愛用してきた私にとって、つげ櫛はなくてはならないアイテム。
京都の有名なお店で買ったものや、通販で買った防水仕様のものまでいくつか持って
いるのですが、そろそろもっと歯の細かい「梳き櫛」みたいな上等な櫛も欲しいなあ
と思い、京都に買いに行こうかと思ったのですが、色々調べているうちにその「神様」
の存在に行きあたり、それほど遠くない場所に自宅兼工房があることを知りました。

そしてちょうどお彼岸ということもあり、お墓参りのついでに伺ってみようと思いた
ったのです。

朝、大宮駅の近くからご自宅に電話をし、突然の電話にもかかわらずこれからいらっ
しゃい、という快いお返事を頂き早速伺いました。

二軒連なった長屋の一軒。周りがビルだらけの大宮駅周辺で、そこだけ時間が取り残
されたかのような一角。
ちゃんと「広島つげ櫛」という手書きらしい看板が出ていました。

とても感じの良い方で、すぐに掘りごたつのある居間に通されました。
品の良い素敵な奥様がお茶を出してくれて、早速こたつの上に数々の作品を広げて見
せてくれます。7cmに126本という神業を持つ廣島さん。
そんなまさに国宝級の櫛(1本100万円!!)を手渡され、髪を梳かせて頂きました。
もう、持つ手が震えますって( ゜o゜;) ドキドキ...

廣島さんは自分の作った櫛達を本当に愛しているのです。
私たちに見せてくれているときもとにかく「梳かしてみて☆」「どうお?いいでしょ?」
と、とても嬉しそうなんです。
売る気、あんまりなさげ……? とにかく見て欲しい!というこれぞ職人魂。
ここまで歯が細かい櫛というのは、京都の名店でも売ってないんです。
売っていてもものすごく高い。。。
なぜなら、歯が細かいのは職人の手でないと作れないものだからです。
どこのお店でもほとんど最後の仕上げ以外は機械で作ってしまうものらしいのですが、
廣島さんの櫛はまず一枚の板から選ぶのです。
そこから全てが手作業。
これは「現代のものづくり」に対するアンチテーゼとでも申しましょうか。

商品は5000円位のものからありますが、どれも本当に素晴らしく、あれもこれもと
欲しくなってしまいます。。。
梳かすだけで、すごい艶が出るんですよ。
なんというか、ベルベットのような手触りになるんですよ自分の髪が!

ええいもう、ココからソコまで全部ちょうだいヾ(。`Д´。)ノ
と、言いたくなるところを我慢して、
私は1cmに12本歯の「江戸時代お屋敷大奥様のご愛用櫛」を購入しました。

とりあえず、どれだけ歯が細かいのか見てみてください。
左が京都のお店で買った今まで愛用していた櫛、右が廣島さん作です。

    つげ櫛01.JPG

これだけ細かくて浅いと、硬くて太い髪の毛の人は心配になるかと思うんですが、
夫もそういう髪質でかなり怖々と廣島さんに渡された櫛を髪に入れて、すごく驚いて
いたんです。その櫛通りの良さに。そして、ちょっとくせ毛の彼の髪の毛がキレイに
まとまって、感激していました。

廣島さんはお手入れセット(椿油と歯間を掃除する糸)を付けてくれて、
「工房に直接尋ねて来てくれた方にはお土産があるんです!」
と、なんとお手製の根付けと、一緒に付いてきた夫へとこれまたお手製の耳かき
お土産にくださったんです☆

        つげ櫛03.JPG

これは一生の宝物です。
椿油でお手入れしてずーっと大事に愛用していきたいです。
もうこういう技術を継承していく人がほとんどいなくて、こういった素晴らしい伝統
は遠くない未来には絶えてしまうのかもしれません。

どうして私がつげ櫛にハマったかというと、それは静電気です。
いろんなブラシや櫛(プラスチックから豚毛等々)を色々試してみてもどうにも静電気
がおさまらない猫っ毛の髪。イライラも増します。そんな時祖母が、
「地味だけどやっぱ、椿油とつげ櫛でしょ」と助言してくれたのが始まりでした。

そして見事に静電気はなくなり、髪艶も良くなり、更には、
整髪料の使用をやめたことによって、顔の周りの吹き出物もなくなりました

原点に戻ってみると、色々なものが見えてきます。

本当に必要なもの。
必要だと思わされて使ってきたもの。
必要なのになくなりつつあるもの。

物も、食料も、化粧品も、そろそろ原点回帰の方向に向かうべきなのかな、なんて
ちょっと感慨深く考えてしまいます。


もし廣島さんの櫛に興味を持たれた方は、こちらからネットでも購入できますので
覗いてみてください。

この櫛を購入してからというもの、夫は人の目を盗んでは廣島さんの櫛で髪の毛を
梳かしています(-"-;)
「この櫛で梳かしてると気持ちいいんだよね、落ち着くというか……」

多分それは廣島さんの、作り手の想いが込められているからでしょうね。
そういうエネルギーがあるんだと思います。
一生大事にしていきたい。。。そんな櫛に出会えたことを感謝しています。

       つげ櫛02.JPG







Last updated  2007.03.23 16:41:13
コメント(0) | コメントを書く
2007.03.16
カテゴリ:ヒトリゴト
先日、もう何年も切れていたパスポートの申請をしに行ってきました。
それで、ものすごく久々に古いパスポートの写真を見て……

これ、ダレですか( ゚Д゚)???

ってなくらいの顔写真が載っていて。。。
ハタチくらいの頃の写真。
約10年ほど前の顔……

今より顔も細いし(やつれてる?)青白いし、そして妙に老けてる……。

なんで? なにがあったの? この頃の私?!

ハタチといえば花の女子大生。この世を謳歌してしかるべきなお年頃。
もっと華やかな雰囲気が写真から伝わってきてもいいハズなのに……。

そして遥か昔の記憶の糸をたぐり寄せてみると……

ああ、私ハタチの頃、屈折してたんだって思い出しました。

この期限切れのパスポートは確かフランスに留学するためにとったもの
でした。大学生活は授業はかなり辛かったものの、クラスメイトや周り
の友人たちには恵まれてたと思うし、特に際立った不満などなかったの
ですが。。。。。。
お金がなくて大学に行けない人もたくさんいることを考えればかなり恵
まれた環境だったことは十分承知していましたが、この頃の私は重度の
コンプレックスを抱えて、もがき、苦悩し、しかし解決策は見つからず、
自分の尻尾を追いかけグルグル回るバカ犬みたいな状況でした。

私は本当に幼い頃からすごく人見知りで、けれどもそのことを人に知られ
ることを極度に恐れていました。
なかなか人とすぐに馴染むことができないのに、周りの私への評価は、
「誰とでもすぐにトモダチになれるフレンドリーなコ」というものばかり
で、この矛盾が次第に自分自身を追い込むようになっていきました。

人見知りだと思われることをなぜ極度に恐れていたかというと、それを隠
さなかった中学時代にそれで誤解を生んだことがあり、そのことがひどい
トラウマになったからです。
そして私は方向転換するよう努力しました。
誰とでも「広く浅く」付き合う方が、自分も人も傷つけない。

大学時代はまさしくそういった感じの付き合いで幅広い交友関係を持ち、
キャンペーンガールやイベントコンパニオンなどの高給なバイトをしながら
渡航費を貯めていました。

キャンペーンやイベント等のバイトではミニスカートのコスチュームなどを
着用したりするのですが、ハッキリ言って私はスタイルがいいわけでも特別
美人なわけでもないので、周りのバイトのコたちの輝くような美しさに比べ
てあまりにも自分がその場にそぐわない感じがして、かなり辛かった覚えが
あります。

↓こんなような格好をするわけですが、ほんと似合わなかった……
(参考画像)
co1.jpg

今思うと、若さゆえの過剰な自意識で、そんなに辛ければそのバイトを辞め
ればいいわけなのですが、なんだか「辞めたら負け」みたいなヘンな気の強
さが出てしまって、またグルグルと自分の尻尾を追いかけ回し……。

ちょうどそんな時に撮ったのが、そのパスポートの写真。

この頃なら写真を撮られるときは必ず目に力を入れたりしてわずかながら表
情を作るものですが、表情を作るどころか、少し目がうつろになっているこ
の写真は、偶然にも「心の隙間」を瞬間でとらえられてしまったものなので
しょう。

もし、タイムトラベルであの頃の自分に会えるとしたら、
「そんなに肩肘張らなくてもいいんだよ」って、言ってあげたくなりました。

その後、フランスの片田舎で短期間ながら生活し、さまざまな人々と出会い、
スローライフな生き方やTPOをわきまえたファッション、そして、
「個性は育成するもの」という考え方にひどく感化され、ちょっとだけ
ですが、成長できたような気がします。
人と比較しまくる、というようなこともだいぶ減りました。
そしたらなんだか、ラクになったんですよね。
人と比較するな、なんてカンタンにできるものではないかもしれませんが、
ちょっとしたきっかけで「視点」が変わるということはあります。

今回撮った写真はまるで十年前の写真と入れ替えた方がいいくらい若返って
る……と自負してます。
夫にこの昔と今の写真を見せたら、
「……ねえ、怒らないからさ、正直に言って。。。整形した?

コレは一応ホメ言葉として取っておきます。

昨日、子連れで遊びにきた高校時代の友人は古い写真を見て
「ありゃあ、この顔はないよね。
 つーか、この新しい写真、すごく良く撮れてるよ。深キョンに似てる!

ありがとう友よ(T_T)
深キョンファンからパンチ・ケリの嵐がきそうだが、素直に嬉しいよ。
特に二の腕が似てるよね。


さてさて、新しいパスポートは来週できます。
そしたらほんとに十年ぶりくらいに海外に行くことになるわけです。
ずーっと行ってみたかった国。
行ってみてよかったら住んでもいいな、と思える国。
おそらく5月くらいの渡航となるのでまだまだ先ですが、今からとても楽しみ
です☆








Last updated  2007.03.16 12:01:49
コメント(0) | コメントを書く
2007.03.08
カテゴリ:美容
エレガンスのヘビーユーザーです。
特にマスカラ。
エレガンス ロングラッシュマスカラエクシードプレミアム BK11

本当に様々なマスカラを試してきましたが、どうやってもココに戻ってきてしまう。
そうまるで、いろんな男と付き合ってみてもやっぱりあの人が一番スキ……といった
呪縛的恋愛
どんなにすごい宣伝文句(条件)でも実際使ってみると(付き合ってみると)
なんだか違う。
だってエレガンス(愛しい彼)はもっと繊細で艶やかで(妙に色っぽくて)、ダマ
にもヒジキにもならないし(見栄も虚勢も張らないし)、そりゃ確かに結構高価だ
けど(俺様だけど)、他のマスカラ(男)にはない独特の魅力があって、これを付
けているときは(一緒に歩いていると)、「まつげキレイ」と言われる率が(「男
の趣味いいね」と言われる率が)
圧倒的に高いのです。

でも、やっぱり高価(俺様)だし、もっと購入しやすく(とっつきやすく)評判の
良いマスカラ(男)にも手を出してみるのだけれど、やっぱり物足りない。
やっぱりエレガンス(愛しい彼)じゃないと、
バッチリ決まらないの(身体が受け付けないの)。。。。。

といった感じなのでございます。

ものすごいガバーっとした睫毛にはなりません。
大きなボリューム効果も特にないです。
しかし。

美しいのです、ラインが。
そしてなんだか妙に色っぽい目元になるのです。
こんなマスカラは何十種類も試したなかでやはりコレだけなのです。。。

そして前述しましたがコレをつけているときだけ、本当にホメられるのです。

7年ほど前にコレと出会い、そのスーッとした繊細で長い睫毛効果に感激★

ある日、いかにも業界風のオヤジと若手のディレクターとで飲んでいました。
ディレクターが席を立った時に、オヤジが私に言いました。
「君の睫毛って、すごい色っぽいねぇ。。。角度? いや、長さ?」
別に口説いているわけではなく、なんか不思議だ、といった感じでした。
更に。今度はオヤジが席を立った時に今度はディレクターが言いました。
「鳩さんの目元って、なんか涼しげですよね」

この日の時間差発言は私にとってタカラモノでございます。
滅多にホメられないので(´・ω・)

あと他にもやはりこういったお褒めの言葉を頂くのはこのマスカラを付けている
時だけかも。特に男性受けがいいみたいです。

そして。。。。
この手放せない品のなかにもう一つ、新しい仲間ができそうなのです。
先月発売したばかりの、コレ。
        アイブロウマニキュア.jpg

エレガンスのアイブロウマニキュアです★

この間、マスカラを買いにいったときに試させて頂いたのですが。。。。。
すっごくいイイ! ナチュラルで、色もキレイで、塗りやすい!
今まで使ったことのあるアイブロウマニキュアって、地肌に付いてしまったり
時間がたつにつれて眉毛の上で固まってしまったり、とあんまりいい思い出が
なかったのですが、これはそれらの問題をオールクリアしてます。
ということで、翌日私はBR21を購入しました。
髪の毛がオリーブブラウンぽいのでGR45も勧められましたが、とりあえず何
にでも合わせやすいこのミルクチョコレートっぽいお色で( *゚~゚)
でもGR21やその他の色もすっごくいいニュアンスだったので、揃えたいです
ねえ。眉毛の色味や質感ひとつで顔の印象ってすごく変わりますからね。
私は頭髪や体毛のみならず眉毛も薄いので(ρ_;)、ペンシル等で描くと、
いかにもな感じでイヤなので、ずっとケサパサのフェイスカラー109をブラシ
でホンワカさせるように描いていました。これもかなり自然な感じに仕上が
ります。
         ケサパサアイブロウ.jpg
          ケサランパサラン フェイスカラー 109

が、やはりアイブロウマニキュアの方が時間がたっても汗をかいても落ちない感
じがするので、ほんとオススメです。

             
  ※2007年2月18日発売エレガンス パリ アイブロウ マニキュア 2.4g









Last updated  2007.03.08 13:16:20
コメント(0) | コメントを書く
2007.03.01
カテゴリ:ヒトリゴト
ものすごく久々に青山BLUE NOTEに行ってきました。
マルサリス以来だから……何年ぶりだろう。。。

今回は両親と夫と。
天気も良かったので、両親と私はカフェでお茶をしたり青山散策をしたりと、
なかなか心地よい午後のひとときを過ごしました。

青山行くのも久々だったのですが、やっぱいいですねたまに行くと。
東京の中でもかなり散策に向いている街だなあ、と改めて思いました。
高級ブランドのフラッグシップ店など路面店の充実もさながら、路地に入ると
ちょっと昔っぽい雰囲気が時を経ても変わらず残っている感じ。
レトロな雰囲気とかいうのではないのですが、私が生まれた頃くらいの、当時
はモダンだっただろうと思われる建物や構造が垣間見られるんですよね、そこ
かしこに。。。そういうところは空気がまったりしている気がします。
幼い頃の色褪せた写真を見ているような、不思議な感覚。

小春日和のうららかな午後に散歩するには最適な場所ですね、青山の裏通り。
(オフコースの「BACK STREET OF TOKYO」っていう曲思い出しました。
むかーしやってた「木曜ドラマストリート」とかいう二時間ドラマ枠の主題歌
だったと思うんですけど、どなたかご存知ですか?)

そんなまったりな散策をしながら、 BLUE NOTEに到着。
今回聴きにいったのはSF JAZZ COLLECTIVEです。

           SF JAZZ.jpg

サンフランシスコに拠点を置く非営利団体「サンフランシスコ・ジャズ・オ
ーガニゼイション」から生まれた、組織の声を代弁する広告塔的な選抜グル
ープ。トランペット、トロンボーン、ヴィブラフォン、ピアノ、ベース、ド
ラムス、そしてサックス2名の計8名編成のバンドです。

美味しいオリジナルカクテルやワインを演奏前に飲んでお腹いっぱいになる
まで数種類のプレートを食べていたせいか演奏中、かなり心地良い眠気が…。
いや、言い訳するわけではないのですが、耳と脳に心地良い音楽って、リラ
ックスする作用があるのか、素敵な音楽を聴いていると何も考えられなくな
って、フワァっと眠くなってしまうんですよねえ。。。(=_=)...zzzZZZ
乱暴な言い方をすると、音楽って「思考停止にさせる」ものか「興奮させる」
ものか「不快にさせる」ものか大きく三つに分けられる、ような気がします。
だから、あんなほとんど目の前で演奏していてボーッとさせてくれる音楽って
心地良い以外のナニモノでもないわけですよ。

おまけにリーダー格のサックス奏者ジョシュア・レッドマンがこれまたボー
ッとするほどイイ男。ほんとめちゃくちゃCOOLです。
       
         ジョシュアjpg.jpg

ジョシュアの奏でる音色ってまるで、先頭切ってメンバーを導くための軽快
な鈴のよう。ソフトで、でも力強くて、呼吸を統一させるような緊張感もあ
るのに、フワッと心地良い。噂に聞く斬新な印象はなかったのですが、上質
なスタンダードといった感じでした。

しかし、ジョシュア、ほんとカッコイイです(*´∇`*)
あとで知ったのですが、彼はハーバード大学を首席で卒業してイエール大学
での法律修士課程を経て弁護士の資格を持っている秀才であり、サックスの
世界でもこれからの時代を担う天才とか言われていて、おまけにすっっごい
クールビューティ
こんな人もいるんだなぁ。。

こうやって手の届きそうな距離でのライブって大好き。
(大ホールとかのコンサートはキライ)
美味しいものを食べたり飲んだりしながらシビレるような演
奏にまったりと酔う……やっぱりたまにはいいなあこういうの。
今度「小曽根真」のトリオとか聴いてみたいなあ。。
彼の「ドラえもんのうた」とか生で聴いたら楽しそうだしなー。

ただし。お会計時には酔いも覚めるようなビックリレシートΣ(×_×;)で、
現実世界に戻されますけどね!
( BLUE NOTEの料理の値段、ちょっと高いですよねえ。。。
 なんも考えず注文しまくる私たちが悪いのですが。。。)









Last updated  2007.03.01 15:17:48
コメント(0) | コメントを書く
2007.02.20
カテゴリ:ユカイな仲間たち
ちょっと辛辣なタイトルになってしまったんですけど、そういう知人がいるんです。

最近大人気のリア・ディゾン。

          リア・ディゾン03.jpg
初めて見た時、どこかで見た事あるなぁ……と思っていたのですが、そうそう以前の
日記でもちょっと記したNさん。
三人の男性と同時に付き合い、イブの日は高額なプレゼントを貰うために「午前」
「昼」「夜」の三部構成でスケジュールを組み、イブと誕生日を「回収日」と呼ん
でいる女子(30代前半)です。

似てるんです、本当に。。。
特にこの写真のこの表情。

         リア04.jpg


百貨店で行うメイクアップショーのモデルもやったことがあるくらいの美貌の持ち主
なのですが、心は完璧なオバチャン。。。。。

いや、オバチャンというより、ちょっと病んだひと?
私の友人で彼女と会ったことのある人は、
彼女、相当病んでない?」と言いますね。。。。。。

自分が狙いを定めた男とそれ以外では、もう笑っちゃうほど話し方が違うんですよ。
ものすごくカワイコぶる話し方ではなく、好きな人に対しては普通なんですが、
その他の男や私などに対しては「サザエさん」に出てくる花沢さんみたいな話し方
です。あ、花沢さんはオバチャンじゃなくて小学生か。

私はそのギャップが結構面白くて、同い年くらいなのに「オバチャン」と読んでまし
たが、彼女はあんまり同性の仲の良い友人が少なかったようで、そう言われることも
嬉しいようでした。
彼女と同じ部署の女性たちには相当嫌われていたようで、その理由というのが彼女曰
く、「ほんとひがみっぽいんだよね、あのひとたち。同じ部署の○○くん、以前私に
告ってきてフラれたの知っててさ~、○○くんのことが好きなAさんが私の悪口言っ
てるみたいなんだよね」
はあ、そうなんだ……なんだか中学生みたいな……
しかし、部署が全く違うということもあり、私はそのAさんとはほとんど話した事が
なく、一方的にNさんの話を聞いている限りではそのAさんはかなり陰湿で感情的で
Nさんの仕事もとってしまうような人、ということでした。
とても理知的で仕事ができそうなイメージのAさん。
一見、冷たいイメージを与えてしまいがちな硬質な外見。同年齢とは思えないような
落ち着いた印象の彼女は、けれども実はすごくフレンドリーな面白い人だということ
をその会社を辞める直前に知る事になりました。

あるプロジェクトで私が所属していた部署とNさん&Aさんが所属していた部署とで
連動した作業をすることになり、私が作成したデータをAさんがWEBにUPするとい
う一連の作業の中でAさんとお話するようになり、彼女がとても仕事に熱心で楽しい
人だと分かったのです。それと同時に、Nさんのその部署における状況も少し解明さ
れてきました。

Aさんは旅行が趣味でよくフランスに一人旅に行ったりしていて、私もほんとに短期
間ですがフランスに留学していたことがあり、そんな話で盛り上がりました。
私はあと一ヶ月で退社する予定だったので、Aさんともっといろいろ仲良くなりたか
ったなあ思い、そしてAさんも同じようなことを言ってくれました。
そして遠回しにですが、Nさんと仲が良さそうだったのでちょっと敬遠していた……
というようなことも。。。
AさんとNさんをよく知る同部署の方の話によると、確かに○○くんをめぐる確執は
あったようではあるのですが、それ以前に、Nさんは仕事があまりにできず、急ぎ
の仕事は責任感の強いAさんが自らやってしまう、というのが実情だったようです。
確かに……。
Nさん、ものすごく「化粧室」にいる時間が長かった……。
朝、スッピンできて1時間(下地から丁寧にメイク)、昼食後1時間メイク直し、
夕方、30分ほどメイク直し。
化粧室にいくと必ずNさんがいるので、彼女はいろんな部署の人と仲良くなってい
ましたがNさんの部署ってそんなにヒマなのかなぁ?と思っていました。

そんなワケないですよね、実際。。。

会社を退社したあともNさんから連絡がよくあり、一緒に遊んだりもしましたが、彼女
が私にたくさんのウソをついていたことを知るようになりました。
「実は実家出てて一人暮らししてたんだけど、交通費貰えると思って隠してた」
「実は同じ部署の××さんとも付き合ってたんだけど隠してた」
「実は…………」

要するに「鳩ちゃんはこの会社で唯一のトモダチ」と言いながらも信用していなかった
ということなんですよね。。。
というか、Nさんは誰のことも信用できないタイプなんだなあと思いました。
それは話をしていて薄々気付いてはいたのですが……。

彼女は本命にフラれ、不倫も清算し、また新たな獲物をゲットするためによく私に相談
の電話をかけてきました。
彼女は本当に好きになると束縛&メール攻撃がすごくて、そういうのに辟易されてしま
うらしいんですよね。あと「いっしょにいると疲れる」とも。

同じ部署の○○くんじゃダメなの? 彼、すごく仕事もできていい人じゃない?
Nさんのオバチャンぽいところもとことん知っているわけだし。
Nさんが絶対条件と言って憚らない高身長だし。
というと、Nさん、「だって、彼も私と同じ派遣だよ? 将来性のない人はイヤ!

 (;゚Д゚)ひ、ひどすぎる!

Nさん、あなたがそういう外枠ばかり気にしているから、Nさんの外枠(美貌)しか目に
入らない男性ばかり寄ってくるんじゃないのかな?
Nさんの誇大妄想気味なところとかオバチャンな話し方とか、私はそれもNさんの魅力だ
と思ってる。
そういうズボラだけど素の部分が好きだって言ってくれる人に目を向けないと。。。。
そういった忠告をしてもあまり聞いてないNさん。

昨年は急にフランスに興味を持ち、一人旅にいったNさん。
すごく良かった!と興奮して電話してきたのですが、私が色々質問すると
「なんで鳩ちゃんそんな詳しいの? もしかしたら行ったことあるの?」

Nさんて、私の話、ほんと聞いてなかったのね。。。(そんな気はしてたけど)
確かに、興味のないような話になるといつも「あ~、ところでさ~」と勝手に話題変え
てたっけ (´ヘ`;)

「同性の友人がいない」と言う彼女、実はあんまり必要だと思ってないハズ。

どこで見つけてきたのか「オダジョー似の某一流企業社員とちょっとイイ感じなの」と
いう連絡を最近もらいました。
リア・ディゾンに似た容貌だけでなく、彼女のダメな部分も愛らしいと感じてくれる人
だといいのですが……。






Last updated  2007.02.20 10:36:48
コメント(0) | コメントを書く
2007.02.15
カテゴリ:オキニイリ
滅多に洋服は通販では買わないんです。何回も失敗してるから。

服はパターン、というかシルエットが最も重要だと思ってるのでやはり手に取って
みないと分からないんですよねえ。

すごくスタイルのいい人だったら何でも似合ってしまうんでしょうけど。。。

初めて社会人として仕事したのは実はアパレルの広報でした。
わりとラジュグアリーに属するブランドを有していたのでかなり神経を使いました
が、生地・仕立て・パターンなど色々勉強になりました。
だからこそ余計強く思うのです。
シルエットが重要なのだと。

安い服は生地もパターンも縫製もけっこう適当なんですよね。。
でも私はTPOに応じて安い服も買ってます。ほとんどインナーですけど。

2000円くらいで買ったキャミを4年くらい愛用してたりもします(それも着倒して)。
でも大抵は「安物買いの銭失い」みたいなハメになるので、ネットで見てコレ可愛い
な~と思ってもかなり躊躇します。

安く手に入れる方法はやはりオークションですが、ネットより日曜に近所で行われる
フリマがとにかくすごいことになってます。役所の前とかで時々行われるフリマは老
若男女さまざまなものを売っていて、1位時間くらい見てても飽きないです。
この間たまたまその場所に行ったらすごい大規模で開催されていて、予定外にすごい
買い物しちゃいました☆
まず、DES PRESのスカート、UAのワンピ、MKのニットスカート、Corinne Sarrut
の七分丈セーター、TSUMORIのベスト、卑弥呼のショートブーツ。

これでなんと総額1500円!それもすべてほぼ新品同様の品々。
すごい。すごすぎます。
特に、おじいちゃんが箱の中にいっぱいに詰めてた洋服の中は宝の山でした。
一見、あまりにも乱雑に段ボールに投げ入れされている洋服はいかにも年配向けとい
った感じなのですが、可愛いベストがあったので手に取ってみるとなんとTSUMORI。
おじいちゃんが「その箱の中は奥に掘り出し物がいっぱいあるよ!」と声をかけてく
れたので更に覗いてみると、あるわあるわ、セレクトショップ系のそれもかなり高品
質な品々。うわぁ、これはすごすぎる。。しかし、値段書いてないんだけど、いくら
なんだろ? と、おじいちゃんに聞こうとしたら、突然叫びだしたのです。

「今からここの全部100円だよ~!」


うっそ~? マジで~????

5点買っても500円。なんじゃそりゃ? まともに買うのがバカバカしくなるよ。
ファミリーセールなんかより安いです。

しかし、このおじいちゃん謎だよ。
これ、お孫さんのなのかしら? 業者さんらしい雰囲気はなくて、老人会の集まり
みたいな感じで出店してましたけど。。。いかにもオシャレな若い女のコのところ
の方がオシャレな服が出てるのでそっちにいきがちですが、これはものすごい掘り
出し物でした。
今は亡き井の頭公園のフリマでもビックリプライスですごい色々ゲットしました。
ここではヴィヴィアンだとかヒスだとかそういうのが多かったかなー。もちろん
1点300円とか500円とかの世界です。
あとはフェスとかお祭り系でもたくさんフリマがでて楽しいですね。

そんなこんなでフリマで直接手に取って買うのが一番安くて賢い買い物方法だと思
うのですが、フリマだって毎週やっているわけでも、またお目当てのものがあると
も限らないわけです。

年末に大好きなショップで可愛い半袖タートルを見つけて、すごく欲しかったので
すがわずかにカシミアが入ってるものだったので逆の意味でのビックリプライス!
躊躇して翌週また見にってみたらやはり売り切れ。。。。
ぁぅぅ(´・ω・)と思ってたら、友人が似たようなのを着ていたのでどこで買ったの
か問いただしたら、なんと楽天。
品質はポリ・レーヨンで伸縮性のある素材でしたが、かなりキレイなシルエット。
コレです↓
タートル.jpg
衝撃の6600枚完売!「お姫さまタートル」人気のパフ...

色数もすごい。。。
タートル02.jpg

先月友人に教わって見た時はもう既に完売でしたが、今日友人から「売ってるよ!」
という連絡をもらって、買っちゃいました( ´艸`) 共同購入で安いし☆
色はモデルのコが着てる「ミルクティ」です。
こういう可愛らしいトップスにはシンプルにジーンズと合わせたいなあ。。。。
けっこうすぐに完売しちゃうらしいです。
これの「サクラ」色を着ていた友人は30代半ばですが、画像で見るよりシックな
感じで、グレーのプリーツSKと合わせて素敵でした。
ネットで服買うの久々だけど、似合えばいいなー。
友人が似合っていたからって、私に似合うとは限らないからなー(;´д`)









Last updated  2007.02.15 16:11:41
コメント(0) | コメントを書く
2007.02.12
カテゴリ:美容
むくみ……この憎き現象。
中学生の頃から闘い続けた悪しき病。

それでも昔は足だけでした。
しかも半端ないむくみかた。。。。。。
ブーツなんて履いて夕方までデスクワークなんてしていようもんなら、それは
大変な事態になり……
トイレとかでスクワット(笑える光景)とかしても、つま先だけ上向きにして
みても、それほど変わらず散々な目にあってきたのです。。。。

そして30代になり、今度は顔!
キャア!

寝起きがむくむとかいうレベルではなく、なんというか「たるみ」のような
むくみ。

私は随分昔から若く見えて、私とそっくりな母も実年齢より若く見られること
から老化は遅い方だと思っていたのです。
正直、肌とか見た目の若さって、化粧云々より「遺伝」によるものが大きくな
いでしょうか?
私の知人の40歳の女性、本当に化粧とかエイジング医療だとかエステだとか特
になんにもしてなくてもビックリするような若さで、はっきりいって20代後半
くらいに見えるんですよ。彼女と25年来の友人に聞いてても、
「あのコはちょっと化物級だから。。スキンケアとかほとんどしてないんだよ
 ね。それは私が証明する」って豪語(?)していたくらい。
彼女自身も、
「人より老化の速度が遅い気がする。多分遺伝子の問題かも」と言ってます。

大学を出て初めて入った会社で、今でも忘れられない位の脅威の若さと美貌を
誇る42歳の女性に出会い、「美容」に関する視点が変わりました。

彼女もまた特別に高級な化粧品だとかを使っているわけではなく、ナチュラル
なものを気分次第で使っているといった感じのお手入れをされていました。
逆に、30代後半のものすごくコスメフリークな上司は、正直年齢よりも老けて
見えて、もちろん個人差があるのは当然ですが、とても重要な何かを象徴して
いるように感じました。

ですが、まだ若かった私は色々な化粧品も試してみたいので、ありとあらゆる
化粧品にトライしてみましたが、「高いからいい」「評判が良いからいい」と
いうものではないことも実感していきました。

原点に帰ってみると、私は祖母から教わった「椿油」だとか「つげのくし
だとか、流行に流されないものだけ長く愛用してきたように思えます。
夜のお手入れでクリームを塗った後は枕にクリームが移らないようにお粉を
たたくといい……そんなことも祖母から教わりました。
祖母は地元では有名な洒落た人だったので、幼な心にも「粋なバアチャンだ
と思っていたのですが、子供だからといって見くびらず、いろいろ大切なこ
とを教えてくれていたんですよね。。

企業が宣伝するように、
サイエンスの進歩がそのまま美しさにつながるとは私には思えないんです。

お化粧するって、すごく大切なことだとは思うんです。
老人ホームでのリハビリで「化粧療法」があるくらい効果は確実にあるはず
です。ただ、それと同じように「美意識」ってすごく重要な気がします。

最近たるみ気味だった私。
かなり「美意識」が欠けていたような気がします。
都心に働きにでかけるわけでもない現状で、時々メールでのやり取りのみで
原稿をまたメールで送ったり……
近所のお店で用を済ませたり、近所の友人の家に遊びいったり、近所で友達
と飲んだり……近所だから別に適当な格好で。。。というだらけた意識。

こういうのって、すぐに出るんですね、顔とか表情に。

継続していたカンタンな顔のマッサージもさぼりがちだったためか、ある日
鏡をみたら知らないオバサンが……

深夜帰宅の地下鉄の車窓でもこんな顔見た事ない!!
ってなくらい( ̄□ ̄;) ガーン……

そんなこんなで、きちんと意識をもった生活を再構築しようと考えました。

さぼっていたマッサージも再開しました。
まだ再開して1週間くらいですが、明らかに1週間の顔と違います(;´д`) 

ちょっと前に使って効果があったオイルもまた使い始めましたが、これ、
ほんとむくみに効きます!

          ヴェレダ ホワイトバーチ・セルライトオイル
              


私はお風呂上がりに、足全体と二の腕にかけてマッサージするように塗り
ます。オリーブオイルのようなたれる液状なんですが、かなり浸透が良い
のでそれほどベタベタしません。
そして、コレは禁じ手なのかもしれませんし、肌の弱い人はやめた方がい
いと思うのですが、、、私、このオイル、顔の輪郭とデコルテ、そして、
腫れぼったいときの瞼に塗っちゃってます( ´艸`)  
だって、効くんですもの。。。。
あ、でも、これはボディ用のオイルなので、あまり真似しない方がいいかも
ですが、ヴェレダのものなので、ヘンなモノは入ってないと信用してマス。

足のむくみとか気になる方は是非試してみてください!
朝晩使うとより一層効果が期待できるハズ☆






Last updated  2007.02.12 20:20:56
コメント(0) | コメントを書く

全46件 (46件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


© Rakuten Group, Inc.