102974 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Pigeon Complex

PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


pigeonmignon

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

casTYウーマン編集部@ 引用のお願い casTYウーマン「(恋愛男子寮)」内にて …
pigeonmignon@ 記事引用の件 casTYウーマン編集部の有馬ゆえさま は…
casTYウーマン編集部有馬ゆえ@ 申し訳ありません・・・。 上のタイトルは「引用のお願い」でした。 …
casTYウーマン編集部有馬ゆえ@ ey94k6,t@e はじめまして。 casTYウーマン編集部の有…
pigeonmignon@ Re:はじめまして(12/28) 雀2004さん はじめまして。 ご訪問あ…

Freepage List

Headline News

2006.11.20
XML
カテゴリ:ユカイな仲間たち
どうしてこんなに変なヒトばかり私の周りに集まってくるのか。。。
まだ学生の頃、私の「友人」となる人はなぜかちょっと変わったクセモノばかりで
かなり疑問の嵐でした。

大学に入学したばかりの頃、クラスで仲良くなった大学寮に住んでいた友人が、
「同じ部屋のコがめっちゃおもろいんよ」
と言って紹介してくれたのが、チエちゃんでした。
もう10年以上前(そんな前か。。。)まだ日傘なんてさしているヒトなんてそんな
にいなかった時代、彼女は炎天下に堂々と黒い日傘をさして登校してきたものです。
さすがにそこまでしているせいか、彼女の肌はまさに白い陶器のような肌。
まだ若くピチピチな肌を誇る同世代の間でもかなり有名でした。
「ほんとにこんな博多人形みたいな肌の人っているんだなぁ」と私もひそかに憧れ
ていました。
              ほんと↓こんな感じ。
              博多人形.jpg

が、しかし。
彼女はそんな人形みたいな容姿とは裏腹に、豪快なオバチャンみたいな性格だった
のです。
ある日学食で友人とランチをしていると、日傘を手に持ったチエちゃんが私の向か
い席に座りました。「ちょっと、鳩ちゃんいい?」
「は、はい?」
「鳩ちゃん、化粧してないでしょ、ほとんど」
「う、うん。プレストだけはたいてきただけかも今日は」
「あのねえ……。女は女に生まれるんじゃないのよ
「え?」
女は女になるために生まれるの! 化粧すればキレイになるっていうんじゃない
 のよ! 化粧をしていくうちに化粧に似合う顔になるの!

いきなりボーヴォワールの言葉を引用しながらの説教が小1時間ほど続きました。

私はその当時、たまにパウダーファンデをちょこちょこっと塗ってパウダーではたく
程度で、時間のない朝はほんとパウダーをポンポンとたたいて眉毛も整えずにいたの
で、彼女からしてみると耐えられないヒドさだったのかも。。。
そして何より許せなかったのは、陽に当たるとすぐに赤くなる私がたいして日焼け止
めも塗っていないことでした。
「そんなことだと三十路過ぎてから大変なことになるわよ。鳩ちゃんは私の好みのタ
イプだから、特別いろいろ教えてあげるわ!」

なぜか昔から変な女子に好かれる私 (;-_-;)

そうしてチエちゃんに彼女の愛用コスメ「ランコム」のカウンターに連れて行かれ、
スキンケアからファンデの塗り方まで教えてもらうことになったのです。。。

学生の身としてはランコムをラインで揃えるほどの財力がないので、
化粧水とファンデーションだけしか使っていませんでしたが、彼女が提唱する
「美学」はなんとなく分かりました。
今まで化粧水もファンデもDSとかで買っていた私。
ランコムの化粧水とか美容液が直接私の肌に効果があったのかよく分かりません
でしたが、「お肌のお手入れ」をしているという実感、と、
優雅な気分になるという不思議な作用で、自分で言うのもなんですが、
なんとなく垢抜けた感じの肌質、そして雰囲気になってきたようでした。

佐伯チズさんで有名になったコットンに水を浸してから化粧水をつけるやり方も
チエちゃんに教わりました。
「化粧をしていくうちに化粧に似合う顔になる」
これもつくづくその通りだなあと今あらためて思うのです。
化粧に興味がなく、普段もそんなに化粧をしない人に化粧をするとなんとなく
チグハグな印象になってしまいませんか?
「肌に負担をかけたくない」という理由で化粧水も手作りで日焼け止めしかし
ていなかった友人が結婚式でメイクする時、私の知人のヘアメイクさんが担当
したのですが、「乾燥しすぎてて全然メイクがのらなくて困ったよ」と嘆いて
おりました。。。また、メイクになれていないせいか、ファンデを塗っている
時も、顔がこわばっていたようで。。。
テレビでプロのヘアメイクさんが素人の主婦にメイクをすると、スタジオでは
「おお!すごく変わりましたねえ」と感嘆するものの、
どう見てもなんか「似合ってないよ。。。」と思うことがしばしば。
若いうちは弾力のある肌の輝きでなんとかなりますが、
「三十路超えてメイクなれしていないと顔に華やかさがなくなる」
メイクさんも申しておりました。
ベースメイクだけでもしっかりしておけば、
ナチュラルな印象はそのままに華やかさは出せるものだそうです。

私は今は下地とプレストパウダー、そしてマスカラとグロスしかつけてません
が、「いつもほとんどメイクしてないでしょ?」とも言われますが、
スッピンとベースメイクだけの顔とはやはり違います。
ギャップがあるほど変わるわけではありませんが、誰と会ってもそんな恥ずか
しくない程度にはなります。
「そんなに化粧してないよね。肌キレイだよね」と言われると、
心の中でガッツポーズ(^-^)/
してますからね~ベースはきちんと☆

次回はチエちゃんに教わった「メイクの美学」その2です。







Last updated  2006.11.20 18:51:20
コメント(4) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.