000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Pigeon Complex

PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


pigeonmignon

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

casTYウーマン編集部@ 引用のお願い casTYウーマン「(恋愛男子寮)」内にて …
pigeonmignon@ 記事引用の件 casTYウーマン編集部の有馬ゆえさま は…
casTYウーマン編集部有馬ゆえ@ 申し訳ありません・・・。 上のタイトルは「引用のお願い」でした。 …
casTYウーマン編集部有馬ゆえ@ ey94k6,t@e はじめまして。 casTYウーマン編集部の有…
pigeonmignon@ Re:はじめまして(12/28) 雀2004さん はじめまして。 ご訪問あ…

Freepage List

Headline News

2006.12.25
XML
カテゴリ:オキニイリ
慌ただしい1週間でした。。。休職中なのにある企画の仕事をどうしてもと
頼まれ、更に会期終了間際の激混みの美術館に行かなければならなかったり、
友人たちが集う毎年恒例のクリスマスパーティを今年はうちで主催したり、
と、久々に寝る間を惜しむ日々でした。。。

クリスマスパーティにはここ数年、鶏の丸焼きを出すという暗黙のルールが
出来上がっており、もちろん既成ではなく、おうちで焼くものなので、
かなり気合いが入ります。
うちに集まる友人たちはみな、照り焼き系よりも「塩・オリーブ」系が好き
なので、今年もそこにローズマリーなどのハーブを入れた鶏の丸焼きを完成
させました。更に、お腹の中にジャガイモを詰め、周りにも敷き詰めます。
           
               これが完成品です☆
           鶏の丸焼き.JPG


これがもう激ウマ☆で、グルメな友人たちからも溜息が……( *゚~゚)ヤッター

他にも皆負けじと、「テールスープ」(牛の尻尾を煮込んだスープ)を作って
きてくれたり、手土産にシャンパン、ワイン、そして私の大好きな「ルヴァン」
のパンを買ってきてくれたりとほんともうグッチョイス(^-^)な品々。
↑こういったグッチョイスは、以前の日記にも出てきた面接の達人・松井(仮名)
だったりするんです。

いつも破天荒な彼女ですが、今年はまたオモシロい登場の仕方でした。
昔別れたハズの彼氏、その彼が車でうちまで彼女を送迎してくれました。

つーかなんでよ(;゚Д゚)?

噂はいつも聞いていたものの会うのは初めて。玄関先でちょこっと話してすぐに
帰ってしまいましたが、これが思いのほかにカッコイイ

松井(仮名)は今その彼に復縁を迫られてて、プロポーズされているらしいので
すが、彼女は「あと4年たって私に他の男がいなかったら結婚してもいい」
と、かなりの高飛車ぶり

一流企業勤務、都内に親の住居とは別に一軒家所有、松井(仮名)の「オモシロさ」
にぞっこんLOVE、おまけにカッコイイ……
と、普通こんな条件、血マナコで探したって見つからないだろうに。。。。。

ものすごく納得いかないという顔で聞いていた年上の女性が「なんで松井ちゃん
その人とは結婚をためらってるの?」と聞くと、
「うーん……昨日から彼のうち泊まってしばらく一緒にいたんだけど、なんかね、
 昔よりオモシロくないんだよね。ドキドキしないの
 
更に納得がいかないという顔で年上の女性が尋ねます。
「オモシロいかオモシロくないかで結婚決めるの?」

すると松井(仮名)が、逆に驚いた顔で聞き返します。
「え? だってオモシロくない人と毎日一緒に過ごすって、苦痛じゃないですか!?」

確かに彼女の言う通り。

好きになってしまえば、条件なんてほんとどうでも良くなりますからねぇ。。
自分にとってオモシロいか、一緒にいてどんだけ楽しいか、それに限るなあって。

遥か太古の女子大生の頃、私は本当にバカ女で、めったに好きな人ができなかった
私は「条件」で付き合う人を選んでいた時期がありました。
でも全然楽しくないんですよね。そんなの。

かっこよくたって、お金持ってたって、いいとこ勤めてたって、豪華なレストラン
に連れて行ってくれたって、なーんもたのしくないです、好きな人とじゃないと。

私は珍しく松井(仮名)を褒めます。
「えらいね、松井(仮名)。あんた根性あるよ」

すると、さきほどの年上の女性が、
「でもさ。じゃあなんで彼のうち泊まったり、クリスマスプレゼントに高価なコート
 を買ってもらったりしてるの? それって付き合ってるってことじゃないの?」

松井は私に褒められて鼻高々になっていた顔から一気にしおらしいお顔に。。。

「えっとぉ、だって、彼カッコイイでしょ? すごく好きなわけじゃないけど、
 彼モテるっぽいから、他の人の手に渡るのは惜しくて……


周囲から松井(仮名)に「この畜生女が!」という野次と共に、クッションやらミカン
が飛ばされていました。。。

それも気持ちは分かるんだけどねえ(´ヘ`;) 。。。


そんなパーティも終わり、イブの日は夫と静かに過ごしました。

前からずーっと欲しかったヘリオスのポットをプレゼントに貰いました。
もう、本当に嬉しいです☆
             
         猫ポット.JPG


一流ホテルなどでも使われているヘリオス社のポット。
これは1リットルサイズの魔法瓶で(懐かしい響き)、お家でのティータイムに最適
です。朝入れたコーヒーがお昼過ぎくらいまで美味しく温かいままで飲めるみたい。
私は猫が世界で一番フォトジェニックな動物だと思ってます。
実家にも猫がいますが、たまにしか帰らない私にはあまりなついていないし、自分の
思い通りにならないとカプって噛み付くし、真夜中に起こしにきたり、屋根から滑り
落ちたりと、ワガママで最悪なバカ猫です。
んが。しかし。 そんなバカっぷりがまたカワイイ(;´д`)。。。

だからといって猫の小物とかが好きな訳ではないのですが、この猫ポットはデザインと
してなんというか……オモシロイ。。。
「可愛らしい」という感じではなく(白い猫ポットはもっとカワイイですけど)、
「小憎らしい」感じの表情がなんとも愛おしいわけです。。。。。

つい最近までどこのお店でも売り切れ状態でした。
これをクリスマスプレゼントに購入する人結構いたのかも。
この間会ったデザイナーさんもプレゼントに購入したって言ってたからなあ。。。
 
              ↓白いコも実は欲しい。
              


他にもいろいろな方から驚愕的なプレゼントを頂いたので、また後日、UPします。。。






Last updated  2006.12.25 13:54:25
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.