102242 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Pigeon Complex

PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


pigeonmignon

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

casTYウーマン編集部@ 引用のお願い casTYウーマン「(恋愛男子寮)」内にて …
pigeonmignon@ 記事引用の件 casTYウーマン編集部の有馬ゆえさま は…
casTYウーマン編集部有馬ゆえ@ 申し訳ありません・・・。 上のタイトルは「引用のお願い」でした。 …
casTYウーマン編集部有馬ゆえ@ ey94k6,t@e はじめまして。 casTYウーマン編集部の有…
pigeonmignon@ Re:はじめまして(12/28) 雀2004さん はじめまして。 ご訪問あ…

Freepage List

Headline News

2007.01.11
XML
カテゴリ:
例えばテレビなどですぐ近所の店や場所が紹介されたりするとちょっと不思議な気分に
なるものです。
あれ、ここってそんなにいいとこだったんだ? 
と、第三者的な見方をすると、普段見慣れた風景も新鮮に映ったりして。。。。。

都会に住んでいる人が田舎の山々や大海原に感動するのは当然ですが、身近な建物や店
などの価値はなかなか再発見できないものかもしれません。

例えば、新宿西口の電気街。
昼間でもピカピカとまがまがしい電飾で彩られるお馴染みの街並を、観光客とおぼしき
人々が(特に外国人)がよく写真を撮っているのが目につきます。
え、何を撮ってるの? 
と思って見上げると「ヨドバシカメラ」の巨大な電飾看板だったり。

確かに、こんな風景、見慣れていなければかなり奇妙でクレイジーな一角
自分が異邦人になった感覚で周りを見渡すと、それそれは面白い風景に見えてきます。
こういった身近な場所や普段見慣れた風景の中で「旅」ができるかどうか
それも「癒しのための旅」。

できました。
都内の高層ビルが立ち並ぶ見慣れた街のド真ん中で( *゚~゚)

年末に宿泊した都内のホテルは「ストリングスホテル東京」。
品川駅から直結の通路があるホテルです。

26階にフロントとレストランがあり、27階から32階までが客室。
フロント&レストラン26階は32階の客室まで吹き抜けになっていてなんとも開放感の
ある、けれども品格のある佇まい。
私たちは30階の部屋でした。

部屋の窓一面に広がる夕映えのビルのこの美しさ、、、
なぜか遠くにきたような錯覚を引き起こします。

    夕映えビルディング.JPG

私はこの夕暮れ時が大好きなんです。
窓際の素敵なソファに座って、ボーッと二人で暮れていく街並を見ていました。
すごく寒い冬晴れの日だったので、富士山の美しさも堪能できました……。
    
     夕映え富士山.JPG

が、しかし!
この日は風がびゅうびゅう吹いて本当に寒い日だったので、日が暮れていくに従って
外気の温度が急激に下がり、なんと、窓が曇ってきてしまったのです!
素晴らしい夕暮れがモヤモヤな景色になってしまう(;゚Д゚)

そして大慌てでタオルで窓拭きをする夫の姿。
かなり間抜けな光景にもかかわらず、夕暮れがキレイです~☆

    窓ふき.JPG

今考えると「お困りの際はフロントに」って、案内してくれた客室係の方も言ってた
ので連絡してみれば良かったのかも。。。
「窓が曇って困ってます(´・ω・)」って。ナンダカナァ。。。

二人で交替で窓拭きしていたらなんだか楽しくなってきて、ハイな状態に。
うちら何やってんだ?ってな感じで。

けっこう楽しめました☆


お腹がすいたので、26階のレストラン「The Dining」へ。
というのはウソで、夕食込みの宿泊ではないので、外に食べに出かけました。
ホテルの部屋からも見える「つばめグリル」へ。
ここのハンブルグ(このお店ではハンバーグをこう表記してます)は本当に美味しい
です。私も夫も普段牛肉は食べませんが、ここのハンブルグは相当イケます。
いい素材を使っている味がします。

そんな大満足な夕食も終わり再び部屋へ。外食して10分ほど歩いてまた部屋で寛げる
ってほんと最高☆
そして部屋に戻ると、宿泊プランについていたフルーツタルトが運ばれてきました。

       タルト.JPG

フルーツてんこ盛り! 
12センチ径のミニホールタイプですが、予想外に大きく感じます。
おそらく、満腹だからでしょう。
しかし、太古の昔からデザートは別腹と決まっています。
当然、食べました、半分。
これがまた、すごく……美味しい~(*´∇`*)
持ち込んだミニボトルのスパークリングワインと一緒に。
何種類もの新鮮なフルーツが発泡性のワインとよく合うのです。

すっかり満腹になって横になると、ちょうどベッドで横になった高さと窓の下枠が
同じ位置なので、寝ながらにして夜景が楽しめ……
って、曇ってますけどね、窓。

テレビは普段見ないけど、映画チャンネルが見放題なのでちょっと見てたら眠くな
ってきて……ウトウトしながらダラけてました。風呂も入らずに。。。

そんな感じでダラダラ過ごし、いつの間にか睡眠。。。。
早朝、夫は24時間無料のホテル内のジムに行き、ランニングマシーンで汗をかきに。
ガラス張りのフィットネスルームからは東京タワーが見られたそうです。
私は使い心地の良いバスにゆっくり浸かってました。
友人からもらった「ごめんねダーリン」のおかげで最高のバスタイムに( ´ー`)

そして朝食を食べに「The Dining」へ。
今度は本当です。
しかし、ここの朝食……今まで食べたビュッフェの中で一番美味しいかもしれない。
特にオーガニックな野菜や果物。
そして、大好きなチーズがかなりの種類取り揃えてあって(ブルーチーズも)、
サラダも好みの味付けだし、いやー、食べきれない、でも食べたい。。。
もともと朝食をそんなに食べる習慣がないので、ガツンと食べられないのが本当に
悔しくて、長い準備期間&直前に二徹して完成させたプレゼンが落ちるよりも更に
悔しかったです。。。

よく「朝食を食べないとダメ」みたいな情報を耳にしますが、こういうことを示唆
していたのかも。イザっていうときに力が発揮されないというジレンマ。
ああ、ぜひとも克服したい。


ここのホテルは「The Club」というプランで宿泊するとミニバー(冷蔵庫)の飲み
物が無料で飲めるし(シャンパンとかも入ってるらしい)、夜景はお台場側で東京タ
ワーが見られるらしいので、今度はそのプランで来たいなー。

けど、確かこのホテルはANAの全日空ホテル系列でつい最近「インターコンチネンタ
ル」グループにホテル事業が売却されたので、色々サービスやら名称やらが変わって
しまうかもしれません……
「東京全日空ホテル」は4月から「ANAインターコンチネンタルホテル東京」なんて
いう長ったらしい名前になってしまうみたいだし。。。
経営者が変わるとホテルの質が落ちることもよくあることだと聞きます。
そんなことのないように祈るばかりですが、
「ANAのストリングスホテル」に泊まれるのは3月までなので、そんな大義名分を課
してこの機会に宿泊してみるというのはどうでしょうか。

ちなみに、今回宿泊したプランにはアニバサーサリー仕様シリアルナンバー入りの
テディベアが付いてきました。毛並みが気持ちイイ素晴らしいの。

          ストリングスベア.JPG

とにもかくにも、なかなか楽しい宿泊でした。
ビルの狭間から見る富士山の、雑多な中の神々しさという風情にシビレました。
ほんとに楽しい近場の「旅」でした。






Last updated  2007.01.12 00:57:44
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.