2007.01.05

「近場の旅」という選択

カテゴリ:
昨年に箱根や熱海でちょっと優雅な旅行を経験してからというもの、すっかり日本
の旅館やホテルの良さに目覚めた夫。
私も小さな頃から家族で温泉旅行に行くのが大好きだったので、もちろん旅行には
大賛成ヽ( ´ー`)ノ

夫は今まではアジア方面への長期の「貧乏旅行」はよくしていたのですが、
国内の、一泊数万という旅館やホテルにはまったく興味ナシでした。

私も少ない予算での旅はもちろん好きです。
むしろ若いうちは少ない予算でやりくりしてこそ旅の醍醐味を味わえると思います。
親などのスポンサー付きの旅行は別ですけどね☆

高校時代からの悪友ベンとは伊豆への卒業旅行や、沖縄への3泊4日5万円の旅
や、長野・松本へのドライブ旅行などあらゆるところにかなり少ない予算で行きま
したが、どれもこれも楽しく、そして行き当たりばったり的な旅であるにもかかわ
らず、実はかなり素晴らしい出会いといい宿に巡り会えたのだと後で気付いたり。

那覇のユースホステルでは夜中の屋上で、宿泊者同士で宴会をしたり、沖縄の超穴
場・水納島(みんなじま:別名クロワッサン島)では、地元の方々のパーティに参
加させてもらい食べ飲み放題でサンシンの音色で踊ったり……。

「人との出会いが旅だから」と歌っていたのはスチャダラパーですが、
近場でも海外でも、旅はできるものなんですよね。
また出会いは人だけに限らず、日常では見落としがちなものを発見させてくれたり
します。

松本・安曇野の田園風景をベンの危うい運転でのんびりドライブをしていたときに
無造作に選んだアート・ブレイキーのCDをかけていたのですが、
田園風景と青い空、そしてJAZZとの見事な調和に、思わず叫びだしたくなる
ような爽快感を味わいました。
あまりの心地よさに目眩をおぼえるほど。
田舎道を愛車でのんびり走るルパンと次元のような感じと申しましょうか。。

             永遠の王子様・ルパンと次元
        drivingLupin.jpg
     
JAZZは夜の音楽とばかり思っていた私を開眼させてくれた出来事でした。。。

そんなふうに「旅」には日常では見落としがちな発見があったりするので、
家で悶々と仕事のことで悩んでいる時なんかには「気分転換」という名目で出かけ
てみると効率的にも良いことがたくさんあります。

ちなみにこの旅行で宿泊したのは今では超有名になってしまった「旅館すぎもと」
素晴らしい酒の肴がこれでもかという位の大盤振る舞いで、酒好きの我々にはたま
らない宿でした。もう7年くらい前なので今はどうか分かりませんが、「自遊人」
の「日本の名宿(1泊2食2万以上の部)グランプリ」で第3位に選ばれている位
なので、きっともっと良くなっているのかもしれません。
その頃は閑散期だったのか、夕食込み2万もしないで宿泊できましたが。

        かなりすさまじい大斬りもあった読み応えのある一冊。
             jiyujin.jpg

私は海外は実は短期留学で一回しか行ったことがないので、ほんとに国内オンリ
ーなのですが、まだまだ国内には素晴らしい場所がたくさんあると思います。

もちろん海外への旅は思いっきり日常とはかけ離れた得難い経験ができると思い
ます。実際、私が10年前に三ヶ月滞在していたフランスのブルゴーニュでは、
私の人生観を一変させるような経験をしました。これもまた話が長くなるので、
また別の機会に記したいと思いますが、若いうちに海外へ行くというのは、語学
や専門の研修という目的がなくても、実践しておいた方がいいものだと実感して
います。もちろん「若い」というのは「自分が若い」と思えば何歳でもOK。
実際、同じプログラムで50歳くらいの日本人マダムがすごい勢いで語学能力を伸
ばしていくのを目の当たりにしましたから。

あまりにも前振りが長くなってしまったのですが、最近は「近場でいい宿」という
ものに目がいくようになった私たち。
交通費をかけない分を宿代に。
そんなポリシーで行く近場の旅

都内に住む私たちにとっては箱根や伊豆、那須など、移動が苦にならない距離で
いく旅がそれにあたります。
しかし、まったく移動が問題にならない旅となるとこれはもう都内しかありませ
ん。完璧に「リラックス」するための空間。
それがラグジュアリーなホテル滞在です。

普通、都内に住んでいるのに、恋人関係の人とでもない限り(いやホットな恋愛
関係でもなかなかないかな)そんな近くのホテルに行くなんていう選択はないよ
うに思われがちですが、これが意外と面白いものだということを発見しまして。

そして年末に私たちはある某ホテルに滞在したのですが、本当にのんびりと寛ぐ
ことができ、そして学ぶ事も多々ありました。

その詳細は次回に☆





TWITTER

Last updated  2007.01.06 08:41:07
コメント(0) | コメントを書く