のらりくらりと・・・あくせくと・・・

Profile


pigleg

Calendar

Freepage List

Category

December 1, 2006
XML
先ほど観てきました。
いやぁー-良かったです!満足満足!!
やはりアメリカ映画は洗練されてていいですねぇー。
その上、ファッション業界が舞台というだけあって、煌びやかでゴージャス感漂うものでした。
名立たるブランドファッションが次から次にこれでもかとばかりに登場します。
それにサクセスストーリーは痛快で、見ててとっても気持ち良いものですよね。


絶賛されているだけのことはあると思いましたよ。
ファッションに疎い私でも十分楽しめました。
アメリカ日本のホームページを帰って見たら、それぞれに面白い趣向になっていて、それも面白かったです。
ファッションに興味のある人ならもっと楽しめるかもしれません。


そして、ゴージャスなだけでなく最後はちょっと考えさせられて、負け犬にも安堵感を与えてくれる感じといいましょうか、それが全てじゃないってこと。
ふと現実に立ち返らせてくれるものでした。


主役のアン・ハサウェイのクリクリお目々と彼女の変身振りもとっても魅力的でしたが、何よりメリル・ストリープの存在感は素晴らしかったですね。
力強く仕事に生きる女性を見せつけてくれました。そして、犠牲にしなければならないものの弱さも・・・。


女性が仕事で成功するためには、何処かで犠牲にしなければならないことも出てくるってこと。
殊更に日本ではね。
実際、私自身も主人公のように有能では無いにしても仕事に燃えてた時期が有り、その真っ只中で家庭か仕事かの選択を迫られたときが有って、このストーリー結構胸に来るものが有りました。
どちらも自分にとっては大事なものなのに、両方は許されない情況になり、どうしてもどちらかを決断しなければならなくなって・・・・・・、仕方なく私は家庭を取りました。


主人公のように、ある時点で開眼し自分で決断したのとは違って、私の場合は仕方なく。
‘この仕方なく’がくせもので、今でもどこかに未練があって、こんな映画を見てしまうと、またスーツにヒールを履いて颯爽と歩いてみたい衝動に駆られてしまいます。
そして、仕事を選んだが為に家庭を犠牲にしてしまった友人や後輩達もいます。
彼女達は、映画のミランダのようにとまでは行きませんが、それでも仕事に生き、今でも美しく輝いています。
誰もが何も犠牲にせずに上手く生きていけるといいんだけど・・・。


それぞれの決断、それぞれの人生、きちんと受け止めて生きていかなきゃ!!
なんて、劇場を出るときには気持ち良く颯爽と出てきたものの、家に帰って妙に1人しんみりムード。
いかんいかん、クリスマスお話会の練習でもしようっと。

2005-11-12 22:52:12ブログランキング






Last updated  December 1, 2006 02:48:52 PM
コメント(3) | コメントを書く

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Archives

January , 2020
December , 2019
November , 2019
October , 2019
September , 2019
August , 2019
July , 2019
June , 2019
May , 2019
April , 2019

Comments

http://buycialisky.com/@ Re:「新貴公子」 今更ですが・・・。(09/06) cialis dosage reviewsite order cialis c…
http://cialisees.com/@ Re:「新貴公子」 今更ですが・・・。(09/06) el sildenafil (viagra) vardenafil (levi…
鈴木桃子@ キムジェオン ファンジ二に関係無くて・・・ 兵役後、…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.