736011 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

北海道 温泉雑記 星林ひかるの日記

PR

楽天プロフィール


ぴかリンさん

キャッチフレーズは未入力です。

フォローする

フリーページ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

奈良井の宿をあるく… たそがれの写真家さん

ルリビタキ&ミコア… どじょう家族さん

ハッピーセット…。 峠幾三さん

日常生活の謎解き PBひひ淡州力さん
身近な湯けむり紀行 中年ピロ君さん

コメント新着

小清水@ Re[11]:清里町 パパスランドさっつる 立ち寄り(12/04) すいません上のは間違っていれました… は…
ぴかリン@ Re[1]:清里町 パパスランドさっつる 立ち寄り(12/04) >小清水さん こんにちは~ リニューアル…
小清水@ Re:清里町 パパスランドさっつる 立ち寄り(12/04) 2013年4月2日からパパスランドはリニュー…
ぴかリン@ Re[1]:清里町 ホテル清さと 一宿(後編) (03/20) >どじょう家族さん こんにちは~ ホテル…
どじょう家族@ Re:清里町 ホテル清さと 一宿(後編) (03/20) いいですね~ 温泉良し食事良しオマケに野…

全931件 (931件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 94 >

2013年04月05日
XML
カテゴリ:泊まる
今年の誕生日祝いは丸瀬布町にあるマウレ山荘に宿泊してみました。 この温泉施設は綺麗でお湯もタイヘン良いので今回宿泊での料理など楽しみました。
外観はおしゃれなペンション風ホテルです。 館内に入るとロビー喫茶がありました。

マウレ山荘
マウレ山荘 posted by (C)ぴかリン



チェックインの手続きまでウエルカムドリンクをいただき、従業員に案内され お部屋へ。機能的で心地よい感じです。持ち帰りできるアメニティーセットが置いてありこれは嬉しいですね。室内の浴室にもキチンとアメニティーセットがありました。

IMGP0559
IMGP0559 posted by (C)ぴかリン


IMGP0560
IMGP0560 posted by (C)ぴかリン


IMGP0561
IMGP0561 posted by (C)ぴかリン


IMGP0567
IMGP0567 posted by (C)ぴかリン



午後7時前に”やまびこの滝ナイトツアー”から戻り、夕食です。朝食ともにレストランでいただきます。従業員に部屋番号を告げると案内されました。テーブルセットされ、お品書きがありました、これも良いですね。まずは食前酒と虹鱒のマリネ。

IMGP0578
IMGP0578 posted by (C)ぴかリン


IMGP0579
IMGP0579 posted by (C)ぴかリン


IMGP0581
IMGP0581 posted by (C)ぴかリン


前菜~鶏わさび和え、カスベ南蛮漬け、牛モツ辛味和え、白菜サーモン巻き、行者にんにくローストビーフ巻き
スープ~牛すじと野菜のスープ

IMGP0582
IMGP0582 posted by (C)ぴかリン


IMGP0583
IMGP0583 posted by (C)ぴかリン



お造り~ばち鮪、釧路産活〆大兵
魚料理~釧路産真鱈の香草パン粉焼きバンブランソース

IMGP0585
IMGP0585 posted by (C)ぴかリン



IMGP0584
IMGP0584 posted by (C)ぴかリン


肉料理~道産豚ロースの塩麹焼きにんにく醤油ソース
食事~七穀米使用焼き鯖の炊き込みご飯、釧路産助たちとふのりの味噌椀


IMGP0586
IMGP0586 posted by (C)ぴかリン


IMGP0587
IMGP0587 posted by (C)ぴかリン



蕎麦~幌加内産北わせそば粉使用手打ちそば 
デザート~バニラアイスクリーム小豆がけ

IMGP0588
IMGP0588 posted by (C)ぴかリン


IMGP0590
IMGP0590 posted by (C)ぴかリン



盛り付けが綺麗で、とてもおいしかった~。おなかがいっぱいになり、お風呂で汗を流すとしましょう。
脱衣所は使いやすく、浴場は洗い場がゆったりしていて湯船も大きいのでリラックスできます。露天風呂も雰囲気がよいですね。

IMGP0592
IMGP0592 posted by (C)ぴかリン


IMGP0593
IMGP0593 posted by (C)ぴかリン



IMGP0597
IMGP0597 posted by (C)ぴかリン


IMGP0595
IMGP0595 posted by (C)ぴかリン


IMGP0599
IMGP0599 posted by (C)ぴかリン


さて翌朝の朝食はバイキング方式となっていました。牛乳がおいしかったです。
マウレ山荘に宿泊してみて感じたのは、料金のことを思うとサービスが良い、ということです。しかも押し付けがましくない、心地よい時間を過せました。

IMGP0608
IMGP0608 posted by (C)ぴかリン








最終更新日  2013年04月05日 17時31分50秒

2013年03月20日
カテゴリ:泊まる
前編に続きまして、後編をアップします。
一度目の宿泊は、緊張?で温泉を心からゆっくり楽しむ、というところまでいかなかったのですが リピート泊で 心おきなく浸かりました。客室露天風呂は少し熱めですが 今の時期ならこのくらいの湯温でちょうど良い感じ。

IMGP0433
IMGP0433 posted by (C)ぴかリン



大浴場と露天風呂にも夜に行き、浸かりましたが 翌朝の撮影です。

IMGP0494
IMGP0494 posted by (C)ぴかリン


IMGP0497
IMGP0497 posted by (C)ぴかリン



今回の朝食は・・・

IMGP0481
IMGP0481 posted by (C)ぴかリン


IMGP0486
IMGP0486 posted by (C)ぴかリン


IMGP0487
IMGP0487 posted by (C)ぴかリン


IMGP0488
IMGP0488 posted by (C)ぴかリン



レストランの大きい窓の外に木製の鳥の給餌台があるんですが 今回は窓のすぐそばに、氷皿の給餌台があって 至近距離で野鳥を観ることができました。でも、撮影するために外に出るドアを開けると野鳥が逃げてしまいます・・・☆は外に出てカメラを構え、給餌台のそばでじっと鳥が来るのを待ちました

IMG_7980
IMG_7980 posted by (C)ぴかリン


自然のえさが少ない冬の方が 給餌台に多くの野鳥が来るそうです。野鳥撮影いう意味では冬に宿泊するのが良いでしょう。今回もホテル清さとのスタッフの応対が心地よく 癒されたときを過せました。







最終更新日  2013年03月20日 15時51分38秒
2013年03月18日
カテゴリ:泊まる
とある冬の日、清里町にある「ホテル清さと」に宿泊しました。
今回は2度目の宿泊ですが、前回宿泊時の食事内容
http://plaza.rakuten.co.jp/pikarin6500/diary/201202230000/

と少し違うのです、さてさてどんなお料理が出るのでしょう。

外観は、一般的なホテルとは違いペンション風な建物という雰囲気。到着すると中から従業員の方が手荷物を取りに出てきて、中へ運んでくれます。
チェックインのあとウエルカムドリンクとケーキで小休止です。

ホテル清里
ホテル清里 posted by (C)ぴかリン


IMGP0499
IMGP0499 posted by (C)ぴかリン


IMGP0425
IMGP0425 posted by (C)ぴかリン


今回のお部屋の中です。客室露天風呂付きタイプなのでいつでも浸かりたいときに浸かる事が出来るのが良いですね。

IMGP0428
IMGP0428 posted by (C)ぴかリン


IMGP0438
IMGP0438 posted by (C)ぴかリン



夕食時間になりました。レストランに行きます、従業員の方が椅子を引いてくれ、席に着きます。まずは・・・「食前のささやかなお楽しみ」 今回はわかさぎのから揚げです。

IMGP0444
IMGP0444 posted by (C)ぴかリン



続いてオードブル~ オホーツク産鮭児のマリネ・網走湖産しじ美醤油ソース 清里産金時豆のムース・生雲丹添え 釧路産真だちの清里産そば粉フリッター

IMGP0446
IMGP0446 posted by (C)ぴかリン



スープ~ 清里橋本農園産長葱のクリームスープ
パン~ シェフ島夛の手作りパン各種

IMGP0447
IMGP0447 posted by (C)ぴかリン


IMGP0448
IMGP0448 posted by (C)ぴかリン


魚料理~ オホーツク産帆立貝柱の清里焼酎ポッシェ・道産雑穀リゾット添え・焦がしバター青じそ風味の鱈場蟹ソース(早い話がホタテ入りおじや)
魚料理~ 知床産大鮃のグラチネ・清里産トマトソース

IMGP0449
IMGP0449 posted by (C)ぴかリン


IMGP0450
IMGP0450 posted by (C)ぴかリン


肉料理~ 知床産蝦夷鹿ロース肉のグリル・柚子胡椒風味・清里産ごぼうのソース
サラダ~ 清里橋本農園産白菜と蛸頭のサラダ仕立て・清里産梅酢味噌ソース

IMGP0452
IMGP0452 posted by (C)ぴかリン


IMGP0453
IMGP0453 posted by (C)ぴかリン


デザート~料理長手作りデザート盛り合わせ ブルーベリーティー

IMGP0454
IMGP0454 posted by (C)ぴかリン


IMGP0455
IMGP0455 posted by (C)ぴかリン

どの料理も道産食材、特に清里産をメインに使用していて おいしくいただきました。
レストランの大きい窓の外のすぐそばにはアイスキャンドルが並べてあり、ろうそくが灯されていてステキな演出となっていました。
この後、部屋に戻り ゆっくり・とっぷり温泉に浸かりました。 後編に続く。






最終更新日  2013年03月18日 14時03分38秒
2013年03月03日
カテゴリ:雑記
1月に清里町に行ったときに撮影チャレンジしてみましたよ。
やはり、カメラはバズーカかな??でもその前に腕が悪いですね~

オジロワシです。樹木がじゃまだわ~

オオワシ
オオワシ posted by (C)ぴかリン


オオワシです、こちらはばっちり!

オジロワシ
オジロワシ posted by (C)ぴかリン

IMG_7969
IMG_7969 posted by (C)ぴかリン

IMG_7954
IMG_7954 posted by (C)ぴかリン


最後の撮影は手前に樹木があるのですがちょうどオオワシが樹に留まっているように写りました。機会があったらまた撮影したいです。






最終更新日  2013年03月06日 14時10分03秒
2013年02月28日
久しぶりに、弟子屈町の川湯近くにある、仁伏保養所に立ち寄ってみました。
外観は老朽化が進みつつある建物です。
この保養所は 元国鉄職員だった人が経営されていて玄関内に良い雰囲気の看板があります。

仁伏保養所
仁伏保養所 posted by (C)ぴかリン

IMGP0209
IMGP0209 posted by (C)ぴかリン



休憩所?というよりも”憩いの場”でしょうか、ソファと薪ストーブがあります。

IMGP0210
IMGP0210 posted by (C)ぴかリン


さて、それでは浴場に行って見ましょう。男女別の脱衣所ですが、湿気の水滴がひどく、あちこちに水滴受けのオケや雑巾が置いてあります。。。

IMGP0227
IMGP0227 posted by (C)ぴかリン



以前は、女湯は小さい内湯のみでしたが 今は玉砂利の大湯船(以前は混浴)に目隠しの仕切りがあり 男性の目を気にせず大湯船に浸かる事が出来るようになっています。

IMGP0220
IMGP0220 posted by (C)ぴかリン

IMGP0218
IMGP0218 posted by (C)ぴかリン

IMGP0223
IMGP0223 posted by (C)ぴかリン


温泉の量が半端ないです、オーバーフローでザブザブ♪

IMGP0219
IMGP0219 posted by (C)ぴかリン

この玉砂利、歩くとツボに嵌りますよ~ 保養所のご主人と話をしたら、 本州のお金持ち?の宿泊客がこの玉砂利を買いたい、と言ってきたけどお断りしたよ、ということでした。
日帰り入浴時間は、 だいたい??午前8時から午後9時くらいまで? 入浴料金は500円です。






最終更新日  2013年02月28日 19時23分25秒
2013年02月08日
カテゴリ:泊まる
施設系温泉のお気に入りのひとつ、足寄町にある芽登温泉に宿泊しました。
外観は昭和20年代の建物でしょう、北海道には似たような建て方の温泉施設がありますね。画像は2009年のものです。

芽登温泉
芽登温泉 posted by (C)ぴかリン


階段が2箇所あり、こちらは使いこなした方。

IMGP0264
IMGP0264 posted by (C)ぴかリン


到着したのは夕方で、従業員?に案内され2階の和室へ。トイレと洗面台が付いたタイプです。部屋内には必要最小限のものが配置されています。

IMGP0245
IMGP0245 posted by (C)ぴかリン


IMGP0248
IMGP0248 posted by (C)ぴかリン



まずは一風呂浸かりに行きました。午後5時過ぎていましたが入浴客が数名いたので撮影していません。脱衣所前に「日本秘湯を守る会」行燈が下がっているのも風情があります。 翌朝、露天風呂にての画像です。

IMGP0247
IMGP0247 posted by (C)ぴかリン


IMGP0258
IMGP0258 posted by (C)ぴかリン


IMGP0260
IMGP0260 posted by (C)ぴかリン


さて夕食の時間になりました。夕食・朝食ともに部屋でいただきます。 夕食は2回に分けて運んでくださいました。

IMGP0249
IMGP0249 posted by (C)ぴかリン


全体的に薄味仕立てで、胃腸に優しい味付けとなっていました。特に押し寿司がとてもおいしかったです。

IMGP0250
IMGP0250 posted by (C)ぴかリン


IMGP0251
IMGP0251 posted by (C)ぴかリン


盛り付けも一手間かけているのが 好感もてます。

IMGP0252
IMGP0252 posted by (C)ぴかリン


おなかがいっぱいになり ゆっくり夜の温泉を楽しみました。さて、翌朝の朝食です。
全体的に薄味仕立てで おだしが効いた上品な味付け。正月らしくお雑煮が出て、これが特においしかった。

IMGP0266
IMGP0266 posted by (C)ぴかリン


IMGP0268
IMGP0268 posted by (C)ぴかリン


量的にもちょうどよかった朝食が済んでから温泉でのんびりしました。こういう温泉はいつまでも続けてほしいですね。






最終更新日  2013年02月08日 23時07分40秒
2013年01月26日
カテゴリ:カテゴリ未分類
前編に続きまして、後編をアップします。御宿しきしま荘はどんな食事内容でしょう。
入館した際に食事時間と夕食は部屋食かレストランを尋ねられたので、部屋食にしていただきました。 朝食はレストランとのことでした。 まずは夕食から。

IMGP0101
IMGP0101 posted by (C)ぴかリン


どれもおいしそうですね。牛ロース鍋などは・・・

IMGP0102
IMGP0102 posted by (C)ぴかリン

刺身4点盛り

IMGP0103
IMGP0103 posted by (C)ぴかリン

茶碗蒸し(☆は茶碗蒸しが大好きなので、味付けにはちょいとうるさい♪)

IMGP0104
IMGP0104 posted by (C)ぴかリン

生ハムと千切りキャベツのサラダ

IMGP0105
IMGP0105 posted by (C)ぴかリン

トマトの冷製ジュレ

IMGP0106
IMGP0106 posted by (C)ぴかリン


焼き鮭の紅白レンコンのせ

IMGP0107
IMGP0107 posted by (C)ぴかリン

甘味(デザート)

IMGP0108
IMGP0108 posted by (C)ぴかリン


全体的に、胃に優しい味付けとなっています。
続いて翌朝のレストランでの朝食。従業員にテーブルまで案内されました、席にはすでに卓盆セットがされており、バイキングの盛り付けも出来るようになっていました。

IMGP0133
IMGP0133 posted by (C)ぴかリン

IMGP0135
IMGP0135 posted by (C)ぴかリン


とてもおいしくいただきました。さて・・チェックアウトまでまだ時間があるので、部屋に戻り、おしゃれなカップにコーヒーを入れて飲みました。ひとっ風呂浴びて・・・


IMGP0130
IMGP0130 posted by (C)ぴかリン

IMGP0125
IMGP0125 posted by (C)ぴかリン


朝風呂も気持ちよく浸かりました。
しきしま荘の温泉は 源泉名~天人峡第1号泉 泉温~44.0℃の自然湧出 pH値~6.8
 成分総計~2298ミリグラム 泉質~ナトリウム・カルシウム・マグネシウムー硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物泉(低張性中性高温泉)
・・・という長くて舌をかみそうな泉質ですが タイヘン良い湯でした。






最終更新日  2013年01月27日 21時47分45秒
2013年01月25日
カテゴリ:泊まる
旭川から車で1時間ほどの天人峡温泉、御宿しきしま荘に宿泊してみました。
層雲峡温泉と違い、天人峡温泉はどこと無く寂しい雰囲気。それでもがんばっているお宿です。

御宿しきしま
御宿しきしま posted by (C)ぴかリン


客室に客室風呂があるタイプで、従業員に案内していただき、部屋へ。

IMGP0070
IMGP0070 posted by (C)ぴかリン

IMGP0074
IMGP0074 posted by (C)ぴかリン

8畳の和室にはテレビ、小型冷蔵庫、ポットや金庫などがあります。奥に6畳の和室があり、洗面台はトイレと別です。

IMGP0072
IMGP0072 posted by (C)ぴかリン

IMGP0076
IMGP0076 posted by (C)ぴかリン


6畳の和室から左手にドアがあり、洗い場と客室風呂に出ます。

IMGP0078
IMGP0078 posted by (C)ぴかリン


IMGP0094
IMGP0094 posted by (C)ぴかリン

IMGP0095
IMGP0095 posted by (C)ぴかリン


大きい窓がありロケーションは良いのですが 冬はガラスがくもっているので、ちょっと残念。大人二人が浸かるくらいの大きさの湯船は木のぬくもりが良いですね。
しきしま荘には日帰り用の浴場があるので、そちらにも行って見ましょう。
男女別の入いり口に貴重品ロッカーがあります。靴置きと脱衣室です。

IMGP0110
IMGP0110 posted by (C)ぴかリン

IMGP0111
IMGP0111 posted by (C)ぴかリン


脱衣籠の隣に洗面台があり、ウオータークーラーがあります。ドライヤーを使うと少し狭いですね。

IMGP0112
IMGP0112 posted by (C)ぴかリン


浴場の洗い場と内湯船です。露天風呂もありますが、今回はお湯が貯めてありませんでした。

IMGP0114
IMGP0114 posted by (C)ぴかリン

IMGP0117
IMGP0117 posted by (C)ぴかリン


”笹濁り色”のお湯で 湯加減が少し熱めの良い湯。とろとろ?する感じです。後編は食事をアップします。






最終更新日  2013年01月25日 11時56分18秒
2013年01月22日
カテゴリ:泊まる
北見市が近隣の町村と合併して久しいのですね、今回は留辺蘂町にある「北見温泉ポンユ三光荘」に宿泊してみました。
ココは日帰り入浴客が途絶えない人気がある温泉ですが さて宿泊の方はどうなんでしょう。
外観は昭和風の建物としては近代的?

ポンユ三光荘
ポンユ三光荘 posted by (C)ぴかリン


まず、従業員に案内され部屋に行きました。

IMGP0292
IMGP0292 posted by (C)ぴかリン


IMGP0297
IMGP0297 posted by (C)ぴかリン


IMGP0294
IMGP0294 posted by (C)ぴかリン


部屋はバス・トイレつきタイプの和室で、とても昭和な雰囲気が漂った部屋です。間仕切りのフスマなどは・・・泣けちゃいますし 煙突穴や電気スイッチなども昭和!!
夕食・朝食、ともに部屋食です。まずは夕食から。

IMGP0301
IMGP0301 posted by (C)ぴかリン


いかにも素人(管理人の奥様?)の手料理??で・・・盛り付け、味付けがイマイチ。

IMGP0303
IMGP0303 posted by (C)ぴかリン


手料理といっても、市販されているものとか売り物の土産品を盛り付け? 謎が多くてゴメンナサイ。一人用鍋の盛り付け・味付けも、唸りましたよ~汗

IMGP0304
IMGP0304 posted by (C)ぴかリン


さて、日帰り入浴時間が終わりましたので、とっぷりと温泉に浸かりに行きましょう。
脱衣場は広くて利用しやすいです。洗い場も10人が利用できます。

IMGP0310
IMGP0310 posted by (C)ぴかリン


IMGP0323
IMGP0323 posted by (C)ぴかリン



内湯船が3つに分かれている浴槽です。手前側は ぬる湯(湯温38℃)の打たせ湯コーナー、二つ目が湯つながりの ぬる湯源泉 奥側が中温湯(湯温42℃)です。
この時期は寒いので ぬる湯にずっと浸かっていても温まりませんが 中温湯と交互に浸かると”つるつる湯”に はまります。

IMGP0318
IMGP0318 posted by (C)ぴかリン


反対側からの画像です、こちら側にある泡風呂(湯船底の格子模様)は日帰り入浴時間だけ作動していました。

IMGP0315
IMGP0315 posted by (C)ぴかリン


1時間半ほど浸かり、上がって部屋に戻り就寝。 さて・・翌朝の朝食です。

IMGP0325
IMGP0325 posted by (C)ぴかリン


IMGP0326
IMGP0326 posted by (C)ぴかリン


IMGP0327
IMGP0327 posted by (C)ぴかリン


新年が明けて、”三が日”が終わってからの宿泊でしたが 料理内容は正月の残り物・・・という感じでした。これで宿泊料金は 一泊二日二食付きで一人9000円です。
普通は大体、こんな程度なのかな?と感じました。






最終更新日  2013年01月22日 20時38分28秒
2013年01月18日
カテゴリ:カテゴリ未分類
前編に続き、後編をアップします。
夕ご飯を食べておなかいっぱいになったのでお風呂に浸かることにしました。
浴場に向かうと、途中に「家族風呂」がありました。入り口にボードが掛かっていて、一組の入浴時間が1時間となっていて、1時間ごとに部屋番号が記入できるようにひも付きのマジックペンが下がっていました。8~9時の欄が空いていたので記入し待ち、時間になったので行って見ました。
こじんまりとした脱衣所と洗面ドレッサーがあります。

IMGP0044
IMGP0044 posted by (C)ぴかリン

IMGP0043
IMGP0043 posted by (C)ぴかリン



浴室の中もこじんまりとしていて、洗い場と、大人二人が入浴できる程度のタイル張り湯船があり、加水できるようになっています。
前客が1時間浸かったあとでした、脱衣所の足拭きマットはべちゃべちゃ、湯船もぬるくて・・・・源泉をジャンジャンいれて熱めの温泉に浸かりました。

IMGP0047
IMGP0047 posted by (C)ぴかリン

IMGP0045
IMGP0045 posted by (C)ぴかリン


家族風呂に入浴後、夜の大浴場に行き、広いお風呂と露天風呂に浸かりました。
さて翌朝の食事です。レストランでバイキング方式ですが、なんとなく選択種類が少なかったようです。

IMGP0048
IMGP0048 posted by (C)ぴかリン


それから朝風呂に行きました。スペースが広くない脱衣所ですが脱衣籠が使いやすい。でもね~ ちょっとだらしないかな~???

IMGP0050
IMGP0050 posted by (C)ぴかリン


洗い場、内湯船、露天風呂です。

IMGP0053
IMGP0053 posted by (C)ぴかリン


IMGP0055
IMGP0055 posted by (C)ぴかリン


IMGP0056
IMGP0056 posted by (C)ぴかリン


私は露天風呂があるほうが好きですが、ココの露天風呂、熱めの湯温ですべすべ感があり、気に入りました。たっぷり浸かりよく温まるお湯でした。






最終更新日  2013年01月18日 12時39分25秒

全931件 (931件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 94 >


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.