071807 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

8×8=64枚(葉っぱ64枚と読め)

PR

X

全804件 (804件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 81 >

小説っぽい物のネタ(ぇ)

2010.07.11
XML
いちいちやるのもだるい・・・(駄目だこいつ)

初日はテストで見れなかったがゾロアーク見て来たぜ!
まぁ取り合えず言える事は・・・ゾロアークって響きでマー、か・・・。
どういう事かはお察し下さい。マーみたいに強くなるって・・・。
後でかい。タフ。そして三犬はただの犬。足の遅過ぎる番犬だっ!!
あいつらが出て来ると思いませんでした。その為の色違い配布だったのか・・・。
え?内容?起転承結。金銀もといSSHGの目つき良い主人公(金銀は異常な目つき)ぶっ飛ばしてスポーツ中継見た直後に(展開がある意味予想外の方向に)転がってずっと町占拠というクライマックスぶり。何これ破綻してる。
やたらR団が出て来たが無意味です。三犬も無意味。
コーダイの野望の小ささ異常。多分あいつほっといても金持ちにしかならねーわ・・・。
強いて言うならせめて20年前の髪型にしとこうぜ!と(今の髪型アレだろ・・・それでも悪人面か・・・)
グーンはただのモブ。プルーフはもっとモブ。クルトとリオカは意外に・・・というかクルトの両親が・・・。
コーダイの詰めの甘さが有り得ないんですが。
若干ポケモン同士の和解が意味不・・・ガフゴフッ。
後何も覚えてねぇ・・・ゾロアークの鬣が雑草の中並にもさもさで居心地悪いって事しか・・・(末期)

配信のアレ、ちょっとサカキが可哀想になった。すまん、お前らのボスの自信叩き潰しちまって・・・。あれ立ち直れるかな・・・。
ライバルは父親が最強だと思ってたが組織が子供に潰されて理想ぶっ壊れた結果何とかかんとか反目した事言った挙句一人で強くなろうと思った、と。親父部下には良い人なのな。
・・・いや、その・・・影の薄い新生R団の皆さん、マジすんませんっした。アポロとかどなたさん?って感じだったが。変装してたオッサンとかナルシストは辛うじて覚えてるが名前が出て来ないぞあるぇー?(それを覚えているとは言わない)

ネタ 敵が自分の身内でした

「あれ・・・何かお前の顔、見覚えあるな・・・?」
「・・・ん?・・・そうだ、鏡だ!」
「ああ、そうか、僕の顔!ってえぇ!?」
「お、お前はまさか俺の生き別れの弟か!」
「はぁ?僕にそんな物いねーよ」
「いや、お前は両親が殺された時拉致られた!」
「じゃあ何で僕とお前生きてんの?」
「お前を攫いに来たんだ!俺はその時父親と喧嘩して頭ぶん殴られて死に掛けてた」
「どんな状況だよっ!?親子喧嘩どころか犯罪者一歩手前じゃねーかっ!!」
「そうそう、これどうしよう死んだかもって言ってたら何か来て」
「タイミング良過ぎだろ!?」
「ちょっと微妙な顔してからさくっと殺って弟を拉致していきました・・・」
「何かそれ思いっきりショックで記憶喪失になりそうな感じなんだが?」
「そうかも?」
「というかそれを世間では保護と言うかも知れない」
「兄が親に虐待で殺されたショックで呆然としてたら知らないおじさんが親ぶち殺してどっかつれてかれたよ!」
「やっぱシュール過ぎだって!有り得ないだろ!?」
「・・・事実は小説よりも奇なり、だぞ?」
「何で哀れみの目を向ける!?僕の方がお前を哀れみてぇよ!」
「だってお前、ゴスロリ」
「趣味だ、何が悪い!」
「・・・あぁ、可哀想な弟よ・・・」
「あっ・・・哀れむんじゃねぇぇぇっ!!!!」

堂々と女装して男誑かす悪知恵のきく美少年は最初の方から居たなぁ・・・(キャラ作りで)
でも俺女装にもショタにも萌えないんだ・・・っつーか餓鬼嫌いだ(それもどうかと)






Last updated  2010.07.11 16:22:10
コメント(0) | コメントを書く


2010.06.01
楽天重すぎて開くのに時間かかりまくった・・・パソコン買い換えたのになぁ・・・?(電源つかなくなったから)

最近絵をかいたらどんどん右に傾いていく・・・まぁ良いか(オイ)
北海道行ったが疲れた事しか記憶に無い。後帰りのバスでカルマ歌って上手いとドン引きされた事。顔が悪いと美点を見つける度にドン引きされるんだなぁ・・・俺が全統模試の国語で校内1なんて知ったら引くんだろーなー・・・(テンション低下)
・・・小説書くか・・・(ネタ探しからという)

ネタ

「・・・おーい、それ何、隠し子?」
「拾った」
「へー。拾ったんだー」
「森で」
「お母さんに返して来なさい」
「居ない」
「どうせそこらの獣だろ!ほらどう見たって人間じゃないし、腕がじがじ食ってるし!」
「噛んでるだけだ」
「へーぇ、俺には血ぃだらだら出てるように見えるけどな!」
「そもそも人間の姿をしていて獣が親なわけあるか」
「・・・・・。え、いや俺も確かにおかしいと思うけど、そいつ俺よりおかしいよ!?」
「何が」
「何か生えてんじゃん、耳とか尻尾とか!良いのかよ!?」
「それがどうした」
「お前って何なの、天然なの!?」
「だから?」
「知ってましたよ・・・天然って言っても反省しない事!」
「用が無いなら帰れ」
「久しぶりに会いに来てやったのに!」
「久々に喧嘩売りに来たな」
「よーし、ぶん殴りたいから外出ろ!」
「良い口実が出来たな」
「突っ込みを諦めて現実逃避しただけです。俺関係ないし」
「そうか。離れろ」
「・・・。ぐあー」
「え。言葉話してないし、すげぇ尖ってんだけど、あの歯」
「ミルクはあっち置いてあるから飲んでなさい。すぐ戻って来るから」
「わぁ、俺お邪魔でしたね!」
「何を今更?」
「指摘されると意外に痛い・・・」
「さて、1分で沈めてやる。後は外と中、どっちで放置されたい?」
「ははははは・・・お前って・・・」
「中は現在猛獣が居るのでお勧めはしない。外も居るが」
「アレの手の届かない所に保管しといて下さーい、ペットの行動は飼い主がちゃんと管理しなきゃいけませんよー」
「善処する。私は暇だから良いが、他人に喧嘩を吹っかけるな、迷惑だ」
「・・・え、あれ、・・・俺?」

幼馴染=ペット。ひでぇ(しかも素)
戦闘狂と天然の大事な何かがすっぽりぬけた二人組。






Last updated  2010.06.01 20:01:44
コメント(0) | コメントを書く
2010.04.01
円谷の破壊力すげぇ・・・ウルトラマンがジャストミートでファンの俺には・・・ぐはっ。

何故かタロウが好きだったんだよな、弟はセブンで。
取り合えずゼロとセブンヤベェ、グレートガチホモだしアストラ自重。80先生・・・。
マグマ星人大活躍なんだがどうした。
ティガ、ダイナ、コスモス、ガイア、メビウスは見た。ネクサス?ちょっと見た。
レオは最終話一話前がお勧め。規制緩いってレベルじゃないというかウルトラマンが冷凍室で鋸でバラバラでキングすげぇぇぇぇ!で・・・あれトラウマにならなかった俺人生終わってる。
公式の動画にあるグロQがいけるならきっと大丈夫さ!誰かあれは削除してくれ。後レオの後半10話ぐらい18禁指定に。
動画見る為だけにニコニコ動画登録して弟に提供。今の所使う予定は・・・youtubeで事足りないなら兎も角・・・弟が見てるしなぁ・・・。あ、何か見たいのあった気が。

・・・ところで毎日更新してた時と大してアクセス数が変わってなかったんだが・・・。
因みに1ヶ月ごとにしようとしてたのにサボってたのはelonaの所為。後忘れてた。
ああそれより中二病小説書きてぇぇぇ、最初の奴設定改変してもどうにもならないのどうにかしてくれ!(笑い過ぎてテンション壊れてる)
elonaって序盤は操作性とかアレだがもう160時間やってた。200になったらディスガイア2もモンハンも止めてたんで多分止める。メテオス?・・・伸び続けてるが・・・。ポケモンは毎回200前後。ってかダイヤが超えてた。廃人プレーなんてするからだ・・・。
あ、ポケモンでパネポンって面白かったな。ゲームボーイカラーだがパスルゲームは進化しないから今もやってる。未だにポケモンが集まり切らないのは仕様か・・・?
elona慣れたらこれ以上出来る事多いゲーム少ないと思うぜ!ストーリーそっちのけになるのは間違いなし、あんな物おまけだ!(マジで)
死に掛けてる奴ぶっ殺したり王を殺して博物館の展示品増やすのは御約束。王と王妃の剥製とカード・・・置いてる事に疑問を感じてくれないか・・・?


頑張ってネタ

「最近ふと疑問に思ったんだが・・・」
「ん?」
「俺って影薄いよな?」
「あー、地味。すげぇ目立たない」
「どこが?」
「・・・・・全部?」
「や、全部目立つんだ。ホラ、大人しくしてるけど喧嘩強いだろ?」
「っていうか絡まれて一般ぴーぽーとは思えない絶対零度の眼差しで敵を殲滅する恐怖の破壊兵器ですね」
「怪我してても気付かないし」
「この前頭釘バットで殴られても平気で指摘されるまで顔が血に彩られてた事すら気付かなかったな!」
「寧ろ釘バットを持ち出す勇気があった事に敬意を表したい」
「即逮捕されるしそもそも御前が有り得ない丈夫さじゃなけりゃ殺人になるから怖くて出来ないし」
「ところでオッドアイだよな?」
「黒髪に左水色右赤ですね。後病的に白い」
「有り得るか?」
「わっふるわっふる」
「・・・これ以上何をしろって言うんだぁぁっ!!!」
「・・・何時もそのテンションでいりゃいいのに・・・」

気付いた設定。こいつ盲目的で諦観気味なのに全部解決出来ちまうぐらい化け物という。主人公には向かない性格+チート能力+普通より少し上程度の顔+中二な容姿。おまけで2m超。・・・え、どうすりゃ目立たねぇの・・・?

ネタ ずっとファザコンのターン

「父さんっ!」
ごすっ
「黙れ、五月蝿い」
「うぎゃぶっ!ちーん」
「・・・余裕だな、御前」

「父さん父さん倒産父さんと」
ばきっ
「てめぇの口針で縫いつけてやろうか・・・?」
「手縫い!?」
「・・・・・育て方間違えたか?」

「あ、父さん!」
ぶんっ
「・・・っうのわっ、悪かった!」
「え、あ、いや・・・うん、兄貴あれだもんな・・・うん・・・」
「もう反射で・・・本当にすまな」
どぐしゃあっ
「ごふっ!」
「・・・ああ、すまなかったな。言い訳しない、殴りかけたのは完全に私の過失だ」
「い、いや、分かってるから・・・(殴ったら冷静になるって・・・)」

何でこんな擦れ擦れファザコンになったのか分かんねぇ。細い(が強い)親父に外国のノリで飛び掛り続けるでかくなった息子。後二人の弟は常識的。でも次男でかい(全体的に>長兄)から間違える。
初期見てると本当に何でこうなった・・・?取り合えず、こんなガチホモっぽくはなかったはず。というか親父・・・、・・・。

ところでBLって少女漫画のノリでキャラ改変しまくってるとか完全にキャラ使って少女漫画のカッコイイ金持ちとか凄いのと根暗でウザイ女に置き換えてるの多い気がする。・・・真面目にやってる奴見ると引いちまうんだよな、そういうの。
特にキャラ信者の場合は2chとか見てるとヤバイ。どのぐらいって、「あーん、スト様が死んじゃったー」か。がくがくぶるぶる。
大人な奴は良いが、頭の悪い奴は特に2ch多いからなぁ・・・ま、発想力は賞賛に値する。絡んでもない奴とか消しゴムと鉛筆とかよく当て嵌めるよなぁ、と。男のオタクより大体頭良い。何せ彼女等はシュチュエーションを好むからな。男の即物的な物じゃない。よって想像力が必要になる。
・・・俺は何か違うんだよ。結局どっちつかずで、アンデンティティ崩壊した儘だ。ま、いいが。あー・・・テンション下がって来てんな・・・。
え、俺BL好きかって?・・・何だかなぁ。恋愛ってのが嫌いだから何とも。
だがやらせときゃ良いと思うね。同性愛者もそうだが、自分に関係無い所でやってりゃ害が無いんだから毛嫌いすんなよって思う。BLは大概そっちを馬鹿にしてて毛嫌いしてるように見えるのが気に食わないってのは分かる。確かに本物が嫌いだとか言う奴は嫌いだ。人権侵害、違憲だからな。
この前「君にしか聞こえない」見せられてピアノやってる俺としては何年もピアノ触ってない奴はもう弾けなくなんだよ、って思ったのと同じだろう。あの少女漫画のノリ大嫌いな上にピアニスト馬鹿にしてんのかよ!と。
・・ま、いいか。

え、4月馬鹿?恒例の嘘なしか・・・えーと、さっきのニコニコの話・・・とか・・・。
歌上手い全統模試の国語の偏差値70超え(一回は75超えて記入用紙はみ出した)の癖英語の偏差値40代、数学50代、理系選択。
ピアノ出来て(乙女の祈りとかクシコス・ポストとかエリーゼの為にとか)趣味は筋トレで階段を音も無く1段飛ばしでいけるとか150cm50kg筋肉質且つ太っているように見えるが肩幅と顔のでかさの所為で肥満という程でもないのに体脂肪率はかると常にオーバー、ただし体はかっちかちの筋肉質。
逆上がりでギリギリ手が届くか届かないのに飛びついて上がろうとしたら首が鉄棒まで上がって真っ直ぐ逆さになれるのにそこから向こう側にいけず回れない。
宿題しかしないのに常に成績上位、偏差値は50以上をキープ、英数うっかり入って上の学校行けば良かったと後悔中。でもやっぱり勉強しないから英語が右肩下がり。
あ、5歳からやってたピアノ止めて一人で練習中。この前の土曜日の事です。
ゲームはスーファミでゲームボーイのやってて4,5歳から、父親に「買ってやるから自分でやれ」と言われて操作方法も教わってないのに説明書を読んで(理解出来ていたかは甚だ怪しい)やってた。借りたDQ5の説明書返せてない。最初からやったら幽霊の城で閉じ込められた時幽霊の所行ったら出られると思ったのに出られなくて何時間もやって消した。パチスロの海物語を大当たりしまくるように設定して当たりモーション楽しんでた。・・・あれ、理解力ヤバくね?喋り始めたのは7ヶ月、まんまと言ったそうな。赤子の時病院から帰って来てすぐの生後数週間ぐらいで寝転がってやってやったぜ!という顔をしてたが戻れなかったそうな。
小1の時「(あー、平仮名の練習かよ。漢字やると思ってたのに)」→プリントに字が汚いと書かれて反省。今もど汚い。
・・・も、もういいだろ?後は・・・
3歳の時(幼稚園)
俺「(あー、早く迎えにこねぇかな。遅いなぁ・・・)」
慌ててやってきた先生「ちょっと、早く来て」
「(は?何だよ慌てて、遅かった癖に・・・)」
車のドア開けたら血塗れの弟が
「え?」
先生「取り合えず早く乗って!」

「何で先来たんだよ!病院行け!」
母「だって途中まできてたんだもん」
「病院先だろ!」
「また回って来るの大変」
「 ・ ・ ・ ・ ・ 」

これか。疲れた・・・。






Last updated  2010.04.01 12:26:11
コメント(0) | コメントを書く
2010.02.02
そういえば姓名判断したら4つある結果全部に頭脳明晰入ってて嫌がらせかと思いました。流石に引いた。後老人になるまで運が死んでるという。何で人に好かれる性格なのに孤独と評されてるんだよ?薄々実感してたが・・・(悟らなければまだ幸せだったろうに)

ネタ

「私は女らしい所だってあるんだぞ!」
「そうやって自信満々に言う時点でアウトだって知ってるか!?」
「い・・・いや、ホラ、私は可愛い物好きだぞ!」
「ロリショタコン要素ありだよな」
「見ろこの巨乳!」
「早くも見た目来た!」
「だってこんな凛々しい顔だぞ!誰が女っぽい美青年だっ、私は女だぁぁっ!!!」
「だからすぐに投げてんじゃねぇーっ!!」

「僧侶は神を信じてその恩恵として治癒の力を授かる、って聞いた事あるよー」
「ああ、そういうのなんだ・・・」
「当然ながら建前だ」
「当人が即座に否定とか・・・」
「私は自分しか信じねぇっ、あいつらなんぞ全滅した方がこの世の為だ!」
「うわぁ」
「ねぇねぇ、君みたいな自己中ばっかなの?」
「うわぁ」
「いいや、まだ可愛いぜ。何というか・・・アレだ、世紀末?」
「ソドム?」
「無法地帯だなぁ」
「・・・うわぁー」
「・・・お前やる気無さすぎだろ!?」

「突っ込みは投げる物だ!」
「意味分からん・・・」
「勿論投擲でハートを射抜く的な意味で」
「まぁ硝子ハートを割るぐらいなら」
「さぁ引っ掴んで投げるんだ!」
「・・・抽象的な物をガチに持てと!?」

「師匠は何でも出来るんだ!」
「いや、出来ないぞ?」
「掃除選択火事親父!」
「・・・何か凄く変な事言ってないか?」
「おっかない雷ぃー」
「翻訳が必要らしいな」
「皆既日食起こせたら良いな!」
「お前は俺を何にしたいんだ?」
「師匠!」
「・・・辞任させて頂きたくなってきたんだが・・・」

頭の回転が・・・。






Last updated  2010.02.02 20:23:23
コメント(0) | コメントを書く
2010.01.03
基本的に女性は描けませんがショタは描けます。というより青少年しか描けん。後人間以外とか化け物とか。それより小説が書きたい(書けよ)

・・・その他の方向性がPAPUWA目指したり姫川明だったりな!後者、ゼル伝のムジュラの時の漫画はどうも髪型が全部上に飛んでるんだが・・・綺麗で好きだなぁ。4つの剣+も地味に。全部持ってるとか泣けるぜ。
前者?物凄いホモ漫画っつーか、BLッスね!でもアレギャグを突き詰めた結果でそっち系の雑誌じゃないからギャグの質とかストーリーとか思いっきり少年漫画だし面白いから良いじゃないか。俺少女漫画系大っ嫌いなんだ!(良い笑顔で)
もとい、あの画風とノリでどうすりゃ少女受けすんのか分からん。ジョジョを画風で嫌う奴が居るんだぞ?俺なんか酷いと気付きもしなかったわっ!NARUTOはそこから始まってる主人公のライバルストーカー記録だぞぉーっ!!
・・・何言ってるか分からん。ところでFF持ってないのにディシディア買うのって邪道ですか、そうですか。こっちも7のラスボスがストーカーだったり4がブラコンの最終形態だったりしたなぁ。まぁ良いか。

ネタ 毎度ながら何じゃこりゃ

「あのー、すみません。ヤクザの方でしょうか?」
「それ思いっきり失礼な質問じゃあないか」
「すみません、申し遅れました、警察の方です」
「言葉には気をつけた方が良いぞ」
「わぉ、素敵な脅し文句ですね!参考にします先生!」
「本当にただの忠告だ、っつーか俺はヤクザじゃねぇ!」
「じゃあヤのつく自由業ですね!」
「いやマジ馬鹿にしてんだろ・・・本当に何なんだよ・・・」
「何で眼帯してるんですかー」
「は?姉にやられたからだが」
「は?」
「まぁ分かるけどな、お前さっきから・・・」
「立派なお体ですね!」
「貶してんのか?オイ、撫で回すな」
「かたーい」
「いや、それ義手」
「何で?」
「姉に」
「わぁ、怖いお姉さんなんですね!」
「犯罪行為を怖いで流すお前が怖い。特に将来が」
「警察だよ?」
「餓鬼じゃなくて?」
「24ですー」
「・・・・・・・・・」
「何歳?」
「半分」
「わっしょいわっしょい」
「・・・・・。もう良いか」
「背中に気をつけてー!」
「どういう意味だ!?」
「姉か僕?後同業者!」
「俺はヤクザじゃない、っていうか何人に狙われてるんだよ俺は!?」
「えっと・・・首?」
「ここまで会話の通じない相手は初めてだ・・・」
「有難う御座います!」
「・・・・・まぁ、首は心配だが」
「小指切られるんですか?」
「誰か翻訳機」
「腹切りぃー!」
「・・・他人のフリしよ・・・」

こんな電波が警察してたら色々終わるだろ・・・。






Last updated  2010.01.03 20:38:45
コメント(5) | コメントを書く
2009.10.23
出来るから努力しようと思わないんですよね。それもかなり高水準。ただ、それより先には頑張るという才能が、性質が備わっていない上に身につかないから進まない。小説とか絵とかは元がど下手だからやろうという気が起こりますが。歌とか朗読(声優的な方面)とか勉強(主に国語)とかその他。因みに一人ボイドラ出来るぐらいの声域の広さ。歌で言うなら上で得意なのがさくらんぼ、下は・・・千の風になってより下、箱根八里も歌える程度、か?無論その音域で。間違っても高過ぎたり低過ぎたりはしない。
っていうかそもそも俺、「市内でどこでも高校行けたが一番近い4番目ぐらいの場所」に来て「後期合格だし英数クラスに入らねーだろと両親が丸つけたら入っちゃった」という。嫌味な経歴過ぎる・・・(とても他人に面と向かって話せない)

ネタ

「ふはははは!私は魔王だぞ!」
「・・・御前馬鹿なの?馬鹿なの?」
「二度も言うなよ、へこむから!」
「へこむなら言うなよ!」

「いやぁん、えっちぃ!」
「頼むから消えてくれ」
「冗談の通じん奴だな」
「そんな冗談通じてたまるか!」

「ふっ・・・私を倒すとは、流石だな・・・」
「一人で何やってんの?」
「演劇」
「死ね」

「後は・・・頼んだぞ・・」
「何を?」
「付き合えよ!」
「だから何に!」

「貴様、見たな!」
「一応聞いてやるけど、何でそんな事してんの?」
「趣味だ」
「そうか、露出狂か・・・」

「私は死なぬ!変わりが居るからな!」
「混ぜるな危険」

「結果は見えてるが、大人になったら何になりたい?」
「・・・ウム、考えてないな」
「てっきり魔王かと思ったけど」
「既にそうだろう?」
「・・・嗚呼、手遅れか」

ノリでこれだけ書けるんだぜ・・・ははは・・・。






Last updated  2009.10.23 20:52:13
コメント(3) | コメントを書く
2009.10.10
全統模試なんですが、偏差値英語が40代、数学が50ぴったり、国語が76ぐらい・・・因みに前は英語、数学が52ぐらいで国語が73でした。点数じゃねぇんだぞっ!?(にしたって酷い)

校内偏差値が80突破で順位1なんだが・・・因みに全部合わせた校内順位は11。前は8。英数だと50ぐらい。うちの学力低いんだから、精進せねば・・・(国語以外を)
英数なんだぜ・・・俺。勉強しねぇけど(しろよ)

何か4コマとかやってみたいけど無理なんだろうなぁ・・・コマ割りが(!?)

ネタ

「あの、相談聞いてくれませんか?」
「うちは饂飩屋です」
「金は幾らでも出します!」
「だから」
「うちの娘を助けて下さい!」
「・・・聞けよ!」

「ねぇねぇパパ、夜中にどこ行くの?人襲うの?」
「俺はパパじゃないし悪人でもない」
「美味しく頂くの?」
「何を!?」
「パパの事不審者って言うんだよね!」
「みたいな人が抜けてるぞっ・・・!」

「・・・・」
「・・・・・」
「えぇと、その銀行強盗みたいな血の色の覆面について・・・あの・・・」
「仕様です」
「警察に突き出していいですか?」
「アンタが何をしたいのか凄い疑問なんだが」

「お父さん、その人何!?」
「自称正義のヒーローさ!」
「犯罪者じゃなくて!?」
「正義の味方が人殺しなのは今に始まった事じゃないぞ!」
「子供の夢を壊すの止めてくれない?」

「我々は悪の組織!今はライバルの正義のヒーロー募集中だ!」
「何だこの馬鹿・・・」
「銀行強盗程じゃない」
「ちげぇよ!俺不法滞在っていうか戸籍ねーからバレると大変なんだ!」
「いや・・・バレてるよ、な」
「てめぇなんて死んじまえーっ!!!」

「ふ、ふふっ・・・私を倒しても代わりが居るもの・・・」
「何で無理矢理混ぜちゃったの!?っつーか死んでねーし!」
「え、こんなじゃなかったっけ?」
「素かよ!御前どんだけ馬鹿なの!?」
「くっ・・・こうなれば配管工のジョブチェンジして姫を救う作戦に」
「いねーよ姫なんか!っつーかそもそも配管工である意味ないからね!?」
「何っ!?そうか、小太りで茸を食べたら大きくなれるよう人体改造を」
「しなくて良いっての!前提成立してないって聞いてたかアンタ!?」
「五月蝿いオッサンだな・・・」
「俺まだ24だし!オッサンはアンタだろ!?」
「ただのマスクですが」
「うわぁぁ超絶メイク!?」
「市販してたものを改造しました!」
「何その意味不明な経緯!くっ、何かそのアホ面見てると殴りたく・・・いや、っていうか・・・てめぇは外見で売りやがれ!脳入れ替えろ!」
「面などは問題では無いのだよ」
「何だこの宝の持ち腐れ・・・ってか帰れ、ママに甘えてろ」
「そんな事したら殺されるだろうが!」
「えぇ!?どんな家庭だよ、幾ら何でも過剰だろ!」
「パパぁー、この人が僕を虐めるよぉー!」
「・・・頭痛い・・・」

とっても有名な変な格好して何故か人助けをしてみる人造人間・・・え、何だその設定。

おまけネタ

「アンタ私の尻触ったでしょ!」
「女に興味は無い」
「・・・え?」

「誰か、この人痴漢よ!」
「兄貴兄貴、痴漢って何だ?」
「あー・・・あの、すみません。それ妹です」
「・・・・・」

「嫌ぁっ、痴漢よ!」
「え、・・・レディ、もしかして僕かい?」
「アンタでしょう!?」
「失礼ながら、ストーカー紛いのアタックはしても・・・っていうか僕、あんまり大人に興味無いんだよね」
「ろ、ロリコン!?」

「どこ触ってんのよ!」
「ああ、こんなやり取り前にも・・・レディ、落ち着いて話を聞いてくれないか」
「誰か来て、この人捕まえて下さい!」
「断じてそんな無粋な行為には及ばないね!頼むから黙ってくれ、ハニーに誤解されて殺されるじゃないか」
「はぁ、ハニー?」
「御前が不細工で妙齢の女性なんて好きじゃない事も、合意無しが大嫌いなのも知っているともさ。ところで、人前で何トチ狂った表現をしてやがるんだ貴様は・・・?」
「惚気みたいだけど皮肉だよね、不細工とか絶対怒ってるよね君!」
「お、・・・男?」
「勘違いしないでくれたまえ、僕の夫だよ。・・・意味は分かるかい?」
「外人?」
「混雑した電車にわざわざ乗るバイで基本ペドの社長令嬢」
「公衆の面前で流石にその科白は無いんじゃないかい・・・」
「貴方がゲロったのをその儘申し上げただけですが?」
「やっぱり怒ってるよね君!」
「・・・もうやだ・・・」

アレな設定だらけだなぁ・・・。
ひたすら庶民でただの変態な社長令嬢。・・・嫌だな(っていうか仕事してるのか・・・?)






Last updated  2009.10.10 21:31:10
コメント(0) | コメントを書く
2009.09.29
肩甲骨辺りか、よく分からんが左脇の近くが今日高い頻度でびくびくして疲れる・・・(というかもう気持ち悪過ぎて死にそうな気分だ)

ネタ 設定からして斜め右下

「これ何だ!」
「鍬」
「・・・えっと」
「よく取って来たな。必死過ぎて泣けるぞ、好きって言わせたいだけだろうが」
「だって」
「私は御前が大嫌いだ。知ってるな?」
「・・・うわーん、馬鹿ぁー!」
「・・・理不尽過ぎる・・・」

仲の悪い夫婦(何か物凄く逆に見える・・・)

「オイ、何蜂蜜買おうとしてる」
「駄目?」
「私に貴様のキャバ嬢顔負けのお強請りが通用すると思うな!」
「その言い方色んな意味で無いと思うよ!?」

夫は無自覚で他人を(子供の強請り方で子供の次元で)落とす可愛い馬鹿で妻は粗暴だが天然で大体常に切れてるのに何か流され気味という変な設定(マジで何だこれ)

「えへへ、仲の良い夫婦に見えるかなぁー」
「・・・ロリコンと誑かしてる犯罪者か親子が限界だな」
「ロリコン?」
「御前はどんな生活をして来たんだ?」

「はぁ、赤子の世話なんてやってらんねぇ・・・」
「えぇっ、何かやたら手のかからない子だし俺が主にやってるのに!?」
「・・・今起きてる方な?」
「起きてる方・・・?」
「というわけでママの子守唄か、それとも鉄拳で寝るか?ん?」
「え、な、何で俺ぇ!?」

「うぅ・・・気持ち悪い・・・」
「や、やっぱり妊娠って辛いの?」
「御前の顔見てると吐気が」
「馬鹿馬鹿馬鹿ぁ!もう知らないんだからっ」
「・・・ってオイ、御前何処へっ・・・あ、治った」
「うわぁぁぁーんっ!!!」

「ねぇねぇ、パパ」
「・・・何だ」
「何でうちって逆の呼称の儘放置しちゃったの?」
「直すのが面倒になるぐらい酷かっただけさ、3人も直してられるか」
「パパって気が短いもんね!」
「はいはい、分かったから私に家庭内暴力を起こさせないでくれよ・・・?」
「・・・パパ、目が本気なんだけど」

「ってお姉ちゃんが言ってたけど、本当なの?」
「いや、俺が面白がって逆に呼ばせて女装して家事してたから?」
「うわぁ、ママってとっても残念な人だね!」
「それと・・・直したら性別反対に捉えちゃう危険性が・・・」
「それ直さないでもそうじゃないかな?少なくとも現在ごっちゃにはなってるよ?」
「ほら、うちって逆みたいだから、男っぽいのをママって呼んで女扱いする危険性がね?」
「ああ・・・逃れられない宿命かぁ・・・」

「・・・という話があって」
「ははは、知ってるともさ。私は面倒だったんだ、何たって元を断つ必要があったが不可能だったからな」
「パパ、女捨ててる?」
「私は一生結婚する心算なんか無かったんだ、なのに何でこうなったんだろうなぁ」
「元から間違ってる」
「御前・・・素直過ぎるぞ」
「嘘、駄目」
「っていうか・・・発達障害じゃあないよ、な?」
「違う?」
「調べたしなぁ・・・何なんだ、御前?」
「何なんだ」
「・・・ただの馬鹿か?親父がアレだからまぁ・・・うーん・・・?」

ところで高齢出産で3人兄弟なんですが何なんだこの家庭。
基本的に設定で突き抜けてるからなぁ。わざとだが。






Last updated  2009.09.29 21:26:32
コメント(0) | コメントを書く
2009.08.12
些細な事で人生辞めたくなる今日この頃。俺には自殺する度胸なんて無いぜ!(色々末期)

ネタ やってるうちは傍目元気

「う、うぅ・・・ああそうだ、昨日変な村に・・・」
「昨日村初めての理由不明な殺人があって、旅人さん何か怪しまれちゃってるよ!」
「・・・え、いや・・・え?」

「なぁなぁ、外の事教えてくれよー!」
「御前今の状況理解してるか?」

「ところで御前、一人か?」
「両親は別の子のおうち行っちゃったんだよー」
「・・・・・。えぇ・・・と、じゃあどうやって生活を」
「知らないおじさんが面倒見てくれたー」
「し、・・・取り合えず聞くが、そのへっ・・・人は?」
「1年前にママの元愛人に後ろからぐさっ!でもその人刺し殺してたよ」
「それ・・・からは?」
「俺今19歳だよ。ちゃんと一人で暮らせるよー」
「・・・ああ、そう」

「御前が災いを運んで来たんだ、出て行け!」
「災難なのは俺の方だが。死んだらマジで呪ってやろうか」
「わぁ、旅人さん良い笑顔だね!ところでパパの愛人もよく言ってたけど呪うってなぁに?」
「・・・俺は突っ込めば良いのか・・・?」

「妹は俺が守る!この獣めーっ!」
「思い込みが激しいらしいな・・・。俺は御前に妹が居る事自体知らないんだが・・・?」

「その辺りにママのおうちがあるんだよ!」
「・・・へぇ」
「んーっと・・・確か10回目の再婚だって。今度もそろそろ潮時かなぁ?」
「無知って怖い・・・」

「あ、あそこパパのおうちなんだよ。パパってヒモなんだって!」
「うわぁ、聞きたくも無い」
「あれ、干物だったかなぁ?」
「!?」

「死んだ人はあそこに埋めるんだよー」
「普通の墓地だな・・・紹介されても気が滅入るだけのような」
「昨日バラバラ死体になってた人も此処に埋葬されましたー!ぱちぱちぱち!」
「(空気読めないってレベルじゃねーぞ、こいつっ!)」
「前に掘り出してた人も居たけど、内緒だって言われたから内緒にしててね?」
「・・・全部忘れる事にするから大丈夫」

「うちの子が一番可愛いんだ・・・うちの子が一番なんだ!そう、今でさえ腹を空かして待っているかも知れない!寂しくて泣き喚いてるかも知れない!あああ倒れてたらどうしよう病弱なのに一人で留守番なんて」
「誰かあの馬鹿止めろ」

「この村やたら変な奴が多いっていうか変な奴しか居なくないか!?」
「変?」
「ああ、会話は通じないんだったな・・・。・・・絶対血濃過ぎだろ、こんな村であんな婚姻し続けたら・・・」
「そういえばパパはヒモじゃないハゲだーって言ってたなぁ、後ヅラじゃないヒモだーとも」
「うん、困った大人である事位は分かったぞ?」

・・・ヤベェ、超眠い・・・。






Last updated  2009.08.12 23:27:29
コメント(0) | コメントを書く
2009.07.31
気を抜いたら死にたいと思うからなぁ・・・夏休みの宿題殆ど済んだが部活の原稿済んでねーし旗作るし補習あるしマジ死にてぇ・・・(駄目だこいつ)

ネタ

「欠陥品のロボットを裏に流すのはどう思う?」
「貴様に言う資格は微塵も無いな」
「・・・御前のAIどうなってんの?」
「御存知の通りポンコツなものでね」
「もうマジ死ねよ・・・」

「と、いうよりさ。普通女だよなぁ、作るなら」
「何がというよりなのかは知らないが、戦闘用にそんな物を作るのか?」
「・・・まぁ、それを観賞するという点でも」
「国家単位だったからなぁ」
「・・・えぇと、国家機密流すなんてうちの国大丈夫?」

「戦闘用且つメイドその他の用法ってやったらどうなると思う?」
「値段がな・・・」
「寧ろAIを採用する地点で間違ってるような。っていうかどんな高性能?」
「いや、・・・天才科学者が創意工夫を凝らしすぎた?」
「もうそいつ国家反逆罪で処刑すべきだと思うけど?」

「実際に女性型と男性型でそんなに性能差って出るのか・・・?」
「用途で」
「・・・僕12歳なんだけどね、好い加減そっち系の話止めてくれる?」
「御前がやってるんだろう?」
「あー・・・空気読め、ポンコツ」

「そもそも外見すら人間に近く作る必要は無いしな。もっと良い形がある」
「じゃあ何で御前人型?」
「・・・」
「それに皮膚とか内面とか似せる必要も・・・っていうか、戦闘用ならIAの方向性からして間違えてるんじゃ?」
「・・・御前」
「ついでに命令違反とか」
「計算高いと言われた事は・・・?」
「それをバラさないのが真の賢者ってもんじゃないのか?」
「どこまで可愛くない餓鬼だ、御前は?」

・・・没落貴族の少年と元軍用ポンコツロボット。親父がどっかアレな所から買って来たので用途はボディガード。
母親が死んだ直後買って来て若い女性と駆け落ちしたんだってさ!って何だその設定。・・・色んな意味で。
世界観が適当なので設定も適当で大丈夫だ!・・・うん、この国家破綻してるよな・・・。






Last updated  2009.07.31 21:44:10
コメント(0) | コメントを書く

全804件 (804件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 81 >


© Rakuten Group, Inc.