378946 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

パインケイコの部屋☆備忘録

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Freepage List

Recent Posts

全10件 (10件中 1-10件目)

1

カテゴリ未分類

2011.04.18
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類


私たちにとって大切なもの、
安心して暮らせる土地、
安心して吸える空気、安心して飲める水、
安心して食べられる野菜や魚、

「夢だったらいいのに…」って思うけれど、
夢じゃないんだもの。

原発はいらない。
原発はなくても大丈夫だってこと、皆に知ってほしい。


3月29日に「ヤドカリハウスコンサート」がありました。
歌われたのは李政美さんです。
中止にならなくて本当に良かった。
コンサートの前に主催者の山田征さんからお手紙が届きました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

みなさまへ
3月29日にのコンサートは予定通り行います!!
ただいつもとはちがうものにしたい、と思います。いま起きている現実、そしてこれから先、何をどうしたらいいのか、一緒に考え、語り合い、明日への希望にかえていきましょう。そのために一人でも多く集まりましょう。

久しぶりにコンサートをやろう、やりたい、と思いヂョンミさんに連絡を取ったのは昨年暮れのことでした。その時はよもやこのような事態が現実のことになるなど予想しませんでした。でもいつかはこういう日がくるだろうということは原発に危機感を持つ者にとっては決して予想外ではなかったことも事実です。問題はそれがどういう形をとって私はたちの前に現れるのかはっきりと見えてはいませんでした。
一昨年(2009年)元旦の朝のことでした。私は時計の針が九時になるのをジリジリする思いで待ち、現首相の菅さんの自宅にデンワしました。詳しいやりとりははぶきますが、菅夫妻とは若い時から長いつきあいがありました。二人は私がまだ30代の若いころから原発問題にとりくんできたことをよく知っています。元旦の朝を狙ったのは、直人氏と直接話しをしたかったからです。おとそ気分でデンワくちに出た菅さんに私は、「菅さん、一生のお願いがあります。」と切り出しました。「私が若い頃からなんとか原発止めよう、とやってきているのは知ってますよね。いまは原発より危険な再処理工場止めたい、と頑張っているんです。でももう私達のような市民の力ではこの勢いを止められません。少し政治的な力のある人に動いてもらわないと、これはもう人類の危機、といってもいい話ですよ…」と私は迫りました。その時菅さんは以外と素直に「わかりました。少し時間ください。2週間ぐらいしたら…」ということだったのですが、その後もらったデンワで彼は「山田さん、申し訳ないけど、我が党は原発容認なんですよ。特に私の立場では…」と言いました。「そんなことぐらい知ってますよ、でもそれを承知であえて頼んでいるんです」とくいさがりましたが、後はかみあいませんでした。後日もう一度デンワで断ってきた時私は言いました。「菅さん、いまに必ず後悔しますよ。あの時私の言うことを聞いておけば良かった、と思う日が必ずきますよ。その時ではもう遅いんですからね…」ときつく言いました。
いままさにその事が現実となり、その本人が首相の立場で苦境に立ち往生しています。
官民揃って事態を小さく小さくみせようとしてきましたが、本当に「時すでに遅し」です。まるであざ笑うかのように、状況は悪化の一途を辿っています。この先、どのようにして収束していくのか、それこそ誰にも予想がつきません。
本当に予想もつかぬ広範囲、もの凄い数の方々の犠牲が日を追うごとに明らかになっています。これからどれほどの数にのぼるかわかりません。
私の住むこの周辺ですら、スーパーやGスタンドに長蛇の列が出来ている様子を見ますと、本当に人々の心が不安定に浮き足だっている様子がわかります。日本各地の友人知人からもさまざまなデンワがかかってきます。みなさん誰方も先が見えず、いま起きている現状をどう捉えていいのか、自分が何をすべきか、したらいいのかそれこそ逃げるべきか、とどまるべきかも含めてわからずにいる様子が伝わってきます。とにかく誰かと話すことで、自分の心に安定をとり戻したい、とり戻そうとしていることを感じます。
戦中戦後の非常事態はもうとっくに忘れ去られ、また全く経験のない人の数の方が高い割合を占めるいま、何不自由のない便利で明るすぎる物的豊かさに慣れすぎてしまい、巷に溢れる「安心、安全」という言葉は、中身のないただの浮遊物になり下がってしまいました。ですから本当に安心で安全な生活環境というものがどういうものなのかをほとんどの人が見失ってしまっている、と私は思っています。見せかけ、というか言葉だけの安心、安全、エコ、をうまく使ってとんでもないビジネスがはびこっているのがいま、という時代だと思います。
さて、福島でのあの惨状をみても、それでも「デンキのためには、やっぱり原発は必要」あるいは「生活が出来なくなる」という人が多いのに驚かされます。でもそれは、日本中の原発の全てが即止まっても決して停電しないことになっている(通常であれば)ことを、その仕組みをほとんどの人が知らない、知らされていないことによると思います。電力会社には電気の安定供給の義務づけがあり、今回のような地震、あるいは事故で緊急停止した時瞬時に切り替えることの出来る発電装置が用意されています。でも今回の場合は原発と同時にそちらの方も壊れてしまったために、大きな停電が起きたわけで、原発のせいだけではありません。その事をぜひ知っていただいて、原発がなければ、という洗脳状態をぜひ解除していただけたら、と心から思います。
この事態になってから一瞬考えました。「コンサートはどうしよう?」…と。
でもやることに決めました。今朝ヂョンミさんと話しあいました。なんとなく世間はざわついていますが、東京はまだ人々が集まることは可能です。少々不便な目に合うかもしれませんが…。
集まりましょう!そして一緒に考えましょう。一体、いま、何が起きているのか…。いろんな想いと現実を共有しましょう。いま人々はとても不安な思いを抱えているように思えてなりません。その証拠に3月11日以降どれだけ沢山の方々におデンワをいただいたかしれません。私達にいま何が出来るのか、何をしたらいいのか、どこに向かえばいいのか…。
そしてなにより、日々私達たちが便利に使ってきたデンキのツケを全て現地の人々の上に押しつけてしまっている現実…。共有しましょう強く吹いている風の中に福島からの放射能が確実に混っています。こんなに「福島」を身近に感じたことはありません。
この度亡くなられました多くの方々のご冥福を心よりお祈り申しあげます。

2011年3月16日 山田征

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



石垣島・白保、神戸、ヨルダン、モンゴル、フィリピン・パヤタス、古紙再生、海上の森、普賢岳、諫早湾、熱帯雨林、イラク、産廃の島・豊島、パレスチナ、渋谷・ホームレス、西暦2000年問題、ニューヨーク・国連、中国北朝鮮国境地帯、郵便番号、割箸、原発、フィリピン・北ルソン島、アフガン、平和憲法…世界を駆ける山田征さんの個人通信「ニライカナイ・ユー」。

山田征(ヤマダセイ)
1938年生まれ。二十四歳で結婚、以後は東京武蔵野市在住。四人の娘達の子育てと共に、農家と直接関わりながら共同購入グループ「かかしの会」を約二十年、地元の学校給食に有機農産物他食材全般を約十七年にわたり搬入。仲間と共にレストラン「みたか・たべもの村」をつくる。並行して反原発運動、沖縄県石垣島白保の空港問題他、さまざまな活動を経て、現在に至る。(「BOOK」データベースより)







Last updated  2011.04.25 21:16:23
2006.12.31
カテゴリ:カテゴリ未分類


1996年も終わろうとしています。
今年は素晴らしい年になりました。

1.寺山心一翁先生にお会いできた。

2.鈴木秀子先生にお会いできた。

3.上野七歩子さんの季節毎のワークショップに参加。

4.ダライ・ラマ法王にお会いできた。

5.太極拳、復活!

今年は、お会いしたかった方たちにお会いすることができ、
素晴らしい時間と愛を頂きました。

「愛」と「感謝」の意味を心の深い所で理解することが
できるようになりました。

十数年前に習っていた太極拳を再び始めました。
人一倍好奇心が強く、沢山の事に手を出してきましたが、
今、一つを選ぶとしたら「太極拳」。
毎朝、公園で気功と太極拳を舞うことが、とっても幸せ!


来年も素晴らしい年にしたいです♪
















Last updated  2006.12.31 22:55:39
2005.08.03
カテゴリ:カテゴリ未分類



「○○警察署ですがパインさんのお宅ですか?
大変言いづらいのですが、おたくの旦那さんのパイン○○○さんが
今朝、○○駅で痴漢行為をはたらきまして…。」

私ったら最後まで聞けばよかったのに、
ここで「え?主人は自転車通勤なんですけど。」と言ってしまった。

ガチャンと電話を切られた。

警察署なんて言われちゃうと気が動転するものです。
いや~自転車通勤じゃなければ詐欺にあってしまったかも…。

皆さん、気を付けて下さい!

♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ 

今日はHちゃん宅に遊びに行った。
ちょうどお菓子が届いた。何種類かあり、どれも美味しそう。
みんなでひとつのお菓子を分けて食べ、全部の味を堪能出来た。
こういうことが幸せだったりする。








Last updated  2005.08.04 11:32:05
2005.05.01
カテゴリ:カテゴリ未分類



変な夢を見た。

仏壇の前にいる私。
仏壇の中から獅子舞のようなものが現れた。
「お前の名前はなんだ?」
「パインです。」
「違う!お前はゼンザエモンだ!」

そこで目が覚めた。
夫に「ゼンザエモンとメモして」と言い、
また眠りについた。

PCで調べてみた。
ゼンザエモン→善左衛門

原田善左衛門
佐野善左衛門
飯塚善左衛門
千束善左衛門etc

私の前世はゼンザエモンかもしれない。







Last updated  2005.05.03 04:54:43
2003.04.21
カテゴリ:カテゴリ未分類
19・20日と「NPOガンの患者学研究所」主催「千百人集会」にボランティアとして参加させていただきました。
千百人集会はガンが治った100人の方と健闘中の1000人の方の集いです。
「ガンは決して恐くない。末期と宣告されても完治した方がいらっしゃる。
ガンは治るもの。」そう実感させてくれる集会でした。

私は2日間だけのボランティアだったのですが、ずっと携わってこられたスタッフの方々や国際ボランティア学生協会の方たちは
本当に一生懸命働いていらして素晴らしいなあと思いました。
学生さん達は遊びたい盛りなのにホントに偉い!「若い頃の自分への投資」だとか。
日本の若い子もすてたもんじゃない!!と思いました。
その中で少しでもお手伝い出来てよかったと感じています。

PC上で知り合うこが出来たよっちいんさん(ご夫婦)なこさん(本館)まるちゃん、てつさんにお目にかかることが出来ました。
時間の関係上、ゆっくりとはお話しできなかったのですが、想像していたとおりの温かい方達で嬉しく思いました。
そして出会えたことに改めて感謝しました。






Last updated  2003.05.03 14:40:58
2003.03.11
カテゴリ:カテゴリ未分類
指輪、見つかりました。
さて、どこにあったでしょう?
①洗濯機の中
②冷蔵庫の中
③下駄箱の中
④防災袋の中
⑤バックの中
正解は、明日の日記で!!

今日は湯河原に行って来た。
疲れたので今日は、寝ます。
おやすみなさい。






Last updated  2003.03.11 23:15:52
2003.03.09
カテゴリ:カテゴリ未分類
ご無沙汰しておりました。
どうしようもなく多忙で疲れきっていて
PCに向かう気力がありませんでした。

昨日、長女の卒園式と謝恩会が無事に終了し
一段落いたしました。


昨日の卒業式に、夫から婚約したときに貰った
指輪をしていこうと思ったら見当たらない。
空の指輪のケースだけあるの。
しばらく探していたら遅刻寸前。まいった、まいった。

「指輪、なくしちゃったみたい。
ねえ~え~、代わりの指輪、買ってえ~。
もう指輪じゃなくてもいいやあ。
バック、買ってえ~」と夫に甘えてみた。

「一銭も、そんなお金はありません!!」とキッパリと言われた。

冷たい男だ。
それにしても婚約指輪、何処にいってしまったのだろう…?






Last updated  2003.04.01 14:00:24
2003.02.08
カテゴリ:カテゴリ未分類
今日はPCでカラオケをしていた。

今、はまっている曲

Colors/宇田田ヒカル
もらい泣き/一青窃
涙そうそう/夏川りみ
地上の星/中島みゆき

中島みゆきの曲、けっこう好きなの。
小学生の頃から歌っていたかしら。
みゆきって全然変わらない。
今月51歳になるのよ~。









Last updated  2003.02.09 22:21:44
2003.01.17
カテゴリ:カテゴリ未分類
昨日、書かなかったのだけど知床で不思議な体験をしました。
書こうかどうか悩んだのだけど書くことにします。
知りたいでしょ?

あのね、冬に行われているイベントで「オーロラファンタジア」というのがあるの。
ずっと、ずっと昔、知床の街からオーロラが見えたとか。
そのオーロラをイメージして山の上からオホーツクの海に向かってレーザー光線なのだけど光のショーが繰り広げられるのです。

夜8時、外は真っ暗。海には流氷が来ていてキュッキュ、キュッキュと鳴いています。
ショーが始まり私は見とれていました。

その時、私の身体が上へ上へとあがっていったのです。
そして目の前に光のトンネルが現われ、すごい早さで私はその中に吸い込まれていきました。
トンネルを出ると私は大きな光に包まれ、姿は見えないのですが絶対的な力に出会ったの。本当に絶対的な大きな力です。
そして私の頭の中に「無垢」という言葉がひらめきました。
本当の私は「無垢」だったのに、たった二十数年の人生で、こんなにも余計なものを身につけてきてしまったと思いました。(欲とか見栄とか、そういったもの)
そして後悔でボロボロと涙があふれてきました。
すると、その身につけてきたものが、どんどん落ちて私は本当に何もない「無」とか「素」の状態になったのです。
なぜか私は光の中に帰りたいと思い
「もし私を連れて行くのなら連れて帰って下さい」と言いました。その瞬間、私は光から降ろされたのです。
その時、私は、これからの人生もう余計なものは身につけないと誓ったのです。

私が気が付いた時にはショーは終わっていました。
今のは、いったいなんだったのだろう。何が起きたのだろう。
しばらく呆然としていました。

後ほど、臨死体験をした方たちの本を何冊か読む機会に恵まれたのですが同じような体験をしていてビックリしました。

余計なものを身につけないって誓ったはずなのに、おもいきり身につけてきている私。
目指せ、無垢!だわ。

*私のこと怪しい人だと思わないでね。






Last updated  2006.10.05 00:40:41
2003.01.01
カテゴリ:カテゴリ未分類
楽天にホームページを開設したいと思っていたので
今、日記を書き込んでいることが嬉しいです。

なんだか今年は素敵な1年になりそうな予感。

穏やかに、何事も楽しんで過ごしていきたいなあ。






Last updated  2009.01.14 18:09:31

全10件 (10件中 1-10件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.