007569 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

pigなゆるさとnekoなきまぐれ

PR

プロフィール


pinekogのmado

カレンダー

バックナンバー

2018.10
2018.09
2018.08
2018.07
2018.06

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2018.03.02
XML
カテゴリ:つぶやき
卒業、入学シーズン到来です。





そんな折に着物の着付けのご予約が入っております、ありがたや。










わたしは着物を着付けるのが大好きであります。









その昔、着付けを習いに行っている時は嫌い、でした(笑)









着物の着付けの師範ほどの先生に四、五年も習ったのです。









紐の結び方、ひとつわからない私でした。








毎回、京都の新作の帯結びを覚えねばならず、なんにつけても「覚えが悪い奴」なもんでして。






お着付けの先生は、ピシリとわたしの手を叩くのでございました。














ちがう!




そうじゃない!





ぐじゃぐじゃを隠すんじゃありません!




勝手にオリジナルで結ぶんじゃありません!




お嬢。これでは全く違うものになってますね、、、












といった感じでございます。



















ようやく修業し、着物の有無を知り終えたところ



やはり、ここにきて「自分流」ってのを打ち出したくなる訳で。


















お着付けのお先生に学ぶは、やはりテッパンのゆるぎなき「基礎」なんだけど。










自分流、ってーとちょいと違ってくる訳で。












そもそもお着付けの常識、格式、などなどはそりゃ重んじますところですが。









自分流、ってーとね。











そこは私こその個性。こだわり。な訳でして。












例えば、お先生に学んだボディー補正は多種多様の綿などなどを身体の形を整えるべくそれは緻密に計算して作りますが。






私のこだわり論でいきますとなんか綿が暑くてモコモコ、シンプルにいきたいもんですな、

時短でいきたいモンですな、ということでタオル5枚以内のみで補正は終了。











細く着付けたいけど苦しいのは嫌だからキリリと締める紐は一本だけ、とか。









複雑な帯結びじゃなくても可愛く見える帯結びを締める、とか。












とか、とか。


















そもそも、わたしが着付けが好きになったのは着物を身近に感じたから、なのです。











基礎、を学ぶことの重要なとこ、って実は。



「知っているということ」





なんじゃないかなあ、と思ったのです(笑)











正装であり礼装だと知っているけど、黒留だって



お母さんがちょっとピンクの色の襟入れてあげるのどんだべが?柄も古めかしいしあんまり黒、で…





って言うのなら、別にいいんじゃない?って思っちゃう(笑)













礼装ってのを知っていて、

知っているけど、ね、





っていうとこ(笑)

















結婚式だって、ぜってー、

訪問着じゃなきゃ、つけさげじゃなきゃ、ダメ!




っていうとこではなく。







例えば、小紋しか持ってなくてあまり派手な柄じゃないなら友人の結婚式のおよばれならいいと思うのです。







一つ紋が入っていよーがいまいが。




友人の結婚式のおよばれ、で着物をちゃんと着て行く、っていう格式で(笑)


もはや、いんじゃない?と思うのです。
















恐ろしく常識、をブチ破ってない限りは(笑)












着物着るのに髪の毛セットするのにお金をかけて(笑)ちゃんと着物を着ていく、っていう。











卒業式だって入学式だって、そない、正式!粛々に!…せんでも十分だと思うのです(笑)





















たぶん、これこそ、が。









私こその「自分流」(笑)















































お先生には怒られると思いますが(笑)




























着付けを学んでいる時は、格式、格式、と習いました。(もっちのろんそれはそれで大事よ)








しかしながら、着物は日本人が普段着として着続けてきた本当に身近なものだったのです。













基礎たる技術を学んだから、自分としてのものが生まれてそれが育っていくのが我が個性と信じ(笑)













着物が好き、という「良さ」をもっともっと色んな人に知ってもらいたいな〜〜♪




















着物は着るだけで格式高いと思う私、であります(笑)

































単純に可愛い♡








rblog-20180302113248-00.jpg















洒落乙着付け師、目指して(笑)邁進する〜〜♡













最終更新日  2018.03.02 11:32:49

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.