2243242 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

studio PINE SQUARE

PR

X

Profile


RC200t

Category

Freepage List

Comments

RC200t@ Re[1]:11年目の変節(フェラーリ 312T3)(07/06) 元H@さんへ >F92が欲しいと思ってい…
元H@@ Re:11年目の変節(フェラーリ 312T3)(07/06) なるほど。 312T3はカルツォのUSA仕様を持…
RC200t@ Re[1]:名ばかりのGT達(日産LMGT1)(04/21) シゲジンさんへ >京商でコンプしてるの…
シゲジン@ Re:名ばかりのGT達(日産LMGT1)(04/21) R390 GT1は京商でコンプしてるので、スパ…
RC200t@ Re[1]:海を渡った貴婦人(日産フェアレディZ)(01/27) シゲジンさんへ なるほど! 当時の写真を…
2020.11.28
XML
カテゴリ:楽器
​​​ ​ミニチュアカーの納車がポッコリ空いたら、今年ミニチュアカーとともに買いまくったエレキギターの
ネタを穴埋め的に、とゆーのがアフターコロナのルーチン。
実は一台入庫してるんだが、実車にまつわる調べものが終わっていないんでまだアイドリングの状態。
とゆーわけで。。。



相も変わらずのヘッドストック(ホントは各社ちょこちょこ違うけれど、全体的に見れば、ね)で
つまりは、飽きもせずレスポール(モデル)なんである。
トーカイのラブロック・モデル。
 ミュージシャン「レス・ポール氏」のサインは、ギブソンとエピフォン以外使ってはいけないことに
なってるんで、他メーカーはなんとか「レスポール」っぽく見える意匠で、且つ音楽に関連するような
意味になる文字列をあーだこーだと苦労しながら絞り出しているわけなんであるが、前に記事にした
バーニー(フェルナンデス)みたいに、ないならないで別にいーんじゃね?
このメーカーはこーゆーデザインにしたか!(よーやるよ)的な楽しみはあるけれど、そんなとこに
力を入れるんだったら他の部分で斬新なアイデアひねり出してみなよって感じ(笑)

 今よりも全然楽器一直線だった学生時代(他のことに手を出す資本もなかったしね)、トーカイの
レスポールといえば、いつかは手にしてみたい憧れだった。
もちろん本家ギブソンが一番なのに変わりはなかったが、現実的にプロでもないただのコレクターが
手を出すには国産ギターが分相応と思うところもあって、その選択肢の中で「本家を超える!」とゆー
意気込みで「レスポール・リボーン」と銘打った壮絶コピーLSシリーズは、ネームバリューに胡坐を
かいてその実コストカット等による品質低下を起こしていた本家を慌てさせるほどだったのだから、
ギター少年が憧れるに充分なギターだった。



トーカイの1980年版ポスターカタログ(この年は何故か冊子じゃなかった)↑
普通、思春期男子はアイドルのポスターなんかを部屋に貼るもんだが、うちはこの大判ポスター。
当時ギター単品のポスター貼ってるヤツは、まーそうそういなかったろう(今でもいないか)笑
実際、当時の友人には「おまえって変わってんな」って言われたもんだわ。
朝な夕なに眺めては「いつかはこの手に!」と渇望していた憧れのギターだったんだが、バイトして
いざ買おうとゆー段になったら近場の楽器店には在庫がなくてな。
そんだったら駿河台まで探しに行くべ!って概念はまだ持ち合わせてなかったから、結局目の前にある
グレコのスーパーリアルを購入して、それで満足しちゃった(汗)
その程度の渇望であったわけだが、「男はフォルダ保存、女は上書き保存」の格言(?)どおり、
この時トーカイを手にしなかった後悔の念は延々と燻り続けて、コロナ禍の今ついに我が手の元に。


トーカイ ALS62 VF(バイオリン・フィニッシュ)

 昔憧れたリボーン・レスポールではないけれど、なかなかに威風堂々とした感のあるALS62。
こうしてヘッドストックを隠せばギブソン製でも通じるかも(ま、フレットエッジバインディング
じゃないのはよく見りゃわかるから即バレちゃうけど)
トラ杢の出かたといい退色具合といい、今バースト好きに求められてるど真ん中な風貌。
意地悪な見方をすれば、今はこーゆー見てくれに作っておけば売れるでしょ(笑)的な。
そこにすっかり釣られちゃうのがコレクターの弱いところ。
ま、それ以前にお安いってのがあったんだけどね。
なんたって、ソフトケースは当然ながらギタースタンドにシールドコードにミニアンプまで付属して、
それで1/43スケールのBBRフェラーリより安いスタート価格、そりゃ競るしかないっしょ。
(所謂エレキギター初心者セットを買ってはみたものの、結局持て余してオクに出した感じ?)
で、予想に反して殆ど競合せずに競り落として現物が送られてきて。。。ハタと気づいた。
これってこれ↓によく似てるなぁ(今更かよ)


ギブソン レスポール・トラディショナル2016T(アイスティー・バースト)

 まーどっちも今の流行を狙って作られてるんだから当たり前っちゃあ当たり前なんだろうけど。
トラディショナルの方が少し赤味が強いけれどホントよく似てる。
ジミー・ペイジだってNo.1とNo.2、よく似た2本を持ってんだからと勝手にご満悦(笑)
下手の横好きがNo.1とか2とかおこがましいので、トーカイのを「影武者」と呼ぶことにする。
トラディショナルとは値段がダンチだから手軽に使えるし、ラッカー塗装じゃないからお手入れも楽々。
影武者、本家よりも手にする率断然高し、良いお買い物でした。
 
 良いお買い物といえば、一緒についてきたミニアンプ(オレンジ・クラッシュ・ミニ)なんだけど
これがなかなかイケるのよ。
(あんま使わないけどクロマチック・チューナーもついてるし)



前に書いたが、エフェクター​もいろいろ買い揃えてみたけれど、今はシンプルにクラッシュ・ミニに
デジタルリバーブだけを繋ぐってのがお気に入り(笑)
 ってゆー感じで、コロナ禍のエレキギター買いまくりフィーバーはお終いになる筈だったんだけど
(ギブソン、エピフォン、ESP、アリア、ディバイザー、フェルナンデス、トーカイと一通りの
メーカーのレスポールが揃ったからね~グレコがないのが画竜点睛~)、どーゆーわけかあと3つほど
続くことになってしもうた(笑)
まぁそのおかげで最終回にはうまいことミニチュアカーとリンク出来るよーになったんだけどね。
なのでミニチュアカーネタに詰まったら、またギターネタ出ます(汗)






Last updated  2021.07.31 01:52:50
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.