studio PINE SQUARE

Freepage List

マイカーライフ


スプリンタートレノ1.5SR


スプリンタートレノ1.6GTアペックス


ブルーバードSSSアテーサ


スカイラインGTS-tタイプM


スカイラインGTS25-tタイプM


スカイラインGT-R


スカイラインセダン350GTタイプS


マイギターライフ


モデルカー


フェラーリF2001


ブラバム・BMW BT50


ベネトン・フォードB192


ロータス・フォード102D


ロータス・ホンダ99T


ティレル・フォードP34


フェラーリ640


ガレキフィギュア


アスカ(部屋着)


アスカ(冬私服)


アスカ(水着)


レイ(水着)


アスカ(プラグスーツ)


レイ(プラグスーツ)


ホシノ・ルリ


レイ(プラグスーツ)


レイ(包帯)


アスカ(アイスキャンデー)


ガンプラ


機動戦士ガンダム


機動戦士ガンダム第08MS小隊


機動戦士ガンダム0080


機動戦士ガンダム0083


機動戦士Zガンダム


ガンダム・センチネル


機動戦士ガンダムZZ


逆襲のシャア


機動戦士ガンダムU.C.


機動戦士ガンダムF91


機動戦士Vガンダム


機動武闘伝Gガンダム


新機動戦記ガンダムW


機動新世紀ガンダムX


∀ガンダム


機動戦士ガンダムSEED


機動戦士ガンダムSEEDデスティニー


機動戦士ガンダムSEEDスターゲイザー


機動戦士ガンダムOO


ミニカー(フォーミュラ)


フェラーリ


マクラーレン


ウィリアムズ


ルノー


ザウバー


トヨタ


ホンダ


レッドブル


トロロッソ


ロータス


ブラバム


ベネトン


ティレル


ジョーダン


ザウバー


アロウズ


ミナルディ


スーパーアグリ


スパイカー


ミッドランド


プロストGP


ローラ(フォーミュラニッポン)


ミニカー(ロードカー)


スカイライン


トヨタ


日産


日野


富士重


マツダ


BMW


アウディ


ポルシェ


アルファロメオ


フェラーリ


ランチア


ランボルギーニ


ルノー


マクラーレン


ロータス


シェルビー


ミニカー(ツーリングカー)


トヨタ


日産


富士重


ホンダ


ポルシェ


メルセデス


アルファロメオ


ランチア


ルノー


マジェスティック12


ミニカー(ラリーカー)


トヨタ


日産


富士重


ミツビシ


ポルシェ


ランチア


シトロエン


プジョー


ルノー


フォード


フィアット


ミニカー(スポーツカー)


トヨタ


日産


ホンダ


マツダ


BMW


アウディ


ポルシェ


アルファロメオ


フェラーリ


プジョー


アストンマーチン


ベントレー


マクラーレン


シャパラル


パノス


フォード


ザウバー


ドラゴンアーマー


I号戦車


II号戦車


III号戦車


IV号戦車


V号戦車パンサー


VI号戦車タイガーI


キングタイガー


ヤクトタイガー


Archives

January 27, 2021
XML
カテゴリ:ミニカー生活

​ ​「海を渡る」って言葉の「海」は太平洋のことって反射的に思うんじゃないだろか?
船旅はともかくも、船より身近な飛行機だと欧州便は大概ユーラシア大陸上空を突っ切るんだろうから
海を渡るって場合「太平洋を渡ってアメリカ」とイメージしちゃう(って海外行ったことないけどね)笑
けどアメリカベースで考えると海を渡るのには太平洋の反対側に大西洋もあるわけで。



 海を渡った貴婦人。
日本から太平洋を渡ってアメリカへ輸出されたフェアレディZと、それをモチーフとしてアメリカで
一から作り上げられ大西洋を渡ってフランスへ上陸した300ZXターボ。
太平洋も大西洋もカバーするダブルミーニングのイケてるタイトルじゃんと勝手に悦に入ってたけど
肝心のミニチュアがまったくイケてなかった。。。


スパーク1/43 ニッサン 300ZXターボ “1994年ルマン24h 5位”
#75 スティーブ・ミレン / ジョニー・オコネル / ジョン・モートン

 フェアレディZ(Z32)っぽい外観を纏ってはいるけれど、ガワを剥がすとごっつい鋼管パイプ
フレームで作らてたシャシーが現れる市販車Z32とはまったく別物の300ZXターボ。
(ドアも開かなくて、ドライバーは窓からよっこいしょと中に入る)
当時設けられていたIMSAクラスでルマンにエントリーして堂々の総合5位完走。
クラス優勝でもあるけれど、IMSAクラスはたった3台のエントリー。
どんなに抜かれよーが規定周回数を走り切れば表彰台確定って状況じゃあ、あらためてクラス優勝って
声高にいうほどのもんではないよーな。
 綺麗にデカール貼りされてなかなかカッコいい300ZXターボなんであるが。。。
スパークお得意の考証不足炸裂。
 まずはリアセクション。


リアエンドに注目。
特徴的なリアウイングの下に(市販Z32のような)ボディ直付けウイングがあんのよ。
まずこれが再現されてない。
 それからエンジンフード(とゆーかフロントカウル)
上の実車画像を見たら、別に変じゃないじゃん、なんだけど、実は。。。







レース中の画像で判りやすいのがあんまなかったんだが
エンジンフード上のエアアウトレット(前側)が並列2つじゃなくてひとつ(計3つ)
さらにゼッケンの上が青く塗られてIMSAロゴが貼られてるのが正解。
車検時の画像だと判りやすい。


なにをこんなにミスってだか。。。
とはいえ、そもそも商品のよーなエアアウトレットはまったくの創造物ってわけじゃない。



レーススタートから日没まではライトを装備しないタイプのフロントカウルを装着してて、
これがアウトレット4つ穴で且つゼッケン後ろが青く塗られてないのがわかる。
 整理すると、
ライトを装備しないフロントカウルはエアアウトレット4つ穴でゼッケン後ろが青くない。
ライトを装備するフロントカウルはエアアウトレットは3つ穴でゼッケン後ろが青い。
これを混同しちゃってんだな。
でハタと気が付いたんだが、確かこの商品って発売アナウンスが出た時はライト無しだったような?
だもんで発売アナウンス時の画像を探してみた。


ほらね(商品が発売済みなのにいまだにスパークのHPにはこれが載ってる)
リアウイングの件は別にして、この状態ならエンジンフードにミスはない。
細かく言えばライトが取りつく場所に実車にはないケガキ線が入ってる。
で、後から#76号車がライト無しカウルで発売された。
てことは初めから2車でライトだけを安易にコンパチする予定でいたってことだよな。
で、ライト有無でエアアウトレットやカラーリバリーも変わることが判ってなかったのか、
はたまた気がついてても無視したのか。。。きっと無視したんだろ(個人の想像です)
いずれにしても詰めが甘い。
変に色気を出すから結局#76号車だって実車にはないライト部のケガキ線が入って残念な結果じゃん。
せっかくいー感じのフォルムだったのに興ざめだわな。
つか直付けリアウイングがない時点でダメだよね。
結局むかし出た京商のほうが正解。
 まーこっちも購入前にそこまで詳細にこのクルマのこと調べてなかったしな~。
その前に予約に食いついちゃったんだからもうしゃあないわ(泣)
それなりの値段とるんだから、もうちっとマトモに考証して販売してくんねーかなぁスパーク。
多品種をスピード感もって出すのはいーけど、ここんとこ多くねーか?こーゆーの。
(前のアルメラス・ポルシェや新発売のシュナール・ワルケルU3スポールでもあったぞ)


KATO(関水金属)1/43 フェアレディZ(Z32)

 関水金属とゆーおよそミニチュアモデルとは程遠い名前、であるが鉄道模型の大手。
そもそもミニチュアカーは鉄道模型のおまけが原点だから、鉄道模型の会社がミニチュアカーを
出すのはさほど筋違いじゃないと思うんだが、実際あんま出してないよね(知らないだけ)
日本の鉄道模型事情がOゲージ(1/43スケール)中心に動いてないからかしら?
実際KATOもこれのほかはA80スープラが出ただけ。
いずれも30年くらい前のハナシ。
同時代の​ヘルパのフェラーリ​みたいにプラスチック製ボディでエンジンフードとドアが開閉する逸品。
基本43スケールの開閉機構は、どうしてもパーツの隙間が目立っちゃうからいらん!主義なんだけど
開閉するのにデザインナイフやカミソリの刃先を使わないと開かないくらいピタパチなら話は別。
KATOのZは昔から知って、いいなと思いながらもなかなか縁がなかった。
今回300ZXターボの引き立て役にとセコハン叩き売りを買ったんだけど、結果30何年前の
こっちのほうが全然出来が良かったってゆー皮肉(笑)







Last updated  January 27, 2021 08:26:38 PM
コメント(2) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:海を渡った貴婦人(日産フェアレディZ)(01/27)   シゲジン さん
スパークって当時の姿を再現するのではなく、現在博物館に飾られている姿を再現する事が多い気がします。
ルマン1971年のポルシェ917#22のミニカーをスパークとビジョンで比べてみたら、リヤセクションがかなり違っていて、調べてみたらスパークは現在の姿、ビジョンは当時の姿を再現している事が分かりました。
まあ、何をもって正解とするかは個人の見解によると思いますが、現在の姿を再現するほうが楽だからスパークはそうしているのだと思います。
スパークとビジョンじゃリリースする数が圧倒的に違いますからね〜 (January 29, 2021 03:39:32 AM)

Re[1]:海を渡った貴婦人(日産フェアレディZ)(01/27)   RC200t さん
シゲジンさんへ

なるほど!
当時の写真を参考に図面起こすより、実車を3Dスキャンするほうが早上がりってわけですか。
確かにスパークが取材したと噂される(株)PEAKS代表所有の300ZXターボには直付けウイングないですもんね。 (January 29, 2021 07:51:55 PM)

PR

X

Calendar

Profile


RC200t

Category

Comments

RC200t@ Re[1]:名ばかりのGT達(日産LMGT1)(04/21) シゲジンさんへ >京商でコンプしてるの…
シゲジン@ Re:名ばかりのGT達(日産LMGT1)(04/21) R390 GT1は京商でコンプしてるので、スパ…
RC200t@ Re[1]:海を渡った貴婦人(日産フェアレディZ)(01/27) シゲジンさんへ なるほど! 当時の写真を…
シゲジン@ Re:海を渡った貴婦人(日産フェアレディZ)(01/27) スパークって当時の姿を再現するのではな…
RC200t@ Re[1]:TとB~パート2(フェラーリ312Tシリーズ)(01/24) 間違えました!さんへ >古いミニチャン…

© Rakuten Group, Inc.