2242886 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

studio PINE SQUARE

PR

X

Profile


RC200t

Category

Freepage List

Comments

RC200t@ Re[1]:11年目の変節(フェラーリ 312T3)(07/06) 元H@さんへ >F92が欲しいと思ってい…
元H@@ Re:11年目の変節(フェラーリ 312T3)(07/06) なるほど。 312T3はカルツォのUSA仕様を持…
RC200t@ Re[1]:名ばかりのGT達(日産LMGT1)(04/21) シゲジンさんへ >京商でコンプしてるの…
シゲジン@ Re:名ばかりのGT達(日産LMGT1)(04/21) R390 GT1は京商でコンプしてるので、スパ…
RC200t@ Re[1]:海を渡った貴婦人(日産フェアレディZ)(01/27) シゲジンさんへ なるほど! 当時の写真を…
2021.07.19
XML
カテゴリ:F1

​​ ​スパークモデルをブランド展開するミニマックス社の本拠地はマカオにあるけれど、その源流はフランスのレジンキットメーカー・プロバンスムラージュに行きつく(社長の父親がプロバンス設立に関わった)
そう考えればフランス車のリリースが割と早めなのも納得できるか、と。
なにせ奴らフランス人はフランス大好きだからな。
とゆーわけで、2021年F1マシンの一番乗りもフランスチームから。


スパーク1/43 アルピーヌ A521 ルノー “2021年バーレーンGP DNF”
#14 フェルナンド・アロンソ

 初参戦のアルピーヌF1チーム。 
まあ新参者といっても、要は昨年までのルノーF1チームを引き継いだかたちだから、新興チームに有りがちな初歩的なトラブル連発とは無縁で地道に入賞を重ねている状況。
出戻りアロンソも「どんなもんかなぁ」と思ったが、F1から離れはしたもののレース実戦からは遠ざかっていなかったからか、離れている間のマシンの刷新が大きくなかったからか(多分そのどっちもなんだろうけど)金星こそはないが充分対応してる。
 DAZNの無料ダイジェストで見ただけだが、バーレーンでのアロンソ・サインツ・ベッテルの新旧フェラーリドライバーのドッグファイトはなかなかに見ごたえがあった。
なのに結局DNFっつーのは、ピットストップ際にサンドイッチの包み紙がブレーキダクトに混入してブレーキのオーバーヒートってゆー珍しい理由。
フランス好きなスパークからすりゃあダブルリタイアとなった開幕戦よりもダブル入賞したエミリア・ロマーニャとかポルトガルのほうがいいのだろうけど(後で出るかも知れないが)、まず開幕戦を出すのがスピード感あふれると思わせたいスパークの真骨頂だからね。
 だけれど「早いが正義」には落とし穴もある。
リサーチ不足、からの修正デカール。



 デフォルトのモノコックサイド↑。
ローンチの時の「マフレ保険」ロゴはこれだった。



で、こっちが修正後↑。
何がちゃうねん?ってロゴが少し前に移動して白い斜線が途中で切れるようになる。
ま、通常営業のスパークだったら見て見ぬフリだったよね(笑)
B194リアウイング裏真っ黒事件​とか​ローラLC88のリアウイング​とか​ポルシェ919テレコ事件​とか​ロータス107デカールさかさま事件とか枚挙にいとまがない。
これらのほうが今回のに比べたらよっぽどひどいのミスなのに誠意も見せず(919はとあるショップが圧かけて後付けで修正デカール出させたけど)、はるかに軽い今回のミスで自ら修正デカール入れたのは、やっぱフランス車大好きフランス人社長が「このミスは許せん!」って思ったってか?​







Last updated  2021.07.29 00:51:40
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.