701844 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

いねねの趣味三昧(昆虫・野鳥・古寺巡り・読書・木工・語学など)

いねねの趣味三昧(昆虫・野鳥・古寺巡り・読書・木工・語学など)

PR

全195件 (195件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 20 >

野鳥_2019年

2020年02月19日
XML
カテゴリ:野鳥_2019年
​​山桜の木の枝にとまって盛んに囀る「シジュウカラ」のオスを見つけました。図鑑では、「シジュウカラ」の鳴き声は「ツーツーピーツーツーピー、ツツピーツツピー」となっていますが、「チーチョッ、チーチョッ、チーチョチー」の様に聞こえました。人それぞれで聞こえ方も異なると思いますが、どうなんでしょうか?

撮影;Nikon_coolpix-p900
シジュウカラ;スズメ目、シジュウカラ科、L=15cm、漂鳥
















最終更新日  2020年02月19日 07時39分41秒
コメント(0) | コメントを書く


2019年12月31日
カテゴリ:野鳥_2019年
​​川の中央付近の浅瀬に、二羽の「カモメ」がいました。どうもツガイの様です。今年最後の大晦日、午前中は風もなく日も出ていましたが、午後になると強い北風が吹き始めました。天気予報では大荒れになる様ですが、明日の初日の出は観ることが出来ると良いですが?_カテゴリ「2019年秋の野鳥」は今日で最後、明日からは「2020年冬の野鳥」になります。来年も宜しくお願い致します。

撮影;Nikon_coolpix-p900
カモメ;チドリ目、カモメ科、L=14cm、冬鳥
















最終更新日  2021年01月22日 18時55分49秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年12月30日
カテゴリ:野鳥_2019年
​​「ヒドリガモ」のつがいが仲良く水草を食べていました。オスは頭に白い線が入って、名前の様に顔部分が緋色をしています。しかし、メスの頭部は黒褐色です。

撮影;Nikon_collpix_p900
ヒドリガモ;カモ目、カモ科、L=48.5cm、冬鳥
(1)_右がメス、左のオスが言うには「美味しい水草があるよ!」


(2)_「ヒドリガモ」のつがいは仲良く食事中、横を「オオバン」が
羨ましそうに通り過ぎて行きました。








最終更新日  2021年04月02日 19時46分42秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年12月29日
カテゴリ:野鳥_2019年
今日の午前中は、風もなく快晴の良い日でした。いつものコースで野鳥観察をしていると、川辺の林の中に小鳥を見つけ写真に撮りました。​​帰ってから写真を確認すると初めてみる「シメ」でした。短い尾羽と逆三角の黒色喉部が特徴です。

撮影;Nikon_coolpix-p900
シメ;スズメ目、アトリ科、L=19cm、冬鳥










最終更新日  2021年01月22日 18時56分28秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年12月28日
カテゴリ:野鳥_2019年
​いつもの川の堰に、頭部や頬が緑色光沢があって、白と黒の長く垂れた三列風切りがカッコいい「ヨシガモ」のオスがいました。他にも居ないか探しましたが見つかりません。図鑑によると渡来数は少なく他のカモ類に混ざって行動する様です。

撮影;Nikon_coolpix-p900
ヨシガモ;カモ目、カモ科、L=48cm、冬鳥








最終更新日  2021年01月22日 18時56分45秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年12月27日
カテゴリ:野鳥_2019年
​​​​留鳥の「ヒヨドリ」は毎日何処かで鳴き声がします。しかし、木に葉が付いている時期は葉陰に隠れて、なかなか写真に撮るのが難しい野鳥です。12月になり木々の葉がすっかり落ちて隠れる場所が無くなったお陰で「ヒヨドリ」の写真が沢山撮れています。

撮影;Nikon_coolpix-p900
ヒヨドリ;スズメ目、ヒヨドリ科、L=28cm、留鳥














最終更新日  2021年01月22日 18時57分00秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年12月26日
カテゴリ:野鳥_2019年
​​堤防横の川の淵にある木の枝にとまる「ジョウビタキ」のメスをみつけました。この付近には、「ジョウビタキ」以外に「ホオジロ」、「カワラヒワ」、「シジュウカラ」などの小鳥たちが住み着いています。

撮影;Nikon_coolpix-p900
ジョウビタキ;スズメ目、ツグミ科、L=14cm、冬鳥
















最終更新日  2021年01月22日 18時57分14秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年12月25日
カテゴリ:野鳥_2019年
​​クリスマスの今日は、風のない暖かい日和でした。午前中、畑でエンドウの支柱を立てネットを張る作業中に、隣の畑の鉄柱の上にとまる、初めて見る珍しい野鳥を発見しました。幸い2分ほどポーズを取ってくれたので、何枚か写真に撮ることが出来ました。家に帰って図鑑やネットで調べると「アカハラ」と「イソヒヨドリ」が似ている候補に・・・。最終的に「イソヒヨドリ」と決めました。違うかな?_通常、「イソヒヨドリ」は海辺にいる鳥ですが、何故内陸に来たのかな?_私にとっては非常に嬉しいクリスマスプレゼントでした!

撮影;Nikon_coolpix-p900
イソヒヨドリ;スズメ目、ヒタキ科、L=23cm、漂鳥














最終更新日  2021年01月22日 18時57分30秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年12月24日
カテゴリ:野鳥_2019年
​​屋根の上を歩く野鳥を見つけカメラを向けると、近くに違う野鳥もいました。「セグロセキレイ」と「ハクセキレイ」です。屋根のてっぺんで、この二羽が接近しました。その後、二羽は堤防道路に舞い降りて餌探しをしていました。ネットで「セグロセキレイ」と「ハクセキレイ」の関係を調べると、これまでに交雑した実績は無いようです。だから今回の接近は「偶然の出来事」だったようです。

撮影;Nikon_coolpix-p900
セグロセキレイ;スズメ目、セキレイ科、L=21cm、留鳥
(1)_屋根の上を歩くセグロセキレイ


(2)_屋根の上で、左側=ハクセキレイ、右側=セグロセキレイ


(3)_堤防道路を歩くセグロセキレイ


(4)_堤防道路で、下がハクセキレイ、上がセグロセキレイ

※_お互いをどの様に見ているのかな?_聞いてみたですね。







最終更新日  2021年01月22日 18時57分47秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年12月23日
カテゴリ:野鳥_2019年
​​「オオバン(大鷭)」は、カモ科の仲間ではなく、クイナ科の仲間になります。潜水が得意で潜って水草を採って食べます。

撮影;Nikon_coolpix-p900
オオバン;ツル目、クイナ科、L=39cm、留鳥










最終更新日  2021年01月22日 18時58分03秒
コメント(0) | コメントを書く

全195件 (195件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 20 >


© Rakuten Group, Inc.