269905 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Soramame Life

2021/06/11
XML
カテゴリ:大好きな絵本
​​​​​​​​​​少し前から書店に並んでいて、
存在は知っていたけれど、
あまり絵が好みではなく、
手にとる事もなかった絵本。



おこだでませんように



おこだでませんように [ くすのき しげのり ]




偶然何かでこの本についての記事を読み、
七夕の絵本である事を知りました。

書店に行くと、
本当だ! 七夕絵本のコーナーにある​​!!

表紙の絵からは全く感じ取れなかったけれど…

中身を確認すると…

切ない、涙が出そう号泣

部屋の装飾(絵や写真)を見ると、
主人公のぼくの家は​多分母子家庭。

まだ小学校1年生なのに、
仕事の帰りが遅いお母さんに代わって
妹のお世話をするぼく。​


でもお母さんが恋しい妹は
わがままを言って泣く。

帰ってきた母さんには、
「また いもうと なかして!
と怒られる。

ぼくにも言い分があるけれど、
ぼくは黙って怒られる。


学校でも同じ。

先に意地悪したのは相手なのに、
ぼくはキックやパンチをしてしまい、
ぼくは先生に黙って怒られる。
​​​​
学校で短冊に七夕のお願いを書く事になった。

クラスのお友達の願い事は、
サッカー選手になりたい、
ピアノが上手になりたいetc.....

習いたてのひらがなで一生懸命書いた
ぼくのお願い事は
おこだでませんように
(おこられませんように)
​​
これを見た先生は泣きながら、
ええ おねがいやねえ​
と褒めてくれた!!

その日の夜、
先生からお母さんに電話がかかってきた後、
お母さんは妹にするみたいにだっこしてくれた。


何だか随分前に
「み~んな、み~んな僕の事嫌いなんだ、
○○くんもじぃじもばぁばも…」
​と泣いていた孫1号とダブってしまいました。

買って帰って孫たちに読んであげると、
保育園で読んでもらった事がある様子。

時には楽しいだけではない、
こういった絵本も必要かな…
と思います。

怒られないのは君次第グッド
でもありますが…









Last updated  2021/06/12 05:48:11 AM


PR

X

Calendar

Archives

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Favorite Blog

【伊豆大島珍道中】… New! jiyma21さん


© Rakuten Group, Inc.