000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ひねもすのったのた

全620件 (620件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 62 >

2017.09.18
XML
カテゴリ:マレーシアに行く
コートヤードヒーレーンの朝食は、斜め向かいの別の建物、雑貨屋さんの奥のほうエリアで提供されます。コートヤードヒーレーンカフェとか看板が出てたかな…。
時間を聞くのを忘れてましたが、7時半頃行ったらほとんど準備完了してました。右奥にビュッフェ台があります。
        
最初に紅茶かコーヒーか確認されてからビュッフェ台へ。私は食べ放題だととりあえず全種類制覇したくなる人です。でも全部写真は撮れてないかな…(;'∀')
     
マレーシアの国民食ナシレマッ。とホットサンド。
     
焼きそばだのフライドチキンだの。
      
果物とドーナツ、カレーパフ、エッグタルトというマレーシアらしいお菓子。次からは2日目。
     
ナシレマッに代わり炒飯だったり、おかずも前日とは入れ替わってました。連泊でも飽きませんね。    
     
前日はお願いしませんでしたが、好きな卵料理もオーダーできるということで、オムレツを。

地元の料理も楽しめるってのが嬉しいですね。できるだけその土地ならではの料理を味わいたいと思っていますが、限られた時間では難しいですから。ホテルの朝食で出てくるとラッキーと思っちゃいます。
お味も美味しかったし、朝食含めて、またマラッカに行くことがあったら泊まりホテルになりましたウィンク

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村






最終更新日  2017.09.18 11:34:38
コメント(0) | コメントを書く


2017.09.17
カテゴリ:マレーシアに行く
コートヤードヒーレーンブティックホテルの続きです。表玄関を2階に上がる階段から見下ろしたところ。
         
表玄関から、奥のデスクがフロントです。右の奥のほうに客室に通じる格子の扉があって、これは客室の鍵で開けます。日中はたいてい扉を開け放してましたが。右手手前では鯉が泳いでました。
     
ここは吹き抜けになっているので明るいです。格子扉の向うの扉は私の泊まったお部屋。
     
廊下にはこのようなアンティークな家具が置かれてます。立派なので座っていいのか躊躇してしまう(笑)。
     
いわゆるウナギの寝床。本当に奥ゆきがすごいです。廊下をずーっと行くと裏の通りに出る扉があります。ここからは有名なアジアでいちばん美味しいという、タンドリーチキンのお店も近いです。
      

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村






最終更新日  2017.09.17 22:49:43
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:マレーシアに行く
マラッカではCourtyard@Heeren Boutique Hotel(コートヤードヒーレーン)というところに2泊しました。
こちらはプラナカンの邸宅をモダンに改装したホテルです。
マラッカの中心地であるチャイナタウンのヒーレーンストリートにあって、出かけても戻って休憩したりするのがかんたんで、とても便利でした。
     
ホテル予約サイトでは希望の日時の取扱いがまだなかったので、ホテルに直接予約しました。今確認したら、8月中旬の予約で前年10月にはもうペイパルで支払いまで完了させています。めっちゃ泊まりたかったんだな…(笑)。
お部屋はモダンな感じ。デラックスルームです。週末はお値段が高くなるのですが、土日2泊で16000円くらいかな。朝食もよいしお値打ちだと思います。
     
間口が狭くて、奥になが~いという特徴をもつプラナカン式は、両脇が隣家とくっついているので窓が少ないんですね。建物の中に吹き抜けをつくって明るくする工夫がなされていたり。

この部屋もこのようにベッドサイドに窓はありますが、
     
反対側はこちら。扇形の飾りの下。この窓開けられたのかな?通る人に部屋が丸見えになってしまうので、可能だったところで開け放せませんが。開けると吹き抜けがあって、天井はガラス張りでしたが外の天気くらいはわかります。
     
右手が部屋の扉ですが、めっちゃ立派!そして鍵がとっても扱いづらかったです…。
初めてのとき自分で開けられず、フロントまでヘルプを求め開け方を見せてもらうも、その次もだめでまたしてもヘルプ。実際に自分でも教わりながら開けてみて、その次からは自力でなんとかなりました。鍵を差して、押しながら回すみたいな…。普通に回してもくるくる回るだけなんですね~。
趣きは素晴らしいんですが、なかなかたいへんでした。
     
こちらは水回り。トイレにドアがありません。ひとりだからどうでもいいけど。鏡は覗きこめるのが便利でした。右手はシャワー。バスタブは付いてる部屋はなかったんじゃないかな。

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村






最終更新日  2017.09.17 21:24:46
コメント(0) | コメントを書く
2017.08.30
カテゴリ:マレーシアに行く
そういえばクアラルンプール→マラッカのバスでは、日本人のお客はいませんでした。帰りもいなかったし、TBSでもマラッカセントラルでも見かけなかったなあ。もちろん気づかなかっただけかもしれませんが。

そうマラッカへのバスは、中心部から車で10分くらいの少し離れた場所にあるバスターミナル、マラッカセントラルに到着します。離れているといっても近くにでかいイオンなどがあって、このあたりも人の集まるエリアのようです。

バスを降り預けていたスーツケースを自分で取り出し、声をかけてくるタクシードライバーはぼったくりという話なので、とりあえずバスターミナルの建物の中へ。

ここではバス会社ごとにチケットを売っているそうで、各社のカウンターがずらっと並び、いろんなお店や両替屋があって、予想していたより広くてにぎやかなところでした。トイレは有料、0.3リンギットですが。

タクシーカウンターがあるはずなので探します。

これが見つからなくてですね…。
ターミナルは国内線と国際線とでふたつに分かれてるるとか、事前に少し構造について情報はあったのですが…。建物がどうなってるのかわからんかったな~~。ぐるぐる同じとこを回っちゃいました。

こういう案内をやっと見つけて、Domestic Taxiてのを目指しますが…

        

なぜかなかなか見つからなかったんですよ…しょんぼり

        

結局どこにあるかといいますと。
このSelera Melakaってのが食べ物屋さんが並ぶフードコートでして、この先を行くと右にすぐサブウェイ、もう少し行くと左にセブンイレブンがあります。さらにずーっとまっすぐ進むと、

        

タクシーカウンターがあります! 外に出て右手です。いや15分くらい探してしまったどくろ

近くにいくとおじさんが声かけてくれました。片言の日本語で応対してくれて、ちょっと安心。
行き先のホテルについても印刷した地図を持っていたんですが、名前ですぐわかってくれたようです。ちなみにCourtyard @ Heeren Boutique Hotel。20リンギットとのこと。バス代と比べるとすごい高い(笑)。ちなみに帰りはホテルでタクシーを頼んだらGrabかUberを使ってくれたらしく、7リンギットでした。半分以下か~。

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村






最終更新日  2017.08.30 22:34:30
コメント(0) | コメントを書く
2017.08.29
カテゴリ:マレーシアに行く
クアラルンプールからマラッカに行きますよ。
マレーシアの長距離バスは、安くて日本にはないくらいの豪華バスだとのこと、ぜひ乗ってみたい!
てことで日本人に人気のKKKLのチケットを、ネット予約していったのですが…。

この予約サイト、今よく見たら保護されていないですね。

購入時にカード情報とか入力しちゃいましたが、実は私カードの不正利用が発覚しまして…。
イギリスでuber使ったり、オーストラリアでモバイル料金払ったりしてるそうなんですよ。
先日カードが急に使用不可になり、驚いていたらカード会社から不審なカード取引があると連絡がありまして。
不正利用分は請求されないとのことでありがたいのですが、新しい番号のカードが届くまでカードを使えないこと、メインカードなのでいろいろ毎月の支払いに登録しているので番号変更手続をしなきゃいけないのが面倒ですね。

カード情報がもれたのがここだとは限らないのですが、時期的にはマレーシアで使った分が怪しいですよね~。
日本もですが、マレーシアはあまり信頼できないとは聞いていたので、カードはできるだけ使わないようにしていたんですけど、オンラインは考えていなかったです。ばか。まあわかんないですけど。


さてさて、どうであれチケットは購入済みです。片道14.4リンギット、400円しないとかやっす!!

Raja Chulanのモノレール駅からKLセントラルでKLIAトランジットに乗り換え、1駅のBandar Tasik Selatan駅から接続しているTerminal Bersepadu Selatan(TBS)なるバスターミナルから出発です。

KTMコミューターで行くほうが安いでしょうが、KLIAトランジットのほうが早いかと思いました。
土曜の朝8:30で、30分前にはバスターミナルのカウンターでチェックインするようにとのこと。余りゆっくりはしていられません。

てことでオレンジペコゲストハウスを早朝チェックアウトし、7時前には駅にいましたが、モノレールはなかなか来なかったですね。
混雑するのに2両編成で狭いし、本数少ないし遅いし…使いにくい乗り物です。この時間帯人は少なかったので、狭い車両でスーツケースを持っていても、邪魔にはなりませんでしたが。
(帰国時に夕方ラッシュ時に乗ってしまったときはたいへんでした…失敗

ほんとにでっかいバスターミナルに到着しました。空港のような電子掲示板がばーんとあります。
カウンターがいっぱい…どこにいけばいいのやら。しばらく様子見を兼ねてターミナル内をぐるぐる。朝何も食べずにゲストハウスを出てきたので、なにか食べ物も調達せねばなりません。

        

BOARDING PASS右矢印てな案内を見つけたので、そのあたりのカウンターで印刷してきたチケット情報を見せたら、確認してチケットをくれました。
よく見たらメールには、ピックアップポイント「Terminal Bersepadu Selatan(TBS)Main Counter A/B/CD/E/F/GH」と書いてあったんですけどね。

        

緑色のアルファベットのカウンターが予約済み用、青い数字のカウンターがその場でチケット購入用のようです。青いカウンターはたくさんありました。クローズになっているカウンターも多くありましたが、ぜんぶ使う超繁忙期とかあるんですかね?


お店で安いけど具の貧しいサンドウィッチを買って食べ、トイレ(無料)を終えて(豪華バスでもトイレはなし、マラッカだと休憩もない)、下の階の乗り場に降りるエスカレーターへ。係員にチケットを見せないと降りられません。

乗り場が2,3個あって椅子がある待合所のようなところで待ちます。
なんか発車予定が出てるらしき電光掲示板に、私が乗る予定のマラッカ行のバスのことが書いていない気がして、ちょっと不安になってきたところにバスが到着しました。


係員さんのチケットを確認後、スーツケースをバスの下部の大型荷物置き場に自分で運んで、乗りこみます。
さすが土曜の朝、観光地行きのバスは満席でした。
しかし1-2列の余裕のある配置、ゆったりしてもたれかかると自動的にリクライニングになる座席は座り心地もとてもよかったです。帰りも同じKKKLのバスでしたが、ちょっと違うタイプだったようで、行きのバスのほうが座席は快適でした。

さすが土曜の朝、観光地行きの道路は混んでいました…。
2時間後、10時半頃マラッカ到着予定でしたが、11:45頃になったと思います。
車内はそれほど寒くもなく(薄手の長袖ははおっていました)、快適な座席でうとうとしてたりして、苦痛ではなかったですけども。

14時に予約していた、マジェスティックホテルのスパに間に合わなかったら困るなあ、てのは考えていました。←余裕で間に合いましたウィンク

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村






最終更新日  2017.08.29 23:06:26
コメント(0) | コメントを書く
2017.08.27
カテゴリ:マレーシアに行く

始めの2泊はクアラルンプールの繁華街・ブキッビンタンにあるOrange Pekoe Guesthouseを予約していました。
トリップアドバイザーで日本人の口コミがよかったんですね。
ちょっと広めのデラックスダブルルームにしてみました。1泊3500円くらい。

      

窓が大きいのがいいですね、明るくて。眺めはクソですが(笑)。裏通りっつーか。
見切れていますが机と椅子があって、書き物などもできます。

シャワーとトイレがまったく同じスペースにあり仕切りのようなものはなにもないので、シャワーを浴びると便器もすべてびっちょびちょになり、床には水が溜まります…。
ぬれてはいけないものは、前もって退避させておかねばなりません。

あるものはバスタオル、ボディーソープくらいかな。このレベルだとシャンプーとかは、置いてあっても正直使いませんが。


オレンジ色の珍しい外壁なので、近くまでくればこの建物だなってわかりやすいんですが、チェックイン前の最初の入り方がちょっとわかりませんでした。鍵のかかった鉄柵の扉の横にこーいうのがあるのですが↓

      

左側のを使って開けてもらうのかと思って、何度か青いベルの絵のボタンを押してみましたが反応なし。
困っていたら1Fのお店の人?がこっちだと黒いほうを押してくれました。ら、鍵があきました~。

左のほうはチェックイン後にもらうキーで開錠するときに使うんですね。数字ボタンの左側部分にキーを近づけると扉が開きます。

中から外に出るときは、扉の手前右側に出るときはここを押せってなスイッチがあるんですが、最初に出るときなぜか上手くいかなかったので、鉄柵の内側からこれにキーを近づけて開けてました。
でもチェックアウト後、キーをもう持っていない状態でスイッチを押したら明けられたので、最初のときはやり方が不味かったのかな…。

階段を上がって、2階から上がゲストハウスです。
入口に下駄箱が置いてあって、全員靴を脱ぐスタイル。裸足でぺたぺた歩いてました。
なのでゲストハウス内は古いけどとっても綺麗きらきら 掃除も行き届いているようでしたね。

朝10時くらいに着いたのですが、すぐチェックイン、お部屋は空いていたらしくすぐに通してもらえました。
スタッフさんは感じがいいです。まあ私は英語がクソなので、コミュニケーションとか必要最低限しかないんですけども(笑)。


立地はすごくいいです!
モノレールのRaja Chulan駅もBukit Bintang駅も徒歩圏内、クアラルンプールを走る無料バスのパープルラインの停留所も近いです。
スーツケースとかころころ転がす荷物がある場合は、歩道の舗装の状態や混雑度からいって、Raja Chulan駅で降りたほうが比較的楽でしょう。

アロー通りもパビリオンも近いです。私は最初道がわからず迷ったりして、距離感がつかめなかったのですが、わかるようになってからはここ本当に便利なところにある!と実感しました。

バナナしか食べなかったけど、セルフでかんたんな朝食(パンやシリアルなど)も食べられます。朝7:30には用意されていました。コーヒーや紅茶はいつでも飲めます。
フリーwifiは調子の悪い時もあったけど、だいたいつながりました。


これで1泊3000円代って、とってもお得でしょー!! 次回もここにしようかなと思ってます。今んとこ。


追記:思い出したんですが、シャワーのお湯がほぼ水でした。暑かったからクーラーの設定を下げてから入ったりしてそのまま済ませましたが 、なにか操作方法が悪かったのでしょうか…。


にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ

にほんブログ村







最終更新日  2017.08.27 23:10:08
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:マレーシアに行く
長く待たされましたがやっと順番が来て、指紋とられてイミグレを出て、預けていた荷物をとりにターンテーブルへ。
なんかどこのターンテーブルに行けばいいのか、表示が分かりにくかったです。
すでに全部荷物は吐き出されていたようで、すぐに自分のスーツケースを見つけられました。

トイレで適当に化粧をして歯を磨き、3000円リンギットに両替してオールドタウンホワイトコーヒーでカヤトーストを食べたら、8時くらいになっていました。
KILA2に着いた(着陸した)のが6時半くらいだったので、けっこう時間たっちゃってましたね。

これからKILAエクスプレスでKLセントラルに向かいます。

チケットは日本でネット予約購入済み。往復で100リンギットですが、なんか10%引で90リンギットでした。片道1200円ほど。マレーシアの公共交通機関は安いので、割り引かれてもすごい割高感ですな!

乗り場に向かいますが、何故か少し迷ってぐるぐる…。
ちゃんと案内の表示が出ているので、これは私があほなだけでした。

自動改札で印刷したチケットにあるQRコードをピッ。近くに係員の方がいて、どうすんのかな??的にチケットを持っていたら、手振りで教えてくれました。

列車は早いしきれいだしスーツケース置き場もあるし、快適でした。
30分くらいでKLセントラルに到着。ここはクアラルンプールに来る人ならまず最初に来るであろう、各交通網が通っているメイン駅です。

2泊予約しているOrange Pekoe Guesthouseに向かうため、KLセントラル駅から最寄りのRaja Chulan駅まではモノレールを使いますよ。

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村






最終更新日  2017.08.27 12:09:05
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:マレーシアに行く
8月9日。
23:45発のエアアジアに搭乗するため、2時間以上前に羽田に到着。カウンターに向かいましたがまだほとんど並んでおらず。
この時点で出発が遅れそうだと言われましたね、まあ仕様ですね…。

出国手続きなんかも混んでなくて、遅い時間だからかなあ。
予約していた化粧品を免税店で買ったりして、ぶらぶらしつつ搭乗口へ。遠いですね。エアアジアだしね。

機体が今到着したので出発準備が終わるまでしばらくお待ちください的アナウンスがあって、結局何分遅れたかな。それほどでもなかったような。早朝着だし、少しくらいは遅れてもおけおけ。

満席でしたが日本人は少ない様子。
後方の窓側にシートが3列から2列に減る箇所がありまして、その2列の通路側を指定していたので比較的余裕あり、でした。足元は。
何の予約もしていないので、当然飲物ひとつ出てきません。真夜中だし食事とかいりませんね、食べている方いましたが。
水のペットボトルを持ち込んでましたが、これも本当はNGなんですよねわからん 見逃されていますが…。

しかしエアアジア機内、すごく寒いんですけど!!
聞いていたけど、予想以上に、去年乗ったシンガポール-バリ便よりずっとずっと寒い…ほえー

もう寒すぎて眠れません!

東南アジアは冷房が強いので、冷房対策で薄手の長袖が必須!的な文をよく見ますが、これ薄手じゃ足りないでしょ。厚手のが必要でしょ。ひざ掛けもいるでしょ!
エアアジアでも毛布は売ってたり有料で借りたりできるそうですが、もうそれ頼むのも面倒くさいし…。エアアジアってどうやって客室乗務員呼ぶの、呼び出しのボタンなくない…? 深夜だし通路歩いていないよ、呼びに行くのか?

あああ。
結局少ししか眠れませんでした。次回に向けて教訓とします…。

KLIA2に到着して、入国審査までまた遠かったですね(笑)。イミグレも混んでいて長い行列でした。
フリーでwifiつながるので、待っている間スマホいじってました。

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村






最終更新日  2017.08.27 10:46:02
コメント(0) | コメントを書く
2017.08.26
カテゴリ:マレーシアに行く
去年シンガポールに行ってなかなかよかったので、また来ようと思ったのです。
てことでいろいろ検討していたら、お隣マレーシアにバスで格安で行けることがわかりました。
シンガポールとマレーシア、両方行くってのも面白そうだな~スマイル

でもブログやらでその体験談を読んでみると、バスでの「国境越え」はけっこうハードル高いかのように思えました。

出国&入国審査ではそれぞれいったんバスを降りイミグレに向かい、審査を終えてから先行して待機しているバスに戻るわけですが、バスは一定の時間以上は待っていてくれないとか…。

混んでいて時間がかかったりすると
、どんな事情であれ戻っていない客がいようが出発してしまう! 




ええええ…!? 

もし万が一、置いていかれたらどうしよう!? 
次に来る同じ会社の?バスに乗れるらしい?けど、満席だったらどうすんだよ。
英語力のない私に、異国の地でそんな逆境を乗り越える自信はまったくないしょんぼり 却下だ却下。


しかしここまでマレーシアについてもけっこう調べていて、すっかり行く気になっていたのでした。
2017の夏の旅行はマレーシアに決定なのです

できればJALのマイルを使って航空券を取りたかったのですが、申込みできる330日前の時点で往復にはマイルが足りない。でも片道なら取れるからそうしよう。

少ない休みでできるだけ現地にいる時間を多くとりたい私は深夜便が好きです。

てことで行きは羽田から深夜出発のエアアジアでクアラルンプール(KLIA2)へ、帰りは23時頃KILAから成田に向かう飛行機を使うことにしました。

エアアジアは去年シンガポールとバリ往復時に使ったのだけど、バリ→シンガポールで数日前に時間変更(何時間か遅くなった)とかいうメールがきて予定が狂ったのであんまりいい印象はない。
でも安いものね…。さてさて。

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村K






最終更新日  2017.08.27 10:45:27
コメント(0) | コメントを書く
2015.01.08
カテゴリ:カテゴリ未分類

食べ終わり駅に向かおうとして、最初からどっちの道から来たのかわからなくなり迷う。行きに問題なくても帰り方わからない、あるある…。そうならないよう注意して記憶しておくべきなのに、よく忘れる。

同じく駅に向かうらしきお客さんを尾行し、事なきを得た。次の目的の駅ではスイカが使えないはずなので、切符を買ってホームへ。

電車の来る時間までけっこうある。ぼんやり周りを眺めていると、なんかこれ降車時にスイカタッチするための機械じゃないの、的なものが見える。近寄って確認すると、まさしくそうであった。遅ればせながらタッチすると、無事に高松駅からここまで来たときの運賃が引き落とされた。よかったよかった。
しかしあんなホームの中ほどあたりに置かれても、知らなきゃわからない!出口に向かうとき必ず目に付く場所に設置していただきたい…。


さて金蔵寺駅に到着。目指すのは釜揚げで有名な「長田in香の香」。ここも二回目。続く。



にほんブログ村







最終更新日  2015.01.09 00:04:54
コメント(0) | コメントを書く

全620件 (620件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 62 >


© Rakuten Group, Inc.