363887 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ひねもすのったのた

2011.08.25
XML

バリ島から羽田に帰る途中、トランジットでシンガポールに泊まって1日滞在しました。
シンガポールは初めて何も知らず、どう過ごせば良いか考えてみて、宿泊するホテルのあるチャイナタウン付近で、何はともあれ「食べる!」ことにしました。

シンガポールのチャイナタウンは狭くて、モスクがあったりしてよくわからん(笑)。
晩ご飯に食べたのが、雑然としたチャイナタウンでもいっそう混沌とした様子の「チャイナタウン・コンプレックス」にある「Lian He Ben Ji Claypot Rice」の、クレイポット・ライス。

       どこにあるやら

この辺りで営業していた屋台を集めたという広い広いホーカーズ(フードコート)は、まるで迷路のよう…。

夕方行ったらとても混んでいて、空いているテーブルもないようだったので、9時過ぎに出直しました。
しかし最初に見つけたときも次に行ったときも、店がなかなか見つからずにホーカーズ内をぐるぐるぐるしちまった…。(><)

ミックスのいちばん小さいの($5)をと、おばちゃんに告げる。20分くらい待つと言われる。OKOK、ここは生米から炊くのでそれくらいかかると地球の歩き方にも書いてあります。
配膳や片付けを担当しているらしきおじちゃんが、テーブルはどこかと聞くので、空いてるとこを適当に指し示したら、調味料を持ってきてくれた。

       らいむ

10分くらいたったところで、近所のお店でライムジュースを購入。小さいけどライムがいっぱい入ってていい感じ~。日本人かと聞かれ、アリガトウゴザイマスと言われましたw

さらに10分ほど待って、クレイポット・ライスの到着!

       さいしょ

…え~、確か醤油だれと香味油をかけて、ぐちゃぐちゃにかき混ぜるんだよな…と思っていたら、おばちゃんがやってきて、やってくれちゃいました☆ ありがとう!

       まぜる

かき混ぜる前に鶏肉や中華ソーセージなどの具は、別の皿に取り分けておきます。
そしてお皿にご飯と具をよそって、いっただきます♪

       よそう

美味しいです…。チキンもソーセージもご飯も。味が染みてて、お焦げもうみゃーい。


夜もけっこう遅くて、他のまだ片付けられていないテーブルにはたっくさんビール瓶が寄集められていたりして、怖いってほどじゃないけど日本じゃありえないチャイナタウン・コンプレックスの雰囲気の中食べる、シンガポールならでは(広東のものだそうだけど)のお食事…。

堪能いたしました。


にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
 にほんブログ村







最終更新日  2011.08.27 18:07:20
コメント(0) | コメントを書く
[シンガポールにいく] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.