000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ひねもすのったのた

全35件 (35件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

バリ島にいく

2012.02.28
XML
カテゴリ:バリ島にいく

間が空いちゃいましたが、 Ubud Lestariの朝ご飯のご紹介をば。

ここの朝食メニューは、Jaffle(ホットサンド)、Toast、Pancakeのどれか、+フルーツサラダ+飲み物です。
お部屋にメニューが置いてあって、朝7時から11時の間にフロントに食べたいものを言いに行きます。電話はないのでね。

       ほっとさんど

まずはホットサンド。飲み物はバリコーヒー、ミルクコーヒー、ジンジャーティー、来茶から選べます。写真は確かジンジャーティー。紅茶に生姜がごろんと入ってましたね☆

       たまごさんど

具もトマトと卵、トマトとチーズ、バナナ、チーズと卵から選べます。卵とチーズだよねこれは。←うろ覚え…

       ふるーつ

キレーに盛り付けてくれますね~。

       パンケーキ

これはパンケーキ。具はバナナかパイナップルから選択。
一般的なバリの丸くて平たいパンケーキと違って、包むタイプなんですよね。

       オムレツ

これはトースト。卵料理は目玉焼きか炒り卵かオムレツから選ぶ。これはオムレツなんだけど…うーむ。ハムとか野菜とか小さく刻んだのが入ってたなー確か。


量は少ないんですねやっぱ。
でも外で食べたいもん、いっぱいありますからねー。これくらいでちょうどいい感じかな。

テラスでプールや田んぼ見ながら食べてると、ホント幸せだーと思いますね。バリに来ていちばん、嬉しい瞬間かもしれないにゃあと。


にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村







最終更新日  2012.02.28 21:37:39
コメント(0) | コメントを書く


2012.02.19
カテゴリ:バリ島にいく

kamar MELATIという名のお部屋話の続きです。

ドアを開けて部屋に入り、右手にあるデイベッド。トレイにカップ乗せて、お茶しつつ本読んだりぼけーとしたり。
           
       かうち    

天蓋付きのベッド。やっぱりバリ来たらこれでないと!

       べっど

年季を感じるポットだけど、毎日お湯を用意してくれます。バリコピと紅茶のティーバッグ。

       otya

テラスに出ますよ。基本朝食はこちらでいただきます。右手の田んぼが小さくても嬉しい。

       てらす

テラス正面はプール。泳いでみたけど端以外足が着かないので、ちゃんと泳がないと慌てるw 手前部分は子供用か、浅い。

       ぷーる

洗面と、奥はバスタブ。シャワーのスペースが別にあるのが良いです。洗面の裏側はトイレ。
シャワーもトイレも壁なしだけど、ひとりだし問題なし。(複数でも洗面横のドアを閉めればよし)

       せんめん

こーゆー小さくて丸い洗面て、かわいいけど使い勝手はよくはないね…。水沫が飛び散る。

       huro

明るいバスルームだけど、向こうに建物があるので、さすがに開けっぱなしではお風呂に入れなーいw 人はほとんど見かけなかったけど。

       monooki

スーツケース2個は置けるでしょ。左下は冷蔵庫。右にセイフティボックス。その向こうはハンガーかけるスペースです。収納力は充分じゃないでしょうか。

次は朝食のことを。


にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村







最終更新日  2012.02.19 11:51:13
コメント(0) | コメントを書く
2012.02.18
カテゴリ:バリ島にいく

思い出したよーに昨夏のバリ島旅行の話です。今回は泊まったところについて。

ウブドの「Ubud Lestari」に3泊しました。
日本人の奥さんが経営されてるバンガローとして、けっこう有名。隣の敷地にお住まいと聞けば何かあったときは安心かなと思うし、スタッフにも日本語がある程度通じるので、(わしのよーなへたれには…)らくちんなお宿です♪ 

場所もモンキーフォレストで便利。ま通りからは、このよーな細ーい道をかなーり奥まで行かなければならんのですが…。

       hosomiti

泊まるの二度目なんだけど、もう何年も前で記憶が…。ここまで奥のほうだっけ…?

ずいぶん変わってはいます。当時は4室しかなく、かなりこじんまりしていたんだけど、プールやスイート棟が出来、敷地は奥へ奥へと延びて広くなりましたね。

予約したのも新しい「kamar MELATI」というお部屋。ひとりだと一泊Rp.500,000。二人三人なら、ずっと割安なお値段で泊まれます。

       このおく

プールの向こうの建物の二階。裏側に階段があります。

       いりぐちまえ

階段を昇ったとこ。田んぼがいい! なくならないでいて欲しいなあ…。

       ドアの反対側

入り口の扉を室内から見たところ。

…ドアを開けるとこんな!的写真がないのが悔やまれます(笑)。
かなり広くて、窓もたくさんあってテラスもあって、明るいお部屋なんですよー。続く。


にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村







最終更新日  2012.02.18 08:36:46
コメント(0) | コメントを書く
2012.02.07
カテゴリ:バリ島にいく

楽天写真館使いにくい! 写真をブログにアップするだけで疲れるよもう~。(><)


…気を取り直して。

バリです。昨年の夏のバリ島ねたの続き。ウブドの渓谷沿いの高級ヴィラ「VICEROY BALI」のメインダイニング、よくガイドブックにも載ってる「カスケード」でランチをいただきました。

まーこんな高級っぽいとこ、フツウひとりでは気後れしちゃうんだけど…。
ルンバ・スパでのスパメニューとカスケードでのランチを組み合わせた送迎付きのプランを見つけたので、申し込んでみたのです。スパのあとにランチという流れです。


Set Lunch Menu、まずはパンとバターと、チーズをオリーブオイルで浸したもの。
 
        DSC03216_SP0000.JPG

これ美味しかったー! チーズをたっぷりパンに付けたら濃厚で、良かったなー。

        DSC03217_SP0000.JPG

ズッキーニの花。これは珍しいものをいただいて…。カレー味だったかな…。

ちなみに前菜・メイン・デザートのセットですが、それぞれ2種類の中から選びます。

        DSC03218_SP0000.JPG

ちなみに店内の様子。バリっぽいオープンエアー。
人が写らないように撮っているけど、確か私の他に二組くらいしかいなかったかと。

        DSC03219_SP0000.JPG

鴨の骨付きもも肉。これ下に色々敷いてありますね…。(忘れました…)

        DSC03221_SP0000.JPG

カプチーノ、ストロベリークレープの赤ワインソースとバニラアイス。

        DSC03222_SP0000.JPG

雰囲気はいいので、やっぱり特別な気分になりますね☆
いちばん印象に残ったのは、パンについてきたチーズのオリーブオイル漬けだけど…(笑)。


にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
 にほんブログ村







最終更新日  2012.02.07 21:48:02
コメント(0) | コメントを書く
2012.01.11
カテゴリ:バリ島にいく

ウブドでスペアリブといえば「Nuri's Warung」が美味しいと評判で、いつ通りがかっても混んでいて相席当然てなもんで、とてもひとりで入るような店ではない…。

少し先にある同じ経営だというメキシコ料理の店、「Nacho Mama」でもおんなじスペアリブが食べられるけど、こっちのほうが空いていると聞いて行ってみました。

       店内

晩ご飯にはまだまだ早、い中途半端な時間なのでガラガラ~。
お肉を店先でじゅーじゅー焼いて、お店にお客さんを誘います…。いい匂いだー。

       おねえさん

さて、↑で焼いていたお肉が私のところへ到着。

       にく

甘辛ソースにつけたりしていただきます。
大きさですが、でかいでかいと聞いていたけどそれほどでもない。Nuri'sは違うのか?
これくらいならぺろっと食べられますねー。

味は…。うーん美味しかったけど…うーん、そんなに流行るほどだろうかというね。Nuri'sじゃないからですか?w

お値段は覚えていないんだけど、高かった気がしたなーバリにしては…。
しかも肉だけだもん。ライムの切れ端のってるだけ! 付け合わせなんにもなしですかw (写真ないですが別に野菜炒めみたいなのをもう一品注文しています)

もっと安かったらまた行きますってぐらいかなあ…。


にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村






最終更新日  2012.01.12 00:38:09
コメント(0) | コメントを書く
2012.01.07
カテゴリ:バリ島にいく

ナシチャンプル、もういっこいっときます。Asian Prophecyのすぐそば、Pak Sedanです。 

       ぱせだん

ここもよく名前を聞く店ですねー。
WARUNG MAKAN TEGES同様、基本ローカル向けのお店ですがキレイです。といっても潔癖症の人には駄目かもですが、バリだから。

バリって虫がまったく駄目な人にはキビシイところでしょーね…。
私も得意ではないけど慣れちゃって、日本でも食事どきにハエが飛んできたって気にしなくなりましたw 慌てて追っ払おうとする家の者を尻目に、悠然と食っちゃいます。

       なしちゃん

ところでここのナシチャンプルについては、あまり印象がにゃいです…。こう、写真を見ても思い出すものがなく…。
前日に食べたTEGESが好みだったからなー! 「TEGESのほうが好き」以上、スミマセーン。


にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
  にほんブログ村 







最終更新日  2012.01.07 23:55:08
コメント(0) | コメントを書く
2012.01.06
カテゴリ:バリ島にいく

バリ島の話でも書こうかと…。去年の夏の話ですが。
手元に参考資料もなく(持参した地球の歩き方は図書館で借りたw)、記憶もぜんぜんないけど(死)。


WARUNG MAKAN TEGES、有名なナシチャンプル屋さんです。ウブドからマスへ向かう途中にあるらしい。地理がよくわからない…。
モンキーフォレストに泊まってたから、歩いて行ったけどけっこう遠いです。 

       みせがまえ

しかし頑張った甲斐ありましたね。今までバリで食べたナシチャンプルのうちで、いちばん美味かったっす! 辛さがちょうどいい感じ。適度にぴりぴり♪

       からうま

豚肉と鶏肉と両方入り~。かたっぽだけにも出来るらしい。イネ語が出来ればもっとあれこれと注文できるんでしょーね。でもお任せでも充分ですよ。

お値段は多分Rp.15,000。←ググった 絶対また行きたいお店です。そんな店ばっかでもうw 世界が広がらない!


にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
 にほんブログ村







最終更新日  2012.01.06 21:36:55
コメント(0) | コメントを書く
2011.09.18
カテゴリ:バリ島にいく

8月にバリ島旅行で泊まったウブドはサンギンガンのホテルの、すぐ近くにあったカフェ「West End Cafe」。
地球の歩き方によるとホテルを出て右行ってすぐにあるはずが、...ない。左に行ったらありましたよ。地図は正確にお願いします...。

       あった

こちらで食べたかったのはアフタンーンティーです。
バリでアフタヌーンティーといえば、バリのお菓子にバリコピや紅茶ってのが一般的だと思うけど、ここは英国式なんですねー。初めて聞いたな私は。

       てんない

店を見つけたときは店先のテラスにお客さんがいたけど、しばらくして私が入ったときは誰もいない。
サンギンガンは最近しゃれたお店が出来たりで発展してきたと聞くけど、人少ないんだよな…。静かでのんびりできていいけど、経営的に大丈夫なんですかって心配になる。

さてメニューによると、アフタヌーンティーはひとり分だと「Tea For Me!」という名でRp.70,000。ふたり分だとRp.130,000とちょっと安い。

       おまちかね

ぴんくでまとまっててかわいらしい。冷たいおしぼりは嬉しい。

       おちゃ

何種類かから選べる紅茶が、ポットで来ました。たくさん飲める。

       きたきた

三段重ねのお皿来ました!

       つまみ

おつまみ系のお皿。凝っているわけではないけど、それなりで美味しい。

       すこーん

スコーンのお皿。苺のジャムがとろとろで美味しくって、スコーン食べちゃってもジャムだけ舐めつくしてしまった(笑)。

       けーき

ケーキのお皿。凝っているわけじゃないけどw、それなりで美味しい。

いちどに色んなお菓子を食べられるのが、アフタヌーンティーの魅惑的なところ。ウブドの街中ならこれで充分ですよー。
まったりお茶出来るし、近くに泊まったらまた行っちゃうだろうな。


にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
 にほんブログ村






最終更新日  2011.09.19 09:50:49
コメント(0) | コメントを書く
2010.11.14
カテゴリ:バリ島にいく

バリ島では日本人女性が社長さんをやっているという「BALI HOTEL BOOK 」さんに、ホテル予約から送迎、ツアーとお世話になりました。m(__)m

10/31に書いた「ムルタ・サリ」も、こちらの半日バリ東部観光ツアー利用で行ったもの。
一人だから70$と高くつくものの、独力ではなかなか行くにくいところばかり行けたので、参加して良かったと思いますね。以下、こんな感じでした。


☆ホテルにお出迎え(朝9時にカキアン・バンガローまで)
 ↓

☆ブキッ・ジャンブル(景色のよい写真撮影ポイント)


   絶景1

   絶景レストラン

 ↓

☆マハギリで休憩(絶景レストラン)

   少々残念

絶景レストランではなんも飲み食いせず。景色は確かに素晴らしいのだけど、残念ながら田んぼが稲刈りあと! 多毛作のバリではこれは時期を狙えるもんではないので、仕方ない。(;^ω^)
宿泊施設もあって、部屋を見せてもらった。新しくて綺麗だけど、泊まるには場所が寂し過ぎるなぁ…。徒歩圏ではどこも行くとこないのでは。
お籠りするにも、う~ん一泊くらいならなんとか…のんびりできていいかなぁ?

 ↓

☆クサンバ(天然塩の購入。塩田の見学)

   塩田

砂浜で昔ながらの方法で塩つくってるのを見られます。海から海水をくみ上げて運んで、なんてのはもっと朝早くやっているそーです。

   塩つくり

端っこから乾いてた塩が出来上がりつつある様子。
家族でやってらっしゃるようで、子供たちがはろーはろーと声かけて来てくれてかわうい。みんなで一緒に写真を撮りました☆

こちらでは塩を1kg購入、値段は忘れたけどすっげ安かった。そしてかなりかさばるw

余談。実はこのツアーのあと「アジアン・プロフェシー」というウブドのスパに行ったのだけど、キャリーケース(スパ後に空港まで送ってもらう予定なので持ってった)に袋に入った塩を詰めていたら、そのままじゃ空港で止められるからと箱詰めにしてくれました。ありがとう!

 ↓

☆昼食(下記3ヶ所から選択)
  *ブルー・ラグーン("海の家"が2軒あります) 
  *アマンキラ(セット・メニューがあります)
  *ムルタ・サリ(魚のサテとつみれのスープを出すローカル・ワルン)

 ↓

SENSATIA(人気のナチュラル・ソープの本舗)

いちばんの目的がここ!評判が高いけど、石鹸はもとよりフェイス用プロダクツなんて、なかなか街中じゃ手に入れにくいのですよね…。
ここはおそらく、すべての商品が、いくらかお安く手に入れられる嬉しいところ♪ 日本からHP購入、なんてのよりはずーっと安い!
工場内の保管庫のよーな一室に、商品がずらずら並べられてます。その様子の写真は、ピンボケしてしまったのでなしw、
日本でどれを買うかだいたいリストアップしていたとはいえ、選ぶのに時間がかかり、案内してくれたここのスタッフのお兄ちゃんにもガイドさんにもずーっと待ってもらって、ちょっと心苦しい(笑)。

   おいしそう!(?)

石鹸はミニサイズをあるの全種、フェイシャルものなどたくさん買いました。
石鹸はホントにいい!バリでは色々買ったけど、今まででここがいちばんかと。フェイシャルものも徐々に使ってるけど、私は割と敏感肌なのだけど問題なく、調子はいいです。


このあとはチャンディダサの海岸を見て、ウブドへ戻るという流れ。

途中チュルクで銀細工屋さんに寄った。以前別の会社のツアーでも思ったんだけど、ここの工房のお店はちっとも安くないんでないかい?なんとなく買っちゃうんだけどさぁ…。


 
 pirosuke13をフォローしましょう
 σ*ゝω・)σ*:..。o○☆WёLCOмё*:..。o○☆







最終更新日  2010.11.14 19:18:17
コメント(0) | コメントを書く
2010.10.31
カテゴリ:バリ島にいく

バリ島東部をまわるツアーに参加したとき、お昼を食べたところ。「ムルタ・サリ」、美味しいサテで観光客にも有名な、ローカルワルンです。
車で連れてって貰ったので、場所はわかんねー(笑)。

こんな店先。写ってないけど左手でお兄さんたちがサテを焼いてて、その煙がたまらんわ~。

       こんな店先

店の中はこんな感じ。いかにもローカル!この台に座りこんで、台の上に置かれた飯を食う、という。観光地のレストランじゃあ、ありえんスタイル。
人があまりいないけど、まだ昼時には早かったからで、どんどん混んできて満席状態になっていた。バリの人も外人も来てました。

       中はこんな

ガイドさんが飲み物だけ頼んでくれて(ていうか持ってきてくれて)、余所に食べに行ってしまったのだけど、てっきりご飯のほうも頼んでくれていたと思いきやそうではなかったようで、待ちぼうけw

自分でそのへん忙しそうに回ってるお姉さんに、ひとりぶん!と一本指立てて、持ってきてくれるようお願いした。メニューはひとつしかないのは知っていたので、それでよいのだ。

   きた!

少し待って来たのは、これ↑とこれ↓。白飯、ピーナッツ、生サンバル、スープ、魚のサテにペペス。
これらを個別に食ったり混ぜたりで、好きなように食います。
おかず類が美味くって、ご飯が進む進む♪ サテやペペスはしっかりお魚の味がする~。

       さて

このスープがめっさ美味いの!(≧w≦) 
スープだけでもよし、ご飯と一緒に食べてもよし。+生サンバルだと、口の中が燃える(笑)。しかし食うのは止められない~という。
全部美味しかったけど、このスープがいちばん気にいったかな。

       しる

私は言葉もわからないし、へたれた観光客なので、連れて行ってもらわなきゃこーゆーとこに行きつくことも出来ません。
だけどローカル仕様はけっこう平気。この店は蠅がすっごい!でも気にしません。気になる人には絶対無理。店の奥にあるトイレも、もちろんバリスタイル。

お値段は忘れちゃった。けどローカルなんだからそんなに高いはずなし。


まあこの東部観光ツアー、ひとりで車をチャーターするのと同じなので、けっこうお金かかってる。
でも他に行ったところも含めて後悔なし。東部はまだまだ行く価値のあるところもあるみたいなので、また行きたいなと思ってるのです。そのときはぜひ、この店にもまた!


   
 |ω・*)チラッ ≡ヾ(*・ω・*)ノ゙トゥジョゥ♪







最終更新日  2010.10.31 22:43:33
コメント(0) | コメントを書く

全35件 (35件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


© Rakuten Group, Inc.