000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ひねもすのったのた

全6件 (6件中 1-6件目)

1

四国に行く

2015.01.05
XML
カテゴリ:四国に行く

香川県では年越しそばならぬ年越しうどんを食べるというニュースで取材されていたのが、その三で書いた「さか枝」だった。すでに懐かしい。
やばい忘れかけている…前回の日記から二週間もあいてしまった。大丈夫だろうか。あけましておめでとうございます。


二軒目のうどん屋「がもう」に行くのは、前回に続き二回目。前は着いたときすでにかなりの行列で、1時間以上並んだ気がする。来るのが遅かったせいだろう。8時半開店だが、今回は8:40くらいには着くはず。
前回と違う経路を歩いたのだが、今回のほうがびっくりするくらい早く着いた。なんだったんだ前回。
下調べでは目印とされていたローソンがうどん屋になっていて少々戸惑うが、迷うことなく到着。

よっしゃ並んでない!
しかし店内はもうちょっとで満席、店の外で食べている人もちらほらいる。この店は田舎の風景見ながらうどんすするのが醍醐味、ってどっかで見た。

あったかいのの小に油揚げトッピング。あったかい出汁をでかい鍋から自分で注ぐ。いわゆるあつあつ。ちなみに今回の食べ歩きでは、うどんの食べ方がかぶらないようにするという自分ルールを設けていたりする。

空いた席に座り食す。写真を撮らなかったので前撮ったのを。同じくあつあつだったはず、…たぶん。

 DSC02405 (640x480).jpg

んんん、前回のような感動はないかなあ。あまい油揚げは変わらず美味しいんだけど。
うってから時間たってるとか、タイミングの問題?普通に美味しいんだけど、普通なような。田園風景を調味料に、外で食べたほうがよかったかもしれない。続く。



にほんブログ村







最終更新日  2015.01.05 21:06:56
コメント(0) | コメントを書く


2014.12.20
カテゴリ:四国に行く

高松駅までは歩いて10分ちょっと。この駅は私の地元では見かけない、頭端式ホーム。ヨーロッパの駅みたいでちょっとかっこい~。このタイプ初めて見たのがローマのテルミニ駅だから、その印象が強いのだ。

 高松駅 最少

ところで以前来たときは使えなかったSuicaが使えるようになったそうだけど、使用可能範囲がめっちゃ狭い。使わないほうが面倒でない気もしたけど、今は電車の発車時刻が迫っている。最初に降りる駅までは使えることを確認済みだったので、自動改札にタッチして入場。

二両編成である。ドアをボタンを押さないと開かない。車掌さんが車内アナウンスでずっとしゃべってて忙しそう。次の駅の案内ドアはボタン押して開けろ切符はホームで(自分が)回収する(無人駅だから)、などなど。ううローカルモード素敵ですね。香川は前回乗ったことでんも、風情あってよかった。

鴨川駅で降りる。駅舎から出ようとして、Suicaをタッチすべきものがないので戸惑う。自動改札はなく、あるのは入場時用の機械のみ。退場のときは?? まったくわからないが、無人駅で聞ける人もいない。連絡用の電話番号が書いてあったけど、面倒くさいこういうものなのかなとつい思っちゃったので、まあいいやとそのまま出てしまう。

多分ぜんぜんよくはない。次に使うときに面倒なことになりそうだとは思いつつ、向かうのは「がもう」。続く。



にほんブログ村







最終更新日  2014.12.20 22:34:01
コメント(0) | コメントを書く
2014.12.18
カテゴリ:四国に行く

ホテルに戻ったのは7時前。朝食は6:45からなのでもう始まっているはず。部屋に戻り朝食券を持って会場に向かった。

うどん食ったばっかだけど、この高松滞在中うどんの他は甘いものしか食べる予定がないのだ。それはどうだろうというのと、楽天に朝食のないプランがなかったということ、このホテルは朝食にかなり力を入れているらしいので、少しは食べておこうという算段である。

ウリのひとつにするだけあって、品揃えはビジネスホテルにしてはなかなかだと思う。
自分でゆがくうどん(さすがに食べなかったw)や醤油豆という地元の名物、フレンチトーストやサンドウィッチ、オムレツや目玉焼きはその場で作っているし、3種類の和食のお惣菜は次の日は違うものだった。焼き魚の切り身は鮭と鯖両方あった。土日祝はカレーもある。

…軽くすませるつもありががっつり食べてしまった。いろいろあると試したくなるんだよー! お味はまあまあ。


いったん部屋に戻ってすぐに出発の準備。一日目はJRで予讃線沿線の店を回るつもり。続く。



にほんブログ村







最終更新日  2014.12.18 23:14:32
コメント(0) | コメントを書く
2014.12.17
カテゴリ:四国に行く

けっこう書いてあったのに、突然PC固まって文章消えた。激萎え。
このPC買ったときからすっごい使いにくくて大っ嫌いなんだけど、PCのせいなのWindows8のせいなの…。


店の扉を開けると先客は5、6名だろうか。皆さん地元の人のようだ。
ここはセルフスタイルで、麺の入った丼を受け取り、自分でゆがいて出汁をかけて完成させると聞いていた。しかし私は冷たくしまった麺のほうが好きなので、ゆがくのは省略するつもりでいた。

しかし注文口でえっととか言いよどむ私に、おっちゃんはすぐさま慣れていないと看破しらたしく、「あったかいの、冷たいの?」と聞いてきた。
「冷たいの」というと麺の入った丼を渡され、200円と言われる。ぶっかけの小の値段だ。出汁もすでに入っている。

よくわからんが、冷たい麺=ぶっかけということになるのだろうか。ぶっかけとかけの区別もいまいちな素人には難しい。ぶっかけの出汁のほうが、濃いものらしいのだが。

かけの出汁はタンクみたいなのから蛇口をひねると出汁が出てくるというもので、ソレやってみたかったしこの店の出汁は美味しいと聞いていたから、ちょっと残念だったのだけどまあいいか。

天ぷらもひとつ頼む。どれでも80円、並べられた種々の天ぷらから、ちくわを取る。でっかい…w

ぶっかけ+ちくわ天は素敵に美味しかった。久しぶりの香川のうどん、やはり違う。
そしてまさかの写真なし。美味しさを表現する語彙力もないくせに、なんという暴挙。あわわ。

TVでは天気予報をやっていた。今日も明日も寒いそうだが、うどんのためにがんばる所存。



にほんブログ村







最終更新日  2014.12.17 22:47:50
コメント(0) | コメントを書く
2014.12.16
カテゴリ:四国に行く

すっごい寒くて手がかじかむ。PCに向かうのも辛い。ストーブ付けているのに…!


でも続き。金土と二泊したのは「ホテル川六 エルステージ」。高松でいちばんの繁華街にあって、JR、ことでんの駅に歩いていける便利な立地、楽天口コミの高評価、料金を検討して決めた。空港リムジンバスの停留所にも近い。

本館と禁煙館とエルステージ館に分かれていて、1Fで全部つながっている。朝食会場や大浴場は本館にある。私が予約したのはエルステージ館、禁煙階のシングル。22時半頃に到着してチェックイン。

女子だけ、用意されているアメニティから好きなもの5つ選べる。入浴剤や洗顔料、化粧水乳液、身体を洗う使い捨てのスポンジ等々。二泊目も改めてもらえたし、これなら基礎化粧品持参しなくてもいいくらい充実。

部屋はいたって普通のビジネスホテル。狭いけどひとりだし、でかいスーツケースがあるとかでなきゃ充分。無線LANはないと死ぬ。快適につながり安心。お掃除もきちんと行き届いている。ユニットバスは狭苦しいけど、まあお風呂入らないしいいや。

二か所ある大浴場は、偶数日と奇数日で男女入替制。1時まで入れるのでさっそく行ってみる。
室内着で館内移動OKとのことだけど、他の館ならともかく私の部屋から行く場合は、必ずフロント前を通らなければならないので、きゃ恥ずかしい☆ いや無理。

この日女風呂だったほうのお風呂のほうが、雰囲気があっていい感じ。翌日入ったもうひとつのお風呂のほうは、明るくて一般の銭湯みたい。ひとり用の小さな露天風呂があってちょっとよかったけども。しかし久しぶりの足を延ばせるお風呂は嬉しい。

うどん県のうどん屋は朝6時からやっているところもある。5:20にアラームをセットして早めに休む。


目が覚めるもだらだらしてたら、ホテルを出るのが6時ちょい前くらいになってしまった。一発目は県庁近くの「さか枝」。

冬の朝は当然まだ暗いので、少々遠回りになってもわかりやすい大きな通りからまわっていった。まだ目覚めていない街、一点明るく光り人を呼ぶのはうどん屋。香川ならではである。続く。



にほんブログ村







最終更新日  2014.12.16 20:41:04
コメント(0) | コメントを書く
2014.12.15
カテゴリ:四国に行く

ためているJALマイルの一部が有効期限切れ間近になったので、特典旅行で小旅行に出ることにした。さてどこに行くか。

ちょうど交換に必要なマイルが通常より少なくてすむ期間だけど、この季節飛行機が飛ばない可能性の高まる北は避けたい。クソ寒いしね。
関西は私にとっては夜行バスで行くところだ。夜行バスでは行く気になれない、ちょっと遠いところへ行こう。しかし未知の地に行くためにいろいろ調べるのは、今は面倒くさいしうどん食べたい。

うどん県を再訪することにした。前に行ったのは2013年の2月で、2年近く前。

初めて食べた香川のうどんは、そりゃもう衝撃的に美味かった。
もう一度食べたいうどん屋、行けなかったうどん屋、欲望を満たすためにまた来るぞうどん県と当時誓ったのを、唐突に思い出したのである。


金曜日、定時で会社を出て羽田へ直行。予約したのは高松行の最終便。

香川のうどん屋は早朝から開いていたりうどんが切れたら店仕舞だったり、14時には閉店だったり日曜は休日だったりで、週末しか行けない場合、土曜の午前中というのは有効に使うべき大事な時間なのだ。すなわち前乗りは当然だろう。

空弁て食べたことなかった。
なんかのランキングで上位だった気がする「ヨネスケのこだわり天むす」を購入。680円。5つの違う味の天むすが食べられて面白かったけど、小さいし高い(笑)。そんながっつり食べたかったわけでないので量はいいのだけど、割高に感じる。まあ空港だしな。

窓から美しい夜の空港の景色を眺めつつ、iPadをいじる。

時間が来て搭乗。機内サービスはドリンクのみ、JALオリジナルのスカイタイムをもらう。さわやかで美味しい。飛行機なら高松まではあっという間だ。

高松空港からはリムジンバスで市街地へ向かう。ホテル最寄りのバス停まで750円、券売機ではWAONが使えた。到着する飛行機に合わせてバスを運行しているので、すでにバスは待機しているしたいして待たずに出発。

一般道路に出ていきなり驚いた。セブンイレブンがあるじゃナァイ!!

いや2年前にはなかったのだ。
私はセブンイレブンで24時間手数料無料で引出しできるATMをいつも利用していた。国内なら旅に出たところで、どこにでもあるオレンジと緑のコンビニに行けばいい。そう思っていたので、財布にはたいして用意せずに旅立った。
着いてみてびっくり、ぜんぜん見当たらない。台北にもバンコクにもあるのに高松にはない、あるのはファミマやローソンばかり。ここはホントに日本なのか?
ちょっと焦ったけど、現金を使うのは電車代とうどん代くらいなので、その程度は事足りた。

あとから知ったが、四国は当時セブンイレブン未上陸の地だったのだ。
その後2013年3月に初出店している。私の行ったすぐあとだ。
今回の高松では、セブンイレブンは普通にちょこちょこ見かけた。2年の月日を一番感じたのはこのことである。続く。



にほんブログ村







最終更新日  2014.12.15 21:31:42
コメント(0) | コメントを書く

全6件 (6件中 1-6件目)

1


© Rakuten Group, Inc.