367714 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

鳥インフルエンザについて・・・

☆間違った知識だけで、安易な行動や言動で、鳥たちを、飼い主を、傷つけないで・・・☆
niwaniwa


ここから下の文章は、私のバイブル、「ペット119番ニワトリ」の著書でもあり、獣医師、全国学校飼育動物研究会事務局長 中川美穂子先生から承諾を得て、そこから、抜粋させて貰ったものです。
少しでも、勘違いや、誤解を解くために、正しい認識を、広めてくださいますようお願いいたしますとの、お言葉まで、頂戴いたしました。

注)学校での飼育の状態を、書かれていますが、一般家庭で飼われているのも、同じ事だと思いますので、ご了承下さいませ。
************************************
今の鳥インフルエンザ問題は、日本の学校の鶏とは別問題です。

学校の飼育を考えるページ
 
今、恐れられていることは人のウイルスが発生し、感染した人により日本に運ばれ流行することです。
 人にウイルス病を感染させる一番の原因動物は、人間です。 すでに、国内の、しかもひっそりと少しづつ飼われている学校のニワトリたちの問題からは、全くはなれた事態になっています。  


●人の新型インフルエンザウイルスは日本ではなく、海外で生まれる
  今、東南アジア・中国などで 鳥同志の感染が続いて、時々人にも感染しています。それで、世界がこの地域から新型インフルエンザが発生し、それが世界に拡散したときに、大流行と多くの犠牲者がでることになると恐れています。
 学者は新型インフルエンザウイルスが、国内の鳥から発生することは 心配していません。つまり、日本では平成16年の流行期とは異なり、今は国内でのH5N1型鳥インフルエンザの発生がないからです。現在の国内の学校のニワトリへの警戒は意味のないことです。   
もしも人の新型ウイルスが発生したら、もうニワトリの問題ではなく、病気の人がウイルスを運ぶことを警戒する訳で、すでに人の問題になっています。  
また、元気なニワトリ自体が突然この病気になり、人に移すのではありません。必ず東南アジアや中国など?他の国からの、人や輸入品・輸入鳥を介した感染の原因があるわけです。 野鳥も感染経路として疑われていますが、日本ではまだ証明されていません。

●日本のニワトリから直接人に感染するか?
  もともと病鳥からの直接的な人への感染は殆どないのですが、もしもニワトリたちに病気がうつったとしても、小学校では、ニワトリが過密に飼われてもおらず、外気が通う環境ですので、養鶏場のように狭い閉鎖鶏舎に人が入って、舞い上がる大量の糞を吸い込むこともありません。
それで、小学校などのニワトリたちが、人に健康被害を与えることは殆ど心配されていません。
 東南アジアなどの人への感染例は、ワクチンなどで症状が見えなくなっている病鶏が沢山いる中で生活している人や、その病鳥を食べた人たちです。物理的にそのような鳥の腸内容(糞)を大量に吸い込んだり、口に入れてしまったと考えられています。肉やタマゴは大丈夫ですが、生きた病鳥を調理した際の腸管の処理や、まな板などの処置に問題があったのでしょう。
つまり 日本がそのような状態(病気の鳥が沢山いる中で人が生活し、あるいは、それぞれの家庭で生きた鳥を購入して、さばいて食べる習慣)にあるなら、鳥に警戒しなくてはなりませんが、現在は、国内にこのH5N1型鳥インフルエンザウイルスの発生もありません。
 つまり、日本では学校の鶏たちを危険と考えている学者はいません。考える議題にものせていません。
農水省は国の養鶏産業を心配し、厚労省は、外国からの人の新型インフルエンザウイルスの波及を心配して、行動計画をたて、発信しています。
(文責 獣医師 中川美穂子)

                         

    今の鳥インフルエンザと日本の学校の鶏たちは、別の問題です

【問題の整理】                                        

  前提
    ウイルスは同じ種類の動物の間でのみ感染が広がる
          鳥インフルエンザウイルスもこの性格
     
    感染の方向と危険性
     鳥→鳥:おきる可能性は大きい=現在の養鶏産業界の問題 
     鳥→人:野生動物であれ鶏であれ日本での可能性はほとんどない。
もしくは、考えられない・・日本に、このウイルスはない・・・
     人→人:おきる可能性は大きい=世界的な医学の問題で今、世界中がおそれている
           社会的な大問題になるかもしれない

  結論
   以上から、今の日本で、鳥そのものを人が恐れる必要はない。
ちょっとの注意(*)をしていれば 充分である。

 *ちょっとの注意:  ・糞を毎日片づける ・世話が終わったら手洗い、うがいをする。

   病気を防ぐ基本的な注意
    1 しっかりとした世話のもとに飼い、動物を病気にさせない。         
       ・11月になったら、必ず巣箱を与えて寒さを防ぐ
       ・毎日 糞や食べ残しを清掃をして、乾燥した環境で生活させる。
       ・朝夕の2度、動物の元気さをチェックし、新鮮な餌と水を与える。
            (つまり「一人ではないよ」、と動物を安心させること)

    2 普通の衛生観念を実行し、人への感染を防ぐ
      ・疲れないように しっかり食べて充分な睡眠をとる
・(流行期らしくなったら)人混みにでない、出るときはマスクをする
・外出から帰ったら(人混みにでたり、外遊びしたり、動物の世話をしたら)
手あらい、うがいを励行する。

  (人のインフルエンザ予防・意外に弱い病原なので、うがいと手洗いで効果があります。)

                    ************************
                    2005年11月20日発信
 全国学校飼育動物研究会   事務局長 中川 美穂子
                          T0422-53-7099 F0422-56-9086
                                           m-nakagawa@vet.ne.jp
                       「学校飼育動物を考えるページ」                              
http://www.vets.ne.jp/~school/pets/
                      「学校飼育動物研究会」 
                        http://www.vets.ne.jp/~school/pets/siikukenkyukai.htm
                             ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
                            全国学校獣医師連絡協議会(CAS) 主宰
                        

中川美穂子先生ペット119ばん(9)



© Rakuten Group, Inc.