2150592 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

赤ちゃん顔猫・ぴよたんのニャゴニャゴ日記

PR

Profile


ぴよ母Aki

Calendar

Free Space


  ↑ 動物のお花屋さんにて、
    ピヨキラキッカー販売中♪

 私書箱機能がなくなってしまったので、
私にこっそりメッセージがございましたら
  こちらからお願いしますね♪

Category

カテゴリ未分類

(425)

★赤ちゃん顔 ぴよたん

(394)

■第1期・ぴよたんと、心臓病■

(36)

■第2期・ぴよたんと、心臓病+腎不全■

(26)

★3兄妹の長男 ニコラス

(74)

★3兄妹の次男 トラボルタ

(79)

★3兄妹の末っ子 くるくるくりん

(127)

おでこM・3兄妹(ニコボルくる)

(98)

そっくり兄弟(ニコボル)

(18)

ぴよたんへの片思い

(9)

★長毛猫 モコモコにゃーむ

(144)

ニコ・ボル・くる・モコ

(33)

★白黒はちわれ ぴちゅお

(58)

PPコンビ(ぴよ・ぴちゅお)

(16)

★黒猫 ユカイ

(52)

★白猫 キラリ

(12)

ユカイとキラリ

(5)

PPYK(ぴよ・ぴちゅお・ユカイ・キラリ)

(19)

★澪(王様みいこ)・2013.12.22天使に

(125)

■甲状腺機能亢進症■(みいこ)

(3)

★奈々子(ナナコ)・2017.7.19天使に

(104)

■多血症・甲状腺機能亢進症(ナナコ)■

(2)

■肥満細胞腫(ナナコ)■

(9)

★ミドリガメ カメキチコ

(37)

みんにゃ登場

(65)

女子たち

(26)

男子たち

(6)

ぴよ・みいこ・ナナコ

(5)

みいことぴよたん

(41)

ナナコとぴよたん

(16)

チームシニア

(34)

ぴよたんとちびねこ

(84)

おとな猫とこねこ

(50)

保護こねこ時代

(75)

保護こねこと先住猫

(37)

保護仔猫(おでこMきょうだい)

(0)

保護仔猫(カラフル三姉妹)

(0)

保護仔猫(モノトーンきょうだい)

(14)

我が家を巣立った猫さんたち

(8)

♪モンプチ・オフィシャルキャット♪

(94)

コンテスト関連

(6)

うちの猫・ランキング

(2)

ねこねこおしゃれ

(144)

ねこねこドライブ

(76)

病院でのこと・術後のこと

(62)

猫との暮らし

(12)

猫の病気について

(1)

シニア猫との暮らし

(1)

てづくりごはん

(25)

猫用グッズ

(4)

猫モチーフのもの

(36)

猫グッズ・いただきもの

(117)

ぴちゅおそっくりグッズ

(12)

うちのコそっくりグッズ

(3)

猫友さんと & 猫なお出かけ

(23)

動画

(48)

★ニャゴニャゴ屋・ぴよきら屋★

(27)

のす太&ぴよ母のコト

(68)

ごあいさつ

(21)
2010.09.26
XML

びっくりタイトルでごめんなさい!

ぴよたん、昨日から入院しています。
でも、夕方には帰ってきます♪


piyokuru01


昨日の朝、いつものように猫ごはんをあげたあと、
ぴよたんとみいこのお薬を用意して飲ませました。

いつもなら、お薬を入れたプラスチックのケースはすぐにフタを閉めて、
お薬セットを入れたカゴごと、扉のある棚にしまいます。

昨日は、しまおうと思った時に思い出したことがあって、
お薬ケースのフタをしめて、ちょっとだけその場を離れたのです。

戻ったら、ぴよたんがシンクの横に立って、
満足そうにお鼻をぺろぺろ・・・。

え? と思ってぴよたんの横を見ると、
なぜか、ぱかっと開いたお薬ケース。

お薬を見ると、とある1種類のお薬だけが、減ってる!!

そのお薬は心臓病のお薬で、、おいしく飲めるようにビーフ味がします。
ぴよたんはそのお薬が好きなので、他の2種類のお薬をピルガンで飲ませたあと、
まるでご褒美みたいに、そのお薬を食べます。

ぴよたんは体が小さいので、
1錠のお薬を4分割して、1日に1片を飲むのですが、
ぴよたん、分割しておいた残り、3~4日分くらいを食べちゃったんです。
ちゃんとフタをしめたのに、がんばってこじ開けたみたいで・・・


猫   猫   猫


大慌てでかかりつけの病院に電話をしたら、
「ぴよちゃんちは遠いので、お近くの病院で処置してもらうか、
もし診てもらえないようなら、こちらにすぐ来てください。」
といわれました。

処置というのは、具体的には点滴をしたり、
お薬を吸収させなくするお薬を飲ませたり、だそうですが、
初めての病院だと、まずはぴよたんの病気のことから説明しないといけないし、
もし、何か伝え漏れなどがあって、処置がちゃんとできなかったら困るので、
大急ぎで、かかりつけの病院に向かいました。

急いで連れて行くことを電話で連絡してあったので、
すぐに診ていただけました。

状況を説明すると、「心電図をとります」 と、
ぴよたんは連れていかれてしまいました。

不安な気持ちで待っていると、ようやく名前を呼ばれ、
なぜか奥のほうまで歩いていくと、入院用ケージの中にぴよたんがいました。

ぴよたんは点滴中で、エリザベスカラーを着けられ、
点滴の針は腕に刺さっているようで、腕は包帯でぐるぐるに固定されていました。

血液検査をしたところ、今はまだお薬の影響は出ていないけれど、
ぴよたんが食べてしまったお薬は、血圧を下げる効果があるので、
出来れば入院したほうがいいといわれました。

不安で不安で、先生に、命に関わることなのか聞きました。

発見が早くて、連れてきて処置するのも早かったから、
きっと大丈夫だろうと思うけど、
何しろ持病があるので、もし、血圧が下がりすぎてしまったら・・・
とのことだったので、家に連れて帰って容態が急変したら大変なので、
ぴよたんには入院してもらうことにしました。


猫   猫   猫


帰り道、ぴよたんがかわいそうで涙が出ました。
自分のことも責めました。
どうしてお薬のケースをちゃんと棚にしまわなかったんだろうって。

フタはパチッと留めるタイプだし、ちゃんと閉めていたので、
まさかぴよたんが根性でこじ開けるとは思っていなかったとは言え、
やっぱり私が悪くて、私のせいで、
ぴよたんに入院なんてつらい思いをさせてしまいました。

家に帰ってからも、心配で何も手につきません。
ぴよたんがそんなかわいそうな思いをしているのに、
ニコちゃんとボルたんがいたずらばかりするので、
「ぴよたんが大変な時に、どうしてそんなことばっかりするのー!」
と叫んだら、また泣けてきたりして。

夕方、腫れの引かない目を恥ずかしく思いながら、面会に行きました。
それまでは、体調に変化はないということで、
明日になってまた血液検査をします、と先生が話してくれました。

広いケージのすみっこで、じっとうずくまっていたぴよたんは
私たちに気づくと、包帯で固定されて動きにくい手をぴょこぴょこさせて、
一生懸命、私のほうに近づいてきてくれました。
その姿もいじらしすぎて、涙をこらえるのが大変でした。

私たちがいると、ぴよたんは帰りたがってしまうので、
本当はもっと一緒にいたかったけど、
何かあったらすぐに携帯に電話くださいと言って、帰りました。


piyokuru02


ぴよたんの不安を思うと悲しくて、
ぴよたんがいないのがさみしくて、
ごはんをあげる時もついぴよたんのお皿を用意しちゃうし、
なかなか眠れないし、寝たら夢にぴよたんが出てくるし、
もうもうほんとに、昨日は1日つらかったです。

のす太も、昨晩はなかなか寝つけなかったみたいでした。


今朝、病院に電話をして、ぴよたんの様子を聞きました。
調子も良さそうなので、今日退院して大丈夫、とのことでした。

もう少ししたら、お迎えに行ってきます。




一晩がんばったぴよたんに♪

↓ ニャゴニャゴ♪ ↓     ↓ クリック♪ ↓


ハチワレバナー   ランキングぴよたん

いつも応援してくれてありがとうハート(手書き)


ぴよたんがいなくて、他の猫たちはそれぞれの反応でした。
そのお話はまた今度・・・♪


コメント、とても嬉しく読ませていただいています。毎日の励みになっています!
お返事がなかなか出来なくてごめんなさい。










Last updated  2010.09.26 14:29:44
コメント(16) | コメントを書く
[病院でのこと・術後のこと] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.