2108058 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

赤ちゃん顔猫・ぴよたんのニャゴニャゴ日記

PR

Profile


ぴよ母Aki

Calendar

Free Space


  ↑ 動物のお花屋さんにて、
    ピヨキラキッカー販売中♪

 私書箱機能がなくなってしまったので、
私にこっそりメッセージがございましたら
  こちらからお願いしますね♪

Category

カテゴリ未分類

(425)

★赤ちゃん顔 ぴよたん

(394)

■第1期・ぴよたんと、心臓病■

(36)

■第2期・ぴよたんと、心臓病+腎不全■

(26)

★3兄妹の長男 ニコラス

(74)

★3兄妹の次男 トラボルタ

(79)

★3兄妹の末っ子 くるくるくりん

(127)

おでこM・3兄妹(ニコボルくる)

(98)

そっくり兄弟(ニコボル)

(18)

ぴよたんへの片思い

(9)

★長毛猫 モコモコにゃーむ

(144)

ニコ・ボル・くる・モコ

(33)

★白黒はちわれ ぴちゅお

(58)

PPコンビ(ぴよ・ぴちゅお)

(16)

★黒猫 ユカイ

(52)

★白猫 キラリ

(12)

ユカイとキラリ

(5)

PPYK(ぴよ・ぴちゅお・ユカイ・キラリ)

(19)

★澪(王様みいこ)・2013.12.22天使に

(125)

■甲状腺機能亢進症■(みいこ)

(3)

★奈々子(ナナコ)・2017.7.19天使に

(104)

■多血症・甲状腺機能亢進症(ナナコ)■

(2)

■肥満細胞腫(ナナコ)■

(9)

★ミドリガメ カメキチコ

(37)

みんにゃ登場

(65)

女子たち

(26)

男子たち

(6)

ぴよ・みいこ・ナナコ

(5)

みいことぴよたん

(41)

ナナコとぴよたん

(16)

チームシニア

(34)

ぴよたんとちびねこ

(84)

おとな猫とこねこ

(50)

保護こねこ時代

(75)

保護こねこと先住猫

(37)

保護仔猫(おでこMきょうだい)

(0)

保護仔猫(カラフル三姉妹)

(0)

保護仔猫(モノトーンきょうだい)

(14)

我が家を巣立った猫さんたち

(8)

♪モンプチ・オフィシャルキャット♪

(94)

コンテスト関連

(6)

うちの猫・ランキング

(2)

ねこねこおしゃれ

(144)

ねこねこドライブ

(76)

病院でのこと・術後のこと

(62)

猫との暮らし

(12)

猫の病気について

(1)

シニア猫との暮らし

(1)

てづくりごはん

(25)

猫用グッズ

(4)

猫モチーフのもの

(36)

猫グッズ・いただきもの

(117)

ぴちゅおそっくりグッズ

(12)

うちのコそっくりグッズ

(3)

猫友さんと & 猫なお出かけ

(23)

動画

(48)

★ニャゴニャゴ屋・ぴよきら屋★

(27)

のす太&ぴよ母のコト

(68)

ごあいさつ

(21)
2011.06.11
XML
カテゴリ:みんにゃ登場

あの地震から3ヶ月が経ちました。

改めて、被災された方、被害を受けられた方々に
心よりお見舞いを申し上げますとともに
1日も早い復旧、復興をお祈りいたします。

今でも深い深い悲しみを抱えている方がたくさんいらっしゃると思います。
その悲しみが少しでも癒えますようにと願ってやみません。


私はおかげさまで元気にしていますが、
まだ気持ちの面で震災の前のようにいかないこともあり、
へんに焦ったり、自分がいやになったり、しています。

こんなことではいけないと自分を奮い立たせるためにも
今日はあの日のことの後半部分を書こうと思います。

「もう地震の話はいいよ」 なんて思われるのではないかと思って、
下書きした状態のまま、ずっと更新できずにいたのです。

きっと、編集画面の下書き一覧で
その日記がずっと残っていて目につくから、
なんだかもやもやしたままなのかもしれないので、
ばーっとここに書いて、すっきりしようと思ったわけです。

もう地震の話はいいよ、な方は、どうぞスルーしてくださいね。
猫の写真はちょっとだけですので・・・

3月13日に書いた前半部分(わたし編)は、こちらです。
後半は、家にいたのす太と猫たちと家のお話。


11-05-22 040


あの日、のす太は仕事で出かけていて、
地震が起こり始めた時に、ちょうど帰ってきたそうです。

運転しながら、あれ?揺れてる? と思い、
家の敷地に入って車から降りたら、
止めてある売り物の車が、ゆっさゆっさと飛び跳ねはじめました。
輪留めだけで止めてあった車が、輪留めを飛び越えて車道に出ていこうとしたので、
その車を手で押さえていたそうです。
車を押さえていなかったら、とても立っていられなかったと言っていました。

揺れながら家を見ると、家はぐわんぐわんと揺れていて、
電柱もぐわんぐわん揺れて、電線が切れ、
近所のおうちの瓦が、まるごと全部、ズサー! と落ちたのを目撃。
私がいた場所よりも揺れが大きかったので、とても恐怖だったと思います。

揺れが落ち着いてからすぐ家に入り、あまりの惨状に絶句したそうです。
そしてまず、猫たちを探してくれました。

これは、地震からずいぶん経って、最近聞いたことなのですが、
まず猫たちを探さなければ、と思ったけれど、
もうみんなだめかもしれないと、覚悟したと言っていました。

家の中は、引き戸も折れ戸もすべて開いてしまっていたので、
あちこちに散らばった猫たちを探すのは大変だったと思います。

みいことニコちゃんは比較的すぐに見つかり、
声をかけながら探していたら、ボルたんは自分から出てきて (いいこ!)
モコちゃんは、パニック状態でうろうろしていたところを保護。

ナナコ、ぴよ、くるりんは無事な姿をちらっと見たものの、
倒れた家具の奥に逃げ込んでしまってつかまえられませんでした。
とりあえず無事でいてくれたので無理な保護は諦め、
保護できた4にゃんを、倒れずにいたケージに入れて、
(ケージに入っていれば何かの下敷きになったりしないので)
すぐに私を迎えに出てくれたのでした。

311-01

↑ 帰宅途中の道。家の近く。
道路がぼこぼこで、液状化現象が起きています。

ここを右に曲がったところは、もっと道路が盛り上がって割れていて、
パウンドケーキの真ん中みたいになっていました。
(通行止めになっていたので、写真は撮れなかった。)

そしてこの帰り道で、以前も書いたように、のす太に
「おうちを見ても泣かないでね」 と言われたのですが、
心が麻痺していたようで、その日はあまり何も感じませんでした。

家に入った私は、猫たちに会いたくて、リビングまで急ぎました。
でもシャカシャカポテトみたいにされた家の中はめちゃくちゃで、
なかなか猫たちのケージまでたどり着けなくて。
夢の中で走っている時のように、とてももどかしかったです。

311-22

↑ やっと再会できた、みいこ、ニコラス。
怖さのあまり、目をまんまるにして固まっているふたり。

311-23

↑ 私に会って、怖かったよ、怖かったよ、と擦り寄るボルたん。
パニック状態と聞いて心配していたモコちゃん。

そしてすぐに、ぴよたん、ナナコ、くるりんを捜索。
ナナコは、TVの裏側でうずくまっているのをすぐに見つけることができました。
くるりんは、ずいぶん探して・・・
ようやく、水浸し(水槽の水がこぼれた)のソファの下で発見。
おびえてしまって、なかなか出てきてくれなくて困りました。

ぴよたんは、当日の日記にも書きましたが、
夜までずっと見つからなくて、本当に心配しました。
みんな無事でいてくれて、本当によかった。



文字だらけの日記、
ここまでおつきあいくださった方、ありがとうございます。
思い出したり、考えたりしながら書くことで、
気持ちが落ち着いたり、何かがふっきれた、かな?

忘れたいくらいの出来事だったけど、
それでも忘れてはいけないことだとも思っています。

まだちょっと続きがあって・・・
また後日書くか、また一ヶ月後になるのかわからないけど、
記録としてまた書くこともありそうです。




応援していただけると嬉しいです。

↓ ニャゴニャゴ♪ ↓     ↓ クリック♪ ↓


ハチワレバナー   ランキングぴよたん

いつも応援してくれてありがとうハート(手書き)

ここ数日、また余震が。
大きくないけど、一時より回数が増えてきました。
少し前の深夜には、緊急地震速報で起こされましたし、
もう本当に、地震はいいです。










Last updated  2011.06.12 02:26:30
コメント(8) | コメントを書く
[みんにゃ登場] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.