000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

赤ちゃん顔猫・ぴよたんのニャゴニャゴ日記

PR

Profile


ぴよ母Aki

Calendar

Free Space


  ↑ 動物のお花屋さんにて、
    ピヨキラキッカー販売中♪

 私書箱機能がなくなってしまったので、
私にこっそりメッセージがございましたら
  こちらからお願いしますね♪

Category

カテゴリ未分類

(425)

★赤ちゃん顔 ぴよたん

(394)

■第1期・ぴよたんと、心臓病■

(36)

■第2期・ぴよたんと、心臓病+腎不全■

(26)

★3兄妹の長男 ニコラス

(74)

★3兄妹の次男 トラボルタ

(79)

★3兄妹の末っ子 くるくるくりん

(127)

おでこM・3兄妹(ニコボルくる)

(98)

そっくり兄弟(ニコボル)

(18)

ぴよたんへの片思い

(9)

★長毛猫 モコモコにゃーむ

(144)

ニコ・ボル・くる・モコ

(33)

★白黒はちわれ ぴちゅお

(58)

PPコンビ(ぴよ・ぴちゅお)

(16)

★黒猫 ユカイ

(52)

★白猫 キラリ

(12)

ユカイとキラリ

(5)

PPYK(ぴよ・ぴちゅお・ユカイ・キラリ)

(19)

★澪(王様みいこ)・2013.12.22天使に

(125)

■甲状腺機能亢進症■(みいこ)

(3)

★奈々子(ナナコ)・2017.7.19天使に

(104)

■多血症・甲状腺機能亢進症(ナナコ)■

(2)

■肥満細胞腫(ナナコ)■

(9)

★ミドリガメ カメキチコ

(37)

みんにゃ登場

(65)

女子たち

(26)

男子たち

(6)

ぴよ・みいこ・ナナコ

(5)

みいことぴよたん

(41)

ナナコとぴよたん

(16)

チームシニア

(34)

ぴよたんとちびねこ

(84)

おとな猫とこねこ

(50)

保護こねこ時代

(75)

保護こねこと先住猫

(37)

保護仔猫(おでこMきょうだい)

(0)

保護仔猫(カラフル三姉妹)

(0)

保護仔猫(モノトーンきょうだい)

(14)

我が家を巣立った猫さんたち

(8)

♪モンプチ・オフィシャルキャット♪

(94)

コンテスト関連

(6)

うちの猫・ランキング

(2)

ねこねこおしゃれ

(144)

ねこねこドライブ

(76)

病院でのこと・術後のこと

(62)

猫との暮らし

(12)

猫の病気について

(1)

シニア猫との暮らし

(1)

てづくりごはん

(25)

猫用グッズ

(4)

猫モチーフのもの

(36)

猫グッズ・いただきもの

(117)

ぴちゅおそっくりグッズ

(12)

うちのコそっくりグッズ

(3)

猫友さんと & 猫なお出かけ

(23)

動画

(48)

★ニャゴニャゴ屋・ぴよきら屋★

(27)

のす太&ぴよ母のコト

(68)

ごあいさつ

(21)
2011.09.20
XML

昨日、夜に更新しますと言っていたのに、
すっかり遅くなってしまいましたー。(寝ちゃったのです。)

今日も、モコちゃんのその後の経過日記です。
傷口の描写などが苦手な方はお気をつけくださいね。


yakan01


9月12日に退院して、翌日に傷口がおかしいことに気づき、
菌が入りこんでいて皮膚が溶けたりしたら
再手術もあるかもしれないと言われたモコちゃん。

薬を追加処方されて一度はよくなったように思えたのが16日で、
そこまではブログに書きました。


17日、傷口を見てみてびっくり。
今までで一番ひどくなっていたのです。

傷口のじゅくじゅくした感じは今まで以上で、
<体液っぽいものがドバッと出たのか、全体が茶色くてべたべた。
傷口の下にあったはずの大きなしこりが小さくなっていたけれど、
明らかに普通ではない何かが起こっているのがわかりました。

今すぐ家を出ても診察時間に間に合わないので、
明日朝一で病院に行こうと思ったのですが、
なんとなくイヤな予感がしてもう一度傷口を確認すると
それほど時間が経っていないのに、もっともっとひどくなっていました。

じゅくじゅく感もひどくなっていたけれど、
それ以上にびっくりしたのは、縫い目の部分の皮膚。
赤かったので、皮膚が溶けて肉が見えている状態?!とあわてました。

数時間でこんなに悪化するということは、
明日の朝まで待ったら大変なことになる!と思い、
すぐに病院に電話し、夜間診療で診ていただくことにしました。


yakan02


その日の当番の先生は、
ナナコの病気でよくお世話になっている先生。
知っている先生だったのですごく安心しました。

モコちゃんの傷からドバッと出たものは、しょう液らしいとのこと。
術後の空洞に (手術すると空洞ができるものらしいです) 
しょう液がたまっていて、それがしこりみたいになっていたのが、
今回一気に外へ出たのではないかということでした。

私が、「皮膚が溶けて肉が!」とあわてていたのはそんなことはなくて、
皮膚もまだ溶けていないし、傷口も開いていませんでした。

そう、「まだ溶けていない」だったんです。
モコちゃんの傷口にはやっぱり菌がいることが、翌日にわかります。
病院に連れていくのがもう少し遅かったら、皮膚が溶けだしていたかも。

この日は「菌がいるかも」だったので、傷口の組織を採って検査し、
菌がいるようならその菌を培養し、どの抗生剤が合うか
(15種類くらいあるらしい) 検査してもらうことになりました。

この日は傷口を消毒してもらい、ガーゼを当てて、
テーピングのような包帯でおなかをぐるぐる巻きにしてもらいました。

錠剤2種類に加え、シロップのお薬が増えちゃいました。


yakan04
(テーピング。おしりのほうにもぐるっと渡して、かなりがっちり。)


夜間診療で診ていただいた翌日、
改めて主治医の先生に傷を診ていただくため、再び病院へ。

モコちゃんは朝からなんとなくぼーっとしていて、
唇の先端が赤いので熱があるのかなーと思っていたら
先生が心配してしまうほど熱が出ていました。

傷口の両サイドには、以前言われたとおりにしこりが出来ていましたが
傷そのものの様子は悪くなっていないようなので、
ガーゼを交換しただけで診察終了。

この時テーピングを交換してもらわなかったのですが・・・
あとで考えたら、交換してもらえばよかった!
このテーピングが、このあと、モコちゃんと私を苦しめます。


yakan03


家に帰るとモコちゃんは、頭をさわると
うわ!熱い!と思うほど、熱を出してしまっていました。
きっと体が、悪いものを出そうとしていたのだと思います。

翌日にはモコちゃんの熱も少し下がり、
食欲もだいぶ普通に戻り、おトイレも普通にできるようになりました。

今はテーピングの上に術後服を着て、さらにエリザベスカラーをつけています。
これにはいろいろな理由があって(涙)。
よちよち歩くモコちゃんは本当にかわいそうですが、
今はそうする以外ないので、がまんしてもらっています。


今日、病院に電話したら、
モコちゃんの傷口の菌の検査の結果が出ていました。
明日さっそく病院に行ってきます。

ばっちり合うお薬を処方してもらって、
モコちゃんの傷口が早くよくなりますように。


yakan06


順調に回復中のくるくるくりんちゃん。
得意のU字寝で、私をにっこりさせてくれました。ありがとう。


足が長すぎて、持てあましちゃうなの!
yakan05


くるりんは術後の経過が良くて、本当によかったです。



モコちゃん毎日たくさんがんばっています!
応援していただけると嬉しいです。

↓ ニャゴニャゴ♪ ↓     ↓ クリック♪ ↓


ハチワレバナー   ランキングぴよたん

いつも応援してくれてありがとうハート(手書き)


最近のモコちゃん、枯れていた声は出るようになりましたが、
いろいろつらいようで、「むぅー、むぅー」 と鳴きます。
お薬がイヤでむーむー鳴いて、でもちゃんと飲んでくれて、
エリカラもイヤでむーむー鳴いています。
むーむー鳴くけど、私がすることは、ちゃんと受け入れてくれるんです。
モコちゃん、毎日本当にえらいです。おりこうさんです。










Last updated  2011.09.21 00:05:26
コメント(16) | コメントを書く
[病院でのこと・術後のこと] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.