2167326 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

赤ちゃん顔猫・ぴよたんのニャゴニャゴ日記

PR

Profile


ぴよ母Aki

Calendar

Free Space


  ↑ 動物のお花屋さんにて、
    ピヨキラキッカー販売中♪

 私書箱機能がなくなってしまったので、
私にこっそりメッセージがございましたら
  こちらからお願いしますね♪

Category

カテゴリ未分類

(425)

★赤ちゃん顔 ぴよたん

(394)

■第1期・ぴよたんと、心臓病■

(36)

■第2期・ぴよたんと、心臓病+腎不全■

(26)

★3兄妹の長男 ニコラス

(74)

★3兄妹の次男 トラボルタ

(79)

★3兄妹の末っ子 くるくるくりん

(127)

おでこM・3兄妹(ニコボルくる)

(98)

そっくり兄弟(ニコボル)

(18)

ぴよたんへの片思い

(9)

★長毛猫 モコモコにゃーむ

(144)

ニコ・ボル・くる・モコ

(33)

★白黒はちわれ ぴちゅお

(58)

PPコンビ(ぴよ・ぴちゅお)

(16)

★黒猫 ユカイ

(52)

★白猫 キラリ

(12)

ユカイとキラリ

(5)

PPYK(ぴよ・ぴちゅお・ユカイ・キラリ)

(19)

★澪(王様みいこ)・2013.12.22天使に

(125)

■甲状腺機能亢進症■(みいこ)

(3)

★奈々子(ナナコ)・2017.7.19天使に

(104)

■多血症・甲状腺機能亢進症(ナナコ)■

(2)

■肥満細胞腫(ナナコ)■

(9)

★ミドリガメ カメキチコ

(37)

みんにゃ登場

(65)

女子たち

(26)

男子たち

(6)

ぴよ・みいこ・ナナコ

(5)

みいことぴよたん

(41)

ナナコとぴよたん

(16)

チームシニア

(34)

ぴよたんとちびねこ

(84)

おとな猫とこねこ

(50)

保護こねこ時代

(75)

保護こねこと先住猫

(37)

保護仔猫(おでこMきょうだい)

(0)

保護仔猫(カラフル三姉妹)

(0)

保護仔猫(モノトーンきょうだい)

(14)

我が家を巣立った猫さんたち

(8)

♪モンプチ・オフィシャルキャット♪

(94)

コンテスト関連

(6)

うちの猫・ランキング

(2)

ねこねこおしゃれ

(144)

ねこねこドライブ

(76)

病院でのこと・術後のこと

(62)

猫との暮らし

(12)

猫の病気について

(1)

シニア猫との暮らし

(1)

てづくりごはん

(25)

猫用グッズ

(4)

猫モチーフのもの

(36)

猫グッズ・いただきもの

(117)

ぴちゅおそっくりグッズ

(12)

うちのコそっくりグッズ

(3)

猫友さんと & 猫なお出かけ

(23)

動画

(48)

★ニャゴニャゴ屋・ぴよきら屋★

(27)

のす太&ぴよ母のコト

(68)

ごあいさつ

(21)
2011.09.21
XML

毎日モコちゃんの経過日記でごめんなさい!

昨日の日記で、モコちゃんはわけあって
エリザベスカラーをつけている、と書きましたが、
今日はモコちゃんの術後ライフの新たな闘い?について。


erikara01


モコちゃんが傷を舐めようとするので、
数日前にも一度エリカラをつけたのだけど、
すごく暴れてしまって断念しました。

その時は術後服を着ているだけだったし、
術後服でカバーされているから、直接舌が傷に届きそうにもなかったので、
私がほぼつきっきりで看ていればよかったのです。

ところが、先日モコちゃんがテーピングでぐるぐる巻きにされたあと、問題が!
これでさらに傷口が舐められなくなってよかった、なんて思っていたのに・・・

モコちゃん、傷口よりもテーピング自体がすごく気になって、
包帯にあたっている自分の皮膚をすごく舐めるようになってしまったんです。

なんとかやめさせようと思ったものの、
私が寝ている間にかなりはりきって舐めてしまったらしく、
翌日の朝見たら、足の付け根の包帯に当たっている部分の皮膚が
見事に毛が抜けて赤くなってしまっていました。

モコちゃん、舐めすぎーーー!!

包帯自体も気になってフチを舐めるので、
今にも、傷口も舐めてしまいそうな勢い。
テーピングしていない時よりも、さらに傷を気にするようになってしまったのです。

こりゃだめだ、と思い、モコちゃんにお願いして、
エリザベスカラーを受け入れてもらいました。

モコちゃんは熱があってぼーっとしていたので、
暴れることなく、受け入れてくれました。
受け入れた、というか、固まっていました。


erikara05


歩くたびにあちこちぶつかって、
とっても不便そうでかわいそうでしたよ~~~(涙涙)。

モコちゃんが歩いていると、
どこかから、「こつん、こつん、」 って音がして、
モコちゃんの居場所がよくわかりました。

エリカラをつけたおかげで舐められなくなって
これで解決! と思ったらそんなことはなく・・・

必死に舐めておハゲを作ってしまった両方の足の付け根部分に、
テーピングのフチが食い込んでしまって、
今度は足の付け根からしょう液(体液)が出てきてしまいました(涙)。
術後服の履き口の部分が黄色くなっていて気づいたんです。

翌日に病院に行こうと思っていたので、
もっとひどくなる前にテーピングを取ることにしたのですが、
モコちゃん、いやがるいやがる。

毛が抜けるんですよ~。
モコちゃんの長い毛がテープにたくさんついて、抜けるんです。
人間が絆創膏をはがすのでさえ痛いのだから、
敏感なおなかの毛をごっそり抜かれたら、そりゃ痛くてイヤですよね。

なんとかゆっくりはがしたけれど、
モコちゃんがすごく嫌がりはじめたので、途中でやめました。
取ったのは1周分だけだけど、それでもずいぶん食い込みが減ったので、
その状態で今日、病院に行ってきました。


erikara06


モコちゃんの菌には、2種類の抗生剤が有効だということがわかったので、
そのうちの1種類を飲ませてみることになりました。
3日後に傷口の様子を見て、症状が変わっていないようなら
もう1種類の薬に変えるそうです。

モコちゃんの傷口は、さらにひどくなっていました。
思わず眉間にシワが寄ってしまうくらい、痛そうでした。

初めてモコちゃんの傷口を見た時、
腫れててすごく痛そうと思ったけれど、今思えば、
あの時の傷口はただ腫れているだけで、きれいだったなあ。

腫れがひどいので、糸の張りに皮膚が負けて、出血しています。
そこに中から出た体液が混ざって、全体が茶色になっているようです。
傷口を覆うようにべったりと体液がついていて、
それが残っていると菌がさらに繁殖するとのことで、
先生が傷口をキレイにして、お薬を塗ってくれました。

傷口をたくさん触られて、痛かったと思いますが、
モコちゃんは 「むぅー、むぅー、」 と鳴くだけで暴れることもなく、
とってもとってもおりこうさんにしていてくれました。

うちのほかの猫だったら、絶対に暴れてますよ。
痛い傷口をグリグリされて、それでも暴れないのは、
おっとりモコちゃんだからなのか、
モコちゃんなりに理解して、がんばってくれているのか・・・


erikara07


傷口にガーゼを当てないといけないので、
今日もぐ~~るぐるにテーピングされちゃいました。

おハゲになってしまった痛々しい足の付け根に当たらないように、
ハイレグに巻いてもらいましたよ!
今、ハイレグなんて、岡本夏生とモコちゃんだけ???

それでもやっぱり舐めようとするモコちゃん。
エリカラのフチを使って傷つけちゃう猫ちゃんもいるそうだし、
不便なエリカラをあまり使わなくてもいいように、
違うデザインの術後服を注文してみました。

明日には届くはずだから、
エリカラを使わなくて済むようになればいいなあ。

まだもう少し続きそうなモコちゃんの術後生活、
少しでも快適に過ごせるように、思案中です。




ハイレグ着用中のモコちゃん♪
応援していただけると嬉しいです。

↓ ニャゴニャゴ♪ ↓     ↓ クリック♪ ↓


ハチワレバナー   ランキングぴよたん

いつも応援してくれてありがとうハート(手書き)


今日の台風はすごかったですね。
あまりにも風が強くて、家が揺れましたよ。
猫たちもみんな怖がっていました。

特にモコちゃんが怖がっていて、ずっと抱っこしていたんです。
抱っこしていないと、私のあとを追うんですよ。
そのたびに、エリカラがあちこちにこつんこつんと当たって、
すごくかわいそうなので、結局ずっと抱っこしていました。

台風がようやく遠くなったと思ったら、今度は地震。
地震は最近も何度かあったけれど、緊急地震速報は久しぶり!
あの音はやっぱり体にわるいです。

地震を特に怖がるくるりんとモコちゃんは寝室にいたので、
すぐ様子を見に行きました。
ふたりともすごくおびえていて・・・
何も台風の直後に地震来なくても!とか思っちゃいました。

モコちゃんにはきらいなことやつらいことが続いていて、
かわいそうになってしまいます。

これから台風が近づく地域もありますし、
台風が去ってから川が増水したりするそうですから、
皆さんもどうかお気をつけくださいね。










Last updated  2011.09.22 01:39:09
コメント(4) | コメントを書く
[病院でのこと・術後のこと] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.