2109746 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

赤ちゃん顔猫・ぴよたんのニャゴニャゴ日記

PR

Profile


ぴよ母Aki

Calendar

Free Space


  ↑ 動物のお花屋さんにて、
    ピヨキラキッカー販売中♪

 私書箱機能がなくなってしまったので、
私にこっそりメッセージがございましたら
  こちらからお願いしますね♪

Category

カテゴリ未分類

(425)

★赤ちゃん顔 ぴよたん

(394)

■第1期・ぴよたんと、心臓病■

(36)

■第2期・ぴよたんと、心臓病+腎不全■

(26)

★3兄妹の長男 ニコラス

(74)

★3兄妹の次男 トラボルタ

(79)

★3兄妹の末っ子 くるくるくりん

(127)

おでこM・3兄妹(ニコボルくる)

(98)

そっくり兄弟(ニコボル)

(18)

ぴよたんへの片思い

(9)

★長毛猫 モコモコにゃーむ

(144)

ニコ・ボル・くる・モコ

(33)

★白黒はちわれ ぴちゅお

(58)

PPコンビ(ぴよ・ぴちゅお)

(16)

★黒猫 ユカイ

(52)

★白猫 キラリ

(12)

ユカイとキラリ

(5)

PPYK(ぴよ・ぴちゅお・ユカイ・キラリ)

(19)

★澪(王様みいこ)・2013.12.22天使に

(125)

■甲状腺機能亢進症■(みいこ)

(3)

★奈々子(ナナコ)・2017.7.19天使に

(104)

■多血症・甲状腺機能亢進症(ナナコ)■

(2)

■肥満細胞腫(ナナコ)■

(9)

★ミドリガメ カメキチコ

(37)

みんにゃ登場

(65)

女子たち

(26)

男子たち

(6)

ぴよ・みいこ・ナナコ

(5)

みいことぴよたん

(41)

ナナコとぴよたん

(16)

チームシニア

(34)

ぴよたんとちびねこ

(84)

おとな猫とこねこ

(50)

保護こねこ時代

(75)

保護こねこと先住猫

(37)

保護仔猫(おでこMきょうだい)

(0)

保護仔猫(カラフル三姉妹)

(0)

保護仔猫(モノトーンきょうだい)

(14)

我が家を巣立った猫さんたち

(8)

♪モンプチ・オフィシャルキャット♪

(94)

コンテスト関連

(6)

うちの猫・ランキング

(2)

ねこねこおしゃれ

(144)

ねこねこドライブ

(76)

病院でのこと・術後のこと

(62)

猫との暮らし

(12)

猫の病気について

(1)

シニア猫との暮らし

(1)

てづくりごはん

(25)

猫用グッズ

(4)

猫モチーフのもの

(36)

猫グッズ・いただきもの

(117)

ぴちゅおそっくりグッズ

(12)

うちのコそっくりグッズ

(3)

猫友さんと & 猫なお出かけ

(23)

動画

(48)

★ニャゴニャゴ屋・ぴよきら屋★

(27)

のす太&ぴよ母のコト

(68)

ごあいさつ

(21)
2012.08.24
XML

先日、ぴよたんと一緒にナナコも動物病院に行ってきました。
肥満細胞腫が内臓にもできていないか、診ていただくためです。

(肥満細胞腫についてはカテゴリーを分けてありますので、
過去の症状などについては【肥満細胞腫】のカテゴリーからごらんください。)

いつにもまして文章が長いですので、
ご興味のある方はごらんくださいね。


12-07-20 575


ナナコの上唇の肥満細胞腫は、
急な細胞の増殖のために、皮膚が破裂してしまっていましたが、
ステロイドの飲み薬により、10日ほどでふさがりました。

ふさがってからも、少しずつお薬を減らしていくため、
1日2回飲んでいたのを1回にし、量を半分にし、
最終的には2日に1回、4分の1錠ずつにする、というところで
お薬がなくなりそうだったので、そのタイミングで診察していただきました。


その日はエコーのスペシャリストの先生がいらっしゃる日。

ナナコのお気に入りの先生なので安心していたのに、
ナナコったら、先生の指を噛んだ~~~!!
(その前は副院長の指も噛んだ、涙)

まずはふさがった上唇を診ていただいて、
ぷっくりしているけれど、それは壊れた皮膚が閉じたからのぷっくり感で、
悪い感じではない、とのことなので、まずはちょっぴり安心。


そしていよいよエコー。
大きな枕のようなものを診察台の上に置いて、
ナナコはエリカラを付けられて、枕の上に仰向け。

暴れないか、怒らないかとヒヤヒヤしていたけれど、
真ん中がいい感じにくぼんでいる大きな枕がものすごい安定感で、
看護士さんに手足を掴まれていても、ナナコはまったく動じることもなく。

仰向けで真上を向いたまま、ピクリとも動かないし、
声を出さないので、寝ているのかと思ったくらい!!

エコーの間のナナコは本当におりこう、と言うか
まるで従順なわんこみたいで、びっくりしちゃいました。

ぴよたんはエコーの時、ピーピー鳴いていましたから~。


先生は、鮮やかな手際で診てくださり、
わかりやすく画像の説明もしてくださって、
エコーはまたたく間に終了。

「皮膚に出ているということは、内臓にもあるんじゃないか」
という私の心配は当たってしまって、
ナナコの脾臓に2つ、3ミリほどの腫瘍が見つかりました。

内臓の腫瘍をエコーで見た場合、
通常、腫瘍の部分は真っ黒になるのですが、
肥満細胞腫の場合は、真っ白に見えるとのこと。

画面で確認したところ、真っ白の丸いものが、2箇所映っていました。

その他の臓器はとてもキレイで問題ないとのことでした。


皮膚の腫瘍の状態を良くするためにステロイドを飲ませたら、
体の調子が良くなったのか、ステキなうんPさんが出たり、
それまで毎日吐いていたのが、ぴたっと止まったことや、

体重(4キロ)の割に、おなかがぽっこりしていることから、
内臓にもあるんじゃないかなーと予想はできたので、
ショック、とか、パニック、とかにはまったくならず、
冷静にお話を聞くことができました。


先生は、今の時点では、
すぐに手術! とは思わない、とおっしゃいました。

ステロイドが効いているようだから、
少量を飲ませつつ、定期的に検査をして、
もしすごい勢いで増えるようなら取らなければいけないし、
そうでもないなら、年齢的に考えても開腹しないほうがいいのでは、と。

なので、今飲んでいるステロイドの量で様子を見つつ、
体調や、上唇の腫瘍が変わったらお薬の量を変えてみることになりました。


エコーの先生は、猫の場合の肥満細胞腫は
そこまで積極的に手術で取らなくてもいいのでは、
という考えのようでした。

肥満細胞腫は、まだよくわかっていない部分がある病気のようで、
ネットで調べても、獣医さんの意見を聞いても、
肥満細胞腫になった猫ちゃんのブログを見ても、
治療の方法や、病気に対する見解すらも、本当にまちまち。

積極的に取ったほうがいいという獣医さんもいれば、
猫の場合は大丈夫だという獣医さんもいて。
調べれば調べるほど、なんだかよくわからない腫瘍なのです・・・。


この日は、エコーの先生にエコーで診ていただくことが目的でした。
最終的にどうするかは、信頼している院長先生に診ていただいてから考えます。
(院長先生はただいまセミナーで不在なのです。)

今日は、「ナナコの脾臓に、肥満細胞腫と思われる腫瘍が2つ見つかった」
のお話でした。



四つ葉   四つ葉   四つ葉



モコちゃんが、「全日本にゃんこテーブルマナー選手権」
動画コンテストに参加しています♪

サイトへはこちらをクリック♪
エントリーNo.24、モコモコにゃーむです。


最優秀賞の賞品は、愛猫デザインのモンプチカップが3ヶ月分!!
よかったら、コメントで応援してくださると嬉しいです♪
応募・コメントの投稿は9月9日まで!


そこのアナタ!応援してもいいわよッ!!
12-03-03 082

どうぞよろしくお願いします♪




病院では我慢強いナナコさま♪(噛んだけど)
クリックで応援していただけると嬉しいです。

↓ ニャゴニャゴ♪ ↓     ↓ クリック♪ ↓


ハチワレバナー   ランキングぴよたん

いつも応援ありがとうございますハート(手書き)
皆さんのクリックが毎日の励みになっています!



この日は、みいこの検査結果のお話も出まして、
その結果を見たら、ますます気持ちが疲れてしまいましたー。
みいこも診ていただかなくちゃです。




20120824

ソーラーライトにかわいくくっついているカエルちゃん♪
カエル苦手な方、すみませんっ!(いまさらだけど)



  
↑ 黒猫ちゃんガーデニンググッズ♪




piyokira-blog.jpg









Last updated  2012.08.25 02:00:45
コメント(2) | コメントを書く
[■肥満細胞腫(ナナコ)■] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.