2196969 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

赤ちゃん顔猫・ぴよたんのニャゴニャゴ日記

PR

Profile


ぴよ母Aki

Calendar

Free Space


  ↑ 動物のお花屋さんにて、
    ピヨキラキッカー販売中♪

 私書箱機能がなくなってしまったので、
私にこっそりメッセージがございましたら
  こちらからお願いしますね♪

Category

カテゴリ未分類

(425)

★赤ちゃん顔 ぴよたん

(394)

■第1期・ぴよたんと、心臓病■

(36)

■第2期・ぴよたんと、心臓病+腎不全■

(26)

★3兄妹の長男 ニコラス

(74)

★3兄妹の次男 トラボルタ

(79)

★3兄妹の末っ子 くるくるくりん

(127)

おでこM・3兄妹(ニコボルくる)

(98)

そっくり兄弟(ニコボル)

(18)

ぴよたんへの片思い

(9)

★長毛猫 モコモコにゃーむ

(144)

ニコ・ボル・くる・モコ

(33)

★白黒はちわれ ぴちゅお

(58)

PPコンビ(ぴよ・ぴちゅお)

(16)

★黒猫 ユカイ

(52)

★白猫 キラリ

(12)

ユカイとキラリ

(5)

PPYK(ぴよ・ぴちゅお・ユカイ・キラリ)

(19)

★澪(王様みいこ)・2013.12.22天使に

(125)

■甲状腺機能亢進症■(みいこ)

(3)

★奈々子(ナナコ)・2017.7.19天使に

(104)

■多血症・甲状腺機能亢進症(ナナコ)■

(2)

■肥満細胞腫(ナナコ)■

(9)

★ミドリガメ カメキチコ

(37)

みんにゃ登場

(65)

女子たち

(26)

男子たち

(6)

ぴよ・みいこ・ナナコ

(5)

みいことぴよたん

(41)

ナナコとぴよたん

(16)

チームシニア

(34)

ぴよたんとちびねこ

(84)

おとな猫とこねこ

(50)

保護こねこ時代

(75)

保護こねこと先住猫

(37)

保護仔猫(おでこMきょうだい)

(0)

保護仔猫(カラフル三姉妹)

(0)

保護仔猫(モノトーンきょうだい)

(14)

我が家を巣立った猫さんたち

(8)

♪モンプチ・オフィシャルキャット♪

(94)

コンテスト関連

(6)

うちの猫・ランキング

(2)

ねこねこおしゃれ

(144)

ねこねこドライブ

(76)

病院でのこと・術後のこと

(62)

猫との暮らし

(12)

猫の病気について

(1)

シニア猫との暮らし

(1)

てづくりごはん

(25)

猫用グッズ

(4)

猫モチーフのもの

(36)

猫グッズ・いただきもの

(117)

ぴちゅおそっくりグッズ

(12)

うちのコそっくりグッズ

(3)

猫友さんと & 猫なお出かけ

(23)

動画

(48)

★ニャゴニャゴ屋・ぴよきら屋★

(27)

のす太&ぴよ母のコト

(68)

ごあいさつ

(21)

■第3期・乳腺腫瘍

(2)
2018.10.16
XML
カテゴリ:★黒猫 ユカイ

raishuu



ユカイくん、先日行った病院で
体重がなんと3キロもあることがわかり、
(私たち予想では、2.5キロくらいだった)

来週の火曜日、
去勢手術をお願いすることになりました。



信頼する獣医さんである院長先生は、
去勢手術は、なるべくしないほうが・・、
という考え方の先生です。

ニコ&ボルと、ぴちゅおは、
仔猫の頃から院長先生だけではなく、
副院長先生にも診ていただいていたので、
副院長先生に手術していただいたのですが、

ユカイは院長先生にしか
診ていただいていないので、
手術も院長先生にお願いしようと思っていました。

先日の通院の時に手術のことを言ったら、
去勢手術のデメリットを詳しく説明されまして・・・
手術したことによって皮膚病になってしまった猫ちゃんの
医学書の写真まで見せてくださって、
私の意思はグラグラしましたよ。



デメリットというのは、
・太りやすくなる
・まれに男性ホルモンの欠落による
皮膚病が起こることがある
・尿石症の誘因になりえる

ということなんですけど、
ぴちゅおが、結石ができやすい体質で
ずっと療法食を食べていることもあって、
うーん・・と考えてしまいました。

メリットとしては、
・雌の発情期に興味を示さなくなる
・スプレー行為をしなくなる(少なくなる)

ということです。
スプレー行為は本当に困ります。
我が家は男の子が多いので、
縄張り意識が高くなってあちこちに
スプレーされたら困りますし・・・

でも先生から、
人間のエゴで手術するのは・・・
みたいなお話を聞くと、
ひどいことをしようとしているような
気持ちになってきてしまいました。



先生は、「できれば、」とおっしゃっているので
絶対に手術は反対だ!ということではないんですよ。
女の子の場合は、後々病気になる可能性を考えて
卵巣子宮全摘出をすすめますし。

先生のお気持ちもとっても良くわかるんです。

私、小学生の頃から先生を知っているので
(実家のわんこがお世話になっていました)
どれだけ、動物を大切に想っている先生なのか
よ~~~くわかっていますから。

きっと、「雌のように、雄が去勢手術をしたことで
将来、病気の可能性がなくなる」ということなら
先生も、去勢手術をすすんでされると思うんです。

でも「雄の場合は、去勢手術をしたほうが
将来、病気になる可能性がある」から
できればしないほうが・・・と
思っていらっしゃるんですね。

人間側が、飼いやすくなるかどうかより、
猫の体のことを優先して考えているのです。

そんな先生だから、信頼しています。



でもでも、我が家には避妊手術ができなかった
ぴよたんがいるので、
絶対に手術はマストなのです!

最近は、ぴよたんは発情していないのですが、
(これに関してはまた後日書きます)
もしも、万が一、ということがあったら大変!



男の子の手術に関しては
いろいろな考え方があると思います。

この考え方が正しいとか、正しくないとか、
そういうことではないとも思っています。

考え方もいろいろだし、
いろいろな環境もありますものね。

ニコ&ボルの時も、ぴちゅおの時も、
院長先生にお願いしなかったので、
今まで去勢手術について
深く考えたことはありませんでした。

手術すると決めていたし、
考えが変わることはないけれど、
改めて、考える機会があったことは
よかったな、と思っています。



そんなわけで、
少しの罪悪感を抱えながら、
来週の火曜日、
手術をお願いすることに決めました。

心配だけど、ユカイくん、がんばれー!



​ ​

​ ​

↑ ハロウィンコスプレ!
左下のプチクラウンはお値段もプチですよ♪



楽天ROOM開設しました!
我が家の猫たちの愛用品や、
気になる猫用グッズや猫デザインの雑貨・インテリアなどを
ほぼ毎日ご紹介しています。
お買い物のご参考になればうれしいです♪→Aki.pのROOM




今から朝ごはん抜きが心配です~
クリックで応援していただけると嬉しいです。

↓ ぽちっ♪ ↓

ハチワレバナー

↓ ぽちっ♪ ↓

ランキングぴよたん

いつもありがとうございますハート(手書き)









Last updated  2018.10.16 07:00:10
コメント(3) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.