094523 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

★少年パンチ★

PR

Profile


piyoko106

Freepage List

Calendar

Recent Posts

Archives

2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月

Category

Favorite Blog

ボーリングとペッパ… 子育て さとさん

my room Ebiさん
布育児的生活♪ りるー(Rillew)さん
スイーツ、パンが好… ayumitoyaさん
最近の手前みそ gyapiさん

Comments

sally@ ZUjiBDuzqnlvfJii BiDJnd http://www.QS3PE5ZGdxC9IoVKTAPT2…
piyoko106@ そかしさん ありがとうございます。 本当に。 暖かい…
そかし@ Re:残暑を感じる夜に。(09/13) おおっ! おめでとうございます。 気付か…
辻千香@ そかしさん こんなにありがたいことはありません。 そ…
そかし@ お疲れ様でした。 楽しい夜を過ごさせていただきました。 …

Free Space

設定されていません。

全7件 (7件中 1-7件目)

1

夢ごこち

2009年07月16日
XML
カテゴリ:夢ごこち
こんな夢を見た。

私はどうやら何名かで観光に来ているらしい。
そしていまから観光メインの海を渡って別の島で遊ぶという企画が始まる。
海に渡るのはてっきり船で行くのかと思いきや、浮き輪のようなものに
ジェットエンジンをつけただけの小さくて頼りないもので海を渡るという。

おいおい、大丈夫なの??と思いつつ後へ続く。
そうしたら結構カイテキで、難なく海を渡っていける。
先頭は添乗員で、後にみんな一列になって私は一番最後で付いていっている。
でも添乗員さんと思っていたらいまベビーマッサージでお世話になっている先生だった。

海を渡っている途中、海の水面と空の境界線が分からなくなるようなところに行き着いた。
空の雲の移り変わり激しく、そしてすごく美しいのに感動した。
でも心の中はいまはまだ穏やかな海がいつ荒波に変化するだろうかとハラハラしていた。

そんな私の心配をよそに海に大きな鳥居が出現し、それを横切って無事島に着いた。
ではいまからこの島で遊ぶために移動するらしい。
移動手段は自転車になった。
自転車こぎこぎ目指していると、なんだか急にハンドルが重くなった。
パンクした。
先生にパンクした旨伝えると、パンク修理できるキットはもっていないという。
周りの住人に聞いても、島を半周したところにしか自転車やさんはないという。
そこで先生はどこかへ電話をしていた。
そうしたら開口一番に島唄を歌いだす。
沖縄なのか、ここ。と思った。
ワンフレーズうたったら、今度は沖縄弁で話をしていた。ちなみに私は沖縄弁はしらないので自分の想像。

先生は電話口の人間にどうやら自転車修理キットをつかっていいといわれたらしく、
物置の修理キットをつかい、自転車を直してくれた。

その間に、あの海を渡ってきたことについてきいてみることにした。
ちょっと危険すぎやしないか。そう思っていた。
まずはなんであの海を渡ることを思いついたのか質問してみた。
そうしたら先生は
「なんかね、テレビでみたんだけど、
ここらへんは猿が渡ってくるらしいときいたのよ。」
という。
そうなんか。猿が渡ってこれたのなら安全なのか?とか思っていた。
でも、季節が違ったり、波が変わったら危ないのではないか・・・とまだ思っていた。

そんなことを思っていたら自転車も直り、さて、行きましょうかとなったとき、
ふっと見ると一緒に海を渡った仲間が猿を連れていて、その猿がうずくまっていた。

とうところで目が覚めた。






Last updated  2009年07月16日 19時27分23秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年06月18日
カテゴリ:夢ごこち
こんな夢を見た。

どうやら私は船に乗っている。
船といってもゴムボートだ。
結構荒波の海ですっごいゆれている。
波の色は灰色だ。

これはちょっとやばいなぁ

と思っているうちに波に飲まれて海に落ちてしまった。

おぼれるのか?と思っていたら案外浮いていて、
水面にぷかぷか浮いている。
それでも大きな波なのでえらくゆれてしまっている。

飲まれて海に落ちてしまってすぐ
大きな大きな波がやってきた。
山のようにも見える。
灰色の山が私めがけてやってくる。
これはもうだめだ。
そう思ったら案外、すいっと山のような波を越えられてしまった。
おお。以外にいける。
そんなことを思っていたらまた大きな波がやってきた。
これであかん。
と思ったらまた、すいっと超えられた。
そのときに私はふっと思い出す。
オナカにどうやら抱いていたようだ。

デコ助大丈夫?

と思ったらおなかで動いた。

ところで目が覚めた。
デコ助を寝かしつけるためにオナカにのせてあやしているうち
私も眠ってしまっていた。
デコ助?大丈夫?と思った瞬間にデコ助が動いたようだ。

同じ夢、見ていたんだろうか。








Last updated  2009年06月18日 10時37分51秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年06月12日
カテゴリ:夢ごこち
こんな夢を見た。

どこかの定食やさんにいる。
カフェというより定食やさん。
昼時なので注文をした。

マーマーランチ。

なんだそのネーミング。
そう思って近くにいたどうやら知り合いに何故か聞いた。

食べてみて。

と言われて食べてみる。

どう?

味を聞かれた。
私は

まぁまぁ。

と答えた。

そういうこと。

えー!そういうことなん!味がランチの名前なん!?
まぁまぁの味のランチですか!

自分の夢ながら訳が分からない。






Last updated  2009年06月13日 20時00分45秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年06月04日
カテゴリ:夢ごこち
こんな夢を見た。

見知らぬ駅。
結構古めかしくて、木造建築の駅。
GiantGrammy、美術の西本さんがいて、どうやら打ち合わせをした帰りみたい。
西本さんはそのまま電車に乗って、私は別のホームへ向かった。
そうしたら、
「つじさーん!」
と高らかな声に呼び止められた。
振り返るとそれはGiantGrammy制作の中村さん。

私はいつのまにかデコ助を抱いていて、デコ助を見て
中村さんはおっきなったなーとかそんなことを言っていた。

そうしたら中村さんはデコ助のオナカにスイッチがあると教えてくれる。
「ほら、Gってかいてあるスイッチあるやろ。コレ押すと健康にいいねん。」
といってがちゃがちゃ押しまくっている。
デコ助はお構いなしにすやすや眠っている。

というわけのわからんお話。
なんでまた中村さんが出てくるんだろう。
不思議でなりません。
しかも今回はちらっと西本さんも出演したし。
GiantGrammyのスタッフはでてくるけど役者は夢に出てこない・・・。
どういうことだ。






Last updated  2009年06月04日 16時01分40秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年05月29日
カテゴリ:夢ごこち
こんな夢を見た。

どうやら卒業式にようだ。
私は黄色いハリウッド女優が切るようなドレスを着ている。
でも、足元はスニーカー。
スニーカーをはいていることが恥ずかしくてもじもじしていたけど、
いつのまにかそんなことは忘れてしまっていた。
懐かしい友人にもあった。
もりちりん、さんちゃん、ちいちゃん。
中学時代、高校時代のお友達が入り混じっていて
でも、姿はそのまんま。
3人とも今はどうしてるだろう。

みんなが着席し始めているけどかなり落ち着きの無いパーティーみたい。
開場では卒業生の一言が放送で流れていた。
少しするとある人の言葉が。

「僕がまだ抱えているのは劇団のことばっかりで、
劇団には大変迷惑をかけたかなぁって思います。」

と。
そこへ登場、GiantGrammy制作中村さん。
生粋のお祭り男。
スーツ姿だけど、ワイシャツは紺色でなぜかすそは出していた。
あいかわらず高らかな声をだして笑っている。

どうやら放送の声は中村さんの言葉らしい。
彼はGiantGrammyを卒業するみたい。
そうなんだ。中村さん、卒業するんだ。
なんかよくわかんないけど盛り上げてあげた。

という話。
中村さんの夢は以前も見たことがある。
参照⇒夢で泣いた話

なんでなんでしょうか。
そんなに中村さんに会うことも電話することも無いのに。
私の中での中村さんの位置づけがよく分からなくなります。






Last updated  2009年05月29日 12時45分12秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年05月27日
カテゴリ:夢ごこち
すごく短い間。
こんな夢を見た。

波平が
「ピザ、ピザ、ピザ、ピザ!!」
としきりにピザを食べたがっていた。






Last updated  2009年05月28日 11時08分59秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年02月09日
カテゴリ:夢ごこち
私は結構毎日くらい夢を見ます。
覚えているものもあればおきてすぐ忘れちゃうようなのとか。
カラーで見ます。
モノクロでみる人も入るって聞きました。みんながみんなカラーじゃないのね。

そして、私、同じ様な状況の夢を時々見ます。

坂道を思いっきり、全速力で駆け下りるんです。
何かや、誰かに追われていて、私は殺されるーーーって思ってるから
必死で必死で坂道を駆け下ります。
戦場のような雰囲気で、他にも同じ様にかけおりる人がいそうです。
でも、そこには日常を過ごしている人もいて
まぁ、何せ夢ですから、追われる人間、平和な人間が混在する世界なわけです。

その坂道が
たまには路地だったり、背の低い木がたくさんあるところだったり、神社だったり、
とにかくすごい角度の傾斜を一気に駆け下りるのです。
それがまた私の運動神経はバツグンで、
いうなれば、「未来少年コナン」ぐらい飛んだりはねたりしながら駆け下りるのです。
その駆け下りるのは結構楽しかったりします。だってすっごい飛び跳ねられるんだもの。

いまのところつかまったことはありません。
現実で、何かに、(思いあたるフシは少しありますが)追われていて目を背けているんでしょうね。

一応調べてみました。
以下は引用 
hiru to yoru さんのサイト
【http://www013.upp.so-net.ne.jp/hirutoyoru/index.htm】

●逃げる
何かから追われるのは、仕事など目の前の課題に追い込まれている状態。
●戦争・戦場
あなたの日常生活に於ける葛藤。あなたのあなた自身との戦い。
あなたは、あなた自身のある側面を拒絶している。
その拒絶を止め、あなたの中にあるあらゆる側面と調和するべきこと。
理性と直感の対立、男性性と女性性の対立など。もっとバランスをとる必要性。
そうでなければ、生活の中で起こる身近な対立。

へー・・。そうなん?
わたし、こんなんなの?意外ー。
そんなに悩んだりしてないけどな。結構、楽しくいきてるんだけど・・・。
気付いていない無意識って怖いな。

あと、もうひとつよくみる夢が。

誰かにおもいっきり腹を立ててすっごい怒ってるって夢もたまにみます。
きっかけはいろいろなんですが、びっくりするくらい怒ってしまいます。
何か物にあたりちらしたりすることもあります。
どなってどなってどなりちらしちゃうのね。
そんな怒ったこと現実にないわ!ってくらい。

どうやら、この夢は事態の好転をあらわすようです。

以下は引用 
hiru to yoru さんのサイト
【http://www013.upp.so-net.ne.jp/hirutoyoru/index.htm】

●あなたが怒る夢
特定の人物相手に怒るなら、その人物との対人関係が好転。
未知の人物に激しく怒るなら、その人物の象徴する実在の誰かとの対人関係の好転。
なお怒りの対象が誰であれ、あなたがあなた自身に腹を立てている時に見ることも多い。

へー。そうだったんだ。
なるほどー。
良い夢、悪い夢、昨日は両方見ちゃったんだなぁ。
結局プラスマイナス、0ってかんじか?
まーよかった。






Last updated  2009年02月09日 15時14分35秒
コメント(0) | コメントを書く

全7件 (7件中 1-7件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.