101477 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

カウンセリングを学んだ(幻想と現実)

PR

バックナンバー

2022年01月
2021年12月
2021年11月
2021年10月
2021年09月
2021年08月
2021年07月
2021年06月
2021年05月
2021年04月

サイド自由欄

プロフィール


piyoshuke

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

ともさん@ 日本産業カウンセラー協会の被害者・犠牲者がいまだに多いのには驚く!(06/29) 私も今回被害者になってる方かもしれませ…
匿名さん@ Re[1]:同感です(10/25) piyoshukeさんへ 一つ一つのご指摘が味わ…
特定を避けるためにお礼のみで@ Re:日本産業カウンセラー協会の被害者・犠牲者がいまだに多いのには驚く!(06/29) 問題がおきてから検索して他の被害者の存…
耶馬渓@ Re:実技試験免除の不公正と不透明そして功罪(10/11) 初めての受講日に現地に行きましたら誰も…
悪評は本当でした...@ Re:今年も、間もなく日本産業カウンセラー協会の講座が終わりをむかえます。(10/25) 今年養成講座に申し込んでしまった者です…
piyoshuke@ Re:同感です(10/25) 養成講座修了者さんへ 大変貴重なコメント…
養成講座修了者@ 同感です 横から失礼します。 私も今年養成講座を修…

カレンダー

ニューストピックス

2016年10月11日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

実技試験免除がいつ決定するのか、それは受講終了後に通知がきてみなければ分からない。すなわち、受講中は一切実技試験免除に関する試験や検定は行われず、全く何も知らない状態で講座の受講が終了する。そして、11月半ば頃に通知が届いてから、試験の申込を行なうにあたり、それぞれ受験料が違ってくる。それだけでも余計な出費である。私が知る限りでも、この「日本産業カウンセラー協会」の受験料はめちゃくちゃ高い。実技試験と学科試験があり、合わせて5万円以上もするのである。馬鹿げている。一体この受験料は何に消えるのか、誰の懐に入るのであろうか、甚だ疑問である。
厚生労働省の天下りの懐に入るというのが妥当な憶測だろうか。

受験料も高いが、それ以上に、実技試験免除にならなかった場合は、学科試験のみの勉強に集中できなくなるため、さらに合格のハードルが上がるのである。ここで、実技試験免除者と免除にならなかった者同士が仲たがいする。
流れは以下のようである。

1.実技試験免除結果が来る前
皆が、実技試験免除にならなかった仲間のためにセッションの練習をやろうよ、と声を掛け合っている状態。しかもかなり具体的に何時頃どこでやろうかと仲良く話していることが多々ある。自分が実技試験免除になっても、ならなかった仲間の練習に参加するとか手伝うとか言っている。さらに、結果通知は皆知らせ合おうとも言っていた。

2.実技試験免除結果の通知が届く
しかし、いざ結果が郵送されてくると、免除はことごとく裏切って、自分が免除になったことを隠す。私の仲間の場合も、実技試験免除にならなかった仲間が第一声で「落ちた」とメールで報告があり、その後も落ちた人しか報告がなかった。

3.実技試験免除にならなかった者に課せられる試練(実技試験の練習)
実技試験免除者は当然自分の時間を学科試験に使いたい、全力投球したいはず。当たり前である。そのため、実技試験免除者の練習なんかには結果的に誰も付き合わなかった。協力は皆無だった。これも当たり前と言えばそうであるが、思い出してほしい。結果が分かる前に仲間だと思っていたグループの人達が何と言っていたかを。

4.実技試験免除者の評価
ここで、免除になった者とならなかった者の違いを考察する。
、、、これがよく分からないのである。つまり、実技免除試験をやったわけでもないし、ましてや他のグループとの比較もできないので、自分と他者が何が違って結果が違ったのかが全く分からないのである。実技免除試験も無ければ採点表もないし、なので点数もどこが悪くて免除にならなかったかも、一切分からないのである。
ここまで、不透明で不公正で客観性の無い試験免除制度は、私が文部省職員で国立大学にいる現在でも、聞いたことがないし、ここまで不適切な試験制度は文部省が許すはずもないのである。むしろ、めちゃくちゃ怒られる事案なんだけどなぁ。それこそ指導が入る。
また、実技試験免除者の実力は大したことは無いだけじゃなく、ひどい応答をする人も免除になっていることに注意が必要である。すなわち、実技試験免除になって学科試験のみ受験し合格した人が、有資格者となって産業カウンセラーを名乗っていることの危険性である。人の話に耳を傾けず、傾聴せず、自分の興味の質問をどかどかぶつけ、べらべら自分の意見を言う人が免除になっている。
逆に、じっくりと耳を傾ける、しっかりと傾聴するような人ほど、免除になっていない。そういった傾向ははっきりと表れている。

5.補講は一切関係なし
補講は時間が足りない人だけ受講すればよい。補講の時期にはすでに実技試験免除は決まっている。なのでそれからうまくなっても免除にはならない。

6.実技試験免除にならなかった者のとるべき道
落ちた者同士が集まっても練習にはなるが、上達するとか試験対策になるとか期待はできない。なぜなら、落ちた者の集団なのだから。そして、免除者はそれに加わろうとはしない。なぜなら、学科試験合格を突き進むのだから。というわけで、実技試験免除にならなかった者は、実技試験と学科試験の非常に苦しい試験勉強を強いられることになる。
もし、知り合いに合格者がいるのであればその人に練習をお願いするのがよい。

以上述べてきたことから、とにかく、この不公正かつ不透明な実技試験免除をとることが合格するためには重要なポイントである。試験料も1万円以上違ってくる。実技試験免除を目指して自分をアピールするほかない。
はっきり言っておく。クライエントの気持ちを理解するとかではなく、自分の意見をずばずば言ってアピールするだけである。人の気持ちはどうでもよいのである。
そんな実技試験免除者ばかりだから、相談者やクライエントをさらに一層深刻な精神病患者にしてしまうんだろう。







最終更新日  2016年10月11日 19時30分16秒
コメント(3) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:実技試験免除の不公正と不透明そして功罪(10/11)   〇〇教室 さん
今日「実技能力評価の結果通知」が届きました。
「あなたは、産業カウンセラー養成講座の実技能力評価において実技試験免除の基準に達しませんでした。産業カウンセラー試験の受験に際しては、学科試験と実技試験を受験してください。なお、本結果についてのお問い合わせには応じられませんのでご了承ください。

という内容のはがき1枚。

はっきり申し上げて指導員の主観と好き嫌いだけで判定されていると思います。私は受講中1度も個人面接の声がけも個人面接の話すらも頂いてません。修了後にメンバーから聞かされて知った次第です。
同じ様に高い受講料を支払っているのに免除制度はもう廃止すべしと考えます。
何のために7ヶ月も時間を費やしたのか、人間尊重の基本理念とは一体なにを意味しているのでしょうか。 (2016年11月16日 18時04分24秒)

Re:実技試験免除の不公正と不透明そして功罪(10/11)   piyoshuke さん
〇〇教室 さん、コメントありがとうございます。そして、講座修了おめでとうございます、と、言っていいのかどうか迷いましたが、先ずは、7ヶ月間頑張られたことを労いたいと思います。
実技免除については残念です。私もその気持ちよく分かります。

さて、「受講中1度も個人面接の声がけも個人面接の話すらも頂いてません。修了後にメンバーから聞かされて知った」とありますが、これ、本当でしょうか?私の講座では、全ての受講生が指導員と個人面接をするため、予定日が欠席の人は他の日にしっかりやっております。明らかに指導員の職務怠慢であると同時に、一部の人(○○教室さん)に対する契約不履行の可能性が高いです。他の受講生にはしっかり個人面接をしたのであれば、明らかに不公平であり、公正な判定ができているとは言えません。

人間尊重の基本理念はすばらしいものです。文言は、です。ただし、それがこの協会で実行されているかどうかは別問題です。私が今現在異議を申し立て、その対応をしている協会の専務理事は、到底その理念を理解しているとは思えない言動の回答が届いております。いずれブログで全て公開致します。正直、厚労省のお役人の方が、苦情対応がしっかりできており、相手を苛立たせるような言動もなく、誠意ある対応として、日本産業カウンセラー協会を呼びつけ、指導してくれております。協会側からは、改善しているとの回答を得ているとのことですが、今回の指導員の対応を聞き、到底改善しているとは思えないような現状であることが、○○教室さんのコメントから明らかになりました。今後、私はより強く、協会側および厚労省に申し入れをします。

さて、○○教室さん、これからどうなさりますか?もし、協会の資格を取りたいのなら、応援します。8分でカウンセリングを行ない、2分で自分の良くできた点、悪かった点をふりかえる、それが出来れば合格です、と、言いたいですが、試験官の巡り合せにも良し悪しがあり、客観的な合否判断や試験官らの評価が平準化されているとは思えない実技試験です。ですが、合格すれば実技免除者なんかよりもはるかに実力があると自負して良いです。なぜなら、私のグループの実技免除者は人の心を全くと言っていいほど分からない人で、質問攻めにして平気で傷つけます。贔屓で免除になった人もいい加減な返し方をする人です。

○○教室さんさえ、抵抗がなければ、私の送付文章をまねて、協会に異議申し立てるあるいは、厚労省にも今回の不公平を報告し対処を求めることもありかもしれません。
何はともあれ、コメントありがとうございました。 (2016年11月17日 00時42分30秒)

Re:実技試験免除の不公正と不透明そして功罪(10/11)   耶馬渓 さん
初めての受講日に現地に行きましたら誰もいません。

事務のミスでした。コロナのため、日程変更の連絡がありませんでした。
後日
事務から日程変更のお知らせが来ましたが、事務のミスではないような文面が来たので、問い合わせメールしたら、
慌てて
本部に送付するメールをこちらに送付する始末。ここの事務、大丈夫か。 (2020年06月11日 03時48分02秒)


© Rakuten Group, Inc.