394133 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日本語はダメか2

PR

フリーページ

日記/記事の投稿

ニューストピックス

お気に入りブログ

明日の重賞は、、 New! 優樹2135さん

「 化石 」 New! 喜文治さん

車の油圧ジャッキを… New! doziさん

ICチップを熱すれ… New! 保険の異端児・オサメさん

アダルト無料動画王国 dti110さん
2010.07.28
XML

 誕生花と花言葉
 花7月28日の誕生花
 オシロイバナ(白粉花) 臆病な愛
 グロリオーサ  光栄・頑強
 ダリア  優雅・移り気

 花7月29日の誕生花
 サボテン  情熱
 バーベナ  家族との融和

 参照:http://koyomi8.com/cgi/today/bflower.php (今日の誕生花)

 ウィンク先週の土曜日の夕方、久しぶりに大きな入道雲を見た。
 もくもくと空へ盛り上がっていた。
 こちらがカメラに納めていたら、数人の男女がすぐ近くでシャッターを切っていた。

 最近は、それでもあまり見ないような気もする。
 雲の世界でも異変が?
 少年の頃には、いつもいつも見ていたような記憶がある。川で泳ぎ疲れて、肌を温めながら見つめていると、そのままどこかへ連れて行かれてしまうようだった。

 ところで、今の若い人には「入道」が分からない?
 頭を丸めて仏道に入って修行を積むこと、またはその人。
 在家のまま、剃髪・染衣することもあった。
 要するにお坊さん。

 坊主頭の人をあざけって言った。
 坊主頭をした妖怪。

 跡継ぎもそうだろうが、いわんや一般の人が仏道へ入ると言うことは、何らかの覚悟があったからだろう。
 世をはかなんで……。
 一念発起して。
 尼さんになると言うことは並大抵の覚悟ではなかったはず。

 怒ってる坊主姿の英傑が、物語(立川文庫など)や歌舞伎でいろいろと活躍したから、「入道」=勇ましい、勇敢、無頼、剛胆、などのイメージから、夏の目立つ雲につけられたのだろう。

 悟りを得ること。
 仏道に入ること。
 出家入道。出家とも。
 在家入道。
 在家のまま仏道に入った者。
 仏道に入った位階三位以上の者。
 転じて、仏道に入った者。
 坊主頭の者。
 蛸入道(たこにゅうどう) - 坊主頭の者をからかった呼び方。
 入道海豚(にゅうどういるか)。ゴンドウクジラ。
 入道虫(にゅうどうむし)
  1.カブトムシなどのコガネムシ科の昆虫の幼虫。地虫(じむし)。
  2.チョウやガなどのチョウ目の昆虫のサナギ。復?(にしどち)。
 坊主頭の妖怪。仏僧の格好をした妖怪。
 一目入道
 海入道。海坊主とも。
 大入道
 入道雲
 加牟波理入道
 一つ目入道
 火間虫入道
 見越し入道
 高入道
 入道坊主
 伸上り入道
 乗越入道
 見上入道
 雪入道
 輪入道

 などとウイキペディアには出ていた。


 入道雲
えんぴつ(高く盛り上がり雲頂が丸く大入道のように見えることから)積乱雲の通称。
 雲の峰(くものみね)。夏の季語。
   《広辞苑・第五版》

 低い空に出来た積雲が激しい上昇気流によって急速に上方に成長した雲です。夏の海や山の上にこの大入道のような雲がむくむくと伸びるのを見ると、夏が来たんだなとつくづく感じます。

 夏空にすっくと立った姿がいかにも男性的な雲という印象があるためでしょうか、この雲は男性の名前で呼ばれることがあります。

  板東太郎(ばんどうたろう) ・・・ 関東地方
  筑紫二郎(つくしじろう)、比古太郎(ひこたろう) ・・・ 九州地方
  丹波太郎(たんばたろう) ・・・ 京阪地方
  四国三郎(しこくさぶろう) ・・・ 四国地方

 などなど。
 頭の丸いこの入道雲の背がさらに伸びて、その頂が成層圏まで達するようになると丸い頭が平たくなって、鉄床雲(かなとこぐも)などと呼ばれるようになることもあります。

 夏の空に強い陽射しを浴びた真っ白な入道雲が成長してゆく様子は、なかなか雄大な眺めではありますが、この雲の下では強い雨が降り、雷が発生することもしばしば。
 入道雲の姿を楽しむのは結構ですが、その動きは要注意です。
                    (かわうそ@暦より)

 







最終更新日  2010.07.28 20:36:40
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.