123804 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

プレアデスから来ました。

モンゴル語について

モンゴル語と日本語の文法の並びは同じ。だから極端な話をいうと単語を並べ替えていくだけでも通じちゃったりする。
英語で
私は あなたを 愛しています。
と、伝えようとすると
I love you.
わたしは 愛しています あなたを。
という語順だから、この語順になれるまでは頭の中で入れ替え作業が忙しく、ややこしくなってしまったりするのだけど、
モンゴル語では(*モンゴル語は本当はロシア文字であるキリル文字を使用しています。私のパソコンでまだ打てません。)
Bi tand hairtae.(ビー タンドゥ ハイルタエ)わたしは あなたを 愛しています。
この最後のhairtaeがhair taeとなっており、hairという「愛」という気持ちをtae「持っている」となっているのですね。

この言葉、どのようなシーンで使うかというと、日本語では「私はあなたを愛しています。」などと恥ずかしくて、結婚してもまともに言えなかったりするのに対して、モンゴル語では親や、子供や友人にまで幅広く使っています。そういう意味では英語のI love you.と同じ。ただ、モンゴル人は家族や友人、親戚など繋がっている人に対しての愛情はとても深く厚く、Bi chamd hairtae.とかBi tand hairtae.など頻繁に使い、特に赤ん坊に対しての愛情の表現はすばらしく、体中にブチュブチュとキスしまくっています。日本人にはあまりキスするという習慣がないのでそれはビックリするほど。
モンゴルへ行って遊牧民の方と仲良くなり、その家とお別れする時にはおばあちゃんや子供などがみんなでほっぺたにチュウチュウしてくれます。ちなみにモンゴルではキスする時、相手の匂いを確認するのだそうな。そのせいか、皆さん匂いには敏感ですね。
(もし、このページをモンゴル語を理解する人がいたとしたら、私が書いたモンゴル語のローマ字表記、間違っていてもおおらかな心で見てくださいね。oochiraalae)


© Rakuten Group, Inc.