000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

プレアデスから来ました。

モンゴル人運転免許に挑戦するPart1

 昨日は単身赴任している夫が滋賀県から帰ってきていました。
彼のただ今の目標は原付の免許を取りたい!とのこと。日本人であればそれほど難しい免許ではないのですが、日本語で試験を受けなければならないので猛勉強しなければ合格しないのではないかと私は思うのですね。
 ところが、彼が仕事の同僚から「原付の免許なんて簡単簡単!適当に書いておけば合格するよ!」という言葉を信じ込み、試験を受ける気持ちになったのはありがたいのですが、勉強をしてもらおうと思うと「こんなこと勉強しないでも大丈夫と思う。」等と言って勉強する気にならない様子なのです・・・。トホホ。合格ラインは90点以上とのこと。しかたなく私が出てくる漢字や知らない語句をノートに書き出し、フリガナを打って、モンゴル語の辞書を引き、意味を書き、こんな作業を一日中やるはめに。
 しかも彼は私の隣でインターネット放映されているモンゴル語放送を見て、「おーっ!」等とテレビを楽しんでいる。本当はあんたがやんなきゃいけない作業じゃないの?等と恨めしく思いつつ作業を続けていると、今度はバアちゃんが旦那にちょっかいを出し、モンゴル語の歌を覚えたいからテープに録音をしてくれと迫り、録音がうまくいかないとか何とかひとしきり騒いだあと、バアちゃんは録音したテープをガンガン大音量でかける。私は一人辞書と首っ引き。3人が3様。
 残された2歳の子供は?みんなが勉強している様子を見て、自分も負けずに勉強しなければならないと思ったらしく、一生懸命紙に何事か描いて、時々「フーッ!」と満足げに紙を眺めている。一番おりこうさんでした。昨日はまったくおかしな一日でした。
 しかし、息子はお父さんがそばにいてお母さんがそばにいておばあちゃんも一緒にそばにいてという環境がとても気に入っていたようで悪さ一つせず、一緒に自分の世界に没頭していた一日でした。


© Rakuten Group, Inc.