105165 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

プレアデスから来ました。

第6章 瞑想のヨーガより

人はいつブラーマンに合一したと言えるのか。それは心を完全に克服し、すべての欲望を捨ててアートマンそのものと結合する時である。「風のない所では燈火は揺れない」という言葉は心を統一してアートマンを瞑想するヨーギのたとえである。ヨーガの修行をおこなって心の動きが静止するとき、彼はアートマンを認める。彼は満足する。その時彼の純粋な心は感覚を超越した無限の歓喜を知り、そこに安住する。内奥の真理にある者が再び迷うことはない。

真理をつかみ
この宝物が
何物にもまさるのを知る者は
どれほど大きい悲しみにあっても
動揺することはない

 この確信を得ることがヨーガと呼ばれるものであることを知れ。それは苦痛との接触を断つことである。落胆することなく断固としてこのヨーガを実修せよ。すべての欲望を永遠に放棄せよ。欲望は強情より生まれる。ばらばらな感覚の群を汝の心で完全に統一せよ。
 忍耐強く、一歩一歩、賢明な意志の力で平安を達成せよ。心をアートマンに固定させ、他の何物をも考えてはならない。不安で動揺する心がどこをさまよっていても、それをつかまえてアートマンに固定させよ。

平和で動揺のないヨーギの心は
ブラーマンを知って至福をえる
悪を捨ててひたすら瞑想すれば
道は平坦となり
ブラーマンに接触する
そのよろこびは無限である

心はブラーマンとともにあり
眼は万物に内在する
ブラーマンを見る
万物の中に
自己のアートマンを知り
万物を
アートマンの中に見る
 


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.