105064 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

プレアデスから来ました。

第二章ー知識のヨーガより

第二章ー知識のヨーガより

アルジュナ

クリシュナよ、智恵を確立し、ブラーマンに没入した者をいかにして認めることができるでしょうか。啓明を得た魂はどのように語り、どのように坐り、どのように歩くのでしょうか。

スリークリシュナ

アートマンに満足し
他の何物をも求めない
渇望は心に激痛を与えるので
渇望を放棄する
私は彼を啓明を得た者と呼ぶ

不幸に動揺せず
幸福を求めない
恐怖も憤怒も執着も捨てた者
私は彼を賢者と呼び
啓明を得た者と呼ぶ

肉体の束縛を打ち破り
幸運を喜ばず
不幸を悲しまない
私は彼を啓明を得た者と呼ぶ

亀が足をひっこめるように
賢者は感覚をひっこめる
私は彼を啓明を得た者と呼ぶ
禁欲主義者は執着から逃げる
しかし執着はついてくる
人が実在に入るとき
願望は後に残る

道を知る心でさえ
道を誤ることがある
感覚はそれほど激しい

しかし感覚を統制し
心を思い起こして私に向ける
私は彼を啓明を得た者と呼ぶ

感覚の対象を思えば
人はそれに執着する
執着がつのれば願望になる
願望が挫折すれば怒りに変わる

怒りは心の混乱を招く
心が混乱すれば記憶を失う
記憶を失えば分別を失う
分別を失えば
人生の唯一の目標を失う

欲望も嫌悪もなければ
欲望にも嫌悪にもとらわれない
アートマンに従うことは
平安の喜びである
悲しみは消えて明るい平安になる
静かな心はやがて平安の中に入る
(つづく)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.