1066166 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

山田維史の遊卵画廊

PR

Freepage List

☆新アダムとイヴの誕生


☆新アダムとイヴの誕生2


無量寿経シリーズ


新アダムとイヴ「私は美しい」シリーズ


☆回 顧 展 part 1


☆回 顧 展 part 2


DRAWINGS 1


DRAWINGS 2


DRAWINGS 3


小さな絵日記より


回顧展:静物画(1)


山田維史の「和」


素描(1)野菜シリーズ


素描(2)貝殻シリーズ


素描(3)はんなりシリーズ


素描(4)人形シリーズ


回顧展Part3


回顧展Part4


☆ディクスン・カーの為のブックカヴァー


part 2  早川書房版


☆詩画集「遊卵飛行」


☆ブック・カヴァー選集


イギリス・ミステリ傑作選カバー


サンリオSF文庫他


光瀬龍、宇能鴻一郎、泡坂妻夫ほかカバー


ハヤカワ・ノヴェルズ、他


★絵のない装丁


ドラキュラ叢書


☆挿し絵  Part1『闇の国の子供』


Part2『妖怪博士ジョン・サイレンス』


Part3『プラネタリウム』


Part4『世の終わりのイヴ』


Part5『洪水伝説』他


Part6 児童書その他の挿画


Part7 『心霊術入門』その他


Part8『別冊宝島仕事の本』


Part9 初期雑誌挿画:Tadami Yamada's Works


ドラキュラ叢書『ジャンビー』挿画


ドラキュラ叢書『幽霊狩人カーナッキ』挿画


■論文(1)卵形の象徴と図像


(2)ユングの風景画


(3)画家ムンクの去勢不安


(4)夢幻能と白山信仰


(5) 城と牢獄の論理構造


(6)ムンク『叫び』の設計と無意識


(7)病める貝の真珠


(8)英語論文:能の時空間の現代性


(9)『さゝめごと』に現われた十識について


(10)狐信仰とそのイコノグラフィー


☆自画像日記


☆インタヴュー Vol.1


☆インタヴュー Vol.2


☆インタヴューVol.3


☆インタヴューVol.4


日替りコラージュ回顧展


日替りコラージュPart2


日替りコラージュPart3


日替りコラージュPart4


日替りコラージュPart5


日替りコラージュPart6


日替りコラージュPart7


日替りコラージュPart8


日替りコラージュPart9


日替りコラージュPart10


日替りコラージュPart11


★山田芝恵書道展


Tadami Yamada's short story


Death Mask


That Man


The Infancy Lover's Suicide


★Poetry of Tadami Yamada(1)


Poetry of Tadami Yamada(2)


Poetry of Tadami Yamada(3)


Poetry of Tadami Yamada(4)


Poetry of Tadami Yamada(5)


Poetry of Tadami Yamada(6)


Poetry of Tadami Yamada(7)


Tadami Yamada's HAIKU


Tadami Yamada's HAIKU (2)


★山田維史の画集・年鑑


Free Poster (無料ポスター)


Free Poster 2 (無料ポスター)


Free Poster 3 (無料ポスター)


Archives

Jan 5, 2007
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
 アルベルト・アインシュタインが親日家だったことは良く知られている。1922年(大正11)、改造社の社長・山本実彦の招待に応じて来日している。
 さきほど、といっても、もう4時間ほど前のことだが、ちょっとテレビをみたらアインシュタインについて何やらやっていた。番組はほとんど終わりかけていて、詳しくは分らないが、なんでも日本人が好きな偉人のアンケートをとったところ、アインシュタインがトップになったというのであった。
 で、前述の来日のときのエピソードに、昼食に天麩羅弁当を出したところ、付け合わせの新橋玉木屋の昆布佃煮が大いに気にいったのだという。

 このエピソードは私は知らなかった。
 知ったからといってどうということもないのだが、以前このブログで書いたけれど、新橋玉木屋は私も愛顧する佃煮の老舗である。私の作品を写真撮影するスタジオが新橋にあるので、スタジオに行くと、帰りに玉木屋に寄って、秋刀魚まるごと一匹の山椒煮や牛肉の佃煮などをもとめる。もちろんアインシュタインが気にいったという昆布の佃煮も今に変らず売っている。値段も手ごろ、御飯のおかずに良し、酒の肴にもなる。日本酒をやる気のおけない来客に、これらを一品そえるとなかなか喜ばれるのである。
 アインシュタイン来日の頃から、現在とまったく同じ場所に店を構えていたかどうかは知らないが、老舗とはいえむしろ小体な店である。しかし店員の教育がゆきとどいていて、品の良い客あしらいをしてくれる。そのあたりに老舗の老舗たるゆえんを感じる。
 客あしらいには厳しい目を向ける私なので、・・・つまり、ことば使いもさることながら、客に付き過ぎず離れすぎず、卑屈にならず悠揚迫らぬ店としての態度が、私の良しとするところだ・・・玉木屋での買い物は、なかなか良い時間をすごした気にもなるのである。

 テレビ番組によると、アインシュタインは日本の「お辞儀」にいたく感じるところがあったそうだ。昆布の佃煮は弁当に入っていたらしいので、博士自身は玉木屋に行ったのではない。でも、私は初めて聞いたエピソードにつられて、「お辞儀」と玉木屋の客あしらいを結びつけて考えてみたのであった。私が好きな佃煮を博士もお好きだったか!、と子供じみた嬉しさを感じながら・・・。アッハッハ。






Last updated  Jan 6, 2007 03:52:51 AM
コメント(0) | コメントを書く

Comments

AZURE702@ Re[1]:私の山川惣治『少年王者』(06/04) 臼井湘一さんへ コメント、ありがたく拝…
臼井湘一@ Re:私の山川惣治『少年王者』(06/04) 米国に35年以上暮らしてます。 71歳…
AZURE702@ Re[1]:医療クリニックでの美術講義、3の2(09/13) M.Mさんへ  昨日はおでかけくださり…
M.M@ Re:医療クリニックでの美術講義、3の2(09/13) 前回と今回の講義を拝聴させていただきま…
ちゃれ3@ Re:渋柿の木が甘柿に宗旨替え(09/09) 私のブログも 色々不具合が生じます。 コ…

Favorite Blog

ピアノの二人羽織 New! ちゃれ3さん

喪中ハガキの季節 New! 釈迦楽さん

山田維史の画像倉庫 AZURE8080さん

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.