2227560 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

山田維史の遊卵画廊

山田維史の遊卵画廊

PR

Freepage List

☆Tadami Yamada's Paintings 新アダムとイヴの誕生


☆Tadami Yamada's Paintings 新アダムとイヴの誕生2


☆Tadami Yamada's Paintings 無量寿経シリーズ


☆Tadami Yamada's Paintings「私は美しい」シリーズ


☆Tadami Yamada's Paintings りんご充満空間シリーズ


☆Tadami Yamada's Paintings 花のマスクシリーズ


☆Tadami Yamada's Paintings 回 顧 展 part 1


☆Tadami Yamada's Paintings 回 顧 展 part 2


☆Tadami Yamada's DRAWINGS 1


☆Tadami Yamada's DRAWINGS 2


☆Tadami Yamada's DRAWINGS 3


☆Tadami Yamada's 小さな絵日記より


☆Tadami Yamada's Still Life:静物画(1)


☆Tadami Yamada's Japanese style:「和」


☆Tadami Yamada's 素描(1)野菜シリーズ


☆Tadami Yamada's 素描(2)貝殻シリーズ


☆Tadami Yamada's 素描(3)はんなりシリーズ


☆Tadami Yamada's 素描(4)人形シリーズ


☆Tadami Yamada's Paintings 回顧展Part3


☆Tadami Yamada's Paintings 回顧展Part4


☆ディクスン・カーの為のブックカヴァー


part 2  早川書房版


☆Tadami Yamada's Poetry 詩画集「遊卵飛行」


☆Tadami Yamada's Works: ブック・カヴァー選集


☆Tadami Yamada's イギリス・ミステリ傑作選カバー


☆Tadami Yamada's サンリオSF文庫他


☆Tadami Yamada's 光瀬龍、宇能鴻一郎、泡坂妻夫、志水辰夫他カバー


☆Tadami Yamada's ハヤカワ・ノヴェルズ、他


☆Tadami Yamada's 絵のない装丁


☆Tadami Yamada's ドラキュラ叢書


☆Tadami Yamada's Illusto., Part1『闇の国の子供』


☆Tadami Yamada's『妖怪博士ジョン・サイレンス』


☆Tadami Yamada's Part3『プラネタリウム』


☆Tadami Yamada's Part4『世の終わりのイヴ』


☆Tadami Yamada's Part5『洪水伝説』他


☆Tadami Yamada's Part6 児童書その他の挿画


☆Tadami Yamada's Part7 『心霊術入門』その他


☆Tadami Yamada's Part8『別冊宝島仕事の本』


☆Tadami Yamada's Part9 初期雑誌挿画


☆Tadami Yamada's ドラキュラ叢書『ジャンビー』挿画


☆Tadami Yamada's ドラキュラ叢書『幽霊狩人カーナッキ』


Tadami Yamada's monochrome cuts -#1


Tadami Yamada's monochrome cuts -#2


■Yamada's Article(1)卵形の象徴と図像


■Yamada's Article(2)ユングの風景画


■Yamada's Article(3)画家ムンクの去勢不安


■Yamada's Article(4)夢幻能と白山信仰


■Yamada's Article (5) 城と牢獄の論理構造


■Yamada's Article(6)ムンク『叫び』の設計と無意識


■Yamada's Article (7) 病める貝の真珠


■Yamada's English Article (8) 能の時空間の現代性


■Yamada's Article (9)『さゝめごと』に現われた十識について


■Yamada's Article(10)狐信仰とそのイコノグラフィー


☆自画像日記


☆インタヴュー Vol.1


☆インタヴュー Vol.2


☆インタヴューVol.3


☆インタヴューVol.4


☆Tadami Yamada's Collage:日替りコラージュ


☆Tadami Yamada's Collage:日替りコラージュPart2


☆Tadami Yamada's Collage:日替りコラージュPart3


☆Tadami Yamada's Collage:日替りコラージュPart4


☆Tadami Yamada's Collage:日替りコラージュPart5


☆Tadami Yamada's Collage:日替りコラージュPart6


☆Tadami Yamada's Collage:日替りコラージュPart7


☆Tadami Yamada's Collage:日替りコラージュPart8


☆Tadami Yamada's Collage:日替りコラージュPart9


☆Tadami Yamada's Collage:日替りコラージュPart10


☆Tadami Yamada's Collage:日替りコラージュPart11


★山田芝恵書道展


☆ Tadami Yamada's short story


Death Mask


That Man


The Infancy Lover's Suicide


★Poetry of Tadami Yamada(1)


Poetry of Tadami Yamada(2)


Poetry of Tadami Yamada(3)


Poetry of Tadami Yamada(4)


Poetry of Tadami Yamada(5)


Poetry of Tadami Yamada(6)


Poetry of Tadami Yamada(7)


Tadami Yamada's HAIKU


Tadami Yamada's HAIKU (2)


★山田維史の画集・年鑑


Free Poster (無料ポスター)


Free Poster 2 (無料ポスター)


Free Poster 3 (無料ポスター)


ウクライナ連帯の無料ポスター(1)


ウクライナ連帯の無料ポスター(2)


ウクライナ連帯の無料ポスター(3)


✴️Tadami Yamada’s Brief Personal Record


✴️ CONTACT ✴️


Archives

Aug 4, 2013
XML
カテゴリ:読書
 ゴシック小説ファンでなくても『フランケンシュタイン』を知らない人はいないだろう。映画化も何度となくされている。正確な題名は『フランケンシュタイン、あるいは現代のプロメテウス (Frankenstein: or The Modern Prometheus)』という。作者はメアリー・シェリー(1797年-1851: イギリス)。『フランケンシュタイン』が執筆されるにいたった経緯は、これもあまりにも有名なので述べる必要もないが、これから少し書こうとしていることに深く関係しているので、念のため触れておく。

 1816年5月、メアリー・シェリーは後に結婚することになる詩人のパーシー・シェリーと駆け落ちした。向かった先はバイロン卿とその友人が滞在していたスイスのレマン湖畔のディオダティ荘だった。長雨が降り続いていた。外に出ることもできず、辛気くさい日々。ある夜、バイロン卿が提案した。「みんなでそれぞれに一篇ずつ怪奇譚(a ghost story) を書こうじゃないか」。
 このときの着想をさらに膨らませて、2年後の1818年3月、メアリー・シェリーは『フランケンシュタイン、あるいは現代のプロメテウス』を匿名で出版した。ゴシック怪奇小説の名著の誕生であった。

 さて、昨年2012年9月、ロンドンの稀覯本古書店ピーター・ハーリントンが、その『フランケンシュタイン』の初版本を、特別顧客の内覧会で初公開した。扉に「バイロン卿へ 著者より(To Lord Byron from Author)」と、ペンによる手書きの献辞が記されている。つまり、著者メアリー・シェリーが、この小説を書くきっかけを与えてくれたバイロン卿に贈呈した本。バイロン卿が所持していた『フランケンシュタイン』初版本である。
 この本を発見したのはピーター・ハーリントンの若い研究員サミー・ジェイで、彼はこれが偽の献辞ではないかという疑念を一方に抱きながら研究をした結果、「To Lord Byron」の「T」の筆法が明らかにメアリー本人のものであることが判明した。匿名で出版したのであったから、署名が「著者より」となっているのもうなづける(普通は名前を書くところだ)。
 かくして世界に一冊しかないバイロン卿が所持していた『フランケンシュタイン』初版本は、一躍稀覯書中の稀覯書の仲間入り。内覧会でピーター・ハーリントンが付けた価格は、なんと、350.000ポンド(約5千2百85万円)。

 じつはこの話、私はピーター・ハリントンのwebサイトのヴィデオで知った。研究者によるこの本の解説と内覧会の様子を撮った2本のヴィデオである。ロンドンの有名な稀覯本古書店がどのように顧客にデモストレーションしているかが分かり、その点もおもしろい。興味のあるかたはご覧ください。

 この古書店は、愛書家や古書蒐集家に対するいわば教育的な講義ヴィデオもアップしていて、上記2本のほか。現在、「華麗なるギャツビーのダスト・ジャケット(日本ではカヴァーと言っているが、英語でカヴァーほ本体表紙のこと)」、「ジェーン・オースティンの初版本」、「ジェイムズ・ボンドをコレクションする」、「どのように初版を識別するか」、「チャールズ・ディッケンズの初版本のフォーマット」、を見ることができる。私は、一昨日、一昨々日と、チャールズ・ディッケンズの『イングランド史』の一部分をこのブログで紹介したばかりだ。ディッケンズの著書の初版本がなぜさまざまなフォーマットであるかが、このヴィデオでわかる。これもまたおもしろい。是非一覧を。

Videos - Peter Harrington Rare Books


 ついでに、ハーバード大学の稀覯本室の写真をご覧ください。

  • ハーバード大稀覯本室.jpg

The Rare Book Room of Harvard from the web site of "History of the Book at Harvard"








Last updated  Aug 5, 2013 12:35:55 PM
コメント(0) | コメントを書く


Comments

おのま@四国@ Re:安倍氏銃撃殺事件の本質は「言論に対する暴力」なのか?(07/10) 御説に同感です。 私怨を晴らさんがため…
AZURE702@ Re[1]:歌手が鼻濁音ができない(01/18) motoさんへ  こんにちは。再びのコメント…
moto@ Re:歌手が鼻濁音ができない(01/18) 完全に同意です。 特にバラード等は、鼻濁…
AZURE702@ Re[1]:YouTube〈AIZUチャンネル〉(10/25) AIZUチャンネルのあきくんへ はじめまし…

Favorite Blog

松浦寿輝の会話体 New! 釈迦楽さん

山田維史の画像倉庫 AZURE8080さん
ちゃれの雑談ルーム ちゃれ3さん

© Rakuten Group, Inc.