2035621 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

山田維史の遊卵画廊

PR

X

Freepage List

☆Tadami Yamada's Paintings 新アダムとイヴの誕生


☆Tadami Yamada's Paintings 新アダムとイヴの誕生2


☆Tadami Yamada's Paintings 無量寿経シリーズ


☆Tadami Yamada's Paintings「私は美しい」シリーズ


☆Tadami Yamada's Paintings りんご充満空間シリーズ


☆Tadami Yamada's Paintings 回 顧 展 part 1


☆Tadami Yamada's Paintings 回 顧 展 part 2


☆Tadami Yamada's DRAWINGS 1


☆Tadami Yamada's DRAWINGS 2


☆Tadami Yamada's DRAWINGS 3


☆Tadami Yamada's 小さな絵日記より


☆Tadami Yamada's Still Life:静物画(1)


☆Tadami Yamada's Japanese style:「和」


☆Tadami Yamada's 素描(1)野菜シリーズ


☆Tadami Yamada's 素描(2)貝殻シリーズ


☆Tadami Yamada's 素描(3)はんなりシリーズ


☆Tadami Yamada's 素描(4)人形シリーズ


☆Tadami Yamada's Paintings 回顧展Part3


☆Tadami Yamada's Paintings 回顧展Part4


☆ディクスン・カーの為のブックカヴァー


part 2  早川書房版


☆Tadami Yamada's Poetry 詩画集「遊卵飛行」


☆Tadami Yamada's Works: ブック・カヴァー選集


☆Tadami Yamada's イギリス・ミステリ傑作選カバー


☆Tadami Yamada's サンリオSF文庫他


☆Tadami Yamada's 光瀬龍、宇能鴻一郎、泡坂妻夫、志水辰夫他カバー


☆Tadami Yamada's ハヤカワ・ノヴェルズ、他


☆Tadami Yamada's 絵のない装丁


☆Tadami Yamada's ドラキュラ叢書


☆Tadami Yamada's Illusto., Part1『闇の国の子供』


☆Tadami Yamada's『妖怪博士ジョン・サイレンス』


☆Tadami Yamada's Part3『プラネタリウム』


☆Tadami Yamada's Part4『世の終わりのイヴ』


☆Tadami Yamada's Part5『洪水伝説』他


☆Tadami Yamada's Part6 児童書その他の挿画


☆Tadami Yamada's Part7 『心霊術入門』その他


☆Tadami Yamada's Part8『別冊宝島仕事の本』


☆Tadami Yamada's Part9 初期雑誌挿画


☆Tadami Yamada's ドラキュラ叢書『ジャンビー』挿画


☆Tadami Yamada's ドラキュラ叢書『幽霊狩人カーナッキ』


Tadami Yamada's monochrome cuts -#1


Tadami Yamada's monochrome cuts -#2


■Yamada's Article(1)卵形の象徴と図像


■Yamada's Article(2)ユングの風景画


■Yamada's Article(3)画家ムンクの去勢不安


■Yamada's Article(4)夢幻能と白山信仰


■Yamada's Article (5) 城と牢獄の論理構造


■Yamada's Article(6)ムンク『叫び』の設計と無意識


■Yamada's Article (7) 病める貝の真珠


■Yamada's English Article (8) 能の時空間の現代性


■Yamada's Article (9)『さゝめごと』に現われた十識について


■Yamada's Article(10)狐信仰とそのイコノグラフィー


☆自画像日記


☆インタヴュー Vol.1


☆インタヴュー Vol.2


☆インタヴューVol.3


☆インタヴューVol.4


☆Tadami Yamada's Collage:日替りコラージュ


☆Tadami Yamada's Collage:日替りコラージュPart2


☆Tadami Yamada's Collage:日替りコラージュPart3


☆Tadami Yamada's Collage:日替りコラージュPart4


☆Tadami Yamada's Collage:日替りコラージュPart5


☆Tadami Yamada's Collage:日替りコラージュPart6


☆Tadami Yamada's Collage:日替りコラージュPart7


☆Tadami Yamada's Collage:日替りコラージュPart8


☆Tadami Yamada's Collage:日替りコラージュPart9


☆Tadami Yamada's Collage:日替りコラージュPart10


☆Tadami Yamada's Collage:日替りコラージュPart11


★山田芝恵書道展


☆ Tadami Yamada's short story


Death Mask


That Man


The Infancy Lover's Suicide


★Poetry of Tadami Yamada(1)


Poetry of Tadami Yamada(2)


Poetry of Tadami Yamada(3)


Poetry of Tadami Yamada(4)


Poetry of Tadami Yamada(5)


Poetry of Tadami Yamada(6)


Poetry of Tadami Yamada(7)


Tadami Yamada's HAIKU


Tadami Yamada's HAIKU (2)


★山田維史の画集・年鑑


Free Poster (無料ポスター)


Free Poster 2 (無料ポスター)


Free Poster 3 (無料ポスター)


✴️Tadami Yamada’s Brief Personal Record


✴️ CONTACT ✴️


Archives

Jan 31, 2015
XML
カテゴリ:日常雑感
 朝日新聞夕刊が「東京五輪物語」と銘打った写真入りコラムを連載している。今日は「ミロのビーナス特別公開」について書いている。見出しに「細心の輸送 集客170万人」とある。

 1964年4月8日、東京・上野の国立西洋美術館の前庭に建てられた円形の特設会場で開幕した。私は、以前にも書いたが、この年に大学に入学したので、4月はまさに入学直後だった。またぞろ当時の日記を資料保存箱(幾つもあるのだが)から引っぱり出して見てみると、4月11日にこの展覧会に出かけている。

 朝日新聞は、「そぼ降る春雨のなか」と書いている。私の日記の4月10日(この日の分から新しい日記帳になり、その第1ページだ)の冒頭に、「雨がもう三日も降り続いている。これがどこか山林の雨なら幾重にも深む若緑のすがすがしさも一層のものとなろうが東京の街中ではそうもゆかない。石の道にはねかえってぬるりと足許にからみつく。」とある。
 そして、翌11日。「雨が上がった。正午に家を出て上野に行く。ミロのヴィーナス → 松方コレクション → ロシア秘宝展。家についたら六時も半を過ぎていた。少々疲れた。』と書く。欲張って一度に三つの展覧会を観て回ったのだ。日記はつづけてこう書いている。
 「La Venus de Milo かすかなる光の愛撫 幻の海底に 昔ギリシャのハープの調べは流れて 女神はいとも静かに立ちませり まろき肌より 温かき感情は流れ あゝ麗しきおみなよ 我をその熱き胸に抱き給え ほのかなる唇と 豊なる乳房に接吻を許し給え 永遠(とわ)なる恋を 幻の海底の深き光の中にささやかしめよ 昔ギリシャの女神 昔ギリシャの栄光ある女神 豊かなるLa Venus de Milo」

 「ギリシャのハープの調べ」と書いているのは、特設会場内に、古代ギリシャ音楽を再現したハープによる調べが、程よい音量で流されていたのだ。それにしても、こんな文章を見ると、ハハハ、私も若かったんだなー。18歳だもの。
 というわけで、その「ミロのビーナス特別公開」のカタログも保存してあるので、思い出しついでに書影を掲載してご覧いただこう。カタログの奥付にチケットが貼付けてある。

  • File0429.jpg
  • File0430.jpg






Last updated  Feb 1, 2015 02:11:01 PM
コメント(5) | コメントを書く
[日常雑感] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:51年前の「ミロのビーナス特別公開」(01/31)   ちゃれ3 さん
若き日の詩人の姿が浮かびます。

ミロのビーナス 
20年ほど前にルーブル美術館に行ったとき
後姿はどうなってるのかなと、見て、
すごいっ!と感動したのを思い出しました。

(Feb 1, 2015 01:42:40 PM)

Re[1]:51年前の「ミロのビーナス特別公開」(01/31)   AZURE702 さん
ちゃれ3さん
>ミロのビーナス 
>20年ほど前にルーブル美術館に行ったとき
>後姿はどうなってるのかなと、見て、
>すごいっ!と感動したのを思い出しました。

私も、後年、ルーブルで再会したことを思い出します。 (Feb 1, 2015 02:48:34 PM)

Re:51年前の「ミロのビーナス特別公開」(01/31)   三好洋二 さん
山田様

私は当時幼稚園児で母に連れられて観に行ったのですが、ミロのビーナスもさることながら、会場で流されていたハープとフルートの古代ギリシャ音楽が未だに忘れられず、その正体を知りたいと思っている者です。
山田様、お手持ちのカタログにはその情報は記載されておりませんでしょうか?
ありましたら、お教え頂けないでしょうか?

宜しくお願い申し上げます。

(Aug 29, 2021 12:57:41 AM)

Re[1]:51年前の「ミロのビーナス特別公開」(01/31)   AZURE702 さん
三好洋二さんへ
 幼い頃のわすかな時間に聴いた音楽が、深く記憶にきざまれていられるのは素晴らしいことですね。
 さっそく当時のカタログを調べました。しかし残念なことにあの音楽について、まったく一言の記載もありません。
 三好様のコメントにより、あらためて日本の文化事業の底の浅さ・・現実に仕事をしたスタッフに対する配慮の欠如を思いました。
 それそはそれとして、マドリッドのオリジナル古楽器演奏家達Atrium Musika de Madrid が「Musique de la GRECE ANTIQUE」というCDを
出したことがありました。YouTube に一部アップされています。他にも「Ancient Greek Music ; Th Lyre of Classical Antiquity」が古代ギリシアのハープ音楽を復原しています。これもYouTube にアップされています。
https://www.youtube.com/watch?v=Axpup6qPZ3U&list=RDYUPGpX_X2tA&index=30
https://www.youtube.com/watch?v=elERNFoEf3Y
https://www.youtube.com/watch?v=dRYYG5E0E3I

山田維史 (Aug 29, 2021 11:44:20 AM)

Re[2]:51年前の「ミロのビーナス特別公開」(01/31)   三好洋二 さん
山田様

早速御丁寧に御返事頂き、誠に有難うございました。
当時拝観した時に、おそらくパンフの様な物?にソノシートが入っていたのです。ソノシートのほうは大事に取っておいたのですが、間抜けなことに引っ越しの際に紛失してしまったのです!
山田様の御紹介の音楽、後日聞いてみたいと思います。

有難うございました。 (Aug 30, 2021 12:09:51 AM)

Comments

三好洋二@ Re[2]:51年前の「ミロのビーナス特別公開」(01/31) 山田様 早速御丁寧に御返事頂き、誠に有…
AZURE702@ Re[1]:51年前の「ミロのビーナス特別公開」(01/31) 三好洋二さんへ  幼い頃のわすかな時間に…
三好洋二@ Re:51年前の「ミロのビーナス特別公開」(01/31) 山田様 私は当時幼稚園児で母に連れられ…
AZURE702@ Re[1]:庭に一枚の蝉の翅(08/24) 笹原浴場さんへ 私は相変わらず毎日夜お…
笹原浴場@ Re:庭に一枚の蝉の翅(08/24) AZEREさんへ お仕事の方どうでしょうか? …

Favorite Blog

エーリッヒ・フォン… New! 釈迦楽さん

山田維史の画像倉庫 AZURE8080さん
ちゃれの雑談ルーム ちゃれ3さん

© Rakuten Group, Inc.