2337036 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ダウン症児の育児ブログ~派遣さんの☆ワクワク育児日記!~

PR

全2件 (2件中 1-2件目)

1

誕生死

2006年11月02日
XML
カテゴリ:誕生死
【詩】 STILLBORN


私は希望に満ちて、あなたを宿していた

その、長い九ヶ月の間

私は思い出す

あなたを宿したあの親密な時を

時々蹴ったり、動いたりしているのを感じた

あなたが私の中でゆっくりと成長するにつれ

あなたはどんな子かしらと

あなたの濡れた頭が、のぞいたとき

女の子? 男の子?

なんという、喜びの瞬間よ

私はあなたの産声を聞くはずだった

そして、あなたにこんにちはと言うはずだった

あなたのために、みんな揃えて

あとはあなたを迎えるばかり・・・

手足ににじむ汗

私の小さな呼び声が夏の空に混じり

あなたは産まれた

あなたは産声をあげなかった

私達はこんな事になるなんて、思ってもみなかった

あなたの誕生は意味がなかったの?

それともあなたが私を見捨ててしまったの?

人々はあなたを生きていなかったと言うでしょう

あなたを死産と記録するでしょう

けれどもあなたはあの時からずっと生きていました

私の暗いお腹の中で

そして今、私があなたを思う時

あなたの死は本当だったのですね

でも、私にとってあなたはやはり産まれて来たのです

私はあなたを永遠に忘れないでしょう

私の赤ちゃん

あなたはいつでも、私と一緒

今も、ずっと私のもの

生も死も、同じように意味があるのです


Leonard Clark(レオナルド・クラーク)


SIDS家族の会『小さな赤ちゃん あなたを忘れない』より転載
(転載許可済みです)


英語では、おなかの中で亡くなったケースを、
”STILLBORN(スティルボーン)”と言います。
日本語では単に「死産の」と訳されますが、”STILLBORN”には、
「それでもなお生まれてきた」という深い含みがあります。

『誕生死』あとがきより引用


<注記>
『誕生死』の著者である
「 流産・死産・新生児死で子をなくした親の会」と
「SIDS家族の会」とは特別のつながりはありません。
「SIDS家族の会」には、
『誕生死』のお問い合わせをなさらないでくださいね(^^)



★NPO法人  SIDS家族の会
http://www.sids.gr.jp/jp/index.html

★『誕生死』HP
http://homepage3.nifty.com/angel-book/






最終更新日  2006年11月02日 19時50分51秒


2006年11月01日
カテゴリ:誕生死

誕生死
誕生死

先日、のあさんの記事を見てこの本の存在を知りました。
http://plaza.rakuten.co.jp/noahnoahnoahnoah/diary/200610180000/


この『誕生死』では、流産や死産、新生児死で
赤ちゃんをなくされたご家族が、それぞれの赤ちゃんへの思いを
実名で語っています。

帯の副題には、

「がまんしなくていいの。思いっきり泣きなさい」
11家族が実名で語る小さな小さな命の物語。

とあります。


私は『誕生死』を読み終えて、
今までかなり遠いところにあると思っていた「死」は、
実はかなり身近に存在するということを知りました。

そして、今生きているということは、その亡くなった方々の上に
成り立っているのだという以前からの漠然とした思いが
この本を読んでまた新たに実感することが出来ました。


ダウン症の息子ひろくんも、生後まもなく危なかった時期がありました。
この本を読んで、私が思っていた以上に「死」はひろくんにとって
実は限りなく近かったのだということを知り、
今生きているひろくんに感謝すると共に、命の大切さを
あらためて感じます。


このような「赤ちゃんの死」についての色々な側面を私自身、
もっと知る必要があると感じます。
そして、この問題についての誤った理解が、
いかに人を傷つけるかについても、とても強く考えさせられました。

この問題については、単に忌み嫌うのではなく、
本質をしっかりと見つめて考えていくことが大事だと思います。
それが私たちにとっての充実した育児につながるものであることを
私は信じて疑いません。


次回は、『誕生死』の巻頭に掲載されていました
一編の「詩」をご紹介させていただきます。

この詩は『誕生死』の本の巻頭に、転載という形で掲載されていた詩であり、
私自身、冒頭でその詩を読んでとても感動いたしました。

早速、その詩の転載元である、
SIDS家族の会」に問い合わせさせていただき、私のブログでも
その詩「STILLBORN」を転載させていただけることになりました。

※尚、『誕生死』の著者である
「 流産・死産・新生児死で子をなくした親の会」と
「SIDS家族の会」とは特別のつながりはありません。
「SIDS家族の会」には、
『誕生死』のお問い合わせをなさらないでくださいね(^^)



★本の詳細は『誕生死』HPをご覧下さい
http://homepage3.nifty.com/angel-book/


【詩】 STILLBORN







最終更新日  2006年11月02日 17時54分32秒
このブログでよく読まれている記事

全2件 (2件中 1-2件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.