2338659 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ダウン症児の育児ブログ~派遣さんの☆ワクワク育児日記!~

PR

全7件 (7件中 1-7件目)

1

ひろくんの甲状腺

2010年01月14日
XML
カテゴリ:ひろくんの甲状腺

この日、ひろくんの甲状腺の検査がありました。
前回から内分泌専門の先生に見てもらっています。
http://plaza.rakuten.co.jp/pmdecorp/diary/200912100000/

前回の血液検査の結果、甲状腺の薬を飲む事が決定し、
薬を飲み始めてから1ヵ月以上が経ちました。

血液検査の結果では、TSHという値が8と前回の9より
下がっていました。その代わり甲状腺ホルモンの値が
1.13→1.3に増えていました。

TSHが下がって、ホルモンの値が上がるという事は
いい方向に進んではいるのですが、先生曰く、TSHの値を
5以下に抑えたいから薬の量を増やしましょう
との事。
結果、薬(チラージン)の量を1.5倍に増やすことになりました。

この日計った身長は94.2cm、体重は11.7kg

薬を飲み始めてからこの1ヵ月の間に約2.5cm伸びてます。
これには驚きましたが、体重は横ばいでした。
やはり薬の影響は大きいと感じます。
次の甲状腺の検査は2ヶ月後になります(^^)


<余談>

この日は先日の事故の件で、眼科にかかったのですが、
特に異常はないとのことで本当に安心しました。
眼の付近にアザがあったので心配していたのですが、
何とも無くて良かったです(^^)

 → 本ブログのトップページへ

 → 甲状腺関連はこちらにまとめています

  人気ブログランキングへ







最終更新日  2010年01月24日 17時43分43秒


2009年12月10日
カテゴリ:ひろくんの甲状腺

この日は、ひろくんが月に2回京大から倉敷に来られて
いる内分泌の先生に初めて見てもらう日でした。
ひろくんが甲状腺の薬を飲むようになるかどうかの
判断もして頂けると期待しています。
ひろくんは現在3才10ヶ月です(^^)

今回もひろくんママの話をメモしていきますφ(..)


■先生の判断

今日は京大から来られている内分泌の先生に受診しました。
先週2日の甲状腺の血液検査でTSHの数値が高くなって
きているとのことから進められた受診です。

内分泌の先生は先週の血液検査の数値を見られて、
薬を服用するかしないかという微妙な数値だと言われました。

ただ今年の初めの検査の数値だったら、絶対に服用
させていたとのことでした。この時のTHSの値は
基準値4に対して16でしたが今回は10でした。

ひろくんを診察して先生は、便秘がないかどうか、
又、食欲が無いかどうか聞かれました。
今の所ひろくんは便秘になったり食欲がないといった
問題はありませんが、この質問の意味は、
甲状腺のホルモンの関係で便秘になったり食欲が
なくなったりすることがあるとのことでした。
又、体重が増えなくなることもあると言われていました。


ひろくんは少しずつですが、体重も身長も増えており、
今のひろくんの問題は、THSの値のみだったことから
先生は薬を飲ませるかどうか思案されていました。

ひろくんが生まれてから今までの血液検査の結果を見て、
今あまり動かないのは甲状腺の機能が原因ではない
とのことでした。

ずっと動いていないのであれば甲状腺の関係もあるとの
ことですが、急に動かなくなるということは
甲状腺の問題ではないとのこと。
一時的ななんらかの問題であるとのことで、
その原因は先生にもわかりませんでした。

そのときに言われたのがダウン症のお子さんは甲状腺の
検査を定期的にする必要があるとのこと。
あとから出てくることがあるからだそうです。



■ひろくんが飲む薬

先生と相談して、ひろくんはチラーヂンという薬を
1日1回朝服用することになりました。
これから3~4ヶ月は毎月受診をして血液検査の結果から
薬の量を調節していくそうです。

小児科の主治医の診察とは別なので病院に来る回数は
多くなりますが、今の時期、風邪がうつらないように
気をつけて行きたいと思います。

以上、ひろくんママの話でしたm(_ _)m


現在ひろくんは毎朝、悲鳴(!)を上げながら、
ひろくんママからスポイトでコップに混ぜた薬を
飲んでいます。飲んでいるのはチラーヂンだけでなく、
鼻炎の薬2種を混ぜてやっていますので、すごい味に
なっているのかもしれません。。
3種共、粉薬で皆混ぜ合わせて服用させてます。

夜は夜で鼻炎の3種類の粉薬を混ぜてやっています。
その時も悲鳴を上げながら飲んでます(^_^;A
鼻炎の薬多いですよね。アレルギーの薬が2種類含まれてます。

混ぜられるのは朝晩とも水だけなので、味にごまかしは
ききません。でもこの効果かどうか、コップ飲みが
少しずつ出来てきましたので何が幸いするかわかりませんね(^_^;A
鼻炎が治らないと夜寝れなくなり、それも動かない原因
として考えられますので、早く治ればと思っています。

それにしても今回の話は意外でした。
てっきりひろくんの動きがなくなってきたのは
甲状腺に関係があると思っていましたので。
でも、12月7日頃からハイハイをぼちぼちしだしており、
12月19日現在では、つかまり立ちもする等、だんだんと
動くようにはなっています。

結局2ヶ月半程動かなくなった原因はわからなかった
のですが、とても良い傾向だと思っています。
今後ひろくんの成長に目が離せません(^^)


■現在ひろくんが服用している薬
・甲状腺関係:チラーヂンS錠25μg(粉砕)
・鼻炎関係:クラリスDS、アレジオンDS10mg/g、
 ムコダインDS500mg/1.5g&トランサミン散
  500mg/gの混合薬


■ひろくんが薬飲み(たまにお茶)に使っているスポイト

 →ピジョン スポイトくすりのみ


 → 甲状腺関連の日記集です

 → 本ブログのトップページへ

  人気ブログランキングへ







最終更新日  2009年12月19日 16時38分45秒
2009年12月02日
カテゴリ:ひろくんの甲状腺

この日ひろくんはMRIと甲状腺の血液検査を受けました。
MRIは今年の3月に甲状腺の検査目的で撮りましたが
それから半年以上経っており、また、最近2ヶ月間
ひろくんがあまり動かなくなっている事もある為
この日脳の検査をする事になりました。

◆MRIや甲状腺TSHの説明はこちらに書いてます(^^)
http://plaza.rakuten.co.jp/pmdecorp/diary/200901070000/


MRIを撮る為にひろくんをぐっすり眠らせる必要があり、
その時に静脈注射で薬を入れる為(ひろくんは飲み薬
では寝ない実績があります^^;)、そのついでに
血液検査もした方がひろくんの負担が少ないということで
甲状腺の血液検査も今回しています。

ひろくんが最近、ハイハイやお座りをしなくなった
理由が、甲状腺の異常にあるのかどうか、
私的にはこの日の検査結果にとても関心がありました。

いつものように、ひろくんママの話をメモしていきます(^^)


■ひろくんの身長、体重

今日はMRI&甲状腺の血液検査の日でした。
病院には11時半過ぎに着いてひろくんは体重と身長を
測りました。

体重は11.6kg、身長は92cmでした。
92cm以上になると、今回まで計っていた寝て測る
測定器からはみ出してしまいますので、
次回からは立って測る身長計(もしくは手測定)
に変わると思います。


■MRI &甲状腺血液検査

今日のMRIは前回と同じように注射で眠らせるので
楽でしたが、MRIの時間が12時45分からで、事前に
飲食は朝の9時以降はダメとの指示がありましたので、
ひろくん12時前くらいから、お腹が空いたのと眠くて
予想通りぐずり始めました。

12時に処置室に入り血管の確保(いつでも薬を入れら
れるように事前に針を刺しておく)をしたのですが、
そのついでに甲状腺の検査の為の血液を採りました。

ひろくんは血液がいつも出にくく、今回も2人がかりで、
手をしぼられていたせいで終始大泣きででした。
結局3本取る為に15分くらいかかり、そのまま主治医の
先生とMRIを撮る場所に移動しました。

12時50分くらいにひろくんに眠り薬を注入したのですが、
所定量の半分も入れずにすぐに寝てしまいました。
後から聞いたのですが、3月の時より少ない量で済んだ
とのこと。

余談ですが、静脈注射をするときには、MRIの検査中
途中で呼吸がおかしくなる場合が起こりえる為、
医師の立会いが必要で、その為結構周りからは目立ちます。。

13時に検査が始まり、終わったのが、13時40分で
ひろくんは先生に抱かれて眠ったまま出てきました。
その雰囲気からただ事ではないと受け取られたのか、
待合室に戻った時に「お子さん、ケガされたんですか?」
と何人かから聞かれました(^_^;A

今回ひろくんが検査中に鼻づまりで呼吸が下がって、
途中から酸素を流して検査したそうです。
やっぱりそういうことがあるんですね。。

鼻づまりで睡眠が浅いのはあまり良くないから、
継続して鼻炎の薬を飲む事にしました。
鼻炎の薬はひろくんが鼻づまりで眠れない為、2週間前
から飲ませており、少しは良くなっていたのですが、
引き続き続ける事になりました。

小児科の部屋に戻ってひろくんが起きるまで診察は
待つ事にしました。ひろくんが眼ざめたのは3時で、
すごく機嫌よく起きて遊んでいました。


■検査結果

診察は4時からになりましたが、
MRIの検査結果に異常はありませんでした。
あまり動かない原因はわかりませんでしたが、
甲状腺の血液検査でまたTSHの値が上がって
きていると言われました。
通常、4までの値が10まで上がっていました。
最近は低くなってきていたのですが・・・。

主治医の先生曰く、この数値は薬をはじめるかどうか
どちらでも判断できるような値なのだそうです。
その時に主治医の先生から月に2回、京大の内分泌の先生
が来ているから、その先生に見てもらったほうが良い
と言われ、丁度来週予定が空いていたので
予約を取ってもらいました。

診察が終わったのが5時前、ひろくんはお腹が空いて
大泣きしていたのでおにぎりを2個買って食べさせたら
機嫌が良くなって、その後電車で帰りました(^-^*)


以上、ひろくんママの話でしたm(_ _)m


結局、動かない原因はわからずじまいでした。。
ただ、甲状腺の検査についてひっかかり、また新しい
専門の先生に見てもらうことが決まりました。

ひろくんはもう甲状腺の薬を飲んでいてもおかしくない
状態とのことですので、今後は先生の指示に従って
見ていきたいと思います。

 → 甲状腺のカテゴリを作りました
   (関連のある日記は今後出来るだけ入れていきます)

 → 本ブログのトップページへ
   
  人気ブログランキングへ






最終更新日  2009年12月19日 15時08分42秒
2009年06月05日
カテゴリ:ひろくんの甲状腺

今日は半年振りの甲状腺の検査がありました。
本当は3ヶ月に1回なのですが、この数ヶ月はMRIが入ったり、
主治医の先生が変わったり、ひろくんの入園があったりで
気がつけば半年ぶりになってしまいました。

ひろくんは3才4ヶ月。ひろくんママと私とでひろくんを
倉敷中央病院まで連れて行ったのですが、この日、とても
うれしいことがありました。TSHの値が劇的に下がったんです。


前回の検査時にも書いていましたが、甲状腺ホルモンの分泌を
促す甲状腺刺激ホルモン(TSH)の値が、ひろくんは生まれた時
から高く、正常値が0.35~4までなのに対して、生まれた時に
7程度、前回は16まで数値が跳ね上がっていました。

 → 前回の甲状腺検査の様子です
   ※TSHについて詳しく書いてます


これだけの値を出してやっと、甲状腺ホルモンは正常値に
なっていますので、やはりどこかで無理があるとのこと。
原因がハッキリしないので、以前、MRIで頭部の検査を
しましたが結局異常なしで、原因がわかりませんでした。

 → MRI検査の時の様子です


このままの状態では薬の服用もやむなしとのことを前回にも
言われていましたので、今回は薬服用の覚悟をしていました。
でも、今回から新しく変わった小児科の主治医の話では、
「今のところ問題ありません」とあっさり。
私たちは耳を疑ってしまいました。

数値を見てみると、TSHの値が前回16程度だったのが今回5に。
生まれたばかりの時に既に7でしたから、これはひろくんの
新記録になります。でも生活については特に意識して変えて
いないので、何で下がったのか原因がわかりません。

失礼ながら「検査ミスでは?」と思わず聞いてみたのですが、
他の値を見ても「ミスではない」とのこと。
数値の上がり下がりはやっぱりするものなので、
このまましばらく様子を見ることになりました。

ひろくんの甲状腺検査測定値の推移(08/1~現在)は
下記表になります。


基準値(単位)09/609/108/808/508/1
TSH0.35-4.00(μIU/ml)5.1915.9410.0111.9215.18
F-T40.75-1.75(ng/dl)1.230.931.060.971.24

次の検査でもこのような値だったらかなり安心すると思います。
今日はかなり意外でしたが、良い検査結果が出てなによりでした(^^)

PS.ひろくん採血では、怒りの声?をあげていましたが、
難なく採血を受けてました。また、検査結果が出るまでは
1時間以上かかるのですが、その間病院内の喫茶店で
ベビーカーにおとなしく座ってくれていたので助かりました。
最近のひろくんの落ち着きは園の効果に違いありません。


 → 甲状腺、MRIについてはこちらにまとめています
   ※主にひろくん全般のカテゴリです

 → 本ブログのトップページへ

  人気ブログランキングへ






最終更新日  2009年06月16日 15時12分56秒
2009年03月11日
カテゴリ:ひろくんの甲状腺

この日、前回失敗したMRI検査を受けに行きました。
前回は飲み薬で眠らなかったので、今回は点滴(注射?)
により眠らせる作戦です(^^)b

 → 前回の様子です


昼からの検査で、お昼寝をさせなかったこともあってか
MRIの装置前で薬を注入後すぐにコテンと寝入ったようです。
私は待合室で待っており、装置の前の部屋までは
ひろくんママが連れて行きました。

検査前です。かなり眠さを我慢してました。。
もうすでに薬を注入する為の針が手に刺してあります

MRI検査前


注入による薬は飲み薬より強いので呼吸が不安定に
なることがあることから、主治医のO先生に薬注入~撮影終了
までの30分間ほどひろくんに付き添ってもらいました。

薬注入後のひろくんは、叩いても起きないほど
ぐっすりと寝入っていましたが呼吸には全く問題なかったです。

MRI検査から戻ってきた直後です。かなりの熟睡ぶり。
検査後寝入っているひろくん


叩いても全く起きる気配なし(^_^;A
叩いても全く起きません


退屈なのでひろくんのパーツを撮ってみました(^^)
これはひろくんの手です。指が短いです。。

ひろくんの手です


ひろくんの足です。
酸素濃度測定のセンサーがついています。
人差し指が他の指より浮いているのが特徴です。

ひろくんの足です


やっと起きました!
起きました!


ひろくんが起きてから先生から検査結果を聞いたのですが、
脳にはなんら問題はなかったとのこと。

本来安心すべきかも知れませんが、
なにか出てくると思っていただけに少し意外。
今後も甲状腺の検査は3ヶ月に一回行うとのことでした。


■主治医の先生とのお別れ

そして今日で小児科主治医のO先生とお別れです。
1年2ヶ月程の間でしたが結構親身になってひろくんを見て
下さっていただけにとても残念です。
ひろくんもお気に入りの先生だったのですが。。
次の勤務先でのご活躍をとても期待しています。

やっぱりこの時期、先生の転勤が多いです。
ひろくん担当の先生では倉敷中央病院だけで3人も。
(リハビリ主治医のT先生、リハビリのY先生も)
リハの先生はひろくんが生まれた時から見て下さっていた
先生ばかりなのでとても寂しい気がします。
今までありがとうございましたm(_ _)m


ところでひろくんまだふらついているようです。。
家に帰ってもつかまり立ちをするとひっくりかえるほど
薬、効いてました(^^;A 9時にはもう熟睡してました(o_ _)o.。o○

まだふらついているようです。。


 → 本ブログのトップページへ

   人気ブログランキングへ






最終更新日  2009年03月12日 20時29分56秒
2009年02月25日
カテゴリ:ひろくんの甲状腺

この日ひろくんはMRIを受けに倉敷中央病院へ行きました。
甲状腺機能障害の検査の一環でMRIを受けるのですが、
MRIを受けることになった経緯やMRIについては以前日記に
書いていますのでそちらを参考にして下さい(^^)

 → 1月7日の日記にMRIについて書いています


実はこの日、MRIは撮れずじまい。。
理由はひろくんが寝てくれなかったからです(T_T)
予定では朝9時過ぎ入りで、午前中には終わる予定でしたが、
シロップ状の眠り薬をひろくんに飲ませても、
うとうとはするのですが、最後の一押しまで行かず、
結局再度薬を飲ませることになりました。

再度薬を飲ませた後もなかなかでしたので、先生に許可を
もらって少し早い昼ごはんを食べさせました。
そのかいあって昼頃にひろくんが寝入ったのですが、
タイミングが悪い事に丁度その時機械があいておらず、
20分待ちになったことが敗因だったのかも。。

機械が空いた時に、寝ているひろくんを急いで検査室に
運び込んだのですが、先生方がひろくんにセンサー等を
つけている最中にひろくん起きてしまったようで、
結局今日の検査にはなりませんでした(T_T)


2時半頃やっと小児科での診察の順番が回ってきて、
先生と次のMRIの予定を決めようと思っていましたら、
なんとひろくんぐっすり寝ているではありませんか。。
(; °_°)(°_°;)

そのまま先生に断りを入れて、すぐさままたMRIを
撮りに行ったのですがやっぱり甘くはなかったです(^_^;A
結局この日病院を出たのは4時を回ってしまいました(o_ _)/[壁]

MRIを再度撮らなければならないのですが、次回は2週間後。
今度は点滴で眠らせるそうです。その間呼吸が不安定になる
恐れもあるとの事で、主治医のO先生がひろくんに付いて
下さるとの事でした。これなら眠ってくれそうです(^^)

検査時寝ない子はやはりいるらしく、何度も取り直す子も
いるそうです。撮影時は工事中の騒音のようなうるさい音
が出るそうで、かなり深い睡眠に入っていないと敏感な子は
起きてしまうとのことでした。
特に最初の10分がヤマ、それを過ぎると大抵大丈夫だそう。
撮影時間は大体30~40分かかるそうです。


<余談です>

でもこの日は悪い事ばかりではなく、ひろくんのお友だち
3人と会うことができました。私は皆初顔合わせ(^^)>
やっぱりみんなかわいいですね~(^^*)

特にひろくんと同い年の男の子のパパさんと話が出来た事
がうれしかったです。ひろくんと同年齢の子のパパさんと
お話しするのは私は初めてでしたので。
パパさん頑張ってるんだな~と我が事のように思ってしまいました(^^)


 → 本ブログのトップページへ

   人気ブログランキングへ






最終更新日  2009年03月05日 19時15分59秒
2009年01月07日
カテゴリ:ひろくんの甲状腺

ひろくんは、今日は今年初の倉敷中央病院で、甲状腺の
検査と心臓のエコー
を受けました。今回私は社会保険の
任意継続の手続きをしに行きましたので、病院までの
送り迎えのみ担当です(^_^;A 
ですので以下はひろくんママの話になります(^^)


<以下、ひろくんママの話です>

今日は甲状腺の検査と、心臓のエコーがありました。
甲状腺の検査は採血がありますのでひろくんにとっては
痛い検査になります。どちらも生まれたときからの定期的
な検査ですが、最近甲状腺の異常を疑われる値が大きく
なってきており、検査の度に目が離せない状態になって
います。

今日は痛いついでにアレルギー検査もして頂きました。
最近の鼻づまりの原因がアレルギーにあるのではないか
と思ったためです。ではこの日あったことをお話してい
こうと思います(^-^*)


●甲状腺の検査
甲状腺の検査は、生まれたときから定期的にしています。
1才8ヶ月くらいまでは半年に一回だったのですが、
それくらいの時から甲状腺刺激ホルモン(TSH)といわれる
甲状腺に働きかけて甲状腺ホルモンの分泌を促すはたらき
のあるホルモンの数値が高くなってきて、それ以来3ヶ月
に1回の検査をしています。ですがひろくんの体調で、
前回昨年の8月以来、5ヶ月ぶりの検査になりました。

◆前回の検査の様子です
http://plaza.rakuten.co.jp/pmdecorp/diary/200808060001/

9:30より小児科の処置室にて甲状腺の検査に使う血液を
採取しました。その前にアレルギーの検査もして欲しい
旨を看護婦さんに伝えましたら、主治医の先生と相談さ
れてOKということになりました。ひろくんにとっては
一番大変な作業ですので、出来るだけ1回の採血で複数
の検査ができればと思っています。

ひろくん予想通り大泣きでした。。でもいつもなら
押さえつけられる前にひっくり返るところなのですが
(あっ、うつ伏せになると言うことです^^;)今日は
仰向けになったまま、泣きながら看護婦さんに
押さえ込まれていました。。

ここ最近の採血は1回で終わるので大変ありがたいです。
ひろくんは血管が細かったので以前は、失敗や血管が
浮かんでこないせいで何回も針を刺していたものでした。
少しは大きくなったと言うことでしょうか(゚- ゚* )


●心臓のエコー
心臓のエコーは生まれたときから半年に1回定期的に
撮ってもらっています。生まれた当初は心臓に穴が
いくつか開いていたのですが(心房中核欠損症)、
幸いな事に1才3ヶ月位の時を最後に全て塞がっている
状態です。でも今後開く可能性もあるらしく、そのため
定期的に心臓のエコーを半年に1回撮ってもらっています。

前回は3月でしたので、10ヶ月も間が空いてしまいました
が、これは甲状腺の検査と同じくひろくんの体調が
不安定だった為です。前回は、甲状腺の低下が原因と
思われる心臓に水が溜まっている状態が確認されました。

◆前回の心エコーの様子です
http://plaza.rakuten.co.jp/pmdecorp/diary/200803120001/

甲状腺の検査結果は1時間程度でわかる為、その間に
心臓のエコーに行きました。エコーは約10分くらいで
終わりました。でも今まではベッドでおとなしくエコー
を受けてくれていたのですが、今回は寝かすと泣きまく
るので、横抱きでひろくんをお腹丸出しにしながら
エコーを撮ってもらいました。それでも泣いている
ひろくんでした(^_^;A。
エコーの結果は甲状腺の検査結果と合わせて、
小児科で聞く事になりました。


●検査結果
心臓のエコーの結果からですが、特に問題はなかった
ようです。
心臓の水に関してはこの日聞き忘れましたので、
1月14日に聞きましたが、こちらについても問題なかった
そう。心臓については今のところ問題はないようです(^-^*)

甲状腺の検査の結果ですが、こちらのほうはあまり良い
とはいえない結果
でした。甲状腺のホルモン自体は正常
の範囲で治まっていたのですが、甲状腺刺激ホルモン
(TSH)
が10→16に上がっていました。昨年今ごろも
16でしたが、その後下がって平行線をたどり、今回また
16まで跳ね上がってしまいました。

TSHの基準値が0.35~4までですので、明らかに高い値
です。前の主治医の話では生まれたときからひろくんは
7くらいと平均よりも高めだったようです。でも、
甲状腺ホルモンは正常値の範囲に入っていますので、
きっとどこかで頑張ってくれているのだと思います。

甲状腺刺激ホルモン
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
甲状腺刺激ホルモン(こうじょうせんしげきホルモン、
thyroid stimulating hormone、TSH)は、下垂体前葉
の甲状腺刺激ホルモン分泌細胞(thyrotroph)から分泌
されるホルモンであり、甲状腺に働きかけ甲状腺ホル
モンの分泌を促す。


このことから頭の中を一度MRI(核磁気共鳴画像法
で撮影した方が良いとの事でした。詳しくは説明できま
せんが、頭の中に甲状腺のはたらきに悪さをするところ
があるらしく、それが悪さをして今後成長の発達が遅れる
可能性があるとの事。家の近くのお医者さんの話で以前
聞いたのですが、甲状腺に異常が見られる場合は2歳前で
一度MRIを撮るのが普通だと言われたことを思い出しました。

MRIを撮ることでTSHが高くなっている原因がある程度
判断できるらしいので、2月末頃にMRIを撮る事にしました。
かなり騒音が大きいらしく、ひろくんに睡眠薬を注射して
寝かせてから1時間くらいかけて検査をする予定です。

検査結果はその日にわかるらしいです。
それによって今後の治療方針が決まるとのことでした。
少し不安ではありますが通らなければいけない道なので、
先生に全てお任せしようと思います。

ただ私も付き添いで検査室に入るらしく、その為着るもの
などに注意をしなければなりません。私も含めて金属類
の付いている服は一切ダメなので、その辺り注意して
いかないとな~と思います。向こうで着替えられるので、
下はジャージでもはこうかな~(^-^*) 
あと、ノーメークでとの事でした…。

核磁気共鳴画像法
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
核磁気共鳴画像法(かくじききょうめいがぞうほう、
magnetic resonance imaging, MRI)とは、核磁気共
鳴(nuclear magnetic resonance, NMR) 現象を利用
して生体内の内部の情報を画像化する方法である。

断層画像という点ではX線CTと一見よく似た画像が得
られるが、CTとは全く異なる物質の物理的性質に着目
した撮影法であるゆえに、CTで得られない情報が多く
得られる。


●ひろくんのこの日の身長、体重
身長:85.7cm
体重:10.7kg


体重はここ3ヶ月で1kg増えていました。
1年前から9kg前半~中くらいでずっと横ばい状態だった
ので、ポン!と増えたような感じです。身長はここ半年で
約4cm伸びました。少しずつでも成長してるんですね~。
安心しました(^-^*)

現在主人が無職の為(^_^;A、医療費は自費だったのです
が、この日4万円程かかりました。検査は高いんですね。。
今までは乳幼児医療で無料だったので気づきませんでした。
あらためてありがたいと感じます。

~以上、ひろくんママの話でした~


この日は私が社会保険の任意継続の手続きに行った為、
同席する事が出来なかったのですが、医療費はやっぱり
高いですね~。もちろん後から返ってくるというものの
早く保健証が到着する事を願っています。。m(゚- ゚ ) 
尚、MRIの料金は3割負担で6千円(造影剤不使用)との
ことでしたm(__)m MRI撮影の際には私も同席したいと
思っています。


 →トップページへ

 banner_03.gif
 ↑ランキング参加中です(^^)







最終更新日  2009年01月16日 18時13分06秒

全7件 (7件中 1-7件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.