2337797 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ダウン症児の育児ブログ~派遣さんの☆ワクワク育児日記!~

PR

全4件 (4件中 1-4件目)

1

笠岡のカブトガニ

2007年02月19日
XML
カテゴリ:笠岡のカブトガニ

いきなりですが、カブトガニのカブニくんです!(^_^;A
これはカブトガニ博物館のロゴマークになります
カブニくん(カブトガニ博物館ロゴ)


ここ笠岡では、わりとあちこちにこのカブニくんが登場します。。
(このキャラの由来は現在調査中・・^^*)
おっと、自動販売機の横にも・・(゚ロ゚ノ)ノ
カブニくん自販機

この自販機でジュースを買えば、その売上の一部が
カブトガニの保護・育成目的に使われるそうです。

カブニくん自販機

自販機の話ばかりですみません。。
本題に入りますが、
今日のタイトル『がんばれカブトガニ』は実は歌なんです。。
もちろん、笠岡のご当地ソング!(^-^*)


★詳細は下記リンク先の、
『カブトガニを愛する会』について詳しく書かれたページを
ご参照下さい。。

http://www.kcv.ne.jp/~suuchan/kabuto.htm
一番上をクリックするとこの歌の音楽が流れます。。(^^)♪


『がんばれカブトガニ』
 作詞・作曲:上田康弘/編曲:酔太

1.人間もマンモスもいなかった
    2億年前のおおむかし
     地球に住んでいたカブトガニ
      今でも笠岡で生きている
   がんばれがんばれカブトガニ
     命をいつまでも伝えておくれ
      強くて大きな恐竜よりも
       立派に長生きしているのだから

2.自分からけんかすることはない
    つらくてもじっとがまんする
     平和が大好きなカブトガニ
      今でも笠岡で生きている
   がんばれがんばれカブトガニ
     命をいつまでも伝えておくれ
      小さな命を見守りながら
       みんなで応援しているからね

3.がんばれがんばれカブトガニ
    命をいつまでも伝えておくれ
     これから生まれる子供たちにも
      お前の姿を見せてあげたい

  
  これから生まれる子供たちにも
    お前の姿を見せてあげたい



私が始めてこの歌を聴いたのは、4年前に京都→笠岡に
引っ越して最初の夏、自治会の夏祭りで聞きました。
この歌に大変インパクトを受けたので、
それ以来私の頭の中でその曲が流れる流れる・・(^^;)
この歌、私は隠れた名曲だと思っています。。

ちーちゃんは、毎年この歌の踊りを踊っています。
漫画家のヒサ・クニヒコさんが振付けた踊りだそうで、
カブトガニの一生を表現した踊りだそうです。。m(゚- ゚ )

このように笠岡市民には大変馴染み深い歌なのですが、
残念ながら、動画も音源も見当たりません。。(T_T)
でもどこかに必ずあるはず・・
私真剣にCD欲しいと思っているのですが、
恐らく売ってないのでしょうね~(´・ω・`)
今度市役所あたりに尋ねてみようと思っています。


またこの歌は、
JR笠岡駅の2・3番ホームに電車が入る際にも流れています。
下記リンク先、『笠岡駅』の見出し下の、
『2・3番線ホーム入線案内メロディ』をクリック!d(^^*)
http://melody.pos.to/page/jrwest/okayama.htm

※上記ページのトップは下記になります!
★『The Sound of Station in Japan』
http://melody.pos.to/


今回もカキ祭りに続いて超ローカルな話題ですみません<(_ _*)>
実は私この歌が大好きで、いつかこの歌の事をブログで書こうと
ひそかに機会をうかがってました・・(^_^;A


★カブトガニに関する過去記事集

http://plaza.rakuten.co.jp/pmdecorp/diary/?ctgy=9
リンク切れの際には、トップページ左サイドバー『カテゴリ』欄、
『笠岡のカブトガニ』をクリックして下さいね!(^^)b







最終更新日  2007年03月05日 23時16分41秒


2007年01月24日
カテゴリ:笠岡のカブトガニ
私たち家族は、ひろくんの療育の関係で、後1~2年くらいで
岡山県の笠岡市から倉敷方面へ引越ししようと考えています。
今のうちに笠岡市を満喫しなければと思い、思いついたのが、
笠岡=カブトガニ(?)

ということで、カブトガニをテーマにした記事を書いていこう
といいながらついのびのびになっておりました。。
http://plaza.rakuten.co.jp/pmdecorp/diary/200612100003/


今日は、食べるカブトガニについていくつかご紹介します。
食べると言っても本物を食べるわけではありません。。
(実際に食べるところもあるそうですが、カブトガニには
神経毒があるらしく、死んだ方もいらっしゃるようです・・)

笠岡市で販売されている、カブトガニをモチーフにした
お菓子(土産物?)の紹介です。
いくつか販売されていますが、そのなかの3つを入手しました
のでご紹介します。(昨年12月末の写真です)


●まずは、玉利軒(たまりけん)さんのカブトガニ饅頭!
カブトガニ饅頭(玉利軒さん)

餡(あん)が緑色をしてますよね!(^^)b
これには訳があって、カブトガニの血液は乳白色なのですが、
空気に触れると青緑色に変わるそうなんです!
ですので、餡も抹茶餡にしているとか。。
(お店の人からも聞きました^^)
写真は(中)の260円くらいのもの。(大、小もあります)

お店には巨大なものもあり、縁起物で売れているそうです。
カブトガニは夫婦仲が良いと言われていますので(^^*))
食べてみると、殻の部分はパンのような食感でしたが、
中の抹茶餡がしっとりとしてとてもおいしかったです!(^u^)♪


●次は藤屋(ふじや)さんの『夫婦かぶとがにまんじゅう』!
夫婦かぶとがにまんじゅう(藤屋さん)

藤屋さんは、笠岡ではメジャーな和菓子屋さんです。
1ヶ60円ほどということもあって形もよくてお手ごろ!
餡は赤っぽい色をしていて何かしら伊勢名物『赤福』の餡を連想しました。
とてもかわいいカブトガニです!(=^_^=)
お味の方も、食感がとてもソフトでおいしかったです~!d(>_< )!


●次も藤屋さんでその名も『かさおかカブニサブレ』
カブニサブレ(藤屋さん)

このお菓子には笠岡では有名な、カブトガニのキャラクター
『カブニくん』が採用されています。
味の方は今風で、若い方にもうけるおいしさだと思います。
上には甲羅に見立てた薄切りのアーモンドがふりかけられています。
妻が今日ご紹介した3つのお菓子の中で一番好きなのが
この『カブニサブレ』でした!(1枚100円ほど)


本当に色々あって面白いですね~(^◇^)
カブトガニは、先にも書きましたが夫婦仲がよいと言われ、
また生命力が旺盛なことから縁起物としても知られています。

次の『カブトガニ』のテーマは、笠岡市の道路に密かに
生息しているカブトガニたちをご紹介する予定です!

カブニくんも登場しますよ~!(^^*))
たいしたことは無いと思うのですが、とりあえずお楽しみに!!(^^)


★井笠のお土産 
http://www.pref.okayama.jp/bichu/ikasa/somu/link/omiyage/index_type.htm
一番上の『笠岡市』に今日掲載したお菓子が載っています。
また、他のお店の『カブトガニ』のお菓子もありますよ!
他のお菓子を買うことがあればまた記事にしますね~!(o^_^o)b






最終更新日  2007年01月24日 06時28分14秒
2006年12月10日
カテゴリ:笠岡のカブトガニ
岡山県笠岡市に来てもう丸3年以上。
でも、ひろくんの療育の関係で、
あと1~2年の内にはこの地を離れることがほぼ決定しています。
ダウン症のひろくんの通院や療育の為に、
この地から倉敷、岡山まで行くのには遠いためです(´・ω・`)

思い返してみると、笠岡ではとても幸せな時間を過ごせました。
笠岡諸島の白石島や真鍋島に遊びに行った事もその一つです。
また、京都と違い海が近いので何かと海に遊びに行きました(^-^*)

引っ越すまでの間に、お世話になったこの笠岡
何らかの形で私のブログで紹介したいと思います。
まず、笠岡で全国的に通用する有名なものは・・と考えたときに
真っ先に『カブトガニ』が思い浮かびました(*⌒▽⌒*)b

カブトガニ博物館にて

先日も『カブトガニ博物館』に行きましたが、
そこは世界で唯一『カブトガニ博物館』だそうですd(>_< )スゴイ!
http://plaza.rakuten.co.jp/pmdecorp/diary/200610220003/

笠岡にはいたるところにカブトガニを
モチーフにしたものがあります。
お菓子、歌、駅のアナウンス、マンホールの蓋にまで
普段は気にならないのですが、探すといたるところに
カブトガニが登場します(゚- ゚ )

そんな笠岡にいる様々なカブトガニたちを引越しするまでに
少しでもご紹介していけたらと思っています(^^*)

カブトガニ饅頭
↑例えばカブトガニ饅頭など・・(^u^)♪






最終更新日  2006年12月11日 00時19分48秒
2006年10月22日
カテゴリ:笠岡のカブトガニ
昨日の話の続きになります。
http://plaza.rakuten.co.jp/pmdecorp/diary/200610220002/

運動公園に行った後、家の近くにあるカブトガニ博物館
ちーちゃんと行きました(^^*)
http://www.city.kasaoka.okayama.jp/0012/0001.html

この博物館は、岡山県笠岡市にあり、
世界で一つしかないカブトガニの博物館だそうです。

★笠岡市HP・笠岡市の紹介
http://www.city.kasaoka.okayama.jp/0001/000o.html

このカブトガニ博物館のある笠岡市は、
カブトガニの繁殖地としても有名です(゚-、゚ )

はじめちーちゃんと2人で入ろうとしたのですが、
ちーちゃんの無料パスの券を忘れたので、
家に帰ったついでに皆を連れ出しました。

ひろくんはカブトガニ博物館はもちろん初めて。
私たちは、もう2~3年ぶりくらいです。
近くにあるところほど行かないものはないですからね~(^_^;A

↓ひろくんとカブトガニの2ショットを撮れなかったのは大変残念!
カブトガニ博物館にて

カブトガニ博物館にて

↓色々な国のカブトガニが展示されていました。
カブトガニ博物館にて

↓カブトガニの成長の様子です(^-^*)
カブトガニ博物館にて


久しぶりでしたが、まあまあ楽しめました。
ひろくんはとくに驚いた風でもなくたんたんと眺めておりました。。(^^)


その後、博物館に隣接している恐竜公園を散策。
実物大の本格的な恐竜がここにはあるんですよ~。

★笠岡市HP・恐竜公園
http://www.city.kasaoka.okayama.jp/0012/000i.html

↓園内にあったカブトガニ保護支援の自販機です。
カブトガニ保護応援自販機

↓何匹かのうちの代表的な恐竜の1つで記念撮影!
カブトガニ博物館・恐竜公園にて

↓今回ひろくんの写真があまり撮れませんでした・・(´・ω・`)
カブトガニ博物館・恐竜公園にて


昨日は久しぶりに、近所で休日を満喫しましたね~o(^-^)o♪


余談ですが、私はカブトガニに縁があります。
1つは、カブトガニでは日本で有名な笠岡市に住んでいること。
もう1つは、私のアメリカ法人の登記先がデラウェア州という、
これもカブトガニで有名なところであることです。

これは、単なる偶然にしては出来すぎているような気がしますので、
カブトガニも今後私のカテゴリーの1つとして入れてみようかな~
とも思っています。
海や環境、歴史について色々と学べそうですので!m(゚- ゚ )

ところで、カブトガニの血液が人間の輸血に使えることを知っていますか?
私は、京都からこちらに来るまで知りませんでした。
もしかして、恥ずかしい話かも・・(^_^;A

他にも、人間の役に立っていることが多いカブトガニ。
最近はめっきり少なくなっていると聞きます。
環境も大事にしていかなければいけないことも今回学びました。


※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※

アメリカでは生きた化石と呼ばれるカブトガニは、
馬の蹄鉄にかたちが似ているところから「Horseshoe Club」
呼ばれています。

日本では特別天然記念物に指定されていますが、
デラウェア州では、砂浜から投げ釣りをしていると
よく引っ掛かるほどあたりまえの生物だそうです。

そしてデラウェア州では、毎年1回必ず同じ日に何百万匹という
カブトガニが砂浜に卵を産みにやってくるとのこと。



カブトガニを検索していたら、下記のすごいブログを見つけました。
実際にデラウェア州に行かれて
この産卵の光景を目撃された方のブログです。
写真がたくさんで凄すぎです!

★内科医Randykumaのココロの旅・・ワシントンDCエリア編
http://blogs.yahoo.co.jp/randykuma/folder/1457043.html

カブトガニの解説も充実していますので、
私もこちらで勉強させていただきました。
これに比べると、笠岡のカブトガニはかわいいもんですよね!

※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※







最終更新日  2006年10月22日 19時58分23秒

全4件 (4件中 1-4件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.