221041 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

たまぱ

びんぼーまにゅある

聞くも涙語るも涙の節約時代のお話。

写真はないので、字ばっかりだよ。

結婚したのは1995年6月2日。
このときお互いの貯金ゼロ。ぱぱやんの月収13万円也。
親に反対されての結婚だったため、だーれも頼れなーい。。。

貯金ゼロの理由・・・ぱぱやんは女より車の人なので、全部愛車たちにつぎ込んでいた。ままやんは「ケイタイもて!!」とゼミの人から言われるくらいすぐ消息不明(旅行)になっちゃう人。94年夏にイギリススイスへ行って貯金を使い果たした。。。

だって、お互いに結婚は一番遅いだろうと仲間内では言われてたんだもーん。この時点では貯金の必要性なんて皆無だった。

ところが縁あって結婚。このときの家賃は光熱費込みで6万くらい。
7万あれば、十分生活していける。
食費2万、小遣い3万、雑費1万。
んが。翌々月の8月。たっくん判明・・・・。
食費1,5万、小遣い2万、検診と貯金に2万、雑費5千の生活に。
4,5,6,7ともしゃやんは建築屋で働いていたので(内装業)出産する位の貯金はできていた。
でも。単身者用のところに無理行って二人で住んでいたので、安定期には引っ越さなくてはいけなくなってしまった。

そして引越し。

家賃7,5万の生活に(><)
親方がチョコっと給料を上げてくれて15万に。
しかし引っ越す金がない!!ここで、ぱぱやんのお父さんに引越し代を借りる。
そして、食費1,5万、光熱費1万、小遣い1万、検診出産費1万、タバココーヒー代8200、国保7500、雑費3000、ガソリン(バイク)4200、保険750(バイク)という内訳になった。
タバコとコーヒーは外で買うと高いので、ディスカウントに行って仕入れていました。ぱぱやんの必需品で・・・。
詳しい内訳や節約方法はほかのページで。。。
そして出産。
内訳は、検診出産費用が、たっくんようのミルク代なんかになったかんじかな・・・。
お父さんへの借金支払いも始まる・・・・。
とりあえず、出産で返ってきたお金で30万返した。あとは出るときにかえってくるものを返すということで、待ってもらえることに。
さてさて、以下、どんな節約生活が始まりますことやら・・・・。



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.