008454 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

やのっちのうた日記

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

カテゴリ

カテゴリ未分類

(0)

生きる

(20)

(14)

フリーとーく

(3)

フリーページ

バックナンバー

2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月

コメント新着

 yoshie @ Re:逃げるな(06/05) 長い時が過ぎました・・・ たくさんの事…
 月がきれい@ Re:心が沈んだとき(05/07) 困難の壁は高ければ高いほど無理だと思う…
 ゆう@ とうとう出ちゃったね うわさは本当だったよ。 <small> <a hre…
 やのっち@ Re:我思う(06/05) デュークさん、おひさしぶりです。ってい…
 時我字産人 デューク=フリード@ 我思う 逃げるときにも 前向きであれ 逃げを…

お気に入りブログ

 ハ ル シ オ … ** 月 桜 **さん
。oO シャアたん&y… シャアyukiさん
愛しあってるか~い? 時我字産人 デューク=フリードさん

カレンダー

全3件 (3件中 1-3件目)

1

フリーとーく

2004年10月19日
XML
カテゴリ:フリーとーく
恥ずかしいタイトルだが、俺の青春時代はけっこう暗い。
このブログには色んな人が色んなテーマで書いていて、中には沢山の人が自殺願望やリストカットで自分に苦しんでいる。10代の学生が多いことに驚いた・・。きっと心が優しい純粋な人、自分に正直であればある人ほど、自分を傷つけてしまうのかもしれない。
今の境遇、分ってくれない苦しさ、そういう事が自分自身への反発として行為になってるのかな・・。
オトナが気づいてあげれたらいいんだけど、大体の人が分らない。本人が分らせないってのがあるのかもしれないけど。

今、20代を大きく越えた立派なオトナ(!?)になりましたが、中学生、高校生など10代の頃は正直あまり思い出したくないです。いわゆるいじめられっ子でした。そして、そーゆーのをいわゆる周りには気づかせない自分の中に「貯める」タイプでした。
たいして勉強出来なかったですが、あの頃はとにかく、勉強して県外の大学へ行き、誰も知らない場所へ行きたかった。ある意味、その選択は正解でした。それから無二の親友も出来たし、就職して世界へ羽ばたく事も出来た。

俺は思うんです。辛い事や悲しい事を体験した人って、きっと周りに優しく出来ると思う。人生においての財産だと思う・・。


まだまだ 人生はこれから

まだまだ この壁を越えれば

きっときっと光はくる

諦める前に動こう






最終更新日  2004年10月19日 22時34分21秒
コメント(0) | コメントを書く
2004年10月18日
カテゴリ:フリーとーく
詩を書くとなかなか自分の心が分ってしまいます。
後で振り返ってみたとき、俺はこんな気持ちだったのか~とか、自分がこんな恋をしたんだとか、こんな悲しい事があったのかとか、その場面場面での本音の気持ちが現れているから。

なかなか、人生思い通りにはいきません。若干まだギリギリ20代ですが、色んな事を経験してきました。病気で死にそうになった事、その同じ病気で友達が死んだこと。いじめに、孤独、そして10代で亡くなったかわいい従弟の死。
この年代で沢山の死をみつめました。幸か不幸かその度に考えさせられます。

「生きる」って一体なんなんだ・・・

苦しい思いをした後、一体何が待ってるのか・・いつも考えました・・。まだまだ人生においては、俺はヒヨッコです。なーんも分ってない。

ただ、ひとつだけ分ったことは・・・
諦めてしまったら、それまで


だから前を向いて頑張りたい






最終更新日  2004年10月18日 23時31分11秒
コメント(2) | コメントを書く
2004年09月30日
カテゴリ:フリーとーく
私のHP「やのっちの唄」でも日記を書いていましたが、この楽天ブログの存在を知り、多数の方々にご覧いただけることを知り、こうしてスタートしました。
沢山の詩をここでも唄いたいと思います。意外と、透かしてる感じの僕ですが、色々と詩を書いているうちに、自分自身を見つめさせてもらったと思います。
俺にはこういう「一生懸命」なところがあったんだ・・とか、こんなに弱い俺がいたんだとか・・。

生きてると、どうしても楽しいだけでなく、孤独、寂しさ、悲しさ、苦しさが待っています。僕も少年時代そうでしたが、辛さを全て抱え込んでると、どうしても楽しさが沸いてきません。生きてるのが辛いだけになってしまう・・。

僕らは、一人では生きてゆけません。気張っていても、一人で生きるのは不可能。ちょっとでも、ここで皆さんと共有できたらと思ってます。






最終更新日  2004年09月30日 22時36分27秒
コメント(0) | コメントを書く

全3件 (3件中 1-3件目)

1


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.