2630476 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

人生朝露

PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


ぽえたりん

Freepage List

話のタネ。


「虹」が虫偏である理由。


日本の苗字 五十音順。


高野山のキリスト教碑。


モテ女の秘密は近眼。


弓は剣よりも。


三蔵法師の旅 その1。


三蔵法師の旅 その2。


「ヒトラー最期の12日間」の間の日本。


ヒトラー最期の12日間の日本。その2。


「看羊録」その1。


「看羊録」その2。


「看羊録」その3。


「看羊録」その4。


「看羊録」 その5。


東国原(ひがしこくばる)県知事関連。


東国原(ひがしこくばる) その1。


東国原(ひがしこくばる) その2。


宮崎県政も見てやってください。


「荘子」と「進化論」シリーズ。


なぜ、日本人は進化論を信じられるのか?


ネルーの不思議な証言。


紀元前の進化論。


聖徳太子と荘子。


仏教と荘子。


禅宗と荘子。


長岡半太郎と荘子。


湯川秀樹と荘子 その1。


湯川秀樹と荘子 その2。


スティーブ・ジョブズと禅と荘子。


夏目漱石と荘子。


武道と荘子。


武道と田舎荘子。


中島敦「名人伝」と荘子。


荘子の生物学。


"Do The Evolution"。


チャップリンと荘子。


「火の鳥 鳳凰編」と荘子。


「火の鳥 復活編」と荘子。


ハイデガーと荘子 その1。


ハイデガーと荘子 その2。


ハイデガーと荘子 その3。


ハイデガーと荘子 その4。


『茶の本』と功夫。


マスター・ヨーダと老荘思想 その1。


マスター・ヨーダと老荘思想 その2。


荘子の道と、仏性、良知。


荘子の処世と、価値のない木。


孔子と荘子と司馬遷と。


荘子の養生と鬱。


荘子と寓言。


絶対者と荘子の造化。


荘子とGod。


荘子とビートルズ。


“Glass Onion”  と荘子。


老荘思想(Tao)とビートルズ(The Beatles)


“I Am the Walrus”と荘子。


荘子、古今東西。


アバター(AVATAR)と荘子 その1。


至一の時代の人々と荘子。


障害者と荘子。


アバター(AVATAR)と荘子 その後。


アバター(AVATAR)と荘子と鈴木大拙。


ネイティヴ・アメリカンと老荘思想。


小泉八雲と荘子。


李白の逆旅と芭蕉と荘子。


芥川龍之介と荘子。


八雲とユングと胡蝶の夢。


ユングとタオと芭蕉の鬱。


エヌマ・エリシュと老荘思想。


「認知のゆがみ」と荘子。


マトリックスと荘子 その1。


マトリックスと禅と荘子。


寓話と公案とシュレーディンガーの猫。


境地とZoneと日本の弓術。


量子力学と荘子。


荘子とアリスとセイウチの旅。


無何有の郷と"Nowhereman”。


明鏡止水と勝海舟。


自然を感じてしまう人。


インセプションと胡蝶の夢。


世捨て人の系譜。


ベスト・キッドと荘子。


パプリカとインセプションと胡蝶の夢。


荘子とゴースト。


意識と無意識のあわいの荘子。


秋水篇の世界。


人為を嘆くヒト。


『荘子』逆読みのススメ。


荘子がいるらしき場所。


老子とトルストイ。


新井白石と天地創造。


インセプションと荘子とボルヘス。


荘子と『水槽の脳』。


正岡子規と荘子。


スティーブ・ジョブズと禅と荘子 その2。


『論語』と『荘子』のドラッカー。


「素朴」対「機心」。


轍鮒の急と天地不仁。


至徳の世とプロメテウスの火。


「元気」の由来と日本書紀。


素領域と李白の逆旅。


大鵬図南と"From a Distance"。


曳尾塗中と籠の中の鳥。


荘子から陶淵明の草枕。


荘子の造化とラプラスの悪魔。


列子の人造人間は蝶の夢をみるか?


人のかたち、渾沌のかたち。


人間万事、ツァラトゥストラの偶然。


莫耶の剣の偶然、莫耶の剣の運命。


ユングと河合隼雄の道。


共時性と老荘思想。


心理と物理の“対立する対”。


ユングと鈴木大拙。


ジョン・ケージと荘子。


ジョージ・ルーカスと東洋思想。


荘子とクオリア。


ハイゼンベルクの機心。


スティーブ・ジョブズと禅と荘子 その3。


朝三暮四の認識論。


『マトリックス』と胡蝶の夢。


ジョン・レノンと禅と荘子。


カンフーパンダと荘子。


荘子と『変身』。


カフカと荘子。


「怪」を綴るひとびと。


カフカと荘子 その2。


井の中のカフカ。


カフカのリアリティ。


『道化師の蝶』と荘子。


荘子とカフカと中島敦。


『雨月物語』と荘子。


「怪」を綴るひとびと その2。


ミヒャエル・エンデと荘子。


湯川秀樹と老子。


長岡半太郎と荘子 その2。


湯川秀樹と渾沌。


湯川秀樹と『山海経』。


荘子とビートルズ その2。


「The Zen of Steve Jobs」と荘子。


荘子のいるらしき場所 その2。


夢と記憶の東洋古典。


ミヒャエル・エンデと胡蝶の夢。


夢と鏡のドッペルゲンガー。


ボルヘスと『聊斎志異』。


身体技法と老荘思想 ~技と道~。


フィリップ・K・ディックと東洋古典。


「ペルソナ」と荘子。


『ダークナイト ライジング』と荘子。


『ダークナイト』と荘子。


『ダークナイト』と荘子 その2。


『ダークナイト』と荘子 その3。


『バットマン ビギンズ』とユングと荘子。


『田舎荘子』より「猫の妙術」。


双葉山と木鶏。


ハイゼンベルクと荘子。


一休さんと荘子。


地震予知と杞憂。


『ジョジョ』と荘子 ~波紋と仙道~。


ディックとユングと東洋思想。


フィリップ・K・ディックと禅と荘子。


フィリップ・K・ディックと荘子。


ディックと禅とLSD。


大鵬と荘子。


『黄金の華の秘密』と『夜船閑話』。


瞑想と煉丹、瞑想と練金。


太陽と月、男と女の錬金術。


スカラベと玉蝉。


ユングと自然。


ユングと自然 その2。


ユングと自然(じねん)。


フィリップ・K・ディックのリアリティ。


ディックとユングと東洋思想 その2。


マトリックスと荘子 その2。


クラウド アトラスと火の鳥 その1。


クラウド アトラスと火の鳥 その2。


『完全なる首長竜の日』と胡蝶の夢。


アニメーションと胡蝶の夢。


荘子の夢、蕉鹿の夢。


「穆王の旅」と「浦島太郎」。


サリンジャーと荘子。


ボルヘスと荘子。


アーシュラ・K・ル=グウィンと荘子。


ル=グウィンと荘子 その2。


兼好法師と荘子。


兼好法師と荘子 その2。


兼好法師と老子。


兼好法師と荘子 その3。


『徒然草』と追儺。


追儺と鬼、追儺と桃。


四方拝と北斗七星。


桃符と急急如律令。


兼好法師と荘子 その4。


惻隠の情と千金の璧。


荘子と太一と伊勢神宮。


スティーブ・ジョブズと禅と荘子 その5。


ディックとル=グウィンの夢と現実。


「如水」の由来と諸子百家。


ブルース・リーと東洋の思想 その1。


ブルース・リーと東洋の思想  その2。


ブルース・リーと東洋の思想  その3。


ブルース・リーと東洋の思想  その4。


ブルース・リーと荘子。


ブルース・リーと禅と荘子。


『荘子』と『淮南子』の宇宙。


『淮南子』と『日本書紀』 ~天地開闢~。


嫦娥と兎とひきがえる。


中国古典と八紘一宇。


「民のかまど」と中国古典。


ユングと雨乞い、ユングと無為自然。


『今昔物語』『宇治拾遺物語』と荘子。


『竹取物語』と道教。


プーさんと老荘思想。


「Let it go」と禅と荘子。


扁鵲の心臓移植。


尸解の世界。


金庸と荘子 ~丘処機と養生~。


金庸と荘子 ~屠龍と碧血~。


スターウォーズと武侠。


ジョゼフ・キャンベルと黄金の華の秘密。


泰山府君と司命。


ジェダイ(Jedi)と道教(Taoism)。


スターウォーズと道教 ~フォース(Force)と氣(Qi)~。


スターウォーズと功夫(Gongfu)。


『荊楚歳時記』の正月。


天地開闢と洪荒之力。


道家と二十四節気。


スターウォーズと道教 ~呪禁と弾除け~。


Favorite Blog

HAVE A NICE DAY kelly:さん
コイケランド koike1970さん
SAMEJIマジメ日記 … musamejiこと鮫島宗哉さん

Comments

平安京異星人@ Re[4]:荘子と進化論 その208。(08/02) ぽえたりんさんへ 了解いたしました。
ぽえたりん@ Re[3]:荘子と進化論 その208。(08/02) 平安京異星人さんへ コメントありがとう…
平安京異星人@ Re[2]:荘子と進化論 その208。(08/02) ぽえたりんさんへ はじめまして。荘子に…
ぽえたりん@ Re[1]:荘子と進化論 その208。(08/02) huiさんへ コメントありがとうございます…
hui@ Re:荘子と進化論 その208。(08/02) はじめまして。 ブログの更新をずっとお待…
2010.01.12
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
どうやら、1月も大して暇ナシのようです。

久々の休みに、
ネイティリ。
ジェームス・キャメロンの最新作、「アバター」を観に行きました。いや、この作品は予告を観た瞬間に大笑いてしまうものだったからでして・・。

参照:映画「アバター」90秒TVCM3部作パート1+パート2
http://www.youtube.com/watch?v=medQueK5n7Y

で、「アバター」の感想なんですが、予告を観たときの直感通り、「ナウシカ」「ラピュタ」「もののけ姫」へのオマージュがバリバリなんですよ。で、まぁ単純に考えると日本映画のパクリ・・・となってしまいそうなんですが、

あけおめ!
これも「荘子」なんです。「アバター」の冒頭に出てくる、

・夢と現実の境がない
・人間の意識が他の生物に乗り換わる

というのは、「胡蝶の夢」「知魚楽」に非常に近いですよね?ま、「胡蝶の夢」は省略しまして、「知魚楽」についても、湯川秀樹さんの随筆と、茂木健一郎さんのブログを貼っておきます。

参照:
恵子 × 荘子 「知魚楽」
http://homepage1.nifty.com/kurubushi/card69772.html

茂木健一郎 クオリア日記 2008/12/31 魂のひりひり
http://kenmogi.cocolog-nifty.com/qualia/2008/12/post-b66d.html

この「知魚楽」の発想は「攻殻機動隊(GHOST IN THE SHELL)」も使っているものでして、さらに、今度公開されるブルース・ウィリスの「サロゲート」も人間の遠隔操作や、リアリズムの欠落とかいったものでテーマもまったく同じ(笑)。

参照:サロゲート(2009)予告編 SURROGATES Trailer
http://www.youtube.com/watch?v=ZH43LVtaXV8

他にも、
・鳥とともに空を飛ぶ
・造物主が生と死を司る
・未開の人びとの営み
・頭を空っぽにしろ。考えずに感じろ。
・生物のネットワーク(経路としてのTAO)

等々、荘子の世界観と「アバター」との共通点が見られます。でも、もっと重要なことがあるんです。

巨木の下で暮らすナヴィという原住民と、その地下に眠る鉱物のために木を切り倒そうとする人間との戦いという根底のストーリーこそが重要です。人間の価値観と「価値のない木」・・。役に立たない木に関しては何度も書きました。


Zhuangzi
莊子曰「今子有大樹、患其無用、何不樹之於無何有之郷、廣莫之野、彷徨乎無為其側、逍遙乎寢臥其下?不夭斤斧、物無害者、無所可用、安所困苦哉。」(『荘子』逍遥遊 第一)
→荘子は言った。「あなたはせっかく大きな木を持っているのに、役に立たないなどと嘆いている。ならば、この役に立たない木を『無何有の郷』に植え替えて、広々とした大地でその木の周りをぼんやりと逍遥し、のんびり昼寝でもしたらどうだい?斧で切り落とされる心配もなく、無用なもののようでいても、少しも困ることはないよ。」

参照:当ブログ 夏目漱石と荘子
http://plaza.rakuten.co.jp/poetarin/5011

当ブログ 荘子と進化論 その24。
http://plaza.rakuten.co.jp/poetarin/diary/200910260000/

当ブログ 荘子と進化論 その23。
http://plaza.rakuten.co.jp/poetarin/diary/200910140000/

当ブログ 荘子と進化論 その30。
http://plaza.rakuten.co.jp/poetarin/diary/200911300000/

・・・答えは、この本に載っています。
環境の思想家たち (みすず書房)
環境の思想家たち 上 (ジョイ・A・パルマー編、 須藤 自由児 訳 みすず書房)

世界的に影響を与えた環境思想家をリストアップしているこの本。
最初が、仏陀(紀元前5世紀)、二人目が荘子(紀元前4世紀)です。次にアリストテレス(紀元前384~322)となります。

以下、ウェルギリウス(紀元前70~19)
アシジの聖フランチェスコ(1181~1226)
王陽明(1472~1528)
ミシェル・ドゥ・モンテーニュ(1533~1592)
フランシス・ベーコン(1561~1626)
ベネディクト・スピノザ(1632~77)
松尾芭蕉(1644~94)

さらにずっと下って当然ハイデガーもいやがります(笑)。

「二千年以上のあいだ――儒家の教えに対する皇帝の公認と、のちの毛沢東による野蛮な敵視にもかかわらず――道家思想は、中国人の生活のさまざまな面、特に道家の風景画と詩に示された自然との親しい関係を強固に形づくった。これに劣らず重要なのは、中国と日本における宗教の発展に与えた影響であり、道家思想の真の後継者は「神秘的」道教ではなく、チャン――あるいは日本では禅――仏教として知られている、あの道家思想と仏教思想の興味深い融合である。芭蕉の俳句は、本書の別の章でも論じられているが、仏教の負うところが大きいと同様に荘子にも負うところが大きい。哲学的な道家思想は、とりわけ自然に対する人間の関係についての見方ゆえに、20世紀全体を通して、多くの西洋の思想家を魅きつけた。その見方は、多くの西洋人の目には、かれら自身の社会の見方とは好ましい対極をなしていると映るのである。マルティン・ハイデガーは技術にたいする二十世紀の最も透徹した批判家だといえるが、彼はかつて「道徳経」の翻訳に取りかかったことがあり、そして道家がハイデガーの思想に及ぼした影響は、彼が折に触れて認めている以上に大きい。最近の数十年間、多くの環境倫理学者が熱狂的に道家思想を唱えてきた。しかし、荘の「環境倫理」について語るのは人を誤らせることだ。彼が、たとえば動物の「権利」だとか、自然に対する人間の「責務」だとかについて語ることに何の共感も持たなかっただろうということは確かである。彼の見方では、そのように語ること――道徳性、正義、正直、善行について語ること――は「人が道を見失って」しまい、そして、それゆえ、もはや「道に一体化して」いないということの確かな徴なのである(22.1)自然に「事物のあるがままにまかせる」人は、道徳原理を必要をしていないのである。」(「環境の思想家たち  上」 「荘子」より)

David E. Cooperという、ダラム大学の教授さんの文章なんですが、いい線いってんじゃねえの(笑)。

Zhuangzi
そうなんですよ。

荘子って、世界最古級の「環境思想家」としての影響力が絶大なんです。ある意味、いまだ現役なんですよ(笑)。ま、確かに中国やインドの近代化が進んで「現代の話」とするとどうもしっくりきませんが、環境思想ってのは、東洋思想ですよ。特にキリスト教が広まった以降のヨーロッパなんぞに東洋の思想が遅れを取るはずがありません。環境問題って、ここ、2,30年で西洋が急に目覚めて大声を上げるようになったものでしょ?捕鯨問題とか見れば分かるように、西洋人の自然との付き合いって明らかに偏執的でしょ?西洋の作品でも「環境」をテーマにすると、荘子から引っ張ってくるんですよ。

例えば、
Zhuangzi
『是故梟脛雖短、続之則憂。鶴脛雖長、断之則悲。故性長非所断、性短非所続、無所去憂也。』(『荘子』 駢拇第八)
→故に、鴨の脛が短いといって無理矢理継ぎ足しても鴨は嫌がるし、鶴の脛が長すぎるといって切り取ったら鶴は嘆き悲しむだろう。人間の考えで長い短いを勝手に判断して継ぎ足そうが、断ち切ろうが、迷惑なだけの話だ。

これは、まんま芭蕉がパロディとして使っています。
芭蕉。
鷺の足雉脛長く継添て  芭蕉

しかし、荘子は「環境思想」の枠において、東洋の中でも突出しています。仏教では仏性というものは動物までなんですが、荘子は草木や石ころにも「道」を認めているわけですから。

・・・で、当ブログでもずっと前に注目したんですが、「徒然草」の第百三十七段で、荘子マニアの兼好法師が、桜の花を「手折る」花盗人の行為を怒るという箇所がございます。

参照:当ブログ 花盗人は風流のうち。
http://plaza.rakuten.co.jp/poetarin/diary/200703090000/

・・もしかすると、ですね。これも。

蝶々や 花ぬすびとを つけて行く 

・・・本来、東洋人が最初から持っている思想を、西洋人から持ってくるからおかしなことになるんですよ。

this is it
マイケル・ジャクソンの“This is it”で、アジア系の少女が蝶と共に眠るシーンがわざわざ挿入されていたのも、環境思想家としての荘子のオマージュだと思われます。あえて「胡蝶の夢」を使っているわけです。

参照:当ブログ “This is it”。
http://plaza.rakuten.co.jp/poetarin/diary/200911240000/

Zhuangzi
『日月出矣、而爵火不息、其於光也、不亦難乎。時雨降矣,而猶浸灌、其於澤也、不亦労乎。』(『荘子』逍遥遊 第一)
→太陽も月も出ているのに、休まずにかがり火を焚いてその光と競い合い、雨が降っているのに、わざわざ灌漑から水を汲み出して使う。無駄なことではないか?

良い子は、電気を消して早く寝ましょう。

今日はこの辺で。






Last updated  2010.01.14 00:09:01
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.