2627225 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

人生朝露

PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


ぽえたりん

Freepage List

話のタネ。


「虹」が虫偏である理由。


日本の苗字 五十音順。


高野山のキリスト教碑。


モテ女の秘密は近眼。


弓は剣よりも。


三蔵法師の旅 その1。


三蔵法師の旅 その2。


「ヒトラー最期の12日間」の間の日本。


ヒトラー最期の12日間の日本。その2。


「看羊録」その1。


「看羊録」その2。


「看羊録」その3。


「看羊録」その4。


「看羊録」 その5。


東国原(ひがしこくばる)県知事関連。


東国原(ひがしこくばる) その1。


東国原(ひがしこくばる) その2。


宮崎県政も見てやってください。


「荘子」と「進化論」シリーズ。


なぜ、日本人は進化論を信じられるのか?


ネルーの不思議な証言。


紀元前の進化論。


聖徳太子と荘子。


仏教と荘子。


禅宗と荘子。


長岡半太郎と荘子。


湯川秀樹と荘子 その1。


湯川秀樹と荘子 その2。


スティーブ・ジョブズと禅と荘子。


夏目漱石と荘子。


武道と荘子。


武道と田舎荘子。


中島敦「名人伝」と荘子。


荘子の生物学。


"Do The Evolution"。


チャップリンと荘子。


「火の鳥 鳳凰編」と荘子。


「火の鳥 復活編」と荘子。


ハイデガーと荘子 その1。


ハイデガーと荘子 その2。


ハイデガーと荘子 その3。


ハイデガーと荘子 その4。


『茶の本』と功夫。


マスター・ヨーダと老荘思想 その1。


マスター・ヨーダと老荘思想 その2。


荘子の道と、仏性、良知。


荘子の処世と、価値のない木。


孔子と荘子と司馬遷と。


荘子の養生と鬱。


荘子と寓言。


絶対者と荘子の造化。


荘子とGod。


荘子とビートルズ。


“Glass Onion”  と荘子。


老荘思想(Tao)とビートルズ(The Beatles)


“I Am the Walrus”と荘子。


荘子、古今東西。


アバター(AVATAR)と荘子 その1。


至一の時代の人々と荘子。


障害者と荘子。


アバター(AVATAR)と荘子 その後。


アバター(AVATAR)と荘子と鈴木大拙。


ネイティヴ・アメリカンと老荘思想。


小泉八雲と荘子。


李白の逆旅と芭蕉と荘子。


芥川龍之介と荘子。


八雲とユングと胡蝶の夢。


ユングとタオと芭蕉の鬱。


エヌマ・エリシュと老荘思想。


「認知のゆがみ」と荘子。


マトリックスと荘子 その1。


マトリックスと禅と荘子。


寓話と公案とシュレーディンガーの猫。


境地とZoneと日本の弓術。


量子力学と荘子。


荘子とアリスとセイウチの旅。


無何有の郷と"Nowhereman”。


明鏡止水と勝海舟。


自然を感じてしまう人。


インセプションと胡蝶の夢。


世捨て人の系譜。


ベスト・キッドと荘子。


パプリカとインセプションと胡蝶の夢。


荘子とゴースト。


意識と無意識のあわいの荘子。


秋水篇の世界。


人為を嘆くヒト。


『荘子』逆読みのススメ。


荘子がいるらしき場所。


老子とトルストイ。


新井白石と天地創造。


インセプションと荘子とボルヘス。


荘子と『水槽の脳』。


正岡子規と荘子。


スティーブ・ジョブズと禅と荘子 その2。


『論語』と『荘子』のドラッカー。


「素朴」対「機心」。


轍鮒の急と天地不仁。


至徳の世とプロメテウスの火。


「元気」の由来と日本書紀。


素領域と李白の逆旅。


大鵬図南と"From a Distance"。


曳尾塗中と籠の中の鳥。


荘子から陶淵明の草枕。


荘子の造化とラプラスの悪魔。


列子の人造人間は蝶の夢をみるか?


人のかたち、渾沌のかたち。


人間万事、ツァラトゥストラの偶然。


莫耶の剣の偶然、莫耶の剣の運命。


ユングと河合隼雄の道。


共時性と老荘思想。


心理と物理の“対立する対”。


ユングと鈴木大拙。


ジョン・ケージと荘子。


ジョージ・ルーカスと東洋思想。


荘子とクオリア。


ハイゼンベルクの機心。


スティーブ・ジョブズと禅と荘子 その3。


朝三暮四の認識論。


『マトリックス』と胡蝶の夢。


ジョン・レノンと禅と荘子。


カンフーパンダと荘子。


荘子と『変身』。


カフカと荘子。


「怪」を綴るひとびと。


カフカと荘子 その2。


井の中のカフカ。


カフカのリアリティ。


『道化師の蝶』と荘子。


荘子とカフカと中島敦。


『雨月物語』と荘子。


「怪」を綴るひとびと その2。


ミヒャエル・エンデと荘子。


湯川秀樹と老子。


長岡半太郎と荘子 その2。


湯川秀樹と渾沌。


湯川秀樹と『山海経』。


荘子とビートルズ その2。


「The Zen of Steve Jobs」と荘子。


荘子のいるらしき場所 その2。


夢と記憶の東洋古典。


ミヒャエル・エンデと胡蝶の夢。


夢と鏡のドッペルゲンガー。


ボルヘスと『聊斎志異』。


身体技法と老荘思想 ~技と道~。


フィリップ・K・ディックと東洋古典。


「ペルソナ」と荘子。


『ダークナイト ライジング』と荘子。


『ダークナイト』と荘子。


『ダークナイト』と荘子 その2。


『ダークナイト』と荘子 その3。


『バットマン ビギンズ』とユングと荘子。


『田舎荘子』より「猫の妙術」。


双葉山と木鶏。


ハイゼンベルクと荘子。


一休さんと荘子。


地震予知と杞憂。


『ジョジョ』と荘子 ~波紋と仙道~。


ディックとユングと東洋思想。


フィリップ・K・ディックと禅と荘子。


フィリップ・K・ディックと荘子。


ディックと禅とLSD。


大鵬と荘子。


『黄金の華の秘密』と『夜船閑話』。


瞑想と煉丹、瞑想と練金。


太陽と月、男と女の錬金術。


スカラベと玉蝉。


ユングと自然。


ユングと自然 その2。


ユングと自然(じねん)。


フィリップ・K・ディックのリアリティ。


ディックとユングと東洋思想 その2。


マトリックスと荘子 その2。


クラウド アトラスと火の鳥 その1。


クラウド アトラスと火の鳥 その2。


『完全なる首長竜の日』と胡蝶の夢。


アニメーションと胡蝶の夢。


荘子の夢、蕉鹿の夢。


「穆王の旅」と「浦島太郎」。


サリンジャーと荘子。


ボルヘスと荘子。


アーシュラ・K・ル=グウィンと荘子。


ル=グウィンと荘子 その2。


兼好法師と荘子。


兼好法師と荘子 その2。


兼好法師と老子。


兼好法師と荘子 その3。


『徒然草』と追儺。


追儺と鬼、追儺と桃。


四方拝と北斗七星。


桃符と急急如律令。


兼好法師と荘子 その4。


惻隠の情と千金の璧。


荘子と太一と伊勢神宮。


スティーブ・ジョブズと禅と荘子 その5。


ディックとル=グウィンの夢と現実。


「如水」の由来と諸子百家。


ブルース・リーと東洋の思想 その1。


ブルース・リーと東洋の思想  その2。


ブルース・リーと東洋の思想  その3。


ブルース・リーと東洋の思想  その4。


ブルース・リーと荘子。


ブルース・リーと禅と荘子。


『荘子』と『淮南子』の宇宙。


『淮南子』と『日本書紀』 ~天地開闢~。


嫦娥と兎とひきがえる。


中国古典と八紘一宇。


「民のかまど」と中国古典。


ユングと雨乞い、ユングと無為自然。


『今昔物語』『宇治拾遺物語』と荘子。


『竹取物語』と道教。


プーさんと老荘思想。


「Let it go」と禅と荘子。


扁鵲の心臓移植。


尸解の世界。


金庸と荘子 ~丘処機と養生~。


金庸と荘子 ~屠龍と碧血~。


スターウォーズと武侠。


ジョゼフ・キャンベルと黄金の華の秘密。


泰山府君と司命。


ジェダイ(Jedi)と道教(Taoism)。


スターウォーズと道教 ~フォース(Force)と氣(Qi)~。


スターウォーズと功夫(Gongfu)。


『荊楚歳時記』の正月。


天地開闢と洪荒之力。


道家と二十四節気。


スターウォーズと道教 ~呪禁と弾除け~。


Favorite Blog

HAVE A NICE DAY kelly:さん
コイケランド koike1970さん
SAMEJIマジメ日記 … musamejiこと鮫島宗哉さん

Comments

平安京異星人@ Re[4]:荘子と進化論 その208。(08/02) ぽえたりんさんへ 了解いたしました。
ぽえたりん@ Re[3]:荘子と進化論 その208。(08/02) 平安京異星人さんへ コメントありがとう…
平安京異星人@ Re[2]:荘子と進化論 その208。(08/02) ぽえたりんさんへ はじめまして。荘子に…
ぽえたりん@ Re[1]:荘子と進化論 その208。(08/02) huiさんへ コメントありがとうございます…
hui@ Re:荘子と進化論 その208。(08/02) はじめまして。 ブログの更新をずっとお待…
2010.01.17
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
さ、

あけおめ!
荘子です。

現在は
アバター。
映画「アバター」と荘子なわけです。

参照:荘子と進化論 その35。
http://plaza.rakuten.co.jp/poetarin/diary/201001120000/

・・・で、『アバター』に登場する「未開の民族」と「価値のない大きな木」というのが、大切なことなんですよ。

Zhuangzi
『古之人在混芒之中、與一世而得澹漠焉。當是時也、陰陽和静、鬼神不憂、四時得節、萬物不傷、群生不夭、人雖有知、無所用之、此之謂至一。當是時也、莫之為而常自然。逮徳下衰、及隧人伏羲始為天下、是故順而不一。徳又下衰、及神農、黄帝始為天下、是故安而不順。徳又下衰、及唐、虞始為天下、興治化之流、澆淳散朴、離道以善、険徳以行、然後去性而從於心。』(『荘子』繕性篇 第十六)
→古の人びとは、一世の民と共に寂寞の心を備えていた。その頃は、陰陽の気は穏やかで、鬼神も乱れず、四季は節目どおりにめぐり、万物は損なわれず、動物たちは群れを成して早死にもしなかったし、人には知恵があったとしても、もちいることは少なかった。これを「一つのもの」の究極「至一」の時代と言おう。この時代には、全てが無為であり、自然であった。やがて、徳が衰え始め、人為による政治が始まった。人びとは次第に「至一」の時代を忘れていった。さらに、神農や黄帝の時代になると、安定はしていても自然に順うことがなくなっていった。舜や堯の時代になると、治世のための教育という流れがおきて、かつての純粋であることや、素朴であるような徳のありかたが散り散りになってしまった。善の名の下にあるがままの道から離れ、徳を行動によって他人に示し、人為による心が人間の本性を覆い隠してしまった。

Zhuangzi
『故至徳之世、其行填填、其視顛顛。当是時也、山無蹊隧、澤無舟梁。萬物群生、連属其郷。禽獣成群、草木遂長。是故禽獣可係羈而遊、烏鵲之巣可攀援而閲。夫至徳之世、同與禽獣居、族與萬物並、悪乎知君子小人哉。同乎無知、其徳不離。同乎無欲、是謂素樸。素樸而民性得矣。』(『荘子』馬蹄篇 第九)
→「ゆえに、至徳の世というのは、束縛もなく人の行いは穏やかで、人々の瞳は明るかった。かつての至徳の世では、山には道も拓かれず、川にも船は無かった。万物は群生して、棲み分けをする必要もなかった。動物たちは群れを成し、草木は伸びやかに成長した。ゆえに、動物を紐に繋いで共に遊ぶことが出来たし、木によじ登って、カササギの巣をのぞいてみることができた。その至徳の世においては、動物たちと同じ場所に住み、万物と並んで暮らしていた。そこに君子や小人なんているはずがない。人々はさもしい知識も持たず、徳が心から離れず、無欲でいた。これを「素樸(そぼく)」という。素樸だからこそこそ民はあるがままでられる。」

Zhuangzi
『且吾聞之古者禽獣多而人少、於是民皆巣居以避之、晝拾橡栗、暮栖木上、故命之曰有知生之民。古者民不知衣服、夏多積薪、冬則煬之、故命之曰知生之民。神農之世、臥則居居、起則于于、民知其母、不知其父、與麋鹿共居、耕而食、織而衣、無有相害之心、此至徳之隆也。然而黄帝不能致徳、與蚩尤戦於鹿之野、流血百里。』(『荘子』盗跖 第二十九)
→聞いたところによると、その昔、人よりも獣の方が多くて、人間様は、トチの実や栗の実を拾って食い、夜には木の上で眠っていたそうじゃねえか。「有巣氏の民」とかいうそうだ。その昔、人間様は衣服すら知らず、夏のうちから薪をかき集めて、冬の寒さに備えていたそうだ。これを「知生の民」というそうだ。古の神農の時代には、人間様はぐっすりと眠り、起きているときも、のんびりとやっていけたらしいじゃねえか。自分の母親を知っていても父親は知らず、牛や鹿と共に暮らし、自分で耕した分で食い、自分で衣を織り上げ、人を害するようなことも大してなかったそうじゃねえか。こういうのが徳の至りだろうよ。ところが、黄帝から下っては、徳を推し進めるのが難しくなって、蚩尤と大きな戦を起こし、その血は百里先にも及んだそうだ。

参照:当ブログ 荘子と進化論 その25。
http://plaza.rakuten.co.jp/poetarin/diary/200910310000/

・・・紀元前の中国の古典からの引用なんですが、明らかに未開の人びとの暮らしを見つめているんですよね。もともと、孔子もそうですが、中国の古典というのは、紀元前のころから「過去」を見つめて、黄帝や、舜堯の時代の理想の政治を手本にするという思考方法がありますけど、荘子の場合には、もっと先の時代の・・文明以前の、日本で言うと縄文時代を憧れるような、そんなスタンスなんです。

「野生の思考」 レヴィ・ストロース。
まるで、レヴィ・ストロースの「野生の思考」のような・・・。まぁ最低でも「環境思想家」としての荘子の思考は分かっていただけると思います。

Zhuangzi
「匠石之斎、至乎曲猿、見櫟社樹。其大蔽數千牛、潔之百緯、其高臨山十仞而後有枝、其可以為舟者旁十數。観者如市、匠伯不顧、遂行不輟。弟子厭観之、走及匠石、曰「自吾執斧斤以随夫子、未嘗見材如此其美也。先生不肯視、行不輟、何邪?」曰「已矣、勿言之矣。散木也、以為舟則沈、以為棺槨則速腐、以為器則速毀、以為門戸則液満、以為柱則蟲。是不材之木也、無所可用、故能若是之壽。」匠石帰,櫟社見夢曰「女將惡乎比予哉?若將比予於文木邪?夫柤、梨、橘、柚、果、租之屬属實熟則、実熟則辱、大枝折、小枝泄。此以其能苦其生者也、故不終其天年而中道夭,自培撃於世俗者也。物莫不若是。且予求無所可用久矣、幾死、乃今得之、為予大用。使予也而有用、且得有此大也邪?且也、若與予也皆物也、奈何哉其相物也?而幾死之散人、又惡知散木!」匠石覺而診其夢。弟子曰「趣取無用、則為社何邪?」曰「密!若無言!彼亦直寄焉、以為不知己者詬礪也。不為社者、且幾有翦乎!且也、彼其所保、與衆異、以義誉之、不亦遠乎!」(『荘子』人間世篇 第四)
→あるとき、匠石が斉の国に出かけて、橡(クヌギ)の巨木をご神木にした社を見つけた。千頭の牛を覆うほどの巨木で、百人の人間が手を繋いでも取り囲めないほどの太さだった。山のような高さの巨木は十仞もの高さでようやく枝を伸ばしている。枝だけでも数十の舟が作れそうな見事さで、この木を見るために人びとが集まり、市場のような賑わいがあった。しかし、匠はその木を顧みず、そそくさと歩き去った。弟子がすかさず「親方!おいらは斧を持って親方の下で働いてからこのかた、あんな見事な木を見たことがなかったってのに、親方はなぜあの木に見向きもしないのですか?」匠は言った「そういう物言いは止めろ!あの木は「散木」だ。舟を作れば沈むわ、棺にしてもすぐに腐るわ、器にしても壊れちまうわ、扉にすると脂が出てくるわ、柱にすると虫に食われるわ、っていう類の木だ。役に立たないからあれだけ大きくなっちまうようなものさ。相手になんかしていられるか。」
→匠石が帰り着いたその夜、例の社のご神木が匠の夢に現れた。巨木は言った「お前はいったい、ワシを何と比べたがっているのか?役に立つとかいうナシやタチバナやユズのような、実をつけた途端、枝ごと切り取られる木と比べるのか?役に立つがゆえに、腕をもぎ取られるような目に遭い、天寿を全うできないような木と。人にたとえるならば、才能があるが故に世間から批判される、そんなところだな。木も人も変わらぬ「物」なのだ。ワシは、ずっと役に立たないように努めてきた。今まで何度も切り倒されそうになったが、無用であることによって、今の、巨木としての営みという大用を得たのだ。仮にワシが役に立つ木であったとしたら、今の大きさは考えられないだろう。それに、ワシはお前と同じ「物」なのだよ。お前は、ワシを散木と言ったな。やがては死ぬ「散人」よ、お前に「散木」の何が分かるのだ?」
→匠石は、弟子にその日の夢の話をした。弟子は「親方、無用であることに努めると、お社付きのご神木になるってのは、どういうことでしょう?」と問うた。すると匠石は「シッ!声が高い!あの巨木はただそこにいるというだけのことで、自分のことを分からずに、勝手に俺が辱めていると考えているのさ。ご神木なんて言っても、クヌギにしてみれば別にありがたくもないことじゃねえか。ただ、ご神木に祀り上げられなかったとしたら、あの木は薪にでもされたろうさ。あの木の護身の法ってのは、他の木とは違う。人間様の都合で祀ったところで、あの境地を知るには程遠いだろうよ。

・・・これまた荘子の「役に立たない木」の寓話なんですが、後に道教が多大な影響を与えることとなる日本の神道の形成よりもはるか前に、こういうことを書いてしまう荘子ってのは、恐ろしい人だと思いますよ。単純で幼稚な植物の擬人化ではなく、遥かに先を行っているんです。

南方熊楠。
これまた今から100年前の、神社合祀令と、熊野古道を守った南方熊楠の環境保全運動と対比してみると、面白いもんだなぁと思いますよ。この辺が、明治の人のまともさですね。

参照:Wikipedia 南方熊楠
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E6%96%B9%E7%86%8A%E6%A5%A0

神社合祀反対運動
http://www.prodr.org/kumagusu/bkjinja.html

当ブログ 夏目漱石と荘子。
http://plaza.rakuten.co.jp/poetarin/5011 

多分、次も「アバター」で。

今日はこの辺で。






Last updated  2010.01.18 00:25:12
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.