3063626 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

耳(ミミ)とチャッピの布団

「スタア誕生」

「スタア誕生」
手元に一枚のLPレコードがあります。
茶色のモノトーンでデザインされたジャケット表紙には主役のバーブラストライサンド(BARBRA STREISAND)とクリスクリスタファーソン(KTIS KRISTOFFERSON)が抱き合って写っています。
タイトルは「A STAR IS BORN(スター誕生)」。同名映画(1976年)のサントラ盤です。
このLPは私がバンコクでの生活を終えて帰国するときに、一緒に持ちかえったものです。
「スタア誕生」という題名の映画は何回か作られていて、古くはフレデリック・マーチとジャネット・ゲイナーの「スタア誕生」や、あまりにも有名なジュディ-・ガ-ランドの1954年の作品。
バーブラストライサンドの「A STAR IS BORN」をウエブ検索しましたが、「音楽作品」としての紹介はあるものの、結局映画そのものを取り扱った記事は見つかりませんでした。
他の作品と概ねストーリーは同じですが、クリスクリスタファーソンの役回りはロックのスター。
バーブラストライサンドは彼と出会うことにより、才能を開花させていくのですが紆余曲折があって...と、よくある展開です。この作品で映画ではなく楽曲のことばかり記事にされるのは、主題歌の「Evergreen」がその年の全米第一位を3週間連続でとったからです。
もちろん歌はバーブラストライサンド。作詞ポール ウイリアムス。作曲はバーブラストライサンド。
まさにバーブラストライサンド全盛期の超ヒット曲だったのです。
私がこのLPを買ったのも映画を観て気に入ったからですが、「音楽映画」として出来が悪かったらサントラ購入にはならなかったでしょう。
この映画が再び上映や放映されるか判りませんが、もし観るチャンスがあれば、そしてあなたがバーブラストライサンドのファンだったら音楽のプロデュースまで手がけた彼女の力作を逃す手はないと思います。
ところで私はこの映画を誰と見たのでしょうねぇ。憶えてないんです。まだ結婚前でしたし...


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.