499277 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

人生はカウントダウン

PR

Rakuten Profile

設定されていません

Calendar

Category

Archives

2017/10
2017/09
2017/08
2017/07
2017/06

全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >

Masterさんのコラム

2009/03/18
XML
カテゴリ:Masterさんのコラム
 さて皆さん、毎日DM楽しんでますか?
 ワシはなんやかんやといいつつ楽しんでます。

 今回のつぶやきは最近ネット上で勢力を伸ばしつつある「オヤジサイト」について少々。

 ワシがココを立ち上げたのが昨年の6月やったんやけど、その時、ワシの知る限りでは同じような境遇のオヤジデュエリストの存在は凄く少ないと思ってました。
 もっとも、今考えれば意外と沢山あったようですがw

 でも、そんな事を知ることのなかったワシは、果たしてこんなオヤジがサイトを開設していいのやろうか?
 若い世代の子らに受け入れられるのやろうか?
 不安でいっぱいながらのスタートでした。

 でも、その不安は直ぐになくなりました。ありがたい事に色々な世代の方々に遊びに来ていただいたり、実は私も同じオヤジデュエリストですよ、といった声を聞く事ができました。

 そして、何もないただのおっちゃんのサイトにもかかわらず沢山の方が遊びに来てくれたり、書き込みしてくれたり、それも世代を問わずに・・・・

 本当に毎日が楽しくなりましたね♪

 そうこうして色々な方々と交流でき、同じ境遇のオヤジ組の方とも実際にお会いしたり大会会場で声をかけていただいたりと、当初思ってたのとは違い、なんとオヤジデュエリストが多いのやろう!ワシだけじゃなかったんやなぁ~♪仲間が全国に沢山いるんだ!

 と、思うともう止まりません状態になるわけでw

 その勢いでワシの一つ目の夢やった自分の店でオフ会を開催する事もできました。
 それも予想をはるかに上回る人数、およそ50人というデュエリスト達が参加してくれました♪

 そして、日がたつにつれて、新たな仲間がまだまだいることを知った時は最高に喜びましたよ♪

 そして、沢山のオヤジデュエリストの方々と交流を深めていきました。
 そうこうしてると、実は自分もサイト持ってるんですよっといった事を知り、おおお!!
 なんて事もあり、さらに多くのオヤジ組の方と交流を深める事ができました♪

 そんななか、仲良くしていただいてたオヤジさんのなかで、この方が作るHPを見てみたいなぁ~
 なんて思ってた方々が次々とサイトを開設!!、もうワシは手ばなしで喜びましたよ。

 そして、それらのサイトはどれも素晴らしいものばかり♪オヤジならではのサイトでありながら皆さんそれぞれのコンセプトを持ったHPなのにはビックリしましたね♪

 そして少しずつ同じオヤジデュエリストのサイトが増えていき、新たなオヤジサイトの方との交流も増えていきました。

 そんな中、やはり同じ境遇のオヤジデュエリストのA-KIDさんが動き出されます。FB徳島でも紹介された「おやぢ同盟」の立ち上げです♪

 これによりまだまだアンダーグランドやったオヤジデュエリストの方々がドンドンとネット上に名のりを上げだすことになりました♪

 まさに「オヤジデュエリスト竜脈噴火」状態ですね(笑

 ワシが思うに少し前まで大型サイトとして様々な情報を提供してくれてたサイトのほとんどがD0とういう新しいTCGへと移り変わって行ってる様に思います。

 しかし、面白いもので、そうなってくると今度は次の世代のサイトがその意思を受け継ぐかのごとく現れています。そして、それらのサイトもまた今までになかった新しいコンセプトを持った素晴らしいサイトが多いように思います。

 こうした最近のDMのネット環境の移り変わりをみていると、まだまだDMは終わってなんかいないぜ!と思わされますね♪

 今まさにDMのネット界では世代交代の時期を向かえているのだと感じる今日この頃です。
 その世代交代の今のメタにもちろんオヤジサイトも食い込んでいますよね♪

 となると、もちろんのこと素晴らしいオヤジサイトにも沢山の老若男女が訪れる事になります。
 そこで、ワシは思うのですが「オヤジサイト」の役割ってなんなんやろうか?と。

 若い人たちが持ってるサイトは素晴らしいものが多い。でも、オヤジやからこそ出来ること、オヤジやからこそ伝えられることってあると思うんですよね。

 なんやかんやといっても、デュエルではかなわないかもしれないけど、実際には若いデュエリストの人達の倍以上の年数を生きてきてるわけで、オヤジ(年寄りかw)は人生では先輩である事は間違いのない事実。

 なら、それを生かさないのはもったいないって思うんですよね♪

 別に偉いとか先輩なんだぜ!とかって事じゃなくて、純粋にね♪

 かといってもワシは何が出来るのか、何を伝えられるのか、分りませんが(笑
 でも、これからもサイトを続けていく以上は常にそういった事を考えて、そしてDMという素晴らしいTCGを通じ、世代を超えてよりよい交流を深められたらと思ってます。

 世代を超えた今の全てのDMサイトに乾杯!

(2008.5.29復刻)






Last updated  2009/04/07 10:10:38 PM
コメント(0) | コメントを書く
2009/03/16
カテゴリ:Masterさんのコラム
 いよいよ待ちに待ったDM公式大会「SGL」がはじまります。
 皆さんはハガキもう出されましたか?まだの方はお急ぎを♪

 さてこれから始まる「SGL 」ですが、すでにお分かりのようにオープンクラスにおいて初めての試みである、新レギュレーションでの大会になります。

 転生編以降のカードおよび再録カード(同名を含む)でのデッキによるデュエルですね。

 今回のこの試みには賛否両論あるようですが、まぁ決まった以上はそれに沿って行かなければなりませんのでここでは触れませんね。

 ワシはもちろんの事、他のデュエリストの方々も使えるカードを把握しながら「あーでもない、こーでもない・・・・」とデッキ構築されてる事と思います。

 いつものDRで使ってるデッキとはまったく異なったデッキを組むことになる今回の新レギュレーションなんですが、少々気になる事があります。

 基本的に「転生編」以降のカードや再録カードのみで組んだデッキでの参戦になるわけですが、最初に行われる「関西大会」29日(土)までおよそ2週間。

 そして、使用可能カードが入った「ベストチャレンジャー」の発売が22日。

 つまり、今回初の新レギュレーションによる大会にもかかわらず、使えるカードが完全にわかるのが1週間前なんですよね。つまりは、1週間でデッキを組んで大会に来てね、ってことですね。

 ろくに調整も出来ないまま作ったデッキで大会、しかも公式大会に参戦する事になるわけで・・・

 さすがに、もう少し時間を空けて欲しいもんですよね。まっ、ここでこんな愚痴をこぼしたところで変わるわけないので、結局はその期間内で構築するほかないんですがね(笑

 ただ、今回のように初めての試みでの大会(使えるカードが限られてる)にもかかわらず、
主催するタカラさんから「使えるカード」の正式発表がないのはいかがなものかと・・・・

 現状、ネット上で出回ってるから「使えるカード」は把握できているけど、さて本当にそれらが全てなのか?もしくは他にも(プロモ等)使用できるカードがあるのではないのか?などなど、こういった不安がワシにはあります。

 ワシ的にはやはりこういう一番大切なことは最低限主催者側がハッキリと明確にしなければ
ならないと思います。でないと、このままネット上だけで知り得た情報だけでデッキを作ったはいいけど、いざ、大会当日になって「そのカードは使えません」「そのカードは使えます」
とかなったらシャレになりませんよ。

 それと、大会に参戦される方の中でも全ての人がネットしてるわけではないですし、そういった方はどうやってカードを「完全な使用可、使用不可」と知るのでしょうか。また、あいまいなままの現状で当日になって「えーー!!」なんて事にならないようにきちんと公開するべきやと思いますね。

 恐らくは、当選ハガキに書かれてくるのやろうなぁーとは思ってますが、それ以前の問題やと思うんですよね。

 あと、皆さんは大丈夫とは思いますが、ワシの場合、使えるカードと使えないカードを全て把握しておく自信がないです(泣

 でもコレは意外と大事な事なんですよね。いざ対戦が始まり、相手の使用カードで「ん?それって使えた?」

 「ちょっとマークを見せてください」とか、「このカードは古いけど再録されてたっけ?」なんてこともないとは限らないですからね。

 それに、わざと使用不可のカードを入れてくる人はいないとは思いますけどもし仮に対戦相手の方が勘違いで入れてきてしまい普通に使われる事も無きにしも非ずですし・・・・

 まぁ、可能、不可といったカードを全て頭に叩き込めるかどうかは、自分自身とのデュエルなわけですが(笑

 使用できるカード一覧などきちんと情報提供を主催側からするべきやと思います。

 こういう、おもいきった新しいことをするのやからなおさら初めが肝心ではないかと思うわけです。

 ダラダラと何が言いたいのかわからない文章ですいません。

 まぁ、愚痴ですね(笑

 ようは、早く使えるカードをハッキリと提示して欲しいーーー!!ってことです。

(2008.5.21復刻)






Last updated  2009/04/07 10:08:59 PM
コメント(0) | コメントを書く
2009/03/10
カテゴリ:Masterさんのコラム
 今から書く事は、あくまでワシ自身の考え、気持ちでありワシ以外のオヤジデュエリストや現役学生デュエリストの方々に「こうあるべきだ」とかといった意見、感想でない事を前提にお読みください。

 大人のDMの大会に参加するにあたり、我々オヤジ、ママさん、といった大人デュエリストの大会参加時における役割や、子供達に対する大人像について、以前に某巨大掲示板でも話題になってたんですが、書き込みこそしなかったものの、ワシなりの気持ち意見はハッキリとしていました。

 DRにおいて、ワシのような大人が出れるのはオープンクラス(年齢制限なし)のみです。まぁ家族を持つ身であるワシはなかなかそういったオープンの大会と自分が動ける日が上手く合わないと参加できないので、たまたま参加できる時は、やはり自分の力を試したいので、ほとんどガチデッキで参加してましたし、年齢制限がない以上、やはり強力なデッキも多々使われるし、そういったデッキとの対戦もDMやってる以上たとえ小学生大会であっても強い子は使ってきますし、子供にとっても「こういうデッキもあるんだよ、だからこういったデッキへの対策も必要なんだよ」と勉強になるかなとも思い、これに関しては極論的に問題ないと思ってました。

 そう、ちょっと前のDRまでは。

 実は先日参加したDRオープンクラスの大会でワシは迷わず「除去」を選び参戦。
 もちろん、対戦した子供達(中学生、小学生)は面白くなかったと思いますし、おっさんがなに除去なんてデッキ使うねん!と思われていたと思います。
 でも、ワシはどう思われようが大会は年齢制限なし、つまり大人はもちろん、高校生、それ以上の年齢の方も参加が許された大会です。この大会に参加する子供達ももちろんそれは承知の上での参戦です。
 なので、ワシは迷いなく「除去」を選び参戦しました。

 しかし、準決勝での事です。相手の子は6歳の子。デッキはガチガチの赤単です。
 もちろん、ここまで上がってくるのやから、少しでも気を抜けばボコボコにされます。
 もちろん、手抜きをせず、全力で対戦に臨みました。そして序盤こそおされるものの、ロックをかけるのに成功、事実上、相手の子のデッキではロックを崩す事は無理な状態でした。

 と、それがわかった瞬間、その対戦相手の子が泣き出していまいました。そしてそれでも最後まで対戦を投げ出すことなく続けました。想像してみてください。歳のいったええおっさんが、泣きじゃくる6歳の子供相手に対戦してるんです。

 これに勝ったからといっても、次へ進めるだけです。それもDMという子供対象にしたカードゲームでの一幕です。
 正直、今までは上記したように考えていましたが、目の前で小さな子を泣かし、DMというゲームをしている自分に初めて対面した時、ワシは「ワシ、なにしてるんやろう・・・楽しいはずのDMというゲームやのに、何にも楽しくないし、何よりこうまでして勝って満足なのか?」という今まであじわったことのない感情が胸のうちに込み上げてきました。

 で、途中からは「これはもう、わざと負けるべきだ。いや、それは相手の子にとってもっと失礼だ。いや、それ以前の問題じゃないのか?」と自分の中で葛藤し続けてました。

 そして、終盤になり手札にブレインがきた時に、これを打てばワシのデッキ切れで負ける。考えること数十秒。
 使おうっと、思った時、観戦されてたその子のお父さん(いつも親しくお付き合いしていただいてる、同じオヤジ組の方)が「ダメですよ。」と一言。その一言でワシは使うのをやめました。そして勝ちました。

 で、そのまま決勝戦に進み、その子のお兄ちゃん(小学5年生ですよ)に真剣に負けました。結果2位やったわけですが、なんというか、もの凄く後味の悪い気持ちのままでの大会終了でした。

 ちょうど、その日は甥っ子が初のDR参戦の日で、1回戦目で負け、悔し泣きをしてました。
でもね、甥っ子の涙と、ワシが準決勝であたった子との涙はまったく違うような気もします・・・

 例えば、ワシがDMというゲームをまったく知らずにたまたま、大会が開催されてるその場にいたとしましょう。
 もしくは、甥っ子の両親のように初めて自分の子供が参戦するので、ルールはわからないけど、みていたとしましょう。

 ワシはどう思うんやろうか。

 なんなん?これはゲームじゃないの?楽しく遊ぶゲームじゃないの?
 あの、大人の人の相手の小さな子供泣きながらやってるやん。子供の遊びじゃないの?DMって、いい大人が子供を泣かしてでもやる遊びなん?そんなゲームなら続けさすの考えるやん。て、思うやろうし、思われる可能性大な気がします。

 大人であるワシが本来子供の遊びである、DMというゲームの中に入り込み、泣きじゃくる子供を相手にしてる・・・・
 しかも「除去」という相手にとって何の面白みもないデッキを使って。もちろん、ワシのデッキが強いとかと言ってるのではないですし、どんな小さな子供でも、ボコボコにされる時はされますし。

 ただ、楽しいDMが一番と思ってるワシが思ってる事と正反対の事をしてる事に気づかされた今回のことで、ワシはDMとはワシにとって何か?自問自答してる毎日です。

 なら面白くないデッキとかじゃなく、楽しいコンボを考えたり、意外性のあるデッキなどで出ればいいやん。もちろん、フリー対戦やらではそういったデッキで遊びますし、そういう対戦も大好きです。

 でも思うんやけど、やっぱデカイ大会とかではもちろん上位を狙いたいし、そのためには
やはり、DRといったフリーでは味わえない真剣勝負も正直魅力があるため、いわゆる世間でいうガチの自分のデッキを試したいという気持ちもあるんですよね。

 まぁだからこそDRではガチを使ったりしてたし、年齢制限なしやし問題ないやろうと思ってたわけですが・・・・

 そやけどやはり自分が小さな子供をDMで泣かせてしまったという、この事実はワシにとっては簡単に受け流せないです。

 色んな子供たちと楽しく遊べるDMというTCG、子供とのコミュニケーションツールのひとつであるDM、ワシはホンマに大好きです。だからこそ今回の事はワシにとって簡単に受け流せません。

 おそらく、こうだ!という答えは見つけられないかもしれないけど、今後ワシは常に自分に
問い掛け続けると思います。

「ワシにとってのDMってなんぞや?」と。

(2008.4.13復刻)






Last updated  2009/04/07 10:07:23 PM
コメント(0) | コメントを書く
2009/03/08
カテゴリ:Masterさんのコラム
 ありがたいもので、最近ではワシのようなおっちゃんのサイトやけど、相互リンクを申し込んでくれる方が増えてます。 
 これは本当に素直に嬉しいし、感謝しています。
 そやけど、ちょっと気になる事があります。
 それはネットマナーについて。


 例えば、ありがたいことに相互リンクの申し出が掲示板に書き込まれますよね。もちろん、ワシはその事に関しては大変嬉しいし、喜んでいます。 
 でもね、そういった申し出は嬉しいんやけど、たまに何の挨拶もなしに「相互リンク希望します」みたいな書き込みを見かけます。これってやっぱり気持ちのいいものではありませんよね。


 掲示板はもちろんワシが管理してる訳ですが、ワシだけが使ってるものじゃないですよね。色々な方が使って下さってるわけで、やはり最低限のマナーは守ってもらわないと、他の方にも失礼やとワシは思うんですよ。
 せめて「初めまして」の一言ぐらいあるべきですよね。


 で、そういう方に限って自分のサイトの注意書きには、「マナーを守ってください」みたいな事が書かれてるんですよ・・・・・・・・
 おいおい・・・って感じですよね。

 で、ワシは相互リンクを申し出てくださった方には必ずお礼の書き込みをするんですが、見ると此方のリンクが貼られてないとか、ひどい時には此方に書き込みの際に「リンクを貼れば一言書き込みに来てくれ」みたいなのもあります。


 正直、なんだかなぁ・・・って思いますよ。
 まぁ、それでもワシはありがたいと思い、お礼の書き込みをするんですが、その返信が「はいはーい!」だけみたいな事があるんですよ。ワシが言うのも変かもしれませんが、やはり相互リンクを申し込んで下さった方が、その対応かい!って悲しくなりますよ。

 で、相互リンクした後は、まったく音沙汰なしとか、ワシには理解できません。
 そやけど、現実にこういったことが多々あるのです。
 せっかく自分で素晴らしいサイトを開設しても、ネットマナーがそれでは魅力は半減、少なくともワシは二度と行きません。


 やはり同じDMというゲームを楽しんでる仲間としては、すごく残念に思います。基本的にネットって顔や、素性がわからないですよね。だからこそネットマナーって大切やと思うんですよね。

 こういうマナーが出来ない人はDMをプレイしても、いや、普段の何気ない生活でも知らず知らずのうちにでると思います。少なくともワシはそう思いますね。


 まぁ、ようは愚痴なんでしょうが、最近本当にこういう方が多いので、おもいきって書いてみました。

 もちろん、ワシも知らず知らずのうちに同じような事をしてしまってる事もあるかもしれません。でも、常に気はつけるようにしています。


 そやけど、書いてきた事は誰とかじゃなく、ワシ自身への反省、そして今後のワシをひきしめるためでもあります。

 心あたりのある方、これからHPを立ち上げようという方は是非ほんの少しでもいいです、頭のどこかに常にマナーについての事をおいて、ネット交流するようになりましょう。せっかくのネットという素晴らしい交流のツール、気持ちよく使いましょうよ♪


(2008.4.7復刻)







Last updated  2009/03/26 11:57:42 PM
コメント(0) | コメントを書く
2009/03/04
カテゴリ:Masterさんのコラム
 さて、今回はDMを教える側になったオヤジのつぶやきです。

 ほとんどのオヤジデュエリストの方は自分の子供がやってて、それに付き合うためにルールを覚え、始めた方がほとんどやと思います。
 
 そういうワシもそうです♪

 なので、簡単なルールは子供(ワシの場合なら息子やね)に教えてもらい覚えたと思います。そして、DMの面白さに魅力を感じはまっていった事と思います。
 
 で、このDMってTCGはルールが比較的簡単で大人ならある程度のルールがわかると、次の段階へとステップアップするのに時間はかかりませんよね。

 もちろん、突き詰めていけばプレイングの上手い下手とか個人差がでますが・・・

 そしてある程度相手できるぐらいになると今やネットといった素晴らしい情報源があるため
様々な情報を手にし、それらを自分なりに弄ったり、大人ならではの経験(?)から様々なコンボや、プレイングといったものを身につけることができますよね。

 そして、やり始め、はまると今度は自分の子供にそういった情報や戦略といったことを逆に教えてやることもしばしばやと思います。

 そういう場合も基本がしっかりとしてるから、教える時など今以上に上手くなるためや、プレイングの向上と言う面での助言ですみます。もちろん、いやいや、未だに子供の方が良くわかってて、教えられることが多いという方もいると思いますが・・・・

 まぁ、ワシみたいなもんですね(笑

 そして、なによりいいカードが揃ってたと思います♪

 そして、そんなこんなで親子でDMにはまり一緒にプレイしたり、デッキを作ったりと楽しんでる事と思います。ワシもそうでしたし・・・・

 で、最近になってワシの甥っ子(小2)がDMをやり始めたんですよね。
 もちろんワシはまた一緒に遊べるプレイヤーが増えたと手ばなしで喜びましたよ。

 しかし、初めてDMのカードを持って家に遊びに来た時にビックリする事になります。
 そう、ほんの何ヶ月か前に始めたばかりのため、かろうじて最低限のルールを知ってるという程度、デッキの中身はキラキラカードばかりの、寄せ集めデッキ。何がしたいのかまったくわからないいわゆる初心者デッキそのものでした。

 しかも、中のカードは最近の弾のカードだけ。
 それを見たワシは、よし鍛えてやろう!と思い、ワシの知る限りの知識をフルに使い、なんとか対戦できるデッキ作りの手伝いをすることに。

 が、しかし、ここでもまたまた問題が・・・・・・・・
 そう、肝心の使えるイイカードがない!・・・・・・で、甥っ子に持ってるカードを見せてもらう。やっぱりない・・・これはかなりの難題だわ。

 そこでワシ1から教えて行き、ないカードはワシのをやり、それなりに楽しめるようにしようと決めた。

 と、ここでワシは気がつく。教えるって、一体何をどう教えればいいのか?

 今までDRなどで知り合った子供達には色々と聞かれたことをワシなりに助言してきたけど、それは最低限DRにでれるぐらいのルールを知ってて、それぞれのカードの重要性などもなんとかわかってる、もしくは話せば理解できる子らでした。

 しかし、甥っ子は違う。ルールを覚えただけって感じ。つまり、何からどうやって何を教えるべきなのか?それがまずわかりませんでした。
 これって意外と難しいですよ。いや、ホント。

 で、ワシはとりあえず「ドロー」=手札の大切さから教える事にしました。
 そやけど小2に言ってもわかるんかなぁ~・・・と思いつつ教える事に。

 こちらはシールドを攻撃せずに、ドローをしまくる。すると、もちろん甥っ子は5ターン目にはもう手札がないわけで・・・・・そこで、「なっ、手札がなかったらマナに置くのもおけへんし、置かなくてもしたいことが何にもできへんやろ?」

 と、そやしドローカードはやっぱり入れたほうがいいと甥っ子も納得。しかし、甥っ子の
一言「おっちゃん、俺そんなカードもってへん」ワシ「あっ・・・」

 そう、いわゆる新規ユーザーにとって今の環境での最新弾のカードは簡単に手に出来るけど、昔の製造中止された弾の使えるカードが手に入らないのだ。

 なので、ワシはミストリエスやライトといったカードを渡してこれでデッキを組むようにと・・・・

 そして、しばらくしてCDP発売♪ちょうど使えるいいカードが再録されており甥っ子のデッキの中にも使い勝手の良いカードが投入される事になった。

 これにより、甥っ子のデッキは初めて見たときと比べ物にならないほど安定した形になって行ってる。そして、また近々に再録カードのパックが出るという情報もあり、甥っ子のような新規ユーザーにとっては追い風が・・・・
 
 そやけど、今はまだどのあたりのカードが再録されるのかはわかってないため、かなり微妙なんですがね。でも、CDPに続き今度の再録されるカードによっては新規ユーザーにとってはやはり不利な環境と思いますね。

 特に甥っ子のようにDRとかに出る事もなく、周りの友達と遊んでる子らにとっては昔のいいカードはないわけで、トレードすることもできないと。

 まぁ、甥っ子の場合はワシのようなおっちゃんがいるからまだいいけど、そんな子ばかりじゃないですよね。それだけに、こういった特にまだ小さな新規デュエリストにとってすこしでも再録カードはどんどんとイイのを出して欲しいと願っています。

 でないと、いざ新規ユーザーの子に教える時に肝心のカードがなければ何も始まりませんからね♪

(2008.5.6復刻)






Last updated  2009/03/26 11:55:27 PM
コメント(0) | コメントを書く
2009/03/02
カテゴリ:Masterさんのコラム
 9 もしDMがなかったら、今の自分ってそこにいる?


 最近、今までDMでかなり、いや、とことんまで突き詰め全国トーナメントレベルの実力を持った人達がほとんどDZプレイヤーになってる。

 うん、これは正直今のDM環境、今後のタ○ラの対応の事を考えると、なるべくしてなった結果やと思う。これについては、ワシはとやかく言うつもりもないし、いえる訳もない。

 某巨大掲示板をはじめ、色々なところで「DMは糞ゲー」とか、やってらんね~、所詮運ゲー・・・などなどよく見かける。

 確かにそうかもしれない。でもね、そういってる人達みんなは、少なくとも一時期、そのDMというカードゲームに熱くなり、必死に自分のレベルを上げるために色々と努力したりしてたと思うんやね。

 それって、やっぱ少なくともその時は、DMというカードゲームに熱中してたわけやん?そして、それなりにDMで色々な友達関係もつくったり、DMをとおして色々な事を学んだと思う。

 それを、今になって「糞ゲー」とか、運ゲーとか、うんぬんと、DMをコケにした事を目にすると、なんか悲しい気持ちになるよ。

 そら、今の環境、やらお世辞にもいいとはワシも思わない。
 でも、少なくても何年かはそのDMに自分の大切な時間を費やしてきたんと違うの?DMをやってたからこそ、DZという素晴らしいゲームの良さに気がつき、そちらを選択できたんと違うの?

 何がいいたいかというと、低年齢化してる、環境もかなり悲惨、そんなDMかもしれないけど、そのDMがもしなかったら、今の自分ってそこにいる?ちょっと考えて欲しいな。

 みんながみんな、そうやとは言ってないし、思ってないよ。
 そやけど、あまりにも最近DMについて元プレイヤーの発言でせつなく感じる事が多々あるので、ちょっと愚痴ってみた。

 それに、次の世代のDMプレイヤーの子供達も少しずつやけどこの環境の中でも「絶対に日本一になる!」と、がんばってる子もいるよ。そういう子らにとっての先輩になる者が、それじゃぁ、その子達がかわいそう過ぎる。

 これについては、色々な意見があると思う。おっさん、何言ってるねん!って人も多いと思う。それならそれで、言い分を聞かせて欲しい。

 今でもDMを大好きなおっちゃんの戯言やとおもうけど、ホント、最近ちょっと悲しいなぁ・・・

(2008.4.29復刻)

※Masterのコラムには、この後、このコラムについての読者の意見が掲載されていましたが、割愛しています。







Last updated  2009/03/26 11:50:09 PM
コメント(0) | コメントを書く
2009/02/27
カテゴリ:Masterさんのコラム
 息子の「今度はデュエマ覚えて~」の一言からやるようになったDM。

 早いもので2年ほどになります。その時は今までのように息子の対戦相手がてらにルールを覚えて適当に遊んでたらまた直に息子も他のカードゲームに移り変わるやろうと思ってた。

 しかし、2年以上たった今では息子よりもワシの方がはまってるという状態でw

 それまでに同じような理由で色々なTCGをしてきた。ポケモン、デジモン、遊戯王、ガッシュ・・・・

 ポケモン、デジモンあたりはほとんどカードを集めるだけって感じやったけど、遊戯王をやり始めた時ぐらいからルールにそってゲームをするようになってた。

 しかし、遊戯王を覚えさせられた時は、あの電卓での計算がとりあえず邪魔くさく、ほとんど適当に遊んでたって感じやった。

 で、ガッシュになると、あの効果の割り込みやら、はじめから決まった順番で入ってるデッキにどうしても馴染めなく、おっちゃんにとってはややこしすぎた。

 それでも、何回かは大会には出たけど、ほとんどやる気なしwもちろん、ほとんどが1回戦負けww

 そら何も考えずに適当なカードを入れた魔本での参加やし、当り前やねんけどw

 そうこうしてると案の定「ガッシュ」は何処へ・・・って感じでDMへと興味がかわるw

 すると、もちろんいつものごとく「今度はデュエマ覚えて~」になるわなw

 で、前記したように思って始めたDMなんやけど、まず、ルールがわかりやすく、今までのように電卓打つ必要はないし、行動できるのは自分のターンのみ(STは別やけど)という邪魔くさくなく、それでいてルールが簡単ですこしビックリしたw

 それゆえ、多分単純なカードゲームなんやろうなぁ~と思ってた、その時は。

 で、ルールを覚えて今までのように息子の相手をしてたんやけど、もちろんデッキは息子が作ったデッキをそのまま借りての対戦。はい、勝てません。

 まぁ、それでも別になんとも思わなかったんやけど、と、ある日息子がいつも行ってたDM大会の店舗ニュータイプ(今はもうないけど)に顔をだしてみた。

 そして、観察・・・・・今まで息子のデッキしか知らなかったワシは他の子達のデッキをみてビックリ!!

 いわゆるリーフスマッシャーや青単が猛威を振るってた時期で、カード資産がない息子は青単を使ってたので、はじめて、リーフスマッシャーなるデッキを目の当たりにする。

 で、動きを見てると、これまたビックリ!!

 よく、そのころ息子が「リーフが欲しい、パラディンが欲しい・・」と言ってた理由がわかった。

 その時の息子のデッキにはリーフは2枚しかなかったため、当り前のように4枚積んでるデッキの動きはワシをびびらせたw

 それでも、そんな中でもなんとか上位に食い込んでた息子やけど普通に考えて4枚積みが当り前やろう!そら勝てんわ・・・と思った。

 で、そのことを息子に聞くと「そらリーフは4枚欲しいけど、ないもんしゃぁないやん」

 ワシ「そやけどそれでもある程度は勝てるみたいやんけ?」「そら使い方しだいやねん」

 ワシ「ん??」「リーフをスパイラルゲートで戻してまた使うねん。それが上手い事いったら2枚でもなんとかなるねん」

 ワシ「!!!!!なるほど!そういう使い方するのか!!」

 その時はじめてDMはルールは簡単やけど、それなりに奥が深いゲームであることに気がつく。

 その日を境にワシは息子のカードをあさってはカードの効果を見ながら「ほ~なるほど、ふむふむ・・」の毎日ww

 で、かなり効果がわかってくると、いやはやなんか今までのカードゲームと違って色々と自分なりのコンボができるやん、これおもろいかも♪

 で、それからは暇を見つけては、息子のカードをあさり、デッキをを作る毎日w
 
 そして、そのデッキで息子や家に遊びに来た息子の友達を相手に対戦♪

 で、またそこから、なるほど、そういうデッキもあるのか~・・・ならあれは入れておかないとあかんなぁ~などなどの繰り返しの毎日でした。

 ちなみにワシが自分で初めて作ったデッキは息子曰く(ワシは記憶にないのやけどw)、
緑でマナブーストして、闇のスレイヤークリやブロッカーで守り、デカイクリでビートダウンするという黒緑デッキやったらしいです。

 手札補充なんてその時は考えてもいませんでしたw

 そのかわりに、ジャックバイパーを4枚入れてたらしいですw

 で、もちろん簡単に勝てるわけもなく、色々と試行錯誤を繰り返してるうちに、息子の友達やらには勝てるようになり、息子ともそこそこいい勝負ができるようになっていきました。

 それでも、やはり使いたいカードの優先権は息子にあったため、組みたいと思っても組めないといった現象が多々起きることになり、それなら自分で買うか♪と、買いだしたのが5~6弾の時でした。

 もちろん、BOXでww案の定ほとんど息子にええのは持っていかれましたがねww

 まぁ、それでもワシがBOXを買うようになってからは、お互いにあ~でもない、こ~でもないと一緒にデッキを作ったりしながら色々な学校での話や友達関係の話などなどし、DMという同じ趣味を持つことにより、今まで以上に話す機会が増えましたね♪

 お父さんデュエリストの方々が多いのもこういったこともあるからではないでしょうか。

 ワシなりに思うにDMってルールは簡単でわかりやすい、でも色々な効果を持ったカードがありその中から自分なりのコンボをみつけたり、攻撃したり防御したりする時でも、お互いのよみあいもあり意外や意外、奥が深い。

 つまり、ルールは簡単なため始めやすく、それでいて奥が深く、たくさんあるカードの中からパズルのように自分だけのコンボをみつけたり、40枚という限られた枚数の中で自分の思うような動きをしてくれるデッキを作れたりして、大人も取っ付き易く、それでいてなかなか奥が深く、対戦ではお互いの心理戦になったりもするためはまってしまうのかもしれないね♪

 少なくともワシはこういった理由からはまったんやと思います。

 あとはもうお分かりのようにHPまで作ってしまうほどドップリですw

 それと、正直以前に大阪でのでかい大会で息子がレギュラーで(この時は中学生まで)ベスト8までいき、ワシもビギナーズラックで、オープンで同じような結果を残せ、そういった経験がワシをここまでハメタ理由の1つかもしれませんw

 こういう競技性のようなものも持っているため大人もはまってしまうのかもしれませんね。

 今は「ボルバル」というカードのため環境が暗黒化してるけど、それはそれで昔も今もその時々のエンドカードやと思えば、そのうちまたきっと今の暗黒環境は変わると信じてます。

 多分・・・いつか・・・・・・・きっと、ねw

(2008.4.24復刻)






Last updated  2009/03/05 09:37:41 PM
コメント(0) | コメントを書く
2009/02/24
カテゴリ:Masterさんのコラム
 さて今回はカードの購入についてワシなりのつぶやきを書いてみようと思います。
 まぁ、みなさんDMをやってる方はあたりまえですが、カードを買いますよね。もちろん、トレードもすると思いますが・・・
 で、もちろん、ワシも買います。新弾が発売されると、BOXで買う方、バラで買う方、人それぞれいろんな購入の仕方でカードを手にされると思います。ワシの場合はまず、1BOX~2BOXは買います。
 まぁ、その弾にもよりけりなんですが・・・・
 で、今回は面白そうなカードがかなりあったのでBOXで買うつもりでした。しかし!!!
 日記にも書いてきたように、なぜか今弾はBOXを買おうと思っても買えないという、なんともタイミングが悪いですw
 なので仕方なく今弾はバラでちょくちょくと買っています。すると、なんか知らんけど気がつけばSRが女王以外すべて揃うというマジ、ビックリな引きをしてる今日この頃ですw

 そこで、ふと思ったんですが、BOXで買うのと、バラで買うのとどうなんやろう?って疑問がでてきました。
 あっ、もちろん、今回はシングル買いは別としての話ですので、あしからず。
 確かに、BOXで買うと、まぁ、よほどの事がない限りSR1枚VR4枚ぐらいかな、は確実に手にすることができます。
 それと、コモン、アンコモンなどは2BOX買えば、ほとんど揃いますよね。まぁ、うまくいけばレアでいいのも何枚かは揃います。
 次にバラでちょくちょくと今回のワシのように買ってる方は、確実にSRが手に入るとは限りませんし、BRさえも出るかはわかりません。下手したら、ろくなレアさえ当たらなく、使えないカードばかり引いてしまう可能性もあります。
 単純に考えて、やはりバラで買うのはかなりの運がいりますよねw
 こう考えると、やはり、BOXで買う方が最低限のカードは手にすることができ、損はないと思います。
 でも、今回ワシは上記したようになぜかバラ買いになってしまってますが、光物だけで考えると1BOXも買ってないのに4BOX分ほどのカードを手にすることができました。
 まぁ、さすがに今回のこの引きは異常やと思いますがw
 でも、バラで買い、パックを開ける時の「何が入ってるのやろう・・光物が入ってるやろうか・・」といった「ドキドキ」感は、BOXで買った時には無い楽しみの一つやと今回つくずく思いました。
 もちろん、BOX買った後にちょいちょい買いを楽しんでる方も多いと思いますが、
 なんか、今回のようにBOXを買わずに数パックずつ買うと、欲しかったカードが入ってた時はもちろん、光物が当たった時は、よく言われるカスSRでもなんか嬉しいもんですw 
 それが、当たりSRなんてもんがでようものなら、マジその場で叫んでしまいたいぐらい嬉しいもんですねw
 なんか、今回でこの快感を味わってしまったワシは、ヤバイです、バラ買いばかりしてしまいそうですww
 まっ、例えるなら宝くじをバラで買うか連番で買うかみたいな感じなのかなw
 兎にも角にも、あのパックを開ける瞬間はTCGの楽しみの一つであることには間違いないですね♪

(2008.4.6復刻)






Last updated  2009/03/05 08:39:28 PM
コメント(0) | コメントを書く
2009/02/20
カテゴリ:Masterさんのコラム
 今色々な所で話題になっている「バジュラズソウル」今回はこのカードについてワシなりの考えを書いてみる。

「バジュラズソウル」
クロスギア 5マナ
これをクロスしたクリーチャーのパワーは+2000され、シールドをもう1枚ブレイクする。
これをクロスしたクリーチャーが攻撃する時、相手のマナゾーンからカードを2枚まで選び、持ち主の墓地に置く。

 はい、おもいっきりヤバイカードですねw攻撃する度に2マナを奪い取り、しかもP2000もプラスされ、シールドも余分にもう1枚割れてしまうという、かなり豪華な効果をもったクロスギアです。


 5マナとクロスギアの中でもかなり重いので使い勝手は悪そうにみえますよね。が!しかし!!
 普通にすんなりと、しかも5マナという重さもどこえやらって感じで入ってしまうデッキがあります♪


 はい、そうです、ボルバルデッキです。
 今の環境のメタにすんなり入り込んでしまい、しかも暴れ放題で出された相手はマナは無くなっていき何もできない状態になり、しまいにはボルバルという最悪エンドカードを出されて撃沈です。


 まず、始めにはボルバルブルーに投入され、その圧倒的な強さをみせられました。除去ボル相手にはランデスは刺さりすぎますからねw

 しかも、P2000アップとか裁かれないため、2回攻撃されるだけでほぼ投了状態になってしまいます。そこで、ワシも含めて沢山の人が考えました。


 そう、なら除去ボルにバジュラズを投入すればいいのでは?と。
 そして、色々なタイプのバジュラズブラックが登場してきました。

 で、実際に回してみるとこれがヤバイどころではなく、まさにやりたい放題状態に持っていけます。
 ブーストしつつ手札を潤し邪魔なクリは除去し、おまけにランデスまでしてしまうというまさに、なんとも恐ろしいデッキが誕生してしまいました。


 でも、ここにきて問題点が出てきました。バジュラズはブルーの方が合ってるのか?それともブラックに入れる方が合っているのか?


 で、色々な人がそれぞれにブルーに入れる方がいい、とかいやいやブラックに入れる方がいいなど、二つに分かれました。
 まぁ、こればかりはその人その人の考えや戦略などがあるやろうし、好きなようにしたらいいと思う。


 で、ワシはというと、まず、それぞれに「バジュラズ」は入れられるのは間違いない。
 ブルーにはスペースを作りやすいという利点がある。
 ブラックには4色のためどうしてもスペースを作るのが難しい。
 ブルーだと4枚積みも可能やけど、ブラックでは4枚はまず無理。せいぜい2枚かな。
 どちらのデッキもブーストしつつドローし展開していくのだが、「バジュラズ」を投入する事によりブルーの場合は「バジュラズ」を軸とした構築が必要だと考える。
 一方ブラックの場合は「バジュラズ」に頼らずとも今までどおりの勝ち筋で十分に勝ってしまうことも可能で、もちろん「バジュラズ」も出せたら、それはそれで勝つことも可能。


 つまり、ブラックに関しては勝ち筋が1つ増えた感じになり、ブルーではどうしても除去ボルに有利になるために


 「バジュラズ」を軸にして勝ちにいくという感じになると思う。それはそれで強いのやけどねw

 で、結論、同じバジュラズ積んでるなら先に出した方が有利。つまり回った方が勝つというなんともあたりまえの結論になってしもたww


 ボルバル以外のデッキとも対戦することももちろん考えに入れなければならないので、ワシ的には、現環境での最強デッキの1つ除去ボルに勝ち筋を増やせるので、ブラックに投入するかな♪もし、ブルーに投入するならかなりデッキ内容を変えて入れると思う。


 後は現環境での最強デッキのもう1つの除去コン相手の対策が必要ですね。このデッキがなかったらワシはブルーに入れると思う。

 まぁ、長々と書いてきたけど最後まで読んでいただきありがとうございました。なんのお役にも立てなかったことと思いますが、


 まぁ、つぶやき程度ってことでお願いしますねw

 でも、これからバジュラズ入りボルバルはかなり見かけることになると思いますね。
 なので、ワシはブルー、ブラック、どちらにも入れずに、普通にボルメテランデスデッキに投入するつもりなのだ♪エルフィンに「バジュラズ」つけてガンガン攻撃してマナ破壊!しかも、エルフィンがP3000になってしまうよんww裁?ふっ、マナがなければ裁も打てないのだ♪


 それでも、やっぱりボルバルには勝つの難しいやろうなぁ~・・・
 パクリオなんとかならんのかいな!ったく・・・

(2008.3.24復刻)






Last updated  2009/03/05 08:36:00 PM
コメント(0) | コメントを書く
2009/02/15
カテゴリ:Masterさんのコラム
 さてGLで日本一も決まりネット上ではそのデッキレシピが流れています。

 まぁ、前回もそうやったんですが、こういう大きな大会後にDRに行くと必ずそういった優勝デッキや上位入賞デッキそのままを使っている子を見かけます。

 まぁ、今のご時世小学生でもPCは当たり前みたいなもんですし、こういった情報は直にキャッチできます。
 ただ、その子たちは「このデッキが今1番強いデッキだぜー!」みたいなノリで持ってきます。

 ところが、DRでいきなり負けてしまい、「なんでやろう?日本一強いデッキやのに・・」「もしかしたらこれに勝ったんやしそのデッキスゴイのとちがう?」みたいな会話をちょくちょく耳にします。

 もちろん、これを今読んでくれてる皆さんはお分かりやと思いますが、日本一のデッキ=どのデッキより1番強いではないですよね。

 こういったデッキはその場でのメタを完全に読み取り、1枚1枚のカードが繊細に組み込まれて作られたデッキです。

 それを、そのままコピーして対戦しても、そのカード1枚の意味さえわからず、ただ日本一になったデッキやからどんなデッキにも勝つ、そして強いんだという、安易な考えで使っても勝てる訳がありません。

 でも多くの子達はこういう考えでそのデッキを持ち込んできます。もちろん、そうじゃない子もいますが・・・・

 そして、先日大会があり、ちょうど暇ができたので覗きに行ったところ、案の定いましたw
 で、見てると、普通のブロッカーデッキに負けてました。で、その子に「おっちゃんと勝負しようか?」と対戦を申し込みます。

 もちろん「うん!ええで。そやけど、このデッキ強いでぇ~」ワシ「そんな強いんか?」「うん。今1番強いデッキや!」で、いざ、対戦♪

 ワシは普通のビートダウンのデッキで勝負です。はい、勝ちました。(でもさすがにボルバル黒、引いてくるカードをバンバンと使うだけのプレイングの子でしたが、やばかったw)そしたら、その子が「あれ~なんでやろう?これが1番強いのにー・・おっちゃん、強いなー」
ワシ「いや、それは違うねんで」「あのな、・・・・・・・・・・・・・・・・・・」っと、コピーデッキについての話をする。

 まぁ、その子は納得したかしてないかはわかりませんがねw
 と、まぁこんな光景が繰り広げられるわけでして・・・・・・
 まぁ、誰がどんなデッキを使おうがそんなことワシがどうこういう権利もありませんが、ワシとしたらそういう子供たちにはぜひとも自分で色々と考え、一生懸命作ったデッキでデュエルして欲しいと願います。

 余談:そやけど、除去ボルバルはマジ強いですわw普通に負けそうになりましたよw

(08.3.18復刻)






Last updated  2009/02/23 09:53:52 PM
コメント(0) | コメントを書く

全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >

Freepage List

デッキ集


ザマル・トレイン


リキピー・バズーカ


野菜ビート


スターマルコン


赤単(2008関西大会:4位)


もやし君


赤単(2009SC)


ターボ・ラッシャー


黒緑墓地マナ進化速攻


青単進化速攻


呪文ロック(ノースペル)


赤単(2011京都大会:3位)


青黒メルゲビート


白青無敵超次元スターマン


黒単ハンデスパペット


赤黒速攻デュアルマンマ


<復刻版>「Cafe de DM」Masterのコラム


12オヤジ&ママ大人のデュエリストの声♪


このブログについて


マナ分割線改善賛同者


「色弱のプレイヤーへの配慮」まとめ


新規参入親父デュエリストの羅針盤


お薦め優良カード


(工事中)


親父バトンSG


ポリゴンさん(岡山)


ついんきゃのんさん(熊本)


ひろちちさん(青森)


ポコ丸(京都)


マルさん(高知)


K先生(高知)


ケロロ軍曹さん(熊本)


krpapaさん(神奈川)


teafさん(埼玉)


PAPAMANさん(埼玉)


ま~ずさん(埼玉)


アウゼスさん(京都)


mohei.no1さん(青森)


大蛇丸さん(岩手)


Gおやぢさん(群馬)


korouさん(石川)


うさぱさん(大阪)


ヨワゴシさん(群馬)<休眠>


TKKWさん(埼玉)


ましまろさん(岡山)


bonzoさん(京都)


gokurakuさん(山口)


Imaさん(富山)


good sun(ぐっさん)(大阪)


@100円のライターさん(長野)


親父バトンF(フロンティア)


歩け歩け歩け


東海自然歩道(京都・滋賀)


琵琶湖一周(踏破)


丹後半島一周


京滋近郊の山


植物図鑑


その他の図鑑


昆虫図鑑


動物図鑑


鉱物図鑑


化石図鑑


キノコ図鑑


化石・鉱物採集入門


産地情報


hippo杯チラシ(表・裏)



Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.