721562 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

「ぽこ」と呼ばニャいで!

PR

カレンダー

カテゴリ

バックナンバー

2020.06

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

あしたのジョー☆@ Re:退職のごあいさつ(12/17) そっかあ、とこにゃん 21年間ホンマにお疲…

お気に入りブログ

2014.04.30
XML
カテゴリ:さんぽ
山口の旅最終日の午後は、仲間と離れ単独行動で
念願の下関おとな散歩を満喫中ですが、ここからはオトナの領域に突入。

昔々、下関には数ヶ所の遊郭がありました。その残り香を捜します。

よーじー的遊郭跡の見分け方。

P1050644
一、不自然に曲がった路地がある。
地形的なワケもなく、わざと曲げている感があります。
目的を持ってこの地に来る人を人目に付きにくくする配慮か?

駐車場に残された石造りの造作は、玄関と思われます。

P1050638
一、どこかしらが行き止まりである。
上記と同じ理由もあり、働く女性を逃げにくくする目的もあるような・・・。

下関は海と山に囲まれた地形。街の至る所に崖が点在してます。

P1050646
一、開口部がやたらと多い。
キレイなおねーさんがよりたくさん飾り窓から覗けるように、という設計かも。
耐震的にはアウト物件(^_^;)

P1050650
一、出入口が斜めに付けられている。
少しでも人目を避けやすくする配慮?
壁付けのブラケット照明も一般住宅の玄関灯とは思えません。

P1050643
一、不必要にモザイクタイルを張っている。

P1050654
一、一般住宅にしては、手摺や窓格子が華美である。

P1050652
この住宅の玄関側はこんな感じ。

P1050651
斜めの玄関の床もこの通りモザイクタイル。

P1050647
一、壁や庇に角R(かどアール)が付いている。
カフェー建築といわれている様式(イオニア式とかとは並びません^^;)

P1050631
一見普通の住宅と思われるこの建物も
モザイクタイル+華美な窓格子+多めの開口部で、ロックオン。

P1050623
ここは大通りに面した、遊郭に入口と思われる場所。現住所も「新地西町」という。

P1050663
「つる八旅館」の2F外壁はタイル貼。

P1050662
並びの家屋は、モザイクタイルに斜に構えた出入口、そしてR壁。

P1050660
軒下に残る屋号が隠せない証拠♪

「酒が登場しない、よーじーブログなんて」とご心配のみなさま。
次回記事からは通常営業に戻る予定です(~_~;)






最終更新日  2014.04.30 20:03:33
コメント(4) | コメントを書く
[さんぽ] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.