011487 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

NECワーキングマザーサロン@港 message from polestar

PR

Profile


polesatr3710

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

NECワーキングマザー… wms_naganoさん
わくわくプロジェクト asako2106さん
笑う母には福来る さくらハーモニーさん
NECワーキングマ… yooomakoさん

Comments

ほっし~@ Re:9/26 八王子でWMS開催します!(08/31) 楽しい時間をありがとうございました。 …

Freepage List

母となった私たちの「はたらく」を語ろう

このブログは、NECワーキングマザーサロン 港区開催チーム 

ポーラスターのブログです。

『NECワーキングマザーサロン』は、
産後女性の心身ケアのプロフェッショナルであるNPO法人マドレボニータ
NEC社会貢献室との協働によって実現した「母となって働くこと」を語り合うサロンです。
すべての女性を対象にしています。

「母となってから、自分はどう生きていきたいのか」
「これからの人生、自分はどう働いていきたいのか」
女性にとって、とても重要なテーマだと思います。
でも、そのことにじっくり向きあい、考え、話す機会はあまりないのでは??

このサロンは、「子育て」「はたらくこと」
という共通の関心をもった人どうしが出会える場です。
これから自分はどうありたいのか、どう働きたいのか、どう生きたいのか、
一人で考えると堂々巡りしがちです。
でも、仲間とともに語りあうことができれば、新たな何かが見えてくるかもしれません。


出産して、これから職場復帰する方、いつか仕事を再開したいと思っている方、
現役のワーキングマザーの方、妊娠中の方、結婚・妊娠・出産がこれからの方、
このテーマについて考えたい方はどなたでもお気軽にご参加くださいね!


バナー 

 

ポーラスターは、子育てしながら働くことについて考えたい、

港区および近隣地域在住の子育て中の女性7人のチームです。 

ブログでは、ポーラスターのメンバーが、

サロンのお知らせや、サロンの様子、時々裏話などをつづっています。


サロンの全日程を終了することができました!!
6月からのサロンにご参加いただいた方、支えてくださった皆さんにお礼を申し上げます!

2011.01.26
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

港区ファシリテーターの石平ちひろです。

一月ももう下旬。

サロンの集大成として3月に行われるワーキングマザーサミットも近づいてまいりました。

そこで、このあたりでファシリテーターとしての活動を総括していきたいと思います。

公式ブログでは、これから2期ファシリテーターがリレー式でサロンを振り返ります)

 

4月にエントリーから研修を経て、

6月から11月にサロンを開催した昨年がどんな年だったかというと

くのご縁や、新しい発見のあった一年ハートだったなと思っています。

 

ご縁で言うと、

各地のファシリテーターの仲間、港区&八王子のサポーターさん、

私の開催したサロンの参加者の方、

マドレのスタッフの方たち、NECの担当の方、

本当に素敵な方たちにお会いすることができました。

 

サロンのファシリテーターをさせていただいたことで、

自分の住む港区で子育て中の人・港区での子育てを応援している人

とお会いする機会もありました。

どのくらいの方たちと初めてお会いしたのかな?と数えてみたところ、

100人前後びっくり!!

ファシリテーターをやらずに2010年を過ごしていたら、

間違いなく小心者の私にこんなに新しい出会いはなかったことでしょう(笑)

 


色々な立場のハハたちの話を聞いたこと、

またボランティアというはたらきかたを経験して、新しい発見大笑いも得られました。

 

まず、サロンを開催しながら、専業主婦の方、現役ワーキングマザー、育児休職中の方、

それぞれの方々の子育てや働くことへのおもいを聞かせてもらったことで勇気をもらい、

視野を広げる機会を持つことができました。

 

また、サロンの現場やファシリテーターのメーリングリストで、

先輩ハハたちも、子育てにもはたらくことにも色々な迷いや葛藤があって、

それを乗り越えて今にいたっているんだ!! 

ということを確信しました。

 

本やネットを見ることでも、同じように人の体験談を聞くことはできますが、

「私は私なりの選択をすればいいんだ」

と思えたのは、実際にお会いしたことのある方からの発言だけでした。

何より、はたらくことに焦っているだけだった私が少し冷静になれました。

 

私が働きたいと思っていた理由を冷静に振り返ったときに、そこにあった気持ちは、


「社会との接点がないこと」


「仕事をしていないことへの後ろめたさ

=家族に何も還元できていないのではないかという焦り」

でした。

こんな状態でうっかり再就職できていたら...と考えると恐ろしいです。

 

というのは、ファシリテーターを経験して、

働くにあたって自分にはスキルも経験も足りないことも痛感したからです。

何より、今の私に産前のような働き方はできないし、

そういうはたらきかたを自分が望んでいないこともわかりました。


ファシリテーターは有志での活動=ボランティアでした。

ボランティアという働き方は、報酬はないかもしれませんが、

お金では得られないものをたくさんもらいました。

自分の身近で、顔が見える範囲で活動できるのも良さだと思います。

 


ボランティアのような仕事をする機会は、

子どもが成長するにつれておそらく増えてくると思います(たとえばPTAとか)。

その役目に対してどうあるかは自分自身の心持ち次第

だというのもわかりました。

そして、なるべくならそういうことに前向きな姿を子どもにも見せたい

思っています。

今までの人生で継続的にボランティアをしたことがなく、貴重な気付きとなりました。

 

また、子どもが成長していくように、自分も色々学んで成長したい、

という欲も出てきたし、その欲を肯定的に捉えてあげたいなと今では思っています。

 

周りの友人に既婚者も子育て中の人もほとんどおらず、

港区に子育てのことで相談できるの人もなかなかできず、

何度も「実家の方で子育てしたい号泣!!」と思って(夫にも訴えて!)きましたが、

ファシリテーターを経験して、地域に顔見知りもたくさんできたし

港区で子育てする良さも少しずつわかってきたので、

逃げるように引っ越さなくてよかったですぽっ


長文お読みいただきありがとうございました。

今までサロンにお越しくださった方、ご都合がついたらサミットにもいらしてくださいね!

(特に城南地域にお住まいの方、会場が大井町と近いのでぜひ~!!)

 

今年のサミットの内容、またサロンでのリアルな声を集めて現在作成中の『産後白書2』、

どちらもどんな内容になるのか、私もとても楽しみにしています。

 

公式ブログではリレー形式になっているので、次回はあの地域のファシリテーターが!

今年のサロンを振り返ってくれるそうです。

どんなお話が聞けるのか、私もとても楽しみです☆

 

(文責:石平ちひろ)

 







Last updated  2011.01.26 15:21:20
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.