000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ペット喜怒哀楽

鄙の記憶

書籍名:鄙の記憶
著者名:内田康夫
出版社:幻冬舎文庫 \630

鄙の記憶 ( 著者: 内田康夫 | 出版社: 幻冬舎 )

感想:
あまりにも乱読難で、時々、以前読んだ本をまた買ってしまうということがあって、
でも、この本は、奥付を確かめて、「あっ、出たばかりね、大丈夫」と思って購入。帰宅後、良く見たら、平成14年なのね。2004年と勘違いしていたのでした。とほほ。だから、読み始めは、既に読んだ本かも知れないと、少しずつページをめくっていって、でもいつまでたっても読んだ記憶が無い。浅見光彦シリーズは文庫化されるとすぐ買っていたのに、どうもこの本は見過ごしていたらしく、最後まで読んでもまったく記憶と一致しなかったから、やはり初めて読んだようです。連続殺人事件、新聞社の支社の情景が面白かったですね。後書きにあるけれど、読売新聞系からの依頼だったそうで、だからその辺が上手いのかも。



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.