346283 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ペット喜怒哀楽

中大兄皇子伝

書名 :中大兄皇子伝
著者名:黒岩重吾
出版社 : 講談社文庫 上下共\650

中大兄皇子伝(上)( 著者: 黒岩重吾 | 出版社: 講談社 )

中大兄皇子伝(下)( 著者: 黒岩重吾 | 出版社: 講談社 )

感想 :

深みはない。文学とは思わない。けれど、歴史書としては、まぁ面白い。

律令制度、公地公民、この時代にやろうとした、もしかしたら、ロシア革命より革命的かも。お手本にされた唐からして。
新国家の理想に、ある程度の既得権を認めなければならない.....ってのは、別にしても、いえ、どんな革命でもそうね。何回も政権取ると、腐敗する。
鎌足に自分の子を身ごもった妻を与える。それを喜ぶ。
江戸時代なんかだったら、あり得ない。でも鎌足は藤原家の始祖だしね。

10/2の日記にも感想。 


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.